ボーダー ブレイク ツイッター。 【ボダブレ】ケーファー・ヴァッヘ/胴の性能詳細【ボーダーブレイク】

ボーダーブレイクが急速にオワコンなった原因│うつとぼく|ドラヘイの生活

ボーダー ブレイク ツイッター

回復優先のようなのでまず胴体をSP標準以上の重量胴に変更・・・というより路地脚を使うのであればフル路地にしましょう。 今のアセンだと遅くてそんな固くない状態なので初期路地で固めてしまうことをオススメします 次に武器ですが、 主 三種類のショットガン系列はどれも空母の砲台への攻撃が厳しいので必然的にネイルガン系列かハガード系列になります 副 戦いやすいのはリムペVです。 固い強化兵から確実に体力を奪えるのは大きいです。 コア攻撃にも火力十分です 次点は個人的にデトネーター系列、特にRです。 支援で砲台を壊すのは難しいのでガンタレに乗るのは良いと思いますが永遠に乗っていられる訳でもないので主武器は飛距離があって瞬間火力の高いものが理想ですね。 オススメはハガードRFとネイルガンTF、リロード特化の腕なら初期ネイルとスパージネイルも良いです。 副武器はやはりリムペVが良いかも。 とにかく固い強化兵でも一撃で瀕死・即死に追い込めるのは魅力的。 また今回のAプラのようにリフトがあるマップではヘビマVも有効でプラント進行時には面白いほど踏んでくれます。 あと瞬間火力の高い主武器とリムペVなら母艦コアへの攻撃も有効ですし。 弾薬とリペアフィールドはそのままでOKだと思います。 頑張って下さい。

次の

PS4版「ボーダーブレイク」,リリース記念イベントの物販情報などを公開

ボーダー ブレイク ツイッター

『BORDER BREAK』シリーズプロデューサーの青木です。 いつもアーケード版『ボーダーブレイク』をプレイしていただき、誠にありがとうございます。 2009年9月9日より10年に渡り稼働してまいりましたアーケード版『ボーダーブレイク』が2019年9月9日をもちまして、サービス終了することとなりました。 様々な事情があっての判断となりましたが、主な理由としましては、10年間という年月によるハード面の劣化になります。 筐体自体の経年劣化に加え、各交換部材の製造・供給のコストやICカードの製造中止など、今後もサービスを継続していくには対応が難しい問題が多々あります。 また、皆様に満足のいく対戦環境を提供することが難しくなってきたことも理由に挙げられます。 今も多くの皆様にアーケード版をプレイいただいている中、このような発表に至ったことは、とても心苦しく思っておりますが、10年という節目にふさわしい栄光のラストを迎えられればと思っております。 「10年間」という期間はとても長く、その間の出来事は語り尽くすことができないほどの膨大な思い出ばかりです。 長い期間でしたが、開発初期から携わっていた私としてはすべての出来事が瞬時に思い起こされ、最近の事のようにも感じます。 特に、産声を上げた2009年2月の雪の降る中での秋葉原GiGOでの初ロケテストの待ち行列やAOU2019初出展した時のお客様の熱気などの光景は消える事なく脳裏に焼き付いています。 他にも、エースボーダー最終決戦やボダオフ等のイベントでボーダーの皆様との語り合った時間、(ロボが飛んでる!? 等の)市場でのトラブルにより徹夜した日々、セガ初の賞金制大会「BBGP」実施の遂行、牛マンとしてツイッターを始めた日、牛マン断角式、BB. TVの収録等々、とても大切な思い出の数々です。 『ボーダーブレイク』がこの世に生まれるまでには、様々な苦労や逆境がありました。 そんな中でも「このゲームは絶対面白い」という自信をもって社内外の関係者の皆様のご協力によって誕生しました。 そして多くのお客様と全国の店舗様に育てていただき、セガを代表する長寿タイトルとなりました。 皆様のご厚意に感謝しております。 開発初期デザイナーだった私が現在のシリーズプロデューサーにまで育てていただいたのも『ボーダーブレイク』のおかげだと思っております。 このようなタイトルに携われた幸運に感謝しております。 すべてのボーダーの皆様および関係者の皆様に心より深謝申し上げます。 誠にありがとうございました。 今後は、アーケード版のサービス終了の最後の最後まで『ボーダーブレイク』を楽しんでいただけるように様々なゲーム内企画をおこなってまいります。 また、ボーダーブレイクの思い出を手に取れるようなメモリアルグッズの製作も検討しております。 6月22日からは全国4カ所で「」を行脚し、ラストには東京で「10周年記念イベント」の開催も予定しています。 ボーダーの皆様と直接『ボーダーブレイク』について語り合いつつ、すべてのボーダーの皆様に今までの感謝を込めて御礼していき、最後まで楽しんでいただけるように進めていきたいと思います。 稼働から9年目には、皆様から熱くご要望いただいたこともあり、PS4版をリリースいたしました。 とても多くの皆様に遊んでいただいております。 こちらも感謝いたします。 PS4版を始め、『BORDER BREAK』シリーズはまだまだ続けてまいります。 そして、いつの日か、再び、アーケードで復活したいとも思っております。 令和においても、皆様と『BORDER BREAK』を「共創」し、次の新時代に向けて邁進していきます。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 2019年6月6日 『BORDER BREAK』シリーズプロデューサー青木盛治(牛マン) \パネェスモイ!/ C SEGA.

次の

10年続いたセガ『ボーダーブレイク』サービス終了の理由がエモい…

ボーダー ブレイク ツイッター

わっはは!! がおれに勝てるかーっ!! うわっ うわああ 概要 いわゆるタダのである。 自らのにとかつけちゃってるあたりさんは驚くかもしれないがその内容は新秘孔によって さらに強になった一見とも取れるような機体アセンやで時 Ver. 代 からS1維持しちゃってるらのすべきさんである。 だから。 要素をめてかを始めヴンやス等、や準と呼ばれる武装やを好んで使用しているようにも見えるが、にとっては十分実用に足るなのだろう、 だから。 面にに走るを繰り広げながらも時折、試合の後半になると訳のわからない行動に走ったり開き直り始めの趣旨を視するような行動を取ったりもするが、 だから。 一般的には内のと呼ばれるようなであるや、登場によってその立場を失ったを用い、一般以上の戦果を出してしまう。 だから。 だから。 なんというか・・・まあ、 だから。 にをして以降、着々と流に身を任せるボーダーのを …ん まちがったかな…し続けているようである。 自称S1だから。 引退? そして復帰 様は毎全ptに入るほどのを行なっていたが、に入るどころか彼は1回足りともをしていない。 近日のやなどから様はの一部ののにより(敵だと全、味方だと)をされたことに萎え、したのではないかと推測される。 と思ったら、にをし復帰宣言。 内でも言っているが、中である。 にォムとをするとは、さすが。 それ以前でも、他の者のの中で出撃している様子は撃されてはいたのだが。 本物はに在住であるので、ご注意を。 プレイスタイル 砂以外での兵装で、様々な装備を積んで遊んでいる。 最近は路地やなどのSP供給が高めの胴の使用が多く、いろいろ悪さをしている。 一種の開き直りのような戦法でを稼いだりしているが、本人はいたって面。 戦術としては、強い装備は強い、このならこの戦術が有効、ということを分かっていて、それに対するアセン・戦術を展開する。 ただし、強い装備に乗っかることもしばしば。 稼いで勝たなきゃ維持できないんだから。 なの戦術は、りのと腕前があってこそ成り立つものなので、の木偶は稼げなかったり、俗に言うというものになってしまうため、する際は相応の覚悟でやること。 そして麻ドヤを欠かさない行動は、ボーダーの鑑。 関連動画 関連商品 関連項目 ・ ・ ・ ・.

次の