匂い 玉。 臭い玉(膿栓)が出来やすい人と出来にくい人の特徴を徹底調査!

臭い玉の取り方は簡単?オハうがいがオススメだけど病院も安過ぎて!

匂い 玉

せきをした時にのどから小さな白い玉のようなものが出てきたことはありませんか。 これをつぶすと、とても臭いにおいがします。 この白い玉は何なのでしょうか。 私たちののどの入り口で見えるところに、扁桃というリンパ組織があります。 ここは細菌など体の外から入ってきた異物の侵入をブロックする関門です。 扁桃の表面には多数の小さなくぼみがあります。 扁桃全体の表面積を大きくすることで、効率よく侵入物を退治して体の免疫力維持に役立っています。 この小さなくぼみに、食事の残りや菌の死骸がたまり小さな白い玉を作ります。 これが時々のどから出てくる臭いにおい玉の正体で、医学的には「扁桃膿栓」と呼ばれています。 膿栓の多くは米粒大ぐらいの大きさで、食事と一緒に飲み込こんだり、うがいなどで知らないうちに取れて無くなったり、何かの拍子で急にポロリと出てくることもあります。 なかには小豆ほどの大きなもの成長したりするものもありますが、気が付かないかたが多いぐらいで、特に体に害を及ぼすものではありません。 耳の中に耳あかがたまったり、鼻の中にかさぶたがたまったりするのと同じように、膿栓も扁桃があれば誰でも自然にできるものなのです。 直接病気の原因にはならない扁桃膿栓ですが、たまることでのどの違和感が生じたり、口臭の原因になる場合もあります。 予防法としてはうがいをこまめに行うことですが、これだけで完全に除去するのが難しいときもあります。 膿栓を綿棒などで自分で上手にとっているかたもいますが、難しいかたは耳鼻咽喉科で器具を使って膿栓の吸引などの処置を行ってとることができます。 耳あかと同じようにたまれば除去するということを、扁桃膿栓の場合も何度も繰り返すことが多いです。 この処置は急性扁桃炎や慢性扁桃炎急性増悪時などの急性炎症を起こして扁桃が腫れているときや痛みがあるときには、かえって症状を悪化させることがありますから、無理をして行うものではありません。 急性炎症のある場合には抗生物質や消炎剤を内服して、炎症が治まり痛みや腫れが引いてから扁桃処置を行います。 のどをみて扁桃膿栓が気になるかたは、耳鼻咽喉科の受診をお勧めします。 診察を受けて相談してみてください。 (たきした耳鼻咽喉科 滝下照章).

次の

臭い玉(膿栓)の原因は喉の乾燥!できたらどうしたらいいの?

匂い 玉

目次:• 喉の横にある臭い玉の見つけ方 [用意するもの:手鏡、耳かき] 口の奥には、 扁桃腺の穴がいくつか空いています。 臭い玉はここに溜まります。 臭い玉を見つけるには、夜のほうが良いです。 朝や昼の場合はカーテンを閉め切って部屋の明かりを強くしましょう。 そして手鏡を持って真下を覗き込み、部屋の明かりを鏡で反射させて 喉の奥を照らしながら白い玉がないか確認します。 もし喉のヒダが邪魔な時は、耳かきで少しヒダを押さえるといいです ダイソーの 光る耳かきも便利! 臭い玉はスポイトで吸い取ろう! 臭い玉を自分でとる方法は調べるといくつか出てきますが、どれも あまりおすすめできません。 うがいで取れたりはしません。 では一体どうやって取るのがいいかというと、 スポイトを使うのが一番おすすめです。 これなら臭い玉がちぎれたり、奥に押し込んでしまったりする心配はありません。 簡単確実にとることができます 鼻の奥にある臭い玉をとるには 臭い玉は基本的には喉の横の穴にできますが、たまに喉の奥の上部(上咽頭)にできることもあります。 喉の横に臭い玉が無いのに匂いがするときは、 上咽頭に隠れているかもしれません。 残念ながらここにできた玉を、あるかないか目で確認することはできませんが、ちゃんと自分で取る方法はあります。 喉に真空を作って、鼻水やタンを吸い出すようにして臭い玉を取ってみましょう。 舌を口の上につけるのがポイントです。 一度で取れるとは限らないので、鼻の奥を吸ってみたり、喉の後ろ奥を吸ってみたりと場所を変えながら何度か試してみてください。

次の

口臭のもと?「臭い玉(膿栓)」の原因と自宅で簡単にできる除去方法

匂い 玉

もくじ• 歯磨き中にどうやらポロっととれていたようで、知らずにそのまま歯を磨きつづけて 結果的に、口のなかで臭い玉を解体してしまったのです。 _____どうなったか、わかりますよね? はみがき粉と臭い玉のニオイが混ざってしまい、 地獄 でした。 壮絶でした・・・はじめて歯磨き粉と臭いだまをミックスしたニオイを体験したのでトラウマです。 トイレへ夜中に行こうかなとおもった矢先に、口のなかにごろつく感覚がありました。 実際に一円玉をみてもらえばわかるとおもうのですが、半端じゃないデカさです(笑) 寝ぼけていたこともあって、無意識でつぶしてしまったのですがニオイすら感じなかったです。 今思い出せば最大級だったなと。 今回伝えたかっとこと 結局、なにが言いたんだよ!ってなりそうですが(笑) 今回伝えたかったことは、臭い玉はなにもしなくても自然と取れる。 ということです(^-^) ほとんどの場合は、知らないあいだに飲み込んでしまっていると言われますがまさにその通りだなと! どれだけ必死になって取り除こうとしても、無理なときは無理です!ノドや扁桃腺を痛めつけることもありますし危険は伴います。 ですから無理はせずに、時が来れば自然にとれるということです(笑) でも、会話中や歯磨き中に取れるよりも、眠っているあいだにポロっと落ちるほうが楽ですよね^^: ノドに違和感がある状態で過ごしひつようもないですし、精神的にも楽です(笑) 臭い玉と戦うときは、自分から攻めこまないという方法もありますのでお試しください。

次の