天国 に いちばん 近い 島 あらすじ。 天国にいちばん近い島 : 作品情報

天国にいちばん近い島 森村 桂:文庫

天国 に いちばん 近い 島 あらすじ

天国にいちばん近い島は森村桂(もりむら かつら)さんが1965年に執筆した旅行記で、その後映画化もされました。 それ以前はニューカレドニアという名前そのものが日本にはほとんど知られていませんでしたので、その反動からか ニューカレドニア=天国にいちばん近い島という図式が成立しました。 この天国にいちばん近い島。 内容はご存知です? 「天国にいちばん近い島」 主人公が幼い頃父から、地球の南の先っぽに珊瑚でできた小さな島があり、そこは、天国にいちばん近い島で、地球のどこかで神様を欲しがっている人がいると、神様が一旦そこに降りてから丸木舟で世界中に行くんだと聞かされました。 その後父は死んでしまったため、その島がどこにあるのかわからないまま主人公は成長したのですが、ある日、仕事をしていると、鉱石運搬船が就航しているニューカレドニアという島の話を聞きます。 そこは一年中暖かくマンゴーやパパイヤが実り、原住民は2日働けば5日は遊んで暮らしていて、伝染病も無ければ泥棒もいないらしい。 主人公はそこが「天国にいちばん近い島」とだと決めつけ、鉱石運搬船会社に手紙を出し、船に乗せてもらいニューカレドニアまでいってしまいます。 ところが、ニューカレドニアに着いた主人公は愕然とします。 そこは青い海ではなく赤い大地だったのです。 その上産業スパイと間違われ、盲腸にかかり意気消沈してしまいます。 しかし、現地の人たちとの交流を通じ、次第にニューカレドニアに溶け込み、何ヶ月も滞在し、「親善大使」のように様々な離島を訪れます。 その離島の中のひとつにウベア島という島があります。 その島で主人公は白い砂浜、青い海を見つけ、ここが父の言っていた島だったんだ気付いたのでした。 グランドテールは赤茶けた大地 以上が天国にいちばん近い島のあらすじです。 実際、飛行機から眺めていると、ヌメアのあるグランドテール島は、赤い大地が良く見えます。 南の島といっても緑の島ばかりじゃないのがニューカレドニアです。 しかし、一歩ウベア島やイル デ パン島などの離島に行くと状況は一変します。 そこはパンフレットで見たとおりの光景が展開され、海の宝石という名にふさわしい場所です。 帰路の飛行機から撮影。

次の

【ヌメア編】天国にいちばん近い島♡ニューカレドニアを遊び尽くせ!

天国 に いちばん 近い 島 あらすじ

主人公が成長してゆく姿の描きかたがすばらしい。 ニューカレドニア綺麗だし。 オープニングとラストに出てくるアニメ(?)が、いかにもらしくて気持ち悪い。 ['06. なければ2点。 が、知世ちゃんがカワイイので許せます。 ニューカレドニアの魅力はあまり感じなかった。 角川&大林コンビだと思うとそれも味に感じるから不思議だ。 と気のいい現地人。 と純愛。 パーマネント・バージンは、デビュー以来今に至るまでまったく作品にめぐまれないにもかかわらず、可愛さだけで観客を満足させてしまう監督にとって本当にありがたい女優さん。 でもホントにカワイイので(のに)2点。 当時は理解できなかったけど、今ならその気持ちの動きが手にとるようにわかる。 内戦があってもGoogle Earthの時代になっても。 ニューカレドニアという夾雑物を廃した世界を舞台に選びながら、やることが不純なのだ。 は健気にいいけど、やっぱ彼女には太陽の光は合わないのだなあ。

次の

続 天国にいちばん近い島(最新刊)

天国 に いちばん 近い 島 あらすじ

森村桂原作の同名小説の映画化で、脚本は「時をかける少女 1983 」の剣持亘、監督は「廃市」の大林宣彦、撮影も同作の阪本善尚がそれぞれ担当。 1984年製作/102分/日本 配給:東映 ストーリー 桂木万里は、ドジで根暗な高校生。 彼女は5歳の時、南太平洋に浮かぶ小さな島・ニューカレドニアの名を、父・次郎がしてくれたおとぎ話で知った。 そこは、神さまのいる天国から、いちばん近い島だという。 島に着いた彼女は、一人自転車でヌメアの街に出、すみずみの景色を見て回るが、何か違うように思えた。 万里はそこで、日系三世の青年・タロウと出会い、名も聞かずに別れた。 ふとしたことで、中年男の偽ガイド・深谷有一と知り合った万里は、彼のガイドを受けることになった。 万里は、タロウを探しに市場に出かけ彼を見つけた。 そしてタロウに教えられたウベア島へ、一人船に乗って出かける。 万里はウベアで、島の人達の歓迎を受けるが、ここもまた違っていた。 そんなことを考えながら、海辺を歩いていた彼女は、エイを踏んで倒れショックで熱を出す。 そのため、ツアーの帰りの飛行機に乗り遅れてしまった万里は、ホテルを追い出され、ヨットで一晩明かそうとしているところを警察に保護された。 身元引受人としてタロウが迎えに来て、万里は次の飛行機が飛ぶまで、タロウの家にいることになった。 ある日、祖父・タイチから観光客を好きになるなと注告されたタロウは、もうすぐウベアに行かなくてはならないからと、ヌメアのホテルに彼女の部屋をとったことを告げる。 その日、万里は自分に嫌気がさしドラム缶の風呂の中で泣いた。 次の日、エッセイスト・村田圭子と戦争未亡人・石川貞が訪れた。 貞の夫が死んだ海を一緒に見に行った万里は、貞から人を好きになることへの誇りを教えられる。 万里は、貞たちのいるホテルに移り、そこで深谷と会う。 深谷と圭子は、元恋人同士であった。 二人は万里の言葉で、20年ぶりに愛を確かめ合った。 その夜万里は、荷物の中からタロウの手紙とお金の入った袋を見つけた。 手紙には「このお金で日本に帰って下さい」とあった。 貞にお金を借りた万里は、タロウのいるウベアに飛んだ。 タロウは子供たちに紙芝居を見せていた。 万里は、彼にお金を返し私にも見せてほしいと言う。 二人は、紙芝居が終わった後、「私の天国にいちばん近い島を見つけた。 それは眼の前にあります」「僕もニッポンを見つけた。 それは万里さんです」と告げ合った。 日本に帰国した万里は、以前と変わり明るい女の子になっていた。 ネタバレ! クリックして本文を読む 当時、大人気だった御存知薬師丸ひろ子を筆頭に角川3人娘の大ブームの時、その妹分として、デビューしたのが主人公演じる 原田知世でした。 今でこそ透明感ある、個性的な方ですが、当時のオーラの無さは何ですか? って位、ふつうの子。 ユニセックス的な魅力なのかは知りませんが、当時は女性の人気が高かったような気がします。 映画としては何故か受かったオーディションで監督に気に入られ、大々的に売り出す事になった少女の為に、無理矢理作った感あります。 映像は流石、ニューカレドニア。 とっても綺麗です。 唯一の見所です。 まず、コンセプトが失敗、デューの原田知世の演技力では感情移入ができないなあ。 脚本も詰め込み過ぎなのではないでしょうか。 次々に恋する少女の大人への脱皮はあまり、上手に描き切れてない。 昔見たときは、もっと可愛らしかったんだけどなあ。 今見直すとちょっと痛さ感あります。

次の