フッ 化 水素 国産 化。 立憲民主党・塩村あやか議員が「韓国がフッ化水素の国産化に成功」のニュースで日本政府を批判し、経済問題に疎いことを示す

韓国がフッ化水素の国産化に成功、日本依存脱却へ=韓国ネット歓喜|レコードチャイナ

フッ 化 水素 国産 化

まず、塩村議員が引用したニュースは10月15日に配信されたもので、ツイートの2週間前に発表されたです。 しかし、経済という観点から 注目しなければならないのは「なぜ韓国は国産化することができなかったのか」という点です。 韓国が心理的に嫌う日本(の企業)に自社の命運を握られる状況が続いていたのですから、その理由を把握できなければ意味がありません。 塩村議員はこの視点が完全に欠落していると言わざるを得ないでしょう。 国産化はなぜ進まないのか。 「品質、価格、納期。 すべてを満たしているのが日本だからだ」。 韓国の電機大手幹部の説明は明快だ。 「韓国企業もつくろうと思えば、何とかつくれる。 ただ歩留まりが悪かったり、割高になったりして、採用は難しい。 価格や納期も品質のうちだ」 要するに、 「企業にとって重要な採算性を満たすフッ化水素は日本製」という現実があるのです。 「LG が国産化に成功した」というのは低純度のフッ化水素を用いる『エッチングガス』で、原料は日本から輸入しています。 つまり、「韓国で最終加工したから国産」と主張しているに過ぎず、従来よりも余分なコストがかかるという皮肉な状況になっているのです。 韓国の現状は『低純度のフッ化水素』でさえ、(採算性の問題から)日本からの輸入に頼っているのです。 この事実を認識する必要があると言えるでしょう。 フッ化水素などを国産化できるなら、日本の輸出管理強化は韓国にとって渡りに船 また、塩村議員が「韓国政府が何度も輸出管理強化の撤回を要求していること」を都合良く見落としすぎです。 韓国がフッ化水素などの国産化ができるなら、日本の輸出管理強化は「渡りに船」です。 なぜなら、 日本からの製品輸入のハードルが上がるため、韓国市場での競争力を失われることになるからです。 しかし、韓国政府は一貫して「日本は輸出管理の強化を撤回しろ」と言い続けているのです。 これは「韓国国内で代替製品を確保することができていない」と言っていることと同じです。 リスク国は日本ではなく、条約を無視した判決を平気で下す韓国です。 採算性の観点が欠落している政治家は経済政策で非現実な内容を平気で打ち出すことでしょう。 間違いに気づいて提案内容を速やかに修正していれば良いのですが、指摘を無視して突っ走る政治家は経済に大きな悪影響を及ぼす可能性が高いと言わざるを得ません。 sqboe.

次の

韓国がフッ化水素を作れるようになったと嘘?国産化成功の報道は本当か?

フッ 化 水素 国産 化

2日、韓国・SBSは「LGディスプレーが日本から輸入してきた高純度フッ化水素の国産品代替に成功した」と伝えた。 資料写真。 2019年9月2日、・SBSは「LGディスプレーが日本から輸入していた高純度フッ化水素の国産品代替に成功した」と伝えた。 記事によると、韓国のLGディスプレーは1日、国産高純度フッ化水素を基本とする製品の安定性テストを終え、当該製品を一部、有機発光ダイオード(OLED)と液晶ディスプレー(LCD)量産ラインに適用したと明らかにした。 フッ化水素は半導体やディスプレーの洗浄に必要な素材で、これまでは日本から原料を輸入し、韓国企業が再加工した後LGディスプレーに供給されていた。 記事は「日本製品輸入依存度を下げる契機になると期待される」と称賛している。 ただし、高純度フッ化水素の量産に入っても生産量としては十分ではなく、当面は国産品に代替しつつ、輸入品の使用も並行していく見通しだという。 また、SKハイニックスや電子など他の半導体メーカーもフッ化水素国産化に拍車をかけていると、記事は伝えている。 この記事に韓国のネットユーザーからは「さすがLG!」「ある程度は代替できるのか、幸いだ」「うれしいニュースだね。 素晴らしい」「驚きのスピードだ」「この闘い、絶対に韓国が勝利する!」などの喜びの声が殺到している。 また「今まで買ってもらっていたことに感謝してもらいたい。 規制を強めたせいで、輸出の道が途絶えちゃったね」「今回のことで韓国がどんなに日本製品に依存してきたか改めて驚いた。 企業、政府、国民とも目を覚まして、国産製品の品質向上に力を入れ、力のある大韓民国に生まれ変わろう」「日本企業にしてみたら、苦労して技術を開発し大口顧客の一つである韓国企業に安定供給して順調に歩んでいたはずなのに、政府のせいで顧客を奪われる災難に遭ったわけだな」などの意見も寄せられている。

次の

日本が譲歩した?韓国への「フッ化水素」輸出再開に批判が殺到

フッ 化 水素 国産 化

2020年6月16日、韓国・マネーSは、日本による対韓国輸出規制以来、韓国のフッ化水素輸入における日本依存度が大幅に低下したと伝えた。 韓国貿易協会によると、日本が輸出規制を始めた昨年7月から今年4月までの10カ月間、韓国の対日フッ化水素輸入額は600万ドル(約6億4000万円)で、輸出規制前(2018年7月~19年4月)の5800万ドルに比べ約90%減少。 同期間、フッ化水素輸入に日本が占める割合も42.6%から9.3%に激減した。 記事は「日本製輸入依存度が高かった主要半導体素材に対する脱日本の成果が具体的な数値で確認された」と評している。 フッ化水素は半導体の製造に欠かせない素材だが、対日依存度が高かった。 日本政府は昨年7月、半導体の製造に欠かせない主要素材のフッ化水素、ポリイミド、フォトレジストの韓国への輸出規制を強化した。 当時、韓国の半導体業界は「大変な生産支障が懸念される」としていたが、韓国企業は国産化と輸入先の多角化を進め、韓国政府もこれを支援。 その結果、「成果は予想より早く現れた」という。 韓国企業「Soulbrain」が業界最高水準の純度99. 9999999999%という液体フッ化水素を開発し、大量生産体制を整えることに成功したほか、サムスン電子とSKハイニックスも、半導体生産工程における国産製品の使用を増やしたという。 気体フッ化水素もSKマテリアルズが量産を準備しており、関係者によると今月末の供給を目標としているという。 この記事に、韓国のネットユーザーからは「メディアは当初、『日本が助けてくれないと韓国は崩壊する』とか騒いでたよね」「できないことはない民族。 誇らしい」「やればできるんだよ。 やらなかっただけだ」「日本が韓国に与えられる最高の痛手がフッ化水素だったのに、韓国は突破しちゃったね(笑)」「もう日本には負けないという大統領の決意は、口だけじゃなかった。 韓国は日本に勝つ」など、喜びのコメントが殺到している。 その他、「日本との戦争には必ず勝つ必要がある。 不買、旅行禁止は永遠に続けるべきだ」「日本はわが民族の永遠の主敵だ」「しかし、いまだに日本車、日本製品(ユニクロ)を買っている人がかなりいるのはどういうことだ。 プライドはないのか?」などの声も上がっている。 脱日本は、韓国の悲願でもあるのではないでしょうか そして、いつの日か本当の意味で克日を達成することを目標に フッ化水素以外でも、日本の部品は 全て他国から調達か 国内生産を進めていくべきだと思います。 もちろん、日本のためでもありますよ。 最近のコメント• に 徳川吉宗 より• に クォーター より• に 日本国民 より• に ワンワン より カテゴリ• 913• 208• 2,725• 248• 145• 154• 286•

次の