日本酒 飛露喜。 福島の風土が育む日本酒「飛露喜」

日本酒好きで知らない人はいない?銘酒「飛露喜」のあれやこれ|日本酒|趣味時間

日本酒 飛露喜

飛露喜(ひろき)の概要やポリシー 江戸時代中期の1804~30年(文政年間)創業 蔵をたたもうと考えていたときにNHKのテレビ取材が入ったことがきっかけで、小山商店さんの目に留まる。 徐々に酒質を上げていき、その酒販店で無ろ過生原酒から取引がはじまり、人気が出るようになった。 当時はラベルを印刷する余裕もなく、蔵元の母が手書きしていたと言うエピソードは有名。 健司氏は火入れのお酒が受け入れられるようになったら本物との想いから、火入れ技術の研究や原料処理などに設備投資を惜しまず、現在でもさらなる高みを目指している。 (はせがわ酒店さんの表参道ヒルズ開店のときに健司氏にお会いし、お聞きした内容が一部含まれております。 ) ラベルは和紙でセンターに銘柄の飛露喜と稲穂の挿絵が金の箔で書かれています。 右に特定名称の純米大吟醸、左には廣の落款。 シンプルなものとなっています。 裏ラベルには生詰の説明が書かれています。 ・生詰とは、搾った直後に火入れをしてタンクに貯蔵したお酒を、瓶詰め時に火入れ殺菌を行わずそのまま詰めたお酒です。 ・お酒は20歳になってから。 ・お酒はおいしく適量を。 とあります。 さて、おいしくは自信があるのですが、適量で済ますことができるのかが不安です。 上立ち香は、心地よく華やかにライチを思わせるように香ります。 酸が目立つのは正直好みから外れることが多いのだが、何とも印象よく酸が目立つ。 甘味とのバランスも絶妙で程よいメリハリは、「よっ、久しぶり!」っと挨拶されたかのよう。 後半は余韻があるにはあるのだが、何だろう?。 口中に残っているのではなく、印象に残っている感じ。 こ、これは何故か印象に残っている、あのCM。 7 アルコール度 16. センターに金の箔で銘柄「飛露喜特撰純吟」。 下に飛露喜の銘柄の由来、飛・とぶ/露・つゆ/喜・よろこぶ。 喜びの露がほとばしると書かれています。 上立ち香はシリーズ最も華やかで、花のように香る。 なかなかのインパクト。 含むとブルンブルンと実ったベリー系の上品な酸で特徴を現すも、引き際は今までの飛露喜では一番鋭く切れていく。 センターに銘柄、右に特定名称、左に醸造元、右下に原材料などのデータ。 肩ラベルで使用米の愛山がわかります。 愛山は母株(種子親)に「愛船117」、父株(花粉親)に「山雄67」を用いて交配され、翠1942年にF1個体が養成された。 その後の育成経過は野帳などの資料が残っていないため不明。 山雄67号は母株(種子親)に「山田錦」、父株(花粉親)に「雄町」を用いて交配されたことから、愛山は山田錦と雄町の孫にあたる。 上立ち香は非常にほんのりと香る程度で、含むとスッキリとした中に微妙にほのかな甘味を感じます。 後半は軽快な印象を残して爽やかに切れていきました。 0度以上18. 0未満 容量 1. 上記愛山から統一感があり、わかりやすいものとなっています。 酒米の山田錦は、1923年に現在の兵庫県立農林水産技術総合センターにて、母株に山田穂と父株に短稈渡船を人工交配させて誕生した。 父株に短稈とついているものの、稈長(稲の背丈)は優に1mを超える。 一般的な飯米と比べると倒伏しやすく、晩生であることから栽培は簡単ではない。 醸造特性としては、大粒で精米しやすく、製麹性も非常に良いとされる。 タンパク質や脂肪分が少ないことから、雑味のない綺麗な酒質となる。 上立ち香は華やかで心地よくフルーティーに香ります。 含むと綺麗な造りを思わせるだけでなく、喉の奥のほうからやさしい酸味がバランスをとりつつ穏やかに膨らむ風味が広がります。 0度以上17. 0未満 容量 1. 色的にこの純米吟醸生詰は風格を感じます。 上立ち香は穏やかで明確でない。 含むと、めっちゃ気持ち良い含み香がふわぁっと広がる。 ここまで「ほとばしる」か!と言いたくなるような含み香。 やや端麗の中から出てくるほのかな甘味が可憐。 う~ん旨いっす。 0度以上17. 0未満 容量 1. 左上に生詰シールが貼ってあります。 上立ち香は明確でなく芳香族様に香るが、穏やかな部類。 含むと、酸がすっと消え甘旨(あまうま)がぐばっと押し寄せてきます。 い~ぞ~コレ!。 もう少しスッキリしたお酒を想像していましたが、結構な旨みの出方。 0度以上17. 0未満 容量 1. センターに銘柄、右に特定名称と特徴となる「かすみざけ」、左に醸造元、右下に原材料などのデータ。 統一感を崩さないものとなっており、好感が持てます。 肩ラベルには初しぼりと書かれています。 上立ち香はわずかにこっくりと麹様に香ります。 含むと純米らしい栗甘な旨みと、僅かにフレッシュな渋味が混在。 開栓から時間が経ってくると、香りも開くのか?華やかさが出てくる。 含んだ時の渋味が消えまとまりを見せるが、やや酸も出てきて辛口の印象まで出してくる。 0度以上18. 0未満 容量 1. 発売当初は蔵元の母の廣木浩江さんが手書きをしていたと言う話は有名。 その題字を現在は印刷している。 白地にセンターに銘柄、右に特定名称と特徴である無ろ過生原酒、左に醸造元、右下に原材料などのデータ。 このラベルが全ての基本となっている。 上立ち香は程好く穏やかで心地よくマスカットの様に香ります。 0度以上18. 0未満 容量 1. 右に特定名称、左に醸造元、右下に原材料などのデータ。 左上に生詰シールが貼られています。 上立ち香はほとんど感じられないほど穏やかです。 含むとあふれるような旨みと、ほのかな含み香が感じられ、ややドライな辛口に仕上がっています。 自分はあまり量を飲まないのでわかりにくいのですが、父に言わせれば飲みあきしないお酒だそうです。 0度以上17. 0未満 容量 1. 北海道・東北地方• 北海道の日本酒• 青森県の日本酒• 岩手県の日本酒• 宮城県の日本酒• 秋田県の日本酒• 山形県の日本酒• 福島県の日本酒• 関東地方• 茨城県の日本酒• 栃木県の日本酒• 群馬県の日本酒• 埼玉県の日本酒• 千葉県の日本酒• 東京都の日本酒• 神奈川県の日本酒• 山梨県の日本酒• 中部地方• 長野県の日本酒• 新潟県の日本酒• 富山県の日本酒• 石川県の日本酒• 福井県の日本酒• 岐阜県の日本酒• 静岡県の日本酒• 愛知県の日本酒• 近畿地方• 三重県の日本酒• 滋賀県の日本酒• 京都府の日本酒• 大阪府の日本酒• 兵庫県の日本酒• 奈良県の日本酒• 和歌山県の日本酒• 中国・四国地方• 鳥取県の日本酒• 島根県の日本酒• 岡山県の日本酒• 広島県の日本酒• 山口県の日本酒• 徳島県の日本酒• 香川県の日本酒• 愛媛県の日本酒• 高知県の日本酒• 九州・沖縄地方• 福岡県の日本酒• 佐賀県の日本酒• 長崎県の日本酒• 熊本県の日本酒• 大分県の日本酒• 宮崎県の日本酒• 鹿児島県の日本酒• 沖縄県の日本酒• ・ ・ ・ ・ ・ ・ 人気記事.

次の

飛露喜とはどんな日本酒?特徴や誕生秘話を紹介!人気おすすめ6選も

日本酒 飛露喜

それともう一つ飛露喜でパッと思い浮かぶのは「飛露喜 かすみ酒」ですね。 毎年11月頃に発売されます。 私が通っていた店は抱き合わせをしない優良店だったのですが、なぜか「飛露喜 かすみ酒」だけは抱き合わせていました。 「そんなに良い酒なの?」 と思って3年間買って飲みましたが、残念ながらその良さはわかりませんでした。 「もう飛露喜を買うことは無いだろう。 結局3年かけても飛露喜の良さがわからなかった。 」 とその時に挫折を感じたわけですが、諦めも肝心ということで飛露喜の良さを追求するのは諦めて、店で見かけても購入しませんでした。 しかし店によって酒の取り扱いは異なります。 ある店では「エース級」ある店では「普通の扱い」という風に店の中での格が違うわけです。 店によって「飛露喜」はエース級の扱いだったり売れ残っていたりするわけですね。 今回私が飲み比べを行うのは当然飛露喜を買ったからなのですが積極的に買ったわけではありません。 抱き合わせと頒布会です。 「この抱き合わせは良心的だろう?飛露喜もつけてやったんだぜ。 最高だろ?この組み合わせ。 」 純米大吟醸はそんな声が聞こえて来そうな抱き合わせでした。 「エース級」の扱いをしている店ですね。 「いや飛露喜じゃなくても良いんだけど」 と思いながらも選択権はありませんので目当ての酒を買ったらついて来たという感じです。 特別純米は頒布会の最後の月に箱を開封するとドヤ顔で出て来ました。 最後の月ですからクライマックスです。 私の希望していた銘柄は入っているのか?最後だぞ?大丈夫か?緊張しながら開封します。 なぜなら毎月1万弱の金を5ヶ月間支払っているからです。 日本酒に4万〜5万です。 結構な出費ですね。 特約店ですから全て定価です。 しかし銘柄はわかりません。 店にお任せです。 そして最後の月まで私の希望の銘柄は出て来ていません。 期待と不安が入り混じるなか箱を開けると「私が飛露喜と申します!!(ドヤ」という感じで登場しました。 私の希望銘柄ではありませんでした。 しかし同じ銘柄が2種類あります。 せっかくなので飲み比べてみた結果を紹介致します。 Contents• 飛露喜 純米大吟醸 過去に飲んだ飛露喜 純米大吟醸 純米大吟醸は抱合せ購入です。 不本意です。 純米大吟醸を飲んだのは5年くらい前です。 四谷の店で常温保管で何かと一緒に紐でくくりつけて売られていたのが今でも印象に残っています。 店の入口を入った正面にまさに抱き合わせという言葉がぴったりの方法で販売されていました。 当然それを買ったわけではありません。 しかし私の飛露喜エピソードといえばそれくらいしかなく、初めて買ったのがどこだったか覚えていません。 単独で定価で買えたので嬉しかったのは覚えています。 しかし飲んでみると 「あれ?」「え??」が止まらなかったことを覚えています。 私の場合、飛露喜といえば「???」という印象です。 そんなに印象に残るような味じゃないんだけど、なんでプレミア扱いなんだろうな・・・という印象でした。 今回飲んだ「飛露喜 純米大吟醸」 あれから数年の時を経て飲んだ「飛露喜 純米大吟醸」はなぜか美味しかったです。 非常に美味しいのです。 おかしいなと思い水で口をすすぎ何度か口の中をリセットしながら飲んでみたのですがやはり美味しいのです。 最初は桃かな?と思っていましたがベリー系の味も感じました。 この文章を書きながら飲んでいるのですがやはり桃orベリーですね。 長く口に含んでいると温度が上がるせいか香りを感じますね。 非常に好ましいのですがぼんやりした感じです。 じゃあまた買おうかというと「う〜ん・・・」また買おうというほどでもないなと思うのです。 私ははっきりした味が好きだからでしょうか飛露喜にそんなに積極的になれません。 飛露喜は割とうっすらぼんやりしている感じです。 桃・ベリーも控えめです。 飛露喜 特別純米 特別純米は頒布会購入です。 頒布会の楽しみは梱包された箱を開ける瞬間にあります。 何が入っているのかわかりません。 なんだろう?と思いながら箱を開けて出て来たのが飛露喜の場合反応は分かれそうです。 大喜び• なるほど• そりゃそうだろうねぇ(エースだから)• まあ良いか どれが当てはまりますか?どれも当てはまりませんか? 私は「あれ?」でしたね。 頒布会の最後に出て来たということは私が欲しかった酒は頒布会に含まれていなかったということです。 その酒は「而今or十四代」どちらでしょうか?どちらでもいいですか?ミニクイズは入りませんか?頒布会は全て銘柄を公表して販売することもあれば全て非公表、一部公表など販売店によって販売方法が異なります。 例えば而今の特約店の頒布会だからといって必ずしもその銘柄が出てくるわけではないのですね。 もちろん了承した上で買っているので文句はありません。 しかし最近特に而今の特約店は銘柄を隠してのセット販売をよく行います。 それでもしかしたら而今が入っているかもと思わせて購入させるという高度な販売手法です。 どうしても而今が欲しいという方は気をつけましょう。 特別純米の味は? 特別純米のラベルは達筆です。 惚れ惚れしますね。 味はいかがなものかというと、純米大吟醸よりもよりいっそう薄く桃を感じますね。 ほんのり桃ですが米の甘みが純米大吟醸よりかは強いです。 アルコールもこちらの方が強く感じます。 こちらも美味しいですね。 しかしあえてもう一度買おうかというと「う〜ん・・・・」そこまででもないかなと感じます。 飛露喜を飲み比べた結果 ラベルがとても美しいですね。 おさまりが良いというか文字のバランスや造形が非常に美しいです。 どちらのラベルも甲乙つけがたいですね。 今時甲乙なんてつけませんか?純米大吟醸の稲穂も好きですが、やはり特別純米のドンと真ん中に鎮座した飛露喜の文字の美しさと、流れるように綴られた住所の美しさから、特別純米が甲、純米純米大吟醸を乙にしたいと思います。 味に関しては印象がだいぶ変わりました。 飛露喜ってこんな味だったのかと改めて知った感じです。 私は日本酒を冷蔵庫で冷やして保管しています。 当然こちらの飛露喜2種類も冷蔵していたのですが、少し温度を上げた方が飛露喜の良さが分かりやすいのかなと感じました。 どちらが好みかというと「純米大吟醸」ですね。 特別純米は香りよりも甘みが優っているように感じました。 純米大吟醸は甘みよりも香りが優っているように感じます。 そりゃ特別純米と純米大吟醸の特徴そのまんまじゃんと言われればそれまでですが、そのまんまの結果を身をもって知る結果となりました。

次の

日本酒好きで知らない人はいない?銘酒「飛露喜」のあれやこれ|日本酒|趣味時間

日本酒 飛露喜

そもそも飛露喜とはどんな味わい、こだわりを持つ日本酒なのでしょうか?もう何度も飲んだことがある飛露喜ファンはもちろん名前しか知らない方まで、まず最初に基本的な知識をおさらいしておきましょう。 数量限定の「無濾過生原酒」が有名 飛露喜は福島県の会津で作られているお酒。 雪深く寒い地方であるとともに、幕末ファンの方からすれば会津のお酒だという点だけで興味がわいてきそうですね。 醸造元は会津の城下町にある 「廣木酒造」さんになります。 廣木酒造が掲げている日本酒造りの理念は 「濃密でありながら透明感のある、存在感のある酒を造りたい」とのこと。 理念を聞いているだけでも、どんな日本酒なんだろう?と非常に興味を惹かれるのではないでしょうか。 実際に廣木酒造で作られている日本酒は、日本酒特有の透明感を前面に出しながらも、濃厚な美味しさを楽しめるものが多くなっています。 中でも廣木酒造を語る中で欠かせないのが 「泉川 特別純米 無濾過生原酒」でしょう。 現在では一般的にみられる無濾過生原酒。 実際にはどんな日本酒なのか?と聞かれた場合中々ズバッと答えられる方は少ないのではないでしょうか?ごく簡単に言ってしまえば 「無濾過」で 「生」の状態の 「原酒」ですね。 「無濾過」とはそのまま、日本酒をもろみから搾った後に濾過をしていないお酒の事。 そして「生」は熱処理をしていない状態、いわゆる火入れの工程を経ていないものですね。 そして最後に加水調整をしていないことを指すのが「原酒」です。 フレッシュでありながらアルコール度数も高いパンチの効いた日本酒。 それが無濾過生原酒の特徴。 以前は火入れ前の日本酒を卸す事自他が非常に珍しい事でした。 日本酒飛露喜の無濾過生原酒の成功があったからこそ、美味しい日本酒の飲み方が一つ増えたともいえますね。 2000年代の日本酒ブーム火付けの一つ 廣木酒造が売り出した無濾過生原酒の日本酒。 淡麗辛口にこだわらず、蔵元が好きだったという白ワインに似た日本酒を作ったことから始まったのだとか。 そもそも蔵を継ぐ前はサラリーマンだった蔵元。 まだ27歳と若い時に蔵を継いだこと、そして 日本酒の常識に縛られない、自由な発想があったからこその成功だったのかもしれませんね。 最初はわずか30本の限定生産品だった「泉川 特別純米 無濾過生原酒」。 お酒の名前を現在使われている「飛露喜」に改名したのは1999年からなので、まさに2000年代の日本酒ブームの火付け役の一助になっているといえるでしょう。 端麗辛口一辺倒だった日本酒業界に、 濃厚でパンチのある日本酒の美味しさを知らせてくれた1本です。 飛露喜のおすすめ銘柄 ここまで飛露喜、廣木酒造に関して紹介してきました。 ここからは飛露喜のおすすめ銘柄について触れていきます。 廣木酒造• 飛露喜 かすみ酒• 税込み11,340円• 搾りたての新酒、中でも上澄みだけを掬い取った貴重な1本• なじみのない「かすみ酒」という名前。 こちらは搾りたての日本酒、濾過をする前に少し濁った状態を瓶詰めすることから、白く霞がかかったようなお酒という意味を持ちます。 飛露喜といえば無濾過生原酒ですが、私個人が一番おすすめなのはこちらの「飛露喜 かすみ酒」です!搾りたての新酒の上澄みだけを詰めているので、霞がかかったようにうっすらと白く濁っている点が特徴。 すっきりとした後味でありながら、独特のお米感や甘みが美味しい日本酒ですよ。 「飛露喜」の販売店は?おすすめの購入方法 それぞれの銘柄について紹介してきましたが、気になるものはありましたか?ここからは、飛露喜の販売店の情報や、おすすめの購入方法に関してみていきましょう。 価格を気にしないなら通販が手軽 やはり現在の購入手段としては、 一番手軽な方法になるのが通販です。 ネックは価格が高価になりがちな点でしょうか?したがって すぐに手に入るのなら値段は気にしない、または値段は気になるけれど早く飲んでみたい!なんて方は通販での購入がおすすめです。 特約店・廣木酒造本店で購入も 価格の高騰化が気になる、または通販では欲しい銘柄がないなんてときに便利なのが 特約店の存在です。 廣木酒造から直で仕入れているので、 定価での購入が可能。 また期間は限定されますが レアな商品との出会いも楽しめる方法ですね。 ネット上でも直接仕入れの特約店は存在するので、ちょくちょくのぞいてみてはいかがでしょうか。 また、廣木酒造の日本酒の中でも 「泉川シリーズ」は優先的に地元の特約店に卸されます。 近くに住んでいる方はもちろん、旅行などで訪れることがあったら、地元でしか飲めないお酒を楽しんでみるのもおすすめですよ。 ちなみに廣木酒造本店でも日本酒の購入が可能です。 試飲などのサービスはありませんが、一期一会のお酒と出会えるかもしれないので一度は足を運んでみてもよいですね。 お店の構えもレトロな感じで素敵ですよ! まとめ 今回は数ある日本酒の中でも飛露喜に関してスポットを当ててみました!美味しいらしいけれど生原酒はキツイ味がするんじゃない?なんて考えていた方も、少しは興味を持っていただけたでしょうか? 生原酒はもちろん、 飛露喜は様々な種類の日本酒を扱っています。 きっと好みに合うものがあると思うので、機会を見つけて一度は楽しんでみてくださいね。 美味しい日本酒で楽しいひと時を過ごしていきましょう。

次の