セントジョーンズワート 生理遅れる。 ウリプリスタール酢酸エステルの効果・副作用・禁忌|ネットのくすり屋さん

セントジョンズウォートでにきび

セントジョーンズワート 生理遅れる

バセドウ病では、いろいろな困った症状が出たり、薬の副作用に悩まされたりします。 中には人には相談できないこともあると思います。 管理人の場合はどうだったのか?どうしたのか?ということをまとめておきますので参考になさってください。 私の場合、当初、飲み薬はメルカゾール6錠からスタートしました。 その頃の私は生理のサイクルが完全に狂っていました。 それが・・・バセドウ病を発病したら生理が4日間しかありません。 量は少なめ。 (いつもの半分くらい・・・汗)生理痛はあるけど鈍痛のみ。 周期は21日くらい。 (短っ!!!) 正直言ってバセドウ病のせいで更年期が早く来て、「生理があがってしまう」と思っていました。 医師に相談すると「あ〜っ・・・・仕方ないね」と一言。 数値が落ち着くまでは仕方の無いことと思い諦めました。 だけどもしも子供が欲しいと望んでいる女性だったら物凄く不安に思うでしょう。 現在私の病状はとても安定しておりプロパジール2錠(1日)を服用しています。 バセドウ病の数値が下がってからは生理も正常どおりに戻りました。 婦人科医師の診察も受けましたが正常に妊娠できる状態だそうです。 個人差もあると思いますが、根の深い問題なだけに悩んでいる方は、早めに専門医の診断を受けてくださいね。

次の

ウリプリスタール酢酸エステルの効果・副作用・禁忌|ネットのくすり屋さん

セントジョーンズワート 生理遅れる

用法・用量 (主なもの)• 通常、成人にはエスシタロプラムとして10mgを1日1回夕食後に経口投与する• なお、年齢・症状により適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行い、1日最高用量は20mgを超えないこととする• (用法及び用量に関連する注意)7. 1. 本剤の投与量は必要最小限となるよう、患者ごとに慎重に観察しながら投与すること• 2. 肝機能障害患者、高齢者、遺伝的にCYP2C19の活性が欠損していることが判明している患者(Poor Metabolizer)では、本剤の血中濃度が上昇し、QT延長等の副作用が発現しやすいおそれがあるため、10mgを上限とすることが望ましく、また、投与に際しては患者の状態を注意深く観察し、慎重に投与すること〔8. 7、9. 1.1、9. 1.2、9. 3肝機能障害患者、9. 8高齢者の項、11. 1.4、16. 1.1、16. 1.2、16. 5、16. 病気や症状に応じた注意事項• QT延長• 過敏症• 先天性QT延長症候群• ピモジド投与中• モノアミン酸化酵素<MAO>阻害剤投与中あるいは投与中止後14日間以内• 慎重投与• 肝機能障害• 遺伝的にCYP2C19の活性が欠損• 肝機能障害• 痙攣性疾患• 高度腎機能障害• 自殺企図• 自殺念慮• 出血傾向• 出血性素因• 低カリウム血症• てんかん• 脳器質的障害• 不整脈• 心血管系障害• 著明な徐脈• 出血の危険性を高める薬剤を併用• 統合失調症素因• 衝動性が高い併存障害• 躁うつ病• うっ血性心不全• CYP2C19の活性が遺伝的に欠損• QT延長を起こすリスク• 投与に際する指示• 肝機能障害• ・添付文書に従って心疾患がある患者さんには処方しないようにしています。 不安に効果が高くてとても使い易いです。 (40歳代病院勤務医、精神科)• ・効果がマイルドで安全性が高い。 自分で服用してみてそう感じた。 (70歳代診療所勤務医、総合診療科)• ・初期用量と維持用量が同一なのが楽。 ただし心電図チェックは必要。 (40歳代病院勤務医、精神科)• ・胃腸の副作用も含め少ない。 パキシルなどは抗コリン作用で使用しにくい。 デプロメールは他の薬剤との併用が難しいので、最近ほとんど使っていません。 (50歳代診療所勤務医、精神科)• ・抗不安作用が強く、最大2錠までなので使い易い。 時に半錠から開始し、眠気が出る時には就寝前服用とすれば、副作用はほとんど気にならない。 (50歳代診療所勤務医、一般内科) SSRI この薬をファーストチョイスする理由(2017年10月更新)• ・少量投与から開始する必要がなく、比較的副作用が少ない印象がある。 以前にルボックス開始の際に、強い焦燥感などのアクチベーション症候群を経験している。 (50歳代病院勤務医、救急科)• ・患者さんから、心がすっきりするとのお話あり。 (50歳代病院勤務医、一般内科)• ・初回投与量が有効用量であること。 薬剤相互作用が少ないこと。 (30歳代病院勤務医、精神科)• ・薬剤の増量をあまり意識しなくて済む点が使いよい。 不安を伴ううつにも効果あるが、女性にはジェイゾロフト使うかな。 特に消化器症状もパキシル、ルボックスなどよりも少なく、ほとんど問題にならない印象。 (60歳代開業医、一般内科)• ・1錠から開始でき、増量の必要がないことも多いので、服薬継続していただきやすい。 若年者への効果も期待できる。 (40歳代開業医、精神科)• ・doseが二段階で初期投与量で効果が期待できる。 使いやすい。 薬物相互作用が少ない。 (50歳代病院勤務医、脳神経外科) SSRI この薬をファーストチョイスする理由(2016年6月更新)• ・心電図も取れない公立のクリニックにいるのでQT延長が気になるが、その他の副作用は少ない印象を受ける。 (50歳代診療所勤務医、精神科)• ・漸増しなくてもよい点や、抗不安作用が強い点が気に入っている。 しかしアクチベーション現象が起きやすいのが難点。 (30歳代病院勤務医、総合診療科)• ・レクサプロは増量のプロセスが楽であり、12種の新規抗うつ薬の有効性と許容性を比較したメタ解析で最も継続性、有効率が高いと位置付けられているから。 (40歳代その他、内科系専門科)• ・内服開始時の副作用が少なく、抗うつと抗不安の効果のバランスが良い。 さらに中止後のリバウンドも少なく1日1回の服用で良いためレクサプロを処方している。 (50歳代病院勤務医、神経内科)• ・用量調節があまり難しくないため、レクサプロを処方する機会が多い。 とはいえ問題があった場合はあまり深追いせず、専門医に任せている。 (40歳代病院勤務医、皮膚科) SSRI この薬をファーストチョイスする理由(2015年1月更新)• ・以前はパロキセチンでしたが、最近は用量設定がシンプルで効果と副作用のバランスも妥当なエスシタロプラムを第一選択としています。 (40歳代病院勤務医、精神科)• ・他のSSRIに比べ効果発現が早いので患者のアドヒアランスがよい。 悪心、眠気、頭痛、口渇などの副作用も少ない印象がある。 (60歳代病院勤務医、一般内科)• ・MANGA試験の結果から、最も好ましいと考えている。 (40歳代診療所勤務医、一般内科)• ・使用し始めて、わりとすぐに効果が出る印象です。 他のSSRIと比較して、やめるときに一気に切っても大丈夫な印象で、「安全」というイメージです。 それから、個人的な感想ですが、性差があって女性、特に更年期のうつに相性がいい気がしています。 (40歳代病院勤務医、精神科)• ・MRがよく来る。 (50歳代開業医、一般内科) 効果・効能 (添付文書全文) うつ病・うつ状態、社会不安障害。 (効能又は効果に関連する注意) 5. 1. 〈効能共通〉抗うつ剤の投与により、24歳以下の患者で、自殺念慮、自殺企図のリスクが増加するとの報告があるため、本剤の投与にあたっては、リスクとベネフィットを考慮すること〔8. 4、9. 1.3、9. 1.4、15. 1.1参照〕。 2. 〈うつ病・うつ状態〉本剤を12歳未満の大うつ病性障害患者に投与する際には適応を慎重に検討すること〔9. 7.2参照〕。 3. 〈社会不安障害〉社会不安障害の診断は、DSM*等の適切な診断基準に基づき慎重に実施し、基準を満たす場合にのみ投与すること。 *DSM:American Psychiatric Association(米国精神医学会)のDiagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders(精神疾患の診断・統計マニュアル)。 用法・用量 (添付文書全文) 通常、成人にはエスシタロプラムとして10mgを1日1回夕食後に経口投与する。 なお、年齢・症状により適宜増減するが、増量は1週間以上の間隔をあけて行い、1日最高用量は20mgを超えないこととする。 (用法及び用量に関連する注意) 7. 1. 本剤の投与量は必要最小限となるよう、患者ごとに慎重に観察しながら投与すること。 2. 肝機能障害患者、高齢者、遺伝的にCYP2C19の活性が欠損していることが判明している患者(Poor Metabolizer)では、本剤の血中濃度が上昇し、QT延長等の副作用が発現しやすいおそれがあるため、10mgを上限とすることが望ましく、また、投与に際しては患者の状態を注意深く観察し、慎重に投与すること〔8. 7、9. 1.1、9. 1.2、9. 3肝機能障害患者、9. 8高齢者の項、11. 1.4、16. 1.1、16. 1.2、16. 5、16. 6.4参照〕。 副作用 (添付文書全文) 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1. 重大な副作用 11. 1.1. 痙攣(0. 1.7参照〕。 1.2. 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)(頻度不明):低ナトリウム血症、頭痛、集中力欠如、記憶障害、錯乱、幻覚、痙攣、失神等を伴う抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)があらわれることがあるので、異常が認められた場合には投与を中止し、水分摂取の制限等適切な処置を行うこと。 1.3. セロトニン症候群(頻度不明):不安、焦燥、興奮、振戦、ミオクローヌス、高熱等のセロトニン症候群があらわれることがあり、セロトニン作用薬との併用時に発現する可能性が高くなるため、特に注意し、異常が認められた場合には投与を中止し、水分補給等の全身管理とともに適切な処置を行うこと〔2. 2、10. 1、10. 2参照〕。 1.4. QT延長(頻度不明)、心室頻拍(torsades de pointesを含む)(頻度不明)〔2. 3、2. 4、7. 2、8. 7、9. 1.1、10. 1、10. 2参照〕。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 2. 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 2. モノアミン酸化酵素<MAO>阻害剤投与中あるいは投与中止後14日間以内(セレギリン塩酸塩、ラサギリンメシル酸塩、サフィナミドメシル酸塩)の患者〔10. 1、11. 1.3参照〕。 3. ピモジド投与中の患者〔10. 1、11. 1.4、16. 7.2参照〕。 4. QT延長のある患者(先天性QT延長症候群等)[心室頻拍(torsades de pointesを含む)、心電図QT間隔の過度な延長を起こすことがある]〔8. 7、11. 1.4参照〕。 (重要な基本的注意) 8. 1. うつ症状を呈する患者は希死念慮があり、自殺企図のおそれがあるので、このような患者は投与開始早期ならびに投与量を変更する際には患者の状態及び病態の変化を注意深く観察すること〔5. 1、8. 4、9. 1.3、9. 1.4、15. 1.1参照〕。 1、8. 1、8. 3、8. 4、9. 1.6、15. 1.1参照〕。 3. 自殺目的での過量服用を防ぐため、自殺傾向が認められる患者に処方する場合には、1回分の処方日数を最小限にとどめること〔5. 1、8. 1、8. 2、8. 4、9. 1.3、9. 1.4、15. 1.1参照〕。 4. 家族等に自殺念慮や自殺企図、興奮、攻撃性、易刺激性等の行動の変化及び基礎疾患悪化があらわれるリスク等について十分説明を行い、医師と緊密に連絡を取り合うよう指導すること〔5. 1、8. 3、9. 1.6、15. 1.1参照〕。 5. 眠気、めまい等があらわれることがあるので、本剤投与中の患者には、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には十分注意させること。 6. 投与中止(突然の中止)により、不安、焦燥、興奮、浮動性めまい、錯感覚、頭痛及び悪心等があらわれることが報告されているので、投与を中止する場合には、突然の中止を避ける(患者の状態を観察しながら徐々に減量すること)。 7. 本剤投与によりQT延長がみられていることから、心血管系障害を有する患者に対しては、本剤の投与を開始する前に心血管系の状態に注意を払うこと〔2. 4、7. 2、9. 1.1、11. 1.4参照〕。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. 1.1. QT延長を起こすリスクのある患者〔7. 2、8. 7、10. 2、11. 1.4参照〕。 (1). 著明な徐脈等の不整脈又はその既往歴のある患者。 (2). うっ血性心不全の患者。 (3). 低カリウム血症の患者。 1.2. CYP2C19の活性が遺伝的に欠損している患者〔7. 2、16. 1.1、16. 1.2、16. 5、16. 6.4参照〕。 1.3. 自殺念慮又は自殺企図の既往のある患者、自殺念慮のある患者:自殺念慮、自殺企図があらわれることがある〔5. 1、8. 4、9. 1.4、15. 1.1参照〕。 1.4. 躁うつ病患者:躁転、自殺企図があらわれることがある〔5. 1、8. 4、9. 1.3、15. 1.1参照〕。 1.5. 脳器質的障害又は統合失調症素因のある患者:精神症状が増悪することがある〔8. 2、8. 4、9. 1.6参照〕。 1.6. 衝動性が高い併存障害を有する患者:精神症状が増悪することがある〔8. 2、8. 4、9. 1.5参照〕。 1.7. てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者:痙攣発作を起こすことがある〔11. 1.1参照〕。 1.8. 出血の危険性を高める薬剤を併用している患者、出血傾向又は出血性素因のある患者:出血傾向が増強するおそれがある〔10. 2参照〕。 (腎機能障害患者) 9. 2.1. 高度腎機能障害のある患者:本剤のクリアランスが低下し、血中濃度が上昇するおそれがある〔16. 6.1参照〕。 (肝機能障害患者) 肝機能障害患者:本剤のクリアランスが低下し、血中濃度が上昇するおそれがある〔7. 2、16. 6.2参照〕。 (妊婦) 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 5.1. 生殖発生毒性試験(ラット)において、臨床曝露量を超える高い曝露により胎仔毒性(胎仔体重減少、胎仔骨化遅延)及び出生仔死亡率増加が認められた。 なお、動物実験(ラット)において、催奇形作用は認められていない。 5.2. 本剤のラセミ体であるシタロプラムの生殖発生毒性試験(ラット)において、心血管系異常を有する胎仔数増加が認められたが、再試験においては認められなかった。 5.3. 妊娠末期に本剤あるいは他のSSRI、SNRIを投与された妊婦から出生した新生児において、入院期間の延長・呼吸補助・経管栄養を必要とする離脱症状と同様の症状が出産直後にあらわれたとの報告がある(臨床所見としては、呼吸窮迫、チアノーゼ、無呼吸、発作、体温調節障害、哺乳障害、嘔吐、低血糖症、筋緊張低下、筋緊張亢進、反射亢進、振戦、ぴくつき、易刺激性、持続性の泣きが報告されている)。 5.4. 海外の疫学調査において、妊娠中に本剤のラセミ体であるシタロプラムを含む他のSSRIを投与された妊婦から出生した新生児において、新生児遷延性肺高血圧症のリスクが増加したとの報告がある。 このうち1つの調査では、妊娠34週以降に生まれた新生児における新生児遷延性肺高血圧症発生のリスク比は、妊娠早期の投与では2. 3)、妊娠早期及び後期の投与では3. 3)であった。 (授乳婦) 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(ヒト母乳中へ移行することが報告されている)。 (小児等) 9. 7.1. 小児等を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。 2参照〕。 (高齢者) 用量に留意して、患者の状態を観察しながら、慎重に投与すること(高齢者での薬物動態試験で、血中濃度が高い傾向が認められている)〔7. 2、16. 6.3参照〕。 (相互作用) 本剤は主にCYP2C19で代謝され、CYP2D6及びCYP3A4も代謝に関与している〔16. 4.1参照〕。 1. 併用禁忌: 1). モノアミン酸化酵素<MAO>阻害剤<リネゾリド・メチルチオニニウム以外>(セレギリン塩酸塩<エフピー>、ラサギリンメシル酸塩<アジレクト>、サフィナミドメシル酸塩<エクフィナ>)〔2. 2、11. 1.3参照〕[セロトニン症候群があらわれることがあるので、MAO阻害剤を投与中あるいは投与中止後14日間以内の患者には投与しないこと(また、本剤投与後にMAO阻害剤を投与する場合には、14日間以上の間隔をあけること)(セロトニンの分解が阻害され、脳内セロトニン濃度が高まると考えられる)]。 2). ピモジド<オーラップ>〔2. 3、11. 1.4、16. 7.2参照〕[本剤のラセミ体であるシタロプラムとピモジドとの併用により、QT延長が発現したとの報告がある(機序は不明である)]。 1.3参照〕[セロトニン症候群等のセロトニン作用による症状があらわれることがあるので、これらの薬物を併用する際には観察を十分に行うこと(本剤はセロトニン再取り込み阻害作用を有するため、併用により、セロトニン作用が増強することがある)]。 2). メチルチオニニウム塩化物水和物<メチレンブルー>〔11. 1.3参照〕[セロトニン症候群等のセロトニン作用による症状があらわれることがあるので、これらの薬物を併用する際には観察を十分に行うこと(メチルチオニニウム塩化物水和物はMAO阻害作用を有するため、セロトニン作用が増強される)]。 3). 三環系抗うつ剤(イミプラミン塩酸塩、クロミプラミン塩酸塩、ノルトリプチリン塩酸塩等)、フェノチアジン系抗精神病剤、リスペリドン、ブチロフェノン系抗精神病剤(ハロペリドール)、抗不整脈剤(フレカイニド酢酸塩、プロパフェノン塩酸塩)〔16. 7.1参照〕[これらの薬剤の血中濃度が上昇するおそれがあるので、これらの薬剤を減量するなど注意すること(本剤がこれらの薬剤の代謝酵素であるCYP2D6を阻害することによると考えられる)]。 7.1参照〕[メトプロロールの血中濃度が上昇するおそれがあるので、メトプロロールを減量するなど注意すること(本剤がこれらの薬剤の代謝酵素であるCYP2D6を阻害することによると考えられる)]。 5). シメチジン〔16. 7.1参照〕[本剤の血中濃度が上昇するおそれがあるので、本剤を減量するなど注意すること(シメチジンが本剤の代謝酵素を阻害することによると考えられる)]。 6). オメプラゾール、ランソプラゾール、チクロピジン塩酸塩〔16. 7.1参照〕[本剤の血中濃度が上昇するおそれがあるので、本剤を減量するなど注意すること(これらの薬剤が本剤の代謝酵素であるCYP2C19を阻害することによると考えられる)]。 7). ワルファリンカリウム〔16. 8). 出血傾向が増強する薬剤(非定型抗精神病剤、フェノチアジン系抗精神病剤、三環系抗うつ剤、アスピリン等の非ステロイド系抗炎症剤、ワルファリンカリウム等)〔9. 1.8参照〕[出血傾向が増強することがある(SSRIの投与により血小板凝集能が阻害され、これらの薬剤との併用により出血傾向が増強することがある)]。 9). アルコール(飲酒)[本剤服用中は飲酒を避けることが望ましい(他の抗うつ剤で作用の増強が報告されている)]。 10). QT延長を起こすことが知られている薬剤〔9. 1.1、11. 1.4参照〕[QT延長を起こすおそれがある(併用によりQT延長作用が相加的に増強するおそれがある)]。 (過量投与) 13. 1. 症状 海外において、本剤1000mgを超える過量投与が報告されている。 また、本剤を過量投与した患者において、死亡例が海外で報告されている(主な症状として、中枢神経障害(めまい、振戦、不安、焦燥、興奮、セロトニン症候群、痙攣、昏睡)、胃腸障害(悪心・嘔吐等)、心血管障害(低血圧、頻脈、QT延長、不整脈)、電解質及び水分バランス異常(低カリウム血症、低ナトリウム血症)等が報告されている)。 2. 処置 過量投与時、特異的な解毒剤は知られていない。 (適用上の注意) 14. 1. 薬剤交付時の注意 PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。 (その他の注意) 15. 1. 臨床使用に基づく情報 15. 1.1. 海外で実施された大うつ病性障害等の精神疾患を有する患者を対象とした、本剤を含む複数の抗うつ剤の短期プラセボ対照臨床試験の検討結果において、24歳以下の患者では、自殺念慮や自殺企図の発現のリスクが抗うつ剤投与群でプラセボ群と比較して高かった。 なお、25歳以上の患者における自殺念慮や自殺企図の発現のリスクの上昇は認められず、65歳以上においてはそのリスクが減少した〔5. 1、8. 4、9. 1.3、9. 1.4参照〕。 1.2. 主に50歳以上を対象に実施された海外の疫学調査において、選択的セロトニン再取り込み阻害剤及び三環系抗うつ剤を含む抗うつ剤を投与された患者で、骨折のリスクが上昇したとの報告がある。 1.3. 海外で実施された臨床試験において、本剤を含む選択的セロトニン再取り込み阻害剤が精子特性を変化させ、受精率に影響を与える可能性が報告されている。 2. 非臨床試験に基づく情報 15. 2.1. ラット反復投与毒性試験において、本剤投与後に、心毒性(心筋炎に基づくうっ血性心不全)による死亡が認められている。 心毒性は本剤のCmaxに依存して発現するものと考えられ、発現の閾値におけるラット及びヒト曝露量の乖離は約8倍と推察されている。 2.2. ラット反復投与毒性試験において、本剤投与後に、肺リン脂質症、精巣上体リン脂質症及び副腎リン脂質症に関連する所見(光顕的に認められる泡沫状肺胞マクロファージの集簇及び細胞空胞化)が認められ、これらの所見はヒトにおける曝露量よりも低い曝露量より認められた(休薬により、リン脂質症に関連する所見は回復した)。 (保管上の注意) 室温保存。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の

知らないと損をする!HRT(ホルモン補充療法)、漢方、サプリメントで、ホルモンUP大作戦|シティリビングWeb

セントジョーンズワート 生理遅れる

セントジョンズワートのシングルハーブティーです。 こちらはお得な業務用・家庭用サイズです。 簡易パッケージでお届けします。 日々の暮らしの中で落ち込むとき、ちょっと弱気になるときはどなたにでもあると思います。 そんなときに飲むと気分を明るく元気にしてくれるハーブティー、セントジョンズワートです。 昔から心労が重なって元気のない時、弱気になった時にセントジョンズワートのハーブティーを飲むと、不安を取り除いてくれ、明るい気分になれると言われてきました。 欧米では「サンシャイン・サプリメント」とも呼ばれています。 セントジョンズワートのハーブティーは、古くからすぐれた鎮静作用があると言われ、うつ病や不眠の治療にも使われてきました。 人はうつ状態のとき脳内のセロトニンという物質が減っています。 セントジョンズワートにはこのセロトニンの濃度を上げ、うつ状態を改善する効果があることがわかっているのです。 またこのハーブには更年期障害や生理痛のときの落ち込んだ気分を上げる働きもあると言われています。 セントジョンズワートはオトギリソウ科の植物です。 夏になると鮮やかな黄色の可愛らしい花がたくさん咲きます。 ハーブティーには花・葉・茎・根を使うことが出来、ファーム北の香でも収穫した花・葉・茎を使用しています。 元気いっぱいに育ったセントジョンズワートを収穫して、約一週間ほど丁寧に乾燥させ、ハーブティーにしました。 セントジョンズワートはくせのない味で飲みやすいハーブティーです。 シングルハーブティーとしても、ブレンドして他のハーブティーと合わせても美味しくいただけます。 頑張りすぎて疲労を感じていたり、気分がふさぎがちなときが続いたら、ハーブティーの力を少し借りてみませんか。 落ち込みがちなとき、不安になっているとき、気弱になっているときに、ぜひおすすめしたいハーブティーです。 ハーブティー(シングル) 『セントジョンズワート』業務用・家庭用サイズ 【内容量】 40.0g (ティーカップで約48杯前後) 【原材料】 セントジョンズワート(北海道白老産) 【茶葉の量と蒸らし時間】 一人分:ティースプーンに一杯 蒸らし時間:2~3分 <セントジョンズワートに関する留意事項> 念のため以下にご留意ください。 ・服薬中の方は医師にご相談の上でご使用ください。 ・妊娠中の方、授乳中の方は多量飲用はお控えください。 ・まれに光に過敏になることがあるので日中の多量飲用はお控えください。 ・多量に長期飲用することはしないでください。 ・害虫・病気にかかりやすいハーブ、野菜にのみ、種まき・苗植えの際に必要最低限量の農薬を予防的に使用する。 その心配の少ないハーブ、野菜には基本的に使用しない。 ・害虫・病気の被害が発生したときには最低限の農薬を一度のみ使用する。 ・肥料は有機肥料のみ使用する。 化学肥料は使用しない。 上記の結果として無農薬の野菜が出来るケースも多いです。 ハーブに関してはほぼすべての品種で無農薬栽培に成功しています。 このように無農薬もしくは減農薬の有機肥料ハーブ、野菜のみ販売しておりますので、安心してご注文ください。 ドライハーブでも新しいものにはフレッシュハーブに負けない新鮮さと野性味があります。 今の日本のハーブティー市場では、輸入物のハーブティーが大半を占めています。 希少な国産ハーブティーの持つクリアな味と香りをぜひお試しください。 治療を目的とした使用はお控えください。 妊娠中の方、過去に大きな病気をした方、現在治療中の方、慢性的な病気のある方、その他健康状態に不安のある方は、必ず医師にご相談の上でハーブティーをお使いください。 ご注文方法 ご注文はインターネットにて24 時間受け付けております。 ご注文やご質問メールの対応は、基本的に定休日を除く営業日のみになります。 送料(梱包代含む)について お買い上げ金額(税込)5500円以上で送料無料になります。 5500円未満の場合、一律350円の送料がかかります。 送料無料商品と一緒にお買い上げのものは送料無料になります。 発送について 【クレジットカード決済、代金引換】 ご注文翌日から 3営業日以内に発送いたします。 【コンビニ決済、銀行振込、郵便振替】 ご入金確認後、3 営業日以内に発送いたします。 配送会社について ヤマト運輸・日本郵便で商品をお届けします。 返品・交換について 商品の性質上、お客様都合によるご注文後のキャンセル、返品、交換はご容赦ください。 ご注文後、お客様の不在が続き商品を受け取れない場合には、お手数ですが当店までご一報ください。 ご連絡なく、お客様の長期不在により商品が届けられず返送された場合には、送料含むお品代を頂戴する場合がございます。 不良品、誤品配送、配送トラブルでの返品・交換の際、送料は当店で負担します。 不良品・配送トラブルについて 商品の梱包と配送には細心の注意を払っておりますが、お品物が不良品であった場合、また配達時のトラブル等で商品に不備がありましたら、お手数ですが、商品到着後速やかに電話もしくはメールでご連絡ください。 誠意をもって対応いたします。 お問い合わせについて お問い合せ、ご意見、リクエストなどございましたらメニューの「お問い合わせ」ボタンよりお気軽にご連絡ください。 ・商品の詳細をくわしく聞きたい ・支払、発送に関して ・在庫切れの商品の再出荷時期を知りたい ・こんな商品があったら……etc.

次の