アクション エディター。 【Blender】NLAエディターの使い方【アクションの編集】

アクションエディターとは (アクションエディターとは) [単語記事]

アクション エディター

アクションポップアップウィンドウが再設計され、デザイナーの使い勝手がさらに向上しました。 改良されたアクションエディターでは、コードを記述する必要が減り、インタラクティビティの追加が容易になりました。 より親しみやすくなったことで、デザイナーは時間や手間を節約しながら、正確なアニメーションを制作できます。 オブジェクトを追加し、JavaScript アクションを構成して、アニメーションにイベントベースのエレメントを作成できます。 新しいアクションエディターを使用すると、ターゲットにアクションを割り当てるときの様々な手順を画面上で確認しながら進めることができます。 アクションエディターでは、JavaScript イベントベースのアクションの追加や、ターゲットの選択を同じウィンドウで行えます。 新しいコードエディターでは、たった 2 ステップでエレメントにアクションを追加できるようになりました。 アクションを選択 - アクションの名前が分かる場合は、検索ボックスを使用してアクションを検索できます。 分からない場合は、カテゴリーを選択してそこに含まれるアクションを表示し、必要なアクションをクリックできます。 ターゲットを選択 - ターゲットは、ステージの下にグループ化されています。 「ステージ」をクリックして、ターゲットエレメントを表示します。 ターゲットエレメントをダブルクリックします。 注意:コンポジションにシンボルが含まれていると、「ステージ」をクリックしたときにシンボル用のサブカテゴリーが表示されることがあります。 シンボルについて詳しくは、「」を参照してください。 アクションは、次のカテゴリー別にまとめられています。 ページレベル• コンポジションレベル• クリック• マウス• タッチ• スワイプ• タイムライン• シンボル アクションエディターには、すばやく簡単にリッチアニメーションを制作するのに役立つ次の拡張機能も含まれています。 オーディオを追加:アニメーションにオーディオを追加できます。 詳しくは、を参照してください。 ビデオを追加:アニメーションに動画を追加できます。 詳しくは、を参照してください。 DPS 記事にハイパーリンクを追加:コンポジションのエレメントと Adobe DPS 記事との間にハイパーリンクを追加できます。 詳しくは、を参照してください。 コードスニペットを追加:頻繁に再利用するコードがある場合、コードをスニペットとして保存できます。 スニペットは 1 クリックで挿入でき、必要に応じて修正できます。

次の

アクションエディターとは (アクションエディターとは) [単語記事]

アクション エディター

アクションエディターとは、氏の()である。 は「アクエディ」。 はアクションエディター、に大幅なをする形で作られたアクションエディター+、 1から作りなおしたアクションエディター4の3種類が開されている。 本稿ではに最新版のアクションエディター4について解説する。 ちなみに、3作にもかかわらずが4なのはアクションエディターの前身といえる 『ヤユの2+』を1番と数えているからである。 概要 アクションエディターは、名前通りに横を作るためのである。 は から。 修正とが良好だったり。 この操作そのものは簡単で取っ付き易いが、の設定がとてもにできるのが特徴で 、、に設定したとの位置関係など複雑な条件分岐で動作を設定できるほか 化・化することで他のと干渉しないを作り、そのに管理などの動作を設定すれば 根幹まで作ることが出来る。 内の設定はとてもにできる反面、画面やなどは固定。 で動作する全般の作成が得意で、横のほかに や、なども工夫次第で作成可。 用のとしては異色なや、のをすることで 純なさえも作られている。 簡単な操作方法や工夫次第ではののを作れる点は、に似ていると言える。 でもアクエディ製が複数受賞しており、非常に高いを持つである。 素材の規格• 画像は形式のみ対応 独自のを使った色とに対応しているが、は容量を食うため色が流。 本体に減色機がついている。 基本的にはdotで一つのになるが、はxdotまで対応。 ソードと呼ばれるは幅と高さをに設定することができる。 は形式のみ対応• は形式とg形式が対応 最近ので以降の 111 が使用できるようになったが、 正式にはしていないので注意。 のはひとつ。 操作は再生と終了しかできず、の処理とすることもできないため 少々使い勝手が悪い。 例えば、表示を変えようとした場合は管理やチャ表示を使いこなす必要があり、 固定であるやも、を等に見立て、うまく組み合わせれば できないこともない。 他にも、「行きのはで作る」や、「とのが取れないので、構造を内に作る」など、やろうと思えばできるものの、決して手軽にできるわけではない。 の知識は必要ないものの、な思考や、作りたい動作を各種に当てはめる発想は。 構造が複雑になれば潰し作業も必要になり、『視覚的なの一種』と称する用者もいるほど。 とはいえ、で用意されている範囲ならとても手軽にを作ることができ、 努した分だけの底上げができる余地もある本は、にがあるのなら 是非とも手にとってもらいたいである。 関連動画 アクションエディターを使用した紹介。 関連商品 関連コミュニティ 関連項目• 関連リンク• :アクエディ製作品やがされている。

次の

【超初心者向け】そもそもアクションエディターって何なんだ?!

アクション エディター

円柱:• UV球:• 立方体:• この時、それぞれのオブジェクトに適用されているアニメーション1つ当りのことを「アクション」と呼びます。 例えば、• 円柱で言えば、• UV球で言えば、• 立方体で言えば、• という具合です。 NLAエディターへの切替方法 左下の「エディタータイプ」のボタンから、「NLAエディター」を選択する事で切り替える事ができます。 blendファイルの、NLAエディターを開くと以下のようになっています。 例えば、• Cylinder(円柱)には、「CylinderAction」というアクション• Sphere(UV球)には、「SphereAction」というアクション• Cube(立方体)には、「SphereAction」というアクション という具合です。 変換するには、各アクション名の右にある下矢印ボタン()をクリックします。 例えば、• Gキー:• ストリップの移動• Shift+Aキー:• ストリップの新規追加• Shift+Dキー:• 以下、編集例です。

次の