環七ドンキ。 環七梅島ドンキで3日間イベントとチラシ。開きっぱなしでお店にGO!

ドン・キホーテ 環七方南町店の店舗情報|東京ホームセンターマップ

環七ドンキ

ドン・キホーテ世田谷若林店 完全閉店を知る 2019年3月21日(木)。 閉店まで あと10日となった 世田谷区若林にある 「」で 「ドライカレー大盛」を賞味。 そのついでに ドン・キホーテ世田谷若林店へ。 出入口付近で 近所では ちょっとした有名人の オネーサンを目撃。 なにが有名なのかと言うと、、、 「19:02頃」 (19時ではなく)開店 というパン屋さんに 朝6時半ころから 約12時間半 ずーっと並んでいる ド根性なオネーサン。 そのオネーサンが 警備員さんに なにやら話しかけています。 オ「ここ閉店になっちゃうんですか?」 は? 開店してから まだ1年4カ月半だし 3カ月前には 24時間営業へ 変更になったばかりだし 何を言っているのかなー なんて思いながら その場を通り過ぎて 店内へ入ろうとすると、、、 んん!? 世田谷若林店 完全閉店 開店以来、ご愛顧いただき 誠に有難う御座います。 この度 平成31年4月7日(日)をもちまして 閉店させて頂きます。 ご愛顧いただきました皆々様に 心から厚く御礼申し上げます。 大感謝セール — ドン・キホーテ世田谷若林店 完全閉店 大感謝セール 4月7日 22時 — ぎゃあああーーー な、な、なんと。。。 あまりの驚愕に その場で 頭の中が真っ白に。。。 あたりを 見回してみると、、、 あちこちに 「完全閉店大感謝セール」 の短冊型チラシ。 黄色ベース以外の チラシもあります。 このような姿の ドンペンさまを 目撃する時が来るとは まったく想像していませんでした。。。 レジ後の 袋入れテーブル台にも 完全閉店のチラシ。 すぐ横には、、、 配送ポイントカード終了のお知らせ。 環七側に 短冊型チラシ いっぱい~ デカいバージョン。 店内を観察 とりあえず入店。 店内にも あちこちに 「完全閉店」の 短冊型チラシが ぶらさがっています。 閉店まで まだ2週間ちょっとあるためか 商品がスカスカ ということはなく いつもの通り 商品満載な陳列。 というのは 1階部分の話で、、、 2階をまわってみると 所々、 スカスカになっている箇所が ありました。 外観を観察 お店を出て 外観を眺めてみます。 どんどんお客が やって来ます。 そして 黄色い レジ袋を持った お客が どんどん出てきます。 駐車場も 「満」になっていますね~ 繁盛しているように 見えますが、、、 なぜ!? 世田谷通り側の 出入口へ 向かいます。 三日月に座る ドンペンさまの まわりに setagaya wakabayshi とありますね~ デカい水槽が3つ。 デカい白いウツボまが人気。 天井には ジンベエザメが 描かれています。 2018年12月19日(水)には 営業時間が 「朝9時~翌3時」から 24時間営業へ 営業時間拡大されたばかり。 もちろん 年中無休です。 環七を渡って 全体を眺めてみます。 環七の側道とか 世田谷通りからは めっちゃ目立ちますが 環七本線は 下にもぐるタイプの 立体交差になっているので ほとんど見えなかったりします。 Yさまの所感 オープンしたのが 2017年11月2日(木)。 わずか1年5カ月で 完全閉店ですね~ いつ行っても けっこうお客が いるように見えていたし、、、 周辺では ドンキの 黄色いレジ袋を 持って歩いている人を 毎日のように 見かけていたし、、、 むむう。。。 環七と世田谷通りが 交差する場所なので 立地としては 良い感じではありますが、、、 徒歩のお客からすると 三軒茶屋から遠く、、、 クルマのお客からすると 上にも書いた通り 環七からは ほとんど見えない、、、 なんてことが 影響したかどうかは わかりません。 ということで 閉店の理由は いろいろ想像できるものの 真相はわからず。 そして閉店してしまったら このデカい建物は どうなってしなうのかなーと 思ってみたり。 ドンキが 推進する ソリューション出店ではなく 土地も建物も ドンキグループ所有の 新築物件。 完全閉店後は、、、 売りに出されるのか? 貸しに出されるのか? 実はドンキグループの別業態が オープンするとか!? 跡地がどうなるのかも 気になります~.

次の

ドン・キホーテ世田谷若林店 2017年11月2日オープン

環七ドンキ

交差点の角には 面していませんが どちらの道路にも面しています。 上の画像の 外観イメージは 環七側から見たイメージ。 内観イメージは 世田谷通り側の 出入口あたりの内観ですね~ 最寄駅は 東急世田谷線 若林駅で 距離約350メートル 徒歩4~5分くらい。 東急田園都市線 三軒茶屋駅からでも キャロットタワーの 階段をのぼったところから 距離約850メートル 徒歩11分くらい。 改札口からは 1キロくらいありますかね~ バスならば、、、 環七を走るバスならば、、、 東急バス 「森91系統」 新代田駅前行きの 「若林交番」バス停留所が お店の目の前。 東急バス 「反11系統」 世田谷区民会館行きの 「若林交番」バス停留所から 距離約80メートル (信号で止まらなければ) 徒歩1分くらい。 世田谷通り沿いならば、、、 東急バス 小田急バス 「若林三丁目」バス停留所から 距離約100メートル 徒歩1分ちょっと。 営業時間は 当初は24時間を計画していたはずですが 実際には 「午前9時~翌午前3時」 となっていますね~ 営業していない時間は 三軒茶屋まで行って 24時間営業の ピカソを利用せよ、、、 ということでしょうかね~ その「ピカソ三軒茶屋店」は 店舗面積:499平方メートル。 「ドン・キホーテ世田谷若林店」は 売場面積:2,530平方メートル。 店舗面積と 売場面積の違いはありますが 5倍以上の広さ。 ピカソだけでも めちゃめちゃ助かっていましたが その5倍以上の広さのドンキが 若林に出現するとは とってもありがたや~ですね~ MEGA業態では ありませんが 生鮮も導入。 青果 精肉 惣菜 ということで 生鮮3品。 さすがに 鮮魚は取扱いが ないのですね~ 鮮魚がないかわりに 水槽のお魚さんたちと 天井のジンベイザメの絵で 楽しむことにしましょうかね~ Yさまのまとめ ドンキグループが 世田谷区若林に 土地を持っているのかーと 気が付いたのが 2015年7月。 土地のお値段は 31億7000万円。 その土地に ドン・キホーテを 新設すると 気が付いたのが 2016年9月。 最初に記事にしたのが 2016年9月30日。 【参照】• 最初の記事をアップしてから 1年ちょっと。 ようやく オープン日時や 店舗詳細を入手して こうやって記事を書いています。 計画時の新設日と 実際のオープン日は けっこうズレることが 多い印象がありますが 「ドン・キホーテ世田谷若林店」は 計画から1日しかズレていませんね~ ほぼ的中。 この記事を書いているのが 2017年10月19日(木)なので オープンするのは13日後。 なんだか待ち遠しいですね~ オープンしたら さっそく観察に行ってみかいかも~.

次の

【篠崎】2019年3月31日(日)「ピカソ篠崎駅前店」閉店【ドンキ】

環七ドンキ

ドン・キホーテ世田谷若林店 完全閉店を知る 2019年3月21日(木)。 閉店まで あと10日となった 世田谷区若林にある 「」で 「ドライカレー大盛」を賞味。 そのついでに ドン・キホーテ世田谷若林店へ。 出入口付近で 近所では ちょっとした有名人の オネーサンを目撃。 なにが有名なのかと言うと、、、 「19:02頃」 (19時ではなく)開店 というパン屋さんに 朝6時半ころから 約12時間半 ずーっと並んでいる ド根性なオネーサン。 そのオネーサンが 警備員さんに なにやら話しかけています。 オ「ここ閉店になっちゃうんですか?」 は? 開店してから まだ1年4カ月半だし 3カ月前には 24時間営業へ 変更になったばかりだし 何を言っているのかなー なんて思いながら その場を通り過ぎて 店内へ入ろうとすると、、、 んん!? 世田谷若林店 完全閉店 開店以来、ご愛顧いただき 誠に有難う御座います。 この度 平成31年4月7日(日)をもちまして 閉店させて頂きます。 ご愛顧いただきました皆々様に 心から厚く御礼申し上げます。 大感謝セール — ドン・キホーテ世田谷若林店 完全閉店 大感謝セール 4月7日 22時 — ぎゃあああーーー な、な、なんと。。。 あまりの驚愕に その場で 頭の中が真っ白に。。。 あたりを 見回してみると、、、 あちこちに 「完全閉店大感謝セール」 の短冊型チラシ。 黄色ベース以外の チラシもあります。 このような姿の ドンペンさまを 目撃する時が来るとは まったく想像していませんでした。。。 レジ後の 袋入れテーブル台にも 完全閉店のチラシ。 すぐ横には、、、 配送ポイントカード終了のお知らせ。 環七側に 短冊型チラシ いっぱい~ デカいバージョン。 店内を観察 とりあえず入店。 店内にも あちこちに 「完全閉店」の 短冊型チラシが ぶらさがっています。 閉店まで まだ2週間ちょっとあるためか 商品がスカスカ ということはなく いつもの通り 商品満載な陳列。 というのは 1階部分の話で、、、 2階をまわってみると 所々、 スカスカになっている箇所が ありました。 外観を観察 お店を出て 外観を眺めてみます。 どんどんお客が やって来ます。 そして 黄色い レジ袋を持った お客が どんどん出てきます。 駐車場も 「満」になっていますね~ 繁盛しているように 見えますが、、、 なぜ!? 世田谷通り側の 出入口へ 向かいます。 三日月に座る ドンペンさまの まわりに setagaya wakabayshi とありますね~ デカい水槽が3つ。 デカい白いウツボまが人気。 天井には ジンベエザメが 描かれています。 2018年12月19日(水)には 営業時間が 「朝9時~翌3時」から 24時間営業へ 営業時間拡大されたばかり。 もちろん 年中無休です。 環七を渡って 全体を眺めてみます。 環七の側道とか 世田谷通りからは めっちゃ目立ちますが 環七本線は 下にもぐるタイプの 立体交差になっているので ほとんど見えなかったりします。 Yさまの所感 オープンしたのが 2017年11月2日(木)。 わずか1年5カ月で 完全閉店ですね~ いつ行っても けっこうお客が いるように見えていたし、、、 周辺では ドンキの 黄色いレジ袋を 持って歩いている人を 毎日のように 見かけていたし、、、 むむう。。。 環七と世田谷通りが 交差する場所なので 立地としては 良い感じではありますが、、、 徒歩のお客からすると 三軒茶屋から遠く、、、 クルマのお客からすると 上にも書いた通り 環七からは ほとんど見えない、、、 なんてことが 影響したかどうかは わかりません。 ということで 閉店の理由は いろいろ想像できるものの 真相はわからず。 そして閉店してしまったら このデカい建物は どうなってしなうのかなーと 思ってみたり。 ドンキが 推進する ソリューション出店ではなく 土地も建物も ドンキグループ所有の 新築物件。 完全閉店後は、、、 売りに出されるのか? 貸しに出されるのか? 実はドンキグループの別業態が オープンするとか!? 跡地がどうなるのかも 気になります~.

次の