ヘパリン。 偽薬事件から、APIの品質保証を考える(2)

医療用医薬品 : ヘパリンナトリウム

ヘパリン

販売 [ ] 日本では(29年)に、が凝血阻止血行促進剤として ヒルドイドを販売開始。 1990年(平成2年)に皮脂欠乏症の効能を追加、薬効分類を血行促進・皮膚保湿剤に変更。 系列製品の販売は、1996年(平成9年)に「ヒルドイドソフト」を、2001年(平成13年)に「ヒルドイドローション」、2018年(平成30年)に「ヒルドイドフォーム」。 効能・効果 [ ] ヒルドイドゲルの適応症は、以下である。 外傷 打撲、捻挫、挫傷 後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎• 血栓性静脈炎、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患 注射後の硬結並びに疼痛• 肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防• 進行性指掌角皮症• 筋性斜頸 乳児期 ヒルドイドクリーム0. ガイドライン [ ]。 適応外処方の広がりと対応 [ ] 美容目的でのの発行が問題となり、2017年に日本皮膚科学会は、から外すことも視野に入れて、適正処方を提言した。 保険適用を除外する・処方制限といった案は、からも提出されたが、2018年1月の厚生労働省中央社会保険医療協議会で、ヘパリン類似物質が真に必要な患者がいることを理由に見送られた。 2018年には、の油性クリームやスキンケア用ローションも登場した。 後発医薬品の効果について [ ] 2012年2月、雑誌に掲載された論文では、先発医薬品であるヒルドイドととの比較試験において、塗布による角層中水分量増加の効果は、後発医薬品が明らかに劣ると発表された。 それに対し、が行った文献調査結果では、試験方法について齟齬や不明な点があり、懐疑的な見解が示されているものの、油中水型の製剤であるヒルドイドと水中油型の製剤である後発医薬品との違いが、皮膚透過性に影響したことが考えられると結論付けている。 また、同様の実例については、2016年4月、発行の『週刊医学界新聞』でも言及され、後発医薬品の中でも外用薬に関しては、配合剤が同じである以外は、同等性が保証されておらず、基剤の違いは持続時間など効果に影響することもあり、その差が先発医薬品のヒルドイドを選択する根拠になって、後発医薬品と効果が全く同じとは言えないと断言している。 出典 [ ] []• マルホ株式会社. 2016年8月21日閲覧。 2019年1月5日閲覧。 日経ヘルス 2018年12月6日. 2019年1月5日閲覧。 マルホ株式会社. 2016年8月21日閲覧。 マルホ株式会社. 2016年8月21日閲覧。 マルホ株式会社. 2016年8月21日閲覧。 大谷道輝「」『日本香粧品学会誌』第38巻第2号、2014年、 96-102頁、 :、。 では、として配合軟膏やと共に言及されている 公益社団法人日本皮膚科学会、一般社団法人日本アレルギー学会「」『日本皮膚科学会雑誌』第128巻第12号、2018年、 2466頁、 :、。 com 2017年10月25日. 2018年12月10日閲覧。 野澤茜、大谷道輝、松元美香 ほか「」『日本皮膚科学会雑誌』第122巻第2号、2012年、 371-373頁、 :、。 独立行政法人. 2016年8月21日閲覧。 安部正敏 2016-04-18. 週刊医学界新聞. 2016年8月23日閲覧。. 外部リンク [ ]• - オンライン 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

ヘパリン類似物質油性クリームは顔より体の保湿におすすめ 効果的な使い方

ヘパリン

販売 [ ] 日本では(29年)に、が凝血阻止血行促進剤として ヒルドイドを販売開始。 1990年(平成2年)に皮脂欠乏症の効能を追加、薬効分類を血行促進・皮膚保湿剤に変更。 系列製品の販売は、1996年(平成9年)に「ヒルドイドソフト」を、2001年(平成13年)に「ヒルドイドローション」、2018年(平成30年)に「ヒルドイドフォーム」。 効能・効果 [ ] ヒルドイドゲルの適応症は、以下である。 外傷 打撲、捻挫、挫傷 後の腫脹・血腫・腱鞘炎・筋肉痛・関節炎• 血栓性静脈炎、血行障害に基づく疼痛と炎症性疾患 注射後の硬結並びに疼痛• 肥厚性瘢痕・ケロイドの治療と予防• 進行性指掌角皮症• 筋性斜頸 乳児期 ヒルドイドクリーム0. ガイドライン [ ]。 適応外処方の広がりと対応 [ ] 美容目的でのの発行が問題となり、2017年に日本皮膚科学会は、から外すことも視野に入れて、適正処方を提言した。 保険適用を除外する・処方制限といった案は、からも提出されたが、2018年1月の厚生労働省中央社会保険医療協議会で、ヘパリン類似物質が真に必要な患者がいることを理由に見送られた。 2018年には、の油性クリームやスキンケア用ローションも登場した。 後発医薬品の効果について [ ] 2012年2月、雑誌に掲載された論文では、先発医薬品であるヒルドイドととの比較試験において、塗布による角層中水分量増加の効果は、後発医薬品が明らかに劣ると発表された。 それに対し、が行った文献調査結果では、試験方法について齟齬や不明な点があり、懐疑的な見解が示されているものの、油中水型の製剤であるヒルドイドと水中油型の製剤である後発医薬品との違いが、皮膚透過性に影響したことが考えられると結論付けている。 また、同様の実例については、2016年4月、発行の『週刊医学界新聞』でも言及され、後発医薬品の中でも外用薬に関しては、配合剤が同じである以外は、同等性が保証されておらず、基剤の違いは持続時間など効果に影響することもあり、その差が先発医薬品のヒルドイドを選択する根拠になって、後発医薬品と効果が全く同じとは言えないと断言している。 出典 [ ] []• マルホ株式会社. 2016年8月21日閲覧。 2019年1月5日閲覧。 日経ヘルス 2018年12月6日. 2019年1月5日閲覧。 マルホ株式会社. 2016年8月21日閲覧。 マルホ株式会社. 2016年8月21日閲覧。 マルホ株式会社. 2016年8月21日閲覧。 大谷道輝「」『日本香粧品学会誌』第38巻第2号、2014年、 96-102頁、 :、。 では、として配合軟膏やと共に言及されている 公益社団法人日本皮膚科学会、一般社団法人日本アレルギー学会「」『日本皮膚科学会雑誌』第128巻第12号、2018年、 2466頁、 :、。 com 2017年10月25日. 2018年12月10日閲覧。 野澤茜、大谷道輝、松元美香 ほか「」『日本皮膚科学会雑誌』第122巻第2号、2012年、 371-373頁、 :、。 独立行政法人. 2016年8月21日閲覧。 安部正敏 2016-04-18. 週刊医学界新聞. 2016年8月23日閲覧。. 外部リンク [ ]• - オンライン 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

ヘパリン療法|日本医科大学付属病院

ヘパリン

血管の中に 血栓ができるのを防ぐ働きがあります。 血液が固まるのを防ぐお薬です。 血液検査の血液凝固の防止• 血液透析の血液凝固の防止• 血管カテーテル挿入時の血液凝固の防止• 血栓 塞栓症の治療• 血栓塞栓症の予防• 四肢 動脈血栓塞栓症の治療• 四肢動脈血栓塞栓症の予防• 手術後の血栓塞栓症の治療• 手術後の血栓塞栓症の予防• 手術中の血栓塞栓症の治療• 手術中の血栓塞栓症の予防• の治療• の予防• 症の治療• 症の予防• 人工心肺の血液凝固の防止• 体外循環装置使用時の血液凝固の防止• 脳塞栓症の治療• 脳塞栓症の予防• の治療• の予防• の治療• 人により副作用の発生傾向は異なります。 記載されている副作用が必ず発生するものではありません。 また、全ての副作用が明らかになっているわけではありません。 本剤は、通常、次記の各投与法によって投与されるが、それらは症例または適応領域、目的によって決定される• 通常、本剤投与後、全血凝固時間(Lee-White法)または全血活性化部分トロンボプラスチン時間(WBAPTT)が正常値の2~3倍になるように年齢、症状に応じて適宜用量をコントロールする• 〈静脈内間歇注射法〉1回5000~10000単位を4~8時間ごとに静脈内注射する• 注射開始3時間後から、2~4時間ごとに全血凝固時間またはWBAPTTを測定し、投与前の2~3倍になるようにコントロールする• 〈皮下注射・筋肉内注射法〉1回5000単位を4時間ごとに皮下注射または筋肉内注射する• なお、筋肉内注射にあたっては、組織・神経などへの影響をさけるため、次記の点に配慮すること• ・ 筋肉内注射時神経走行部位をさけるように注意すること• ・ 筋肉内注射時、繰り返し注射する場合には、注射部位をかえ、たとえば左右交互に注射するなど行うこと• なお、乳・幼・小児には筋肉内注射を連用しないことが望ましい• ・ 注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位をかえて注射すること• 〈体外循環時(血液透析・人工心肺)における使用法〉・ 人工腎では各患者の適切な使用量を透析前に各々のヘパリン感受性試験の結果に基づいて算出するが、全身ヘパリン化法の場合、通常、透析開始に先だって、1000~3000単位を投与し、透析開始後は、1時間当り、500~1500単位を持続的に、または1時間ごとに500~1500単位を間歇的に追加する• 局所ヘパリン化法の場合は、1時間当り1500~2500単位を持続注入し、体内灌流時にプロタミン硫酸塩で中和する• 体外循環後は、術後出血を防止し、ヘパリンの作用を中和するためにプロタミン硫酸塩を用いる• 〈輸血及び血液検査の際の血液凝固防止法〉輸血の際の血液凝固の防止には、通常、血液100mLに対して400~500単位を用いる• 以下の病気・症状がみられる方は、• 亜急性細菌性心内膜炎• 外傷後日の浅い• 過敏症• 血管障害による出血傾向• 月経期間中• 血小板減少性紫斑病• 血友病• 重症高血圧症• 重症糖尿病• 重篤な肝障害• 重篤な腎障害• 手術時• 消化管潰瘍• 頭蓋内出血• 性器出血を伴う妊産褥婦• 大腸炎• 中枢神経系の手術後日の浅い• 内臓腫瘍• 尿路出血• 消化管憩室炎• 血液凝固障害[汎発性血管内血液凝固症候群<DIC>を除く]• HIT• ヘパリン起因性血小板減少症• heparin-induced thrombocytopenia 患者の属性に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、• 妊婦・産婦• 幼児・小児• 新生児 低出生体重児を含む• 高齢者 年齢や性別に応じた注意喚起• 以下にあてはまる方は、できれば服用・利用しないことが望まれます。 乳・幼・小児 0歳〜14歳• 以下にあてはまる方は、服用・利用の際、十分に注意して下さい。 低出生体重児 0日〜27日• 新生児 0日〜27日•

次の