トピ ロキソ スタット。 トピロキソスタットとは

リアルレポート|第12回 尿酸生成抑制薬3剤における3つの違い|三和化学研究所

トピ ロキソ スタット

2013年6月28日、高尿酸血症治療薬の トピロキソスタット(商品名 ウリアデック錠20mg、同錠40mg、同錠60mg、 トピロリック錠20mg、同錠40mg、同錠60mg)が製造承認を取得した。 適応は「痛風、高尿酸血症」で、用法・用量としては「1回20mgより開始し、1日2回朝夕に経口投与。 その後、血中尿酸値を確認しながら必要に応じて増量。 維持量として1回60mgで、最大投与量は1回80mg、1日2回」となっている。 高尿酸血症は、尿酸塩の沈着に基づく諸症状(痛風関節痛や痛風結節)の原因として知られている。 痛風及び高尿酸血症は、日本では約1600万人の患者がいると推定されており、高血圧や脂質異常との関連性や、メタボリックシンドロームのマーカーや動脈硬化の危険因子である可能性が指摘されている。 高尿酸血症の治療では、尿酸生成抑制薬のアロプリノール(商品名ザイロリックほか)やフェブキソスタット(商品名フェブリク)、尿酸排泄促進薬のベンズブロマロン(商品名ユリノームほか)などを使用した尿酸降下療法が中心となっている。 今回承認されたトピロキソスタットは、アロプリノールなどと同様、キサンチンオキシダーゼ(XOD)を阻害することで尿酸生成を阻害する「尿酸生成抑制薬」である。 ただし、キサンチン(XODの基質)と類似した分子構造を有するアロプリノールとは異なり、XOD以外の核酸代謝酵素を阻害しないことから「 選択的XOD阻害薬」に分類される。 選択的XOD阻害薬としては、2011年5月に発売されたフェブキソスタットに続く2成分目となる。 治験では、1日2回投与で血中尿酸値を治療目標値まで低下させ長期に維持することが可能であること、軽度~中等症の腎機能低下例においても、用量調節せずに通常用量で有効性と忍容性が認められたことが報告されている。 承認時までの国内の臨床試験では、35. 4%に何らかの副作用(臨床検査値異常を含む)が認められている。 主な副作用は、痛風関節炎(10. 0%)、ALT増加(7. 9%)、AST増加(5. 1%)などであり、重大な副作用として肝機能障害(2. 9%)、多形紅斑(0. 5%未満)が報告されている。 また併用禁忌の薬剤としては、フェブキソスタットと同様、XOD阻害作用により骨髄抑制などの副作用増強が報告されているメルカプトプリン水和物(商品名ロイケリン)とアザチオプリン(商品名アザニン、イムラン)が挙げられている。

次の

トピロリック錠20mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

トピ ロキソ スタット

用法・用量 (主なもの)• 通常、成人にはトピロキソスタットとして1回20mgより開始し、1日2回朝夕に経口投与する• その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量する• 維持量は通常1回60mgを1日2回とし、患者の状態に応じて適宜増減するが、最大投与量は1回80mgを1日2回とする• (用法及び用量に関連する注意)尿酸降下薬による治療初期には、血中尿酸値の急激な低下により痛風関節炎(痛風発作)が誘発されることがあるので、本剤の投与は1回20mgを1日2回から開始し、投与開始から2週間以降に1回40mgを1日2回、投与開始から6週間以降に1回60mgを1日2回投与とするなど、徐々に増量すること• なお、増量後は経過を十分に観察すること〔8. 1、17. 1.1、17. 1.2、17. 1.4参照〕 尿酸生成抑制薬 この薬をファーストチョイスする理由(2015年9月更新)• ・1日2回処方ではあるが、尿酸低下作用に優れている。 (40代勤務医、一般外科)• ・腎障害がある痛風患者にも、比較的安全に処方できる。 (50代勤務医、整形外科)• ・蛋白尿や腎機能の改善効果があり、尿酸低下効果がよい。 (40代勤務医、一般内科)• ・尿中アルブミンを減少させるエビデンスがあることに有益性を感じる。 (40代診療所勤務医、代謝・内分泌内科)• ・キサンチン(=キサンチンオキシダーゼ:XODの基質)と類似した構造を持つアロプリノールとは異なり、XOD以外の核酸代謝酵素を阻害しない点(選択的XOD阻害)が長所だと思います。 (40代勤務医、一般内科) 用法・用量 (添付文書全文) 通常、成人にはトピロキソスタットとして1回20mgより開始し、1日2回朝夕に経口投与する。 その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量する。 維持量は通常1回60mgを1日2回とし、患者の状態に応じて適宜増減するが、最大投与量は1回80mgを1日2回とする。 (用法及び用量に関連する注意) 尿酸降下薬による治療初期には、血中尿酸値の急激な低下により痛風関節炎(痛風発作)が誘発されることがあるので、本剤の投与は1回20mgを1日2回から開始し、投与開始から2週間以降に1回40mgを1日2回、投与開始から6週間以降に1回60mgを1日2回投与とするなど、徐々に増量すること。 なお、増量後は経過を十分に観察すること〔8. 1、17. 1.1、17. 1.2、17. 1.4参照〕。 副作用 (添付文書全文) 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1. 重大な副作用 11. 1.1. 肝機能障害(2. 2参照〕。 1.2. 多形紅斑(0. *)〔8. 1参照〕。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 2. 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2. メルカプトプリン水和物投与中又はアザチオプリン投与中の患者〔10. 1参照〕。 (重要な基本的注意) 8. 1. 本剤は尿酸降下薬であり、痛風関節炎(痛風発作)発現時に血中尿酸値を低下させると痛風関節炎増悪(痛風発作増悪)させるおそれがあるため、本剤投与前に痛風関節炎(痛風発作)が認められた場合は、症状がおさまるまで、本剤の投与を開始しないこと。 また、本剤投与中に痛風関節炎(痛風発作)が発現した場合には、本剤の用量を変更することなく投与を継続し、症状によりコルヒチン、非ステロイド性抗炎症剤、副腎皮質ステロイド等を併用すること〔7.用法及び用量に関連する注意の項、11. 2参照〕。 2. 肝機能障害があらわれることがあるので、本剤投与中は定期的に検査を行うなど患者の状態を十分に観察すること〔11. 1.1参照〕。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (腎機能障害患者) 9. 73㎡未満)を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。 (妊婦) 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること(動物実験(ラット)で胎仔への移行が報告されている)。 (授乳婦) 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(動物実験(ラット)で乳汁中への移行が報告されている)。 (小児等) 小児等を対象とした臨床試験は実施していない。 (高齢者) 経過を十分に観察しながら、慎重に投与すること(一般に高齢者では生理機能が低下している)。 (相互作用) 10. 1. 併用禁忌: メルカプトプリン水和物<ロイケリン>、アザチオプリン<イムラン、アザニン>〔2. 2参照〕[骨髄抑制等の副作用を増強する可能性がある(アザチオプリンの代謝物メルカプトプリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、メルカプトプリンの血中濃度上昇がアロプリノール(類薬)で知られており本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある)]。 2. 併用注意: 1). ワルファリン〔16. 7参照〕[ワルファリンの作用を増強させる可能性がある(本剤による肝代謝酵素の阻害作用により、ワルファリンの代謝を抑制し、ワルファリンの血中濃度が上昇する可能性がある)]。 2). ビダラビン[ビダラビンの幻覚・振戦・神経障害等の副作用を増強する可能性がある(ビダラビンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、ビダラビンの代謝を抑制し、作用を増強させることがアロプリノール(類薬)で知られており、本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある)]。 3). キサンチン系薬剤(テオフィリン等)[キサンチン系薬剤(テオフィリン等)の血中濃度が上昇する可能性があるので、本剤と併用する場合は、キサンチン系薬剤の投与量に注意すること(テオフィリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、テオフィリンの血中濃度が上昇することがアロプリノール(類薬)で知られており、本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある)]。 4). ジダノシン[ジダノシンの血中濃度が上昇する可能性があるので、本剤と併用する場合は、ジダノシンの投与量に注意すること(ジダノシンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により健康成人・HIV患者においてジダノシンのCmax・AUC上昇がアロプリノール(類薬)で知られており本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある)]。 (適用上の注意) 14. 1. 薬剤交付時の注意 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。 (その他の注意) 15. 1. 臨床使用に基づく情報 15. 1.1. 女性患者に対する使用経験は少ない〔17. 1.4参照〕。 1.2. 海外で実施された心血管疾患を有する痛風患者を対象としたフェブキソスタットとアロプリノールの二重盲検非劣性試験において、主要評価項目(心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、不安定狭心症に対する緊急血行再建術の複合エンドポイント)についてはアロプリノール群に対しフェブキソスタット群で非劣性が示されたものの、副次評価項目のうち心血管死の発現割合はフェブキソスタット群及びアロプリノール群でそれぞれ4. 34[1. 03,1. 73])、心血管死の中では両群ともに心突然死が最も多かった(フェブキソスタット群2. 22[1. 01, 1. 47])。 2. 非臨床試験に基づく情報 2年間のがん原性試験において、ラットではヒトに1回80mg、1日2回投与時の血漿中曝露量(AUC)の1倍未満で膀胱移行上皮乳頭腫、約1. 7倍で乳腺腺がんが認められ、これらの腫瘍発生は尿中キサンチン結晶析出に起因した尿路障害に伴っていた。 なお、ラットの52週間投与試験ではキサンチン結晶の析出を生じない条件下で、尿路における増殖性病変は認められなかった。 (保管上の注意) 室温保存。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

トピロキソスタット 使用成績調査|関連する治験情報【臨床研究情報ポータルサイト】

トピ ロキソ スタット

通常、成人にはトピロキソスタットとして1回20mgより開始し、1日2回朝夕に経口投与する。 その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量する。 維持量は通常1回60mgを1日2回とし、患者の状態に応じて適宜増減するが、最大投与量は1回80mgを1日2回とする。 用法及び用量に関連する注意 尿酸降下薬による治療初期には、血中尿酸値の急激な低下により痛風関節炎 痛風発作 が誘発されることがあるので、本剤の投与は1回20mgを1日2回から開始し、投与開始から2週間以降に1回40mgを1日2回、投与開始から6週間以降に1回60mgを1日2回投与とするなど、徐々に増量すること。 なお、増量後は経過を十分に観察すること〔8. 1、17. 1、17. 2、17. 4参照〕。 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 重大な副作用• 肝機能障害 2. 2参照〕。 多形紅斑 0. その他の副作用• * 〔8. 1参照〕。 使用上の注意 禁忌• 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 メルカプトプリン水和物投与中又はアザチオプリン投与中の患者〔10. 1参照〕。 重要な基本的注意• 本剤は尿酸降下薬であり、痛風関節炎 痛風発作 発現時に血中尿酸値を低下させると痛風関節炎増悪 痛風発作増悪 させるおそれがあるため、本剤投与前に痛風関節炎 痛風発作 が認められた場合は、症状がおさまるまで、本剤の投与を開始しないこと。 また、本剤投与中に痛風関節炎 痛風発作 が発現した場合には、本剤の用量を変更することなく投与を継続し、症状によりコルヒチン、非ステロイド性抗炎症剤、副腎皮質ステロイド等を併用すること〔7. 用法及び用量に関連する注意の項、11. 2参照〕。 肝機能障害があらわれることがあるので、本剤投与中は定期的に検査を行うなど患者の状態を十分に観察すること〔11. 1参照〕。 特定の背景を有する患者に関する注意 腎機能障害患者• 73㎡未満 を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。 妊婦 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること 動物実験 ラット で胎仔への移行が報告されている。 授乳婦 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること 動物実験 ラット で乳汁中への移行が報告されている。 小児等 小児等を対象とした臨床試験は実施していない。 高齢者 経過を十分に観察しながら、慎重に投与すること 一般に高齢者では生理機能が低下している。 相互作用• 併用禁忌: メルカプトプリン水和物 ロイケリン 、アザチオプリン イムラン、アザニン 〔2. 2参照〕[骨髄抑制等の副作用を増強する可能性がある アザチオプリンの代謝物メルカプトプリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、メルカプトプリンの血中濃度上昇がアロプリノール 類薬 で知られており本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある ]。 併用注意:• ワルファリン〔16. 7参照〕[ワルファリンの作用を増強させる可能性がある 本剤による肝代謝酵素の阻害作用により、ワルファリンの代謝を抑制し、ワルファリンの血中濃度が上昇する可能性がある ]。 ビダラビン[ビダラビンの幻覚・振戦・神経障害等の副作用を増強する可能性がある ビダラビンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、ビダラビンの代謝を抑制し、作用を増強させることがアロプリノール 類薬 で知られており、本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある ]。 キサンチン系薬剤 テオフィリン等 [キサンチン系薬剤 テオフィリン等 の血中濃度が上昇する可能性があるので、本剤と併用する場合は、キサンチン系薬剤の投与量に注意すること テオフィリンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により、テオフィリンの血中濃度が上昇することがアロプリノール 類薬 で知られており、本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある ]。 ジダノシン[ジダノシンの血中濃度が上昇する可能性があるので、本剤と併用する場合は、ジダノシンの投与量に注意すること ジダノシンの代謝酵素であるキサンチンオキシダーゼの阻害により健康成人・HIV患者においてジダノシンのCmax・AUC上昇がアロプリノール 類薬 で知られており本剤もキサンチンオキシダーゼ阻害作用をもつことから、同様の可能性がある ]。 適用上の注意• 薬剤交付時の注意 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある。 その他の注意• 臨床使用に基づく情報• 女性患者に対する使用経験は少ない〔17. 1-17. 4参照〕。 海外で実施された心血管疾患を有する痛風患者を対象としたフェブキソスタットとアロプリノールの二重盲検非劣性試験において、主要評価項目 心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中、不安定狭心症に対する緊急血行再建術の複合エンドポイント についてはアロプリノール群に対しフェブキソスタット群で非劣性が示されたものの、副次評価項目のうち心血管死の発現割合はフェブキソスタット群及びアロプリノール群でそれぞれ4. 34[1. 03,1. 73] 、心血管死の中では両群ともに心突然死が最も多かった フェブキソスタット群2. 22[1. 01, 1. 47]。 非臨床試験に基づく情報 2年間のがん原性試験において、ラットではヒトに1回80mg、1日2回投与時の血漿中曝露量 AUC の1倍未満で膀胱移行上皮乳頭腫、約1. 7倍で乳腺腺がんが認められ、これらの腫瘍発生は尿中キサンチン結晶析出に起因した尿路障害に伴っていた。 なお、ラットの52週間投与試験ではキサンチン結晶の析出を生じない条件下で、尿路における増殖性病変は認められなかった。 保管上の注意 室温保存。

次の