ドラクエウォーク 最強盾。 『DQウォーク』最強の盾、知ってる? 実は星5よりも…【電撃DQW日記#396】

【ドラクエウォーク】最強武器ランキング【7/16時点】

ドラクエウォーク 最強盾

王者の剣• ロトのつるぎ• 天空の剣• メタスラの剣• 名刀斬鉄丸• アリアハンの剣• 聖盾騎士のオノ• メタスラのオノ• グレートアックス• バロックエッジ• デスピサロの牙• キラーピアス• ラーミアの杖• 書聖のつえ• さとりのつえ• ゴシックパラソル• りゅうおうのつえ• ロザリーの杖• ひかりのタクト• 聖女のこん• ドラゴンロッド• やしゃのこん• 常闇のやり• らいじんのやり• メタスラのやり• 黒嵐のツメ• 黄竜のツメ• 冥獣のツメ• クリスタルクロー• ボルケーノウィップ• カンダタトマホーク• ドラゴンブーメラン• メタルウイング• イオナズン• ホーリークラッシュ• ジバリーナ• テンペストブロウ• メタルブロウ• マヒャド• こぶん乱舞• 月影の大鎌• 火炎旋風• 龍牙疾風拳• ギガソード• ギガスラッシュ• メラゾーマ• メガスラッシュ• 断空なぎはらい• レボルスライサー• バギクロス• ライデイン• デーモンハント• 超しんくうげり• オノむそう• ベギラゴン• 空裂斬• 天下無双• カンダタインパクト• ビッグバンソード• 退魔突き• 大地の一撃• 氷結らんげき• 双竜打ち• ドルモーア• 超さみだれ突き• デスファング• 雷光さみだれ突き• メタルはやぶさ斬り• オノまつり• ヒャダルコ• バギマ• ゴッドスマッシュ• 超ぶんまわし• つるぎのまい• シャインスコール• ベギラマ• さみだれ斬り• バンパイアエッジ• しんくうげり• 鉄甲斬• ミラクルソード• ねむり打ち• なぎはらい• 裂鋼拳• はやぶさ斬り• カオスエッジ• スライムブロウ• かぶとわり• ドルマ• ぶんまわし• しんくうは• アサシンアタック• パワフルスロー• まわしげり• もろば斬り• カンダタタックル• ヒャド• せいけんづき• 渾身斬り• ムーンサルト• ドラゴン斬り• ヴァイパーファング• かまいたち• たいぼく斬• ドラゴンネイル• あしばらい• 黄泉送り• ウィングブロウ• かえん斬り• けものづき• いなずま斬り• ラッシュバースト• 閃熱の翼撃• もどる.

次の

【ドラクエウォーク】最強装備セット(職業別)【7/16時点】

ドラクエウォーク 最強盾

武器 たて あたま よろい上 よろい下 バトマス 賢者 (火力) 賢者 (回復) レンジャ 魔法戦士 パラディ 基本職ver. 場面により3種の武器の使い分けが可能です。 戦士と違い赤のこころが装備可能のため、デイン属性特技と相性の良い「」「」の二つを採用しています。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 武器入れ替え候補 常闇装備 バトマス - 全体攻撃に加え単体攻撃も優秀な「」を採用した装備セット。 ドルマ属性特技と相性の良い「」を採用しています。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 防具は黒嵐装備と勇者の盾でバギ属性とくぎダメージをアップさせています。 賢者の最強装備セット 火力装備(イオ属性) 賢者 - メインストーリー7章の追加にて、敵のヒャド属性耐性持ちが増えました。 マヒャドが通りにくく、イオ属性が通りやすいため「」を筆頭とした上記セットがおすすめ。 火力装備(メラ属性) 賢者 - 魔法使いと賢者の上級職である「 賢者」は、自身の攻撃呪文の威力をかなり上げる「 魔力かくせい」を習得できるようになり、これまで対ボス戦で サポートに回りがちだった魔法職が攻撃役としても活躍できるようになりました。 武器には単体攻撃として優秀な「 メラゾーマ」を習得できる「」を採用。 マヒャドを使用するためアクセサリを「 ほむらのいんろう」から「」、こころは「 ゾーマ」以外を以下の3種に変更しましょう。 6章までの周回向け - 火力装備(ヒャド属性) 賢者 - ヒャド属性ダメージアップがついている あぶない水着シリーズを装備しています。 バトルマスターは「 すてみ」を習得できますが、被ダメージが2倍になってしまうのがデメリット。 その他、ザオラルを使用できる「」や回復量が多めの「」など。 防具は黒嵐装備と勇者の盾でバギ属性とくぎダメージをアップさせています。 冥獣装備 レンジャー - 単体300%、猛毒時には420%の超高倍率スキル「 デーモンハント」を主力に戦うタイマン特化の装備セット。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 入れ替え候補 カンダタ装備 レンジャー - 盗賊同様、ジバリア属性全体攻撃である「 こぶん乱舞」の強化を中心とした装備セット。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 なのでメラ属性特技ダメージに加え攻撃魔力も上がるデスピサロ装備一式を採用。 アクセサリ、こころも同様にメラ属性特技と相性の良いものを中心に採用しています。 メインストーリー7章にて「」が登場し、相性が良いため採用。 パラディンの最強装備セット 聖盾騎士装備 パラディン - 「」の全体攻撃であるイオ属性とくぎの威力を高めたセット。 こころは現状だとイオ属性とくぎダメージを上げるこころが少ないことやパラディンの特性を考慮し、耐久力を重視した組み合わせを採用しています。 単体攻撃メインで戦う場合は防具はカンダタシリーズ、アクセサリはにげにげリングに変更しましょう。 こころに関しては現状ではジバリア属性とくぎと斬撃ダメージがアップする相性の良いこころが無いため、変更しなくてOK。 入れ替え候補 聖女装備 パラディン - 耐久力と回復力を両立した装備セット。 得意武器である「」を装備し、タンク兼回復役としての立ち回りを想定しています。 戦士の最強装備セット デイン系装備 戦士 - デイン属性とくぎの威力を高めた装備セット。 高火力全体攻撃である「 ギガスラッシュ」の威力をさらに高めることができ、レベル上げなどの周回で活躍可能。 こころは斬撃ダメージを大きく上げる定番の3種をセットし、さらに火力を高めましょう。 メガモンなどのタイマン戦では同じくデイン系特技を持つ「」や「」に変更しましょう。 天空装備やほのおのルビー、こころ虹枠には「」をセットすることでメラ属性とくぎのダメージを上げています。 僧侶の最強装備セット 僧侶 - 僧侶は回復役として連れていくことがほとんどのため、サポートに特化させた装備セットを採用。 防具、アクセサリ、こころでは回復魔力やスキルHP回復効果が上昇する組み合わせを起用し、さらに回復量を上昇。 高難度では敵が高火力の全体攻撃を連発してくるため、 回復量の高い全体回復スキル持ちが頼りになります。 武器は場面によって変更しましょう。 入れ替え候補は以下4種で、どれも全体回復スキルを習得可能。 「」はさとりのつえと同様の回復スキルを持ちサポートスキルが豊富。 「」は「 バイシオン」で味方をサポートすることができます。 「」は貴重な「 ザオラル」で味方を生き返らせることができ、「」はHP回復量が多めの回復スキルを所持。 おすすめ武器 武闘家の最強装備セット 闇騎士装備 武闘家 - 高火力全体攻撃である「 月影の大鎌」をさらに強化。 悪魔系以外でも270%と高倍率の「 退魔突き」も習得できるため、対ボス戦でも活躍可能な装備セットです。 メタルドラゴンの枠はドルマ属性とくぎダメージが上がる「」もおすすめ。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 らいじんのやり装備 戦士 - 赤のこころはデイン系特技と相性の良いこころが多く、武闘家の得意武器である「」を無理なく強化することが出来ます。 装備はお馴染みのロト装備一式で「 雷光さみだれ突き」の威力を大きくアップ。 メインストーリー7章にて「」の登場により、火力・耐久面がアップ。 魔法使いの最強装備セット 魔法使い - 周回性能トップクラスである「」のメイン呪文「 マヒャド」の火力を強化する装備セット。 攻撃魔力とヒャド属性じゅもんダメージを上げる「 書聖装備」や「」のこころを採用しています。 ヒイラギどうじの他、「」「」でもOK。 さらに魔法使いは元々MPが多いため、ツボや道具に頼らず他職業よりも長時間の周回が可能になります。 盗賊の最強装備セット 冥獣装備 盗賊 - 単体300%、猛毒時には420%の超高倍率スキル「 デーモンハント」を主力に戦うタイマン特化の装備セット。 カンダタ装備 盗賊 - レンジャー同様、ジバリア属性全体攻撃である「 こぶん乱舞」の強化を中心とした装備セット。 ジバリア属性ダメージが上がる防具は少なく、新登場のカンダタ装備シリーズを装備しています。 最強装備セットの基準、注意点について スキルによる火力、周回性能を重視 基本的には各職業の最強武器で習得できる スキルの火力を最大限に上昇させられる装備を組み合わせを最強装備セットとしています。 タイマン用の火力だけでなく魔法使いのように 周回性能の高い装備セットも評価しています。 こころはSランク前提 こころは最大性能である Sランクを前提に装備セットを作成しています。 SランクとAランクではステータスが大きく異なるこころもありますのでご注意ください。 アクセサリは入手数が限られている 強力なアクセサリは 一点もので複数入手が不可能なものが多いため、実際にパーティ編成を行う場合は代用する必要があります。 僧侶は回復、サポート面を重視 僧侶は回復量の高い全体回復が欲しい場面で採用することが多いため、 他職業と違いサポート役として活躍できる装備セットを最強として掲載しています。 今後実装される武器等によって基準は変更する可能性があります。

次の

【ドラクエウォーク】最強武器ランキング【7/16時点】

ドラクエウォーク 最強盾

ムチではあるものの、攻撃魔力は110となっておりラーミアの杖と変わらぬ攻撃魔力を持っています。 メインスキル「聖女の恵み」は通常の回復力なので、全体回復をするというポイントでは一番の効果を発揮することができます。 バギクロスといった攻撃呪文も使えるので、上げでも十分に使えるといえるでしょう。 全体攻撃としては、一番の火力となっており、こころでも補正のしやすい属性で評価が高いです。 また、単体呪文のライデインは、呪文特大ダメージとなっており、単体での戦いでも火力が出せる優秀なといえるでしょう。 今まで、回復役を二体編成しないと厳しかった敵も、いやしの波動があれば対応ができます。 またバギクロスでダメージとしても期待できますし、蘇生魔法「ザオラル」も使用できます。 回復型の賢者に最も持たせたいといえるでしょう。 さらにバフ効果を持つスキルも持っており、使いやすい性能となっています。 スキルにはデバフを付与するものも多いので、デバフを狙えるといえるでしょう。 デーモンハントは猛毒が付与されていれば420%という火力を出すことができます。 また超まわしげりも全体に190%と威力が低くありません。 上げにも使えますし、汎用性の高いとしておすすめです。 さらにギガソードに関しても、倍率が350%となっており、条件なしの倍率では、などを抜き、最大の火力となっています。 全体攻撃スキルもバギ属性という評価の高い属性なので、使いやすさも抜群です。 スキルも単体火力が最強のスキルと、全体攻撃最強の火力となっており、抜け目のない性能が魅力です。 また悪魔系に特攻を持っているため、使うべきタイミングが必ず訪れるです。 バトマスへの得意性能も持っていますが、出来ない場合は武道家に持たせるのもありです。 武器 評価 評価ポイント 9. さらに、属性がついていないことから、ダメージが安定するので汎用性は高くなっています。 全体攻撃も無属性170%の火力で攻撃できるため、汎用性も高いです。 と比べると、全体攻撃の威力が低い分、少し評価は低くなっています。 ロトシリーズと揃えて装備することで特攻となれるのもおすすめの理由です。 しっかりをすることで敵全体を殲滅することが可能となります。 一定確率で敵を防御ダウンさせることができる『かぶとわり』は強力なモンスターに対して有効です。 守備面を自己完結できるためを他のへのヒーラーとして立ち回ることができ、サポート的なとしておすすめになります。 反対には230%の全体攻撃ができるギガスラッシュがメインスキルで、天空のつるぎの全体攻撃は170%の超ぶんまわしとなっています。 上げなどの時はがおすすめですが、戦では天空のつるぎの方が役立ちます。 どちらもにとって最強ですが、状況によって使い分ける必要があるでしょう。 の方が、ミラクルソードが使えるので自己回復が可能な分、汎用性は高いと思えますが、特殊効果で大きな違いがでます。 斬鉄丸はけもの系と植物系へのダメージを10%高めるという効果をもっているのです。 多くのモンスターに対し、火力を上げることができるので、汎用性は斬鉄丸の方が上といえるでしょう。 単体火力としては やしゃのの氷結らんげきが強く、こころなどをしっかり持たせることで、天空のつるぎ並の火力を出すこともできます。 相性さえ合えば、こちらもなみの火力を出せます。 武器 評価 評価ポイント 9. 上げや、敵を〇匹以上まとめて倒すなどのミッションの時には、黄竜のがおすすめです。 属性の違いもあるので、上手く使い分ける必要があります。 特に『ゴットスマッシュ』は威力がかなり高いため、沸きモンスター戦では敵を殲滅、強力モンスター戦では左右の雑魚を弱らせることが可能となります。 合計4回攻撃できる『超さみだれ突き』はボスモンスター単体となった際にかなりダメージを与えられるスキルです。 電光さみだれ突きはデイン属性になるため、デイン属性を弱点とするモンスターに対してかなりダメージを与えることができます。 黄竜ののメインスキル「龍牙疾風拳」は 全体にバギ属性の245%の体技ダメージとなっています。 それぞれ得意分野が違いますし、イオ属性とバギ属性という違いもあるので、どちらが強いとは一概にはいえません。 ただ、平均的に能力が高くなるのは 黄竜のです。 全体攻撃ができれば、上げにも役立ちますし、基本となる攻撃力も黄竜のの方が上回っています。 火力は全く同じなので、属性に左右されないという面ではの方が強いように見えます。 ただ、デイン属性という縛りがあるので、弱点を突きやすく、こころなどでもしやすいというメリットもあります。 防御力が低い武道家の弱点をかばうこともできます。 火力で見るなら、汎用性を考えるならといえるでしょう。

次の