低 容量 ピル。 低用量ピル(LEP)と避妊用ピル(OC)

低容量ピルを飲むと生理が軽くなるってほんと?その仕組みからピルのもらい方まで、徹底解説!

低 容量 ピル

ピル=排卵が起きない、だけじゃない 3つの作用で避妊する 低用量ピルを飲むと「排卵しない」とか「生理が止まる」とか色んなイメージがあると思いますが、 生理は来ます。 正しくは 「消退出血」というのですが、毎月決まって性器出血はあります。 子宮内膜が剥がれおちて出血するという点では生理と同じですが、 生理と消退出血との違いは、「排卵を伴った出血」が生理で、「排卵を伴わない出血」が消退出血です。 排卵は起きません。 ピルを飲むことによって妊娠しなくなる主な原因は排卵を起こさせないようにするためです。 下の図にあるように、ピルは合成卵胞ホルモン(女性ホルモン・エストロゲン)と合成黄体ホルモン(プロゲストーゲン)を含んでいます。 それを飲むことで、脳が「もう十分に卵胞ホルモンと黄体ホルモンがあるから、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンは出さなくて良いよ」と卵巣に命令します。 そうなると 卵巣は働きを止め、結果的に排卵が起きなくなります。 その他にも、子宮内膜を厚くさせず薄いままなので、 万が一「排卵」「受精」が起きたとしても受精卵は着床できないことと、 子宮頸管の粘液を変化させて、精子が膣内に侵入するのを邪魔するといった作用で避妊します。 3つの作用があることで避妊率99. 3%であるというデータがあります。 単に卵子が排卵させないようにするだけではなく、子宮内膜の変化、子宮頸管の粘液の変化という合計3つの作用があることで、99. 7%という高い避妊率を実現しているのです。 ~・あなたにおススメの避妊法・~ 1ヶ月1,000円で徹底避妊! トリキュラー21 日本で一番飲んでいる人が多い低用量ピルのトリキュラー。 アンジュ、ラベルフィーユと同じ薬。 マーベロン28 7日分の偽薬付き28錠タイプ。 ニキビなどの副作用が出にくい第三世代ピル。 ファボワールと同じ薬。 授乳中・喫煙中・40歳以上でも安心 ノリディ 低用量ピルで副作用が出る人でも、安心して飲めるミニピル。 1箱3カ月分入り。 (当サイト管理人も飲んでます) セラゼッタ 排卵も止めるのでほぼ低用量ピルと同じように飲めるミニピル。 まさかの時のアフターピル ノルレボ NorLevo 日本で認可されているアフターピル。 性交後72時間以内に服用することで緊急避妊します。 緊急避妊ピル・i-Pill(アイピル 世界中で売れているアフターピル。 性交後72時間以内に服用することで緊急避妊します。

次の

低用量ピルが乳がん・子宮頸がんと関係するって本当?知っておきたい知識

低 容量 ピル

避妊効果が期待できるので妊娠の不安から解放される。 月経周期が規則的になる。 月経痛や月経前症候群 =PMS、いらいらなど が軽くなる。 出血期間が短くなり、月経量も減る。 にきびや多毛症がよくなる。 子宮内膜症の痛みが軽くなる 月経痛、月経以外の下腹痛・腰痛。 子宮内膜症の病巣 卵巣チョコレート嚢胞 が小さくなる。 子宮内膜症の術後の服用で、再発が減る。 良性乳房疾患が減る。 異所性妊娠 子宮外妊娠 、卵巣のう胞などが減る。 卵巣がんのリスクが減る。 子宮体がんのリスクが減る 服用を中止しても、その効果は持続する• 大腸がんのリスクが減る。 副作用 フレックスタイプ ヤーズと同成分のが処方可能です。 フレックスタイプは、3週間 21日 以上服用し、不正出血が3日以上起こった場合、また不正出血が無い場合は120日間連続服用出来る製剤です。 不正出血が3日以上起こったときと、不正出血が無い場合でも120日服用したら、4日間服用を中止 休薬 し、再度服用を開始するもので、最長で服用出来たら年に3回ほどの出血を起こすだけでコントロールが可能です。 連続服用タイプ ジェミーナは21錠タイプもありますが、28錠タイプを2シート、21錠タイプを1シート、計77日連続して服用することができます。 ピルに含まれるホルモンが原因で太る事はありませんが、水分貯留によるむくみ、食欲増進作用が、患者さんによっては現れることがあります。 服用前にきちんとした排卵・月経周期がみられる方は、服用をやめればいつでも妊娠できる状態に戻ります。 お酒を飲んでも特に問題はありませんがお酒の飲み過ぎで服用を忘れないようにしましょう。 またピルの成分が一緒に吐き出されてしまった場合は十分な効果が得られない可能性もありますのでお酒の飲み過ぎには注意をして下さい。 当院のOC料金は マーベロン 2,300円 トリキュラー 2,000円 ファボワール 1,900円 ラベルフィーユ 1,800円 で、いずれも税別です。

次の

低用量ピル(OC)基礎知識|お薬事典│ここカラダ

低 容量 ピル

「低用量ピル」は避妊や生理日の調整、月経困難症の治療など多くの目的で服用することができるホルモン剤です。 正しい使い方をすればほぼ100%避妊することができる、妊娠したくなったら服用をやめれば妊娠が可能、月経のサイクルを安定させ婦人科系の疾患には欠かせないなど、現代の女性に強い味方です。 しかし、初めてピルを服用するときは気になる点も多くありますよね。 低用量ピルを初めて飲まれる方を中心に「いつ飲み始めればいいの?」「いつから避妊効果は出るの?」「生理日をずらすにはどうすればいいの?」「ピルを飲んでから体調がすぐれない気がするんだけど・・・」といった質問を受けることがあります。 そこで今回は、低用量ピルを初めて飲む方の疑問を解決!目的別のピルの飲み方、飲み始めるタイミング、効果の出るタイミングをお伝えします。 避妊目的で初めて低用量ピルを飲む場合、基本的には生理初日に低用量ピルの1錠目から服用します。 これにより避妊効果をこの日(生理初日)から得ることが可能です。 生理初日に服用できず、生理開始2日目~7日目に服用開始した場合は、そのままピルを服用し続けることで、服用を開始した2週間後から避妊効果を得られます。 生理初日から8日目を過ぎてしまった場合は、今回の生理周期では避妊効果を期待できないため、次の生理を待ちましょう。 生理日を調整するために服用するピルは、低用量ピルよりも「中用量ピル」の方が多く処方されます。 中用量ピルと低用量ピル、それぞれの飲み方を確認しましょう。 中用量ピルで生理日を調整する場合 中用量ピルは、おもに「プラノバール」や「ソフィアA」が使われます。 1〜2週間飲み続けることで生理日を調整することができます。 ただし、中用量ピルは吐き気やだるさなどの副作用が出やすいので、服用後の体調の変化に注意してください。 飲み方は、生理日を早めるか遅らせるかで異なります。 【生理日を早める飲み方】 生理開始日の5日目から、生理を起こしたい日の2日前くらいまでピルを服用します。 服用中止後2〜3日で量の少ない生理(消退出血)が始まります。 【生理日を遅らせる飲み方】 生理予定日の5日前くらいからピルを飲み始め、生理を起こしたい日の1〜2日前くらいまでピルを服用します。 服用中止後2〜3日で量の少ない生理(消退出血)が始まります。 低用量ピルで生理日を調整する場合 低用量ピルには一相性と三相性と大きく二つの種類に分けられますが、三相性のピルは1周期(28日)の間に薬の成分量が変化するため、生理日調整のためにはほとんど使用されません。 三相性のピルを希望する場合は、2シートを組み合わせたり中用量ピルとの併用が必要になるため、初めてピルを服用する人には難しいでしょう。 初めて生理日を調整する場合は一相性ピル「マーベロン」などが適しています。 1〜2週間ほど飲み続けることで生理日を調整することが可能です。 生理を遅らせたい場合は、低用量ピルでは失敗しやすいため、中用量ピルで行うことをおすすめします。 【生理日を早める飲み方】 生理開始初日からピルの服用を開始し、生理を起こしたい日の2日前くらいまでピルを服用します。 服用中止後2〜3日で量の少ない生理(消退出血)が始まります。 ただし服用期間が短いと、生理が始まらない場合もあります。 最低でも14日間はピルを服用するようにしましょう。 生理日を調整するポイント 中用量ピルでも低用量ピルでも「ピルを飲んでいる間は生理が来ない、ピルの服用を止めると生理が来る」ということがポイントになります。 生理不順であると、調整することがさらに難しくなるため、直前のピル服用開始ではなく、生理を調整したい2〜3か月ほど前から、低用量ピルを服用し周期を整えておくと良いでしょう。 現在日本国内ではアンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、ヤーズ、ルナベルといった低用量(超低用量)ピルが、婦人科などで処方してもらうことで入手可能です。 服用するときに気になる点を確認しておきましょう。 ピルは水で飲まないとダメ? 水、お湯、お茶などでピルを飲んでも問題ありません。 またきちんと飲み込めるのであれば、そのまま飲んでも大丈夫です。 噛み砕いても効果は変わりません。 ただし、グレープフルーツジュースはピルの効果を強くする作用があること、チェストベリーが含まれているジュース類は、ピルの効果を低下させる可能性があるので、これらでは飲まないようにしてください。 ピルを飲んだ後にお酒を飲んでも大丈夫? ピルの服用前後にアルコールを摂取しても問題ありません。 ただし、ピルの服用後に1時間以内にお酒を飲んで吐いてしまった場合、もう1錠飲む必要があります。 この場合、生理周期が28日から27日へと変わるので、1日早く生理(消退出血)が来ることになります。 ピルを飲み忘れたらどうすればいいの? 飲み忘れてからの経過時間によって、対応が異なります。 詳しくは関連記事をご覧ください。 関連記事: 飲み忘れを防ぐためにも、時間は多少のずれがあっても、就寝前や起床後など毎日の習慣にできる時間を決めて飲み始めることをお勧めします。 28錠タイプのピルは偽薬の部分が休薬にあたるので、1シートを飲み終えたら、翌日から新シートを使います。 21錠タイプのピルは7日間の休薬をしっかりと管理しましょう。 忘れやすい人は28錠タイプのピルがおすすめです。 飲み始めに出やすい副作用 新しいピルを初めて使い始める時は、消退出血や不正出血のほか、副作用も出やすい場合があります。 副作用の中でも吐き気、むかつき、嘔吐、頭痛、偏頭痛、むくみなどが特にでやすくなります。 また、服用10日目前後まで気持ち悪さなど違和感を感じる方もいます。 副作用はピルを飲み続けると徐々に体が慣れて少なくなっていき、だいたい3シート目で、ほとんど副作用を感じなくなります。 ただし、2シート目以降を飲み続けても副作用と思われる症状が強く出ている場合は、医師に相談してください。 基本的な飲み方は2シート目以降も変わりません。 1日1回1錠を服用します。 ピルを初めて飲むときは、副作用や違和感が出やすいため、消退出血や不正出血、吐き気やだるさなどの症状が出現する傾向があります。 そのため、1シート目は「試用期間」のつもりで、ピルに慣れていきましょう。 また、新しいピルに切り替えるときも同様で、1~3シート(長い人で6シート)は不正出血も出やすいので覚えておいてください。 避妊目的の場合 28錠すべて飲み終わったら、生理(消退出血)が来ていなかったり、終わっていなくても、次の日から新しいシートを飲み始めてください。 継続させることで避妊効果を持続させることができます。 生理日の調整目的の場合 生理日の調整は、低用量ピルの場合、1シート目より2シート目以降からの方が好ましいといわれています。 それは1シート目は不正出血があったり、計画通りに行かなかったりすることもあるためです。 旅行などで生理を早めたい、遅めたいなどの希望がある場合は、できるだけ2〜3か月前から低用量ピルの服用を開始しましょう。 初めて低用量ピルを使うときはいろいろ疑問や不安も多いと思います。 ただし、違和感や体調の変化が長く続く場合は、ピルを処方した医師に相談してください。

次の