ロボロ 愛され 小説。 【wrwrd!】あのランキング1位の男に愛されすぎて困っています。【rb】《検証》

「ベリーショート」

ロボロ 愛され 小説

ゾムロボ 食害 ほのぼの ?• こんにちは。 作者です。 だが、1週間ずっと会っていなかったのだ。 今日はバツを与えるためにロボロの家に来た。 普通のトントンとかであればいいのだが、なんせ腹がブラックホールの ロボロなので食害は効かないのだ。 となるとやはり強行行為だな。 くらわせるぜ! 「ロボロ?1週間ほっといてなんか 言うことないん?」 「ゾム…ほっといて悪かったな…」 「ちゃうやん?」 「え?ちゃうん?」 「もっと言うことない?」 「ご、ごめん?」 「何でもしますぐらいいったら どうや?」 「は?はぁ? それはお前…ちょっと… 何されるか分かったもんじゃないしな。 」 「俺の事…嫌いなん?」 そういってゾムは涙目になりながら言う。 「ひぁっ…!? なっ…何すんねんゾムっ!」 「お仕置きって言ったやん。 「入れるでー」 ズブブ… 「あーっ…」 ビュルッ 「うぁっ!? ゾムっやめて…イったばっかやから…」 「中出してええ?」 耳元で囁く。 「ひゃう…ええよ… ゾムの…頂戴…」 「ロボロっ…出すわ…」 ビューッ 「はぅ…」 「一緒にイったなぁ…」 「スゥ…」 「寝てる…」 寝ているロボロを抱えてベッドまで 運ぶ。 「眠…」 そのまま倒れて寝てしまった。 「起きてー…ゾムー…」 「まだ…寝てたい…」 「仕事やぞ?休むん?」 「休みたい…ロボロと居たい…」 「ほんっと…こういう時だけ 可愛く猫かぶりよって…」 そう言って会社に電話を かけてくれるロボロ。 「ロボロ…ありがとう」 ニコッと笑顔でお礼を言うと 「ほんまに可愛ええわ… こういう時だけ…な。 」 と、ベッドに入ってくる。 」 はい。 作者です。 どうでしたかね…? いやっ…ほのぼのじゃないわ… なんかこう…分からないね! ではまた!•

次の

主役は我々だ最新メンバーまとめ!年齢や身長なども

ロボロ 愛され 小説

ゾムロボ 食害 ほのぼの ?• こんにちは。 作者です。 だが、1週間ずっと会っていなかったのだ。 今日はバツを与えるためにロボロの家に来た。 普通のトントンとかであればいいのだが、なんせ腹がブラックホールの ロボロなので食害は効かないのだ。 となるとやはり強行行為だな。 くらわせるぜ! 「ロボロ?1週間ほっといてなんか 言うことないん?」 「ゾム…ほっといて悪かったな…」 「ちゃうやん?」 「え?ちゃうん?」 「もっと言うことない?」 「ご、ごめん?」 「何でもしますぐらいいったら どうや?」 「は?はぁ? それはお前…ちょっと… 何されるか分かったもんじゃないしな。 」 「俺の事…嫌いなん?」 そういってゾムは涙目になりながら言う。 「ひぁっ…!? なっ…何すんねんゾムっ!」 「お仕置きって言ったやん。 「入れるでー」 ズブブ… 「あーっ…」 ビュルッ 「うぁっ!? ゾムっやめて…イったばっかやから…」 「中出してええ?」 耳元で囁く。 「ひゃう…ええよ… ゾムの…頂戴…」 「ロボロっ…出すわ…」 ビューッ 「はぅ…」 「一緒にイったなぁ…」 「スゥ…」 「寝てる…」 寝ているロボロを抱えてベッドまで 運ぶ。 「眠…」 そのまま倒れて寝てしまった。 「起きてー…ゾムー…」 「まだ…寝てたい…」 「仕事やぞ?休むん?」 「休みたい…ロボロと居たい…」 「ほんっと…こういう時だけ 可愛く猫かぶりよって…」 そう言って会社に電話を かけてくれるロボロ。 「ロボロ…ありがとう」 ニコッと笑顔でお礼を言うと 「ほんまに可愛ええわ… こういう時だけ…な。 」 と、ベッドに入ってくる。 」 はい。 作者です。 どうでしたかね…? いやっ…ほのぼのじゃないわ… なんかこう…分からないね! ではまた!•

次の

【wrwrd!】あのランキング1位の男に愛されすぎて困っています。【rb】《検証》

ロボロ 愛され 小説

それから数日、知らぬうちに郡山を目線で追いかけていた。 ……だが外すところは一向に見ない。 静はソファーに座ってセルロを呼ぶ。 「なんでしょう?」 「この辺でセルロ以外のドラキュラはいるの?」 「私……以外ですか?」 セルロは少し返答に悩み、 「申し訳ありません。 私は狭間を出てから一切狭間とは連絡をとっていませんので、わかりません」 「気配とかでわかったりはしないの?」 「そうですね。 意識して近くに寄ったり見たりすればわかりますが、普段は気にかけることはありませんので」 「それは僕に対しても?」 「はい。 ドラキュラもその伴侶も人間とは確かに気配が違います。 それを常に意識して生活しているドラキュラもいるようですが、それでも距離が開けば何処に仲間がいる、ということはわかりません。 そこまで強い気配ではないのです」 「ふぅん……」 静は何事かを考え始める。 セルロは少し首をかしげる。 「どうかなされたのですか?」 「学校にそれっぽいのがいるんだよね」 「ドラキュラですか?」 「いや、伴侶の方」 「それで少し気になってね。 セルロにわかるかなと思ったんだけど」 「そうでしたか。 ……ありえなくはないですけど、珍しいですね。 こんな近くに仲間がいるなんて」 「珍しいの?」 「はい。 数自体がそもそも少ないですから。 この日本にいるのも10足らずだと思いますよ」 静は口元に手を当てる。 (少し……試してみるか) 200X年9月30日(木) 大沢静は大沢株式会社の一人息子だった。 父親は海外へ飛び回り、母親も仕事ばかりで休む日もない。 愛はお金で与えられた。 誕生日に届く数え切れないプレゼント。 高校に入ったら一人暮らしをすると言ったら用意された高級マンション。 欲しいものは全て手に入った。 家の中のことは家政婦がやってくれる。 食事も洗濯も部屋の掃除も全て。 そんな静がただの都内の公立高校に入ったのは気まぐれだった。 両親の期待を裏切ることで両親との絆を確かめたかったのかもしれない。 だが両親は気にもしなかった。 そもそも静がどこの高校へ行っているかすら知らなかったのだ。 セルロに会ったのは静がテラスに出て空を眺めていた時だった。 彼は空から飛んできて驚いて何もいえない静に、 「あなたのことが好きです。 伴侶になっていただけませんか」 と言ったのだ。 今は家政婦は家にいない。 解雇してすべてセルロにやってもらっている。 静はセルロを受けいれた。 セルロは静に溢れんばかりの愛情を注ぐ。 (面白いおもちゃを手に入れた) ただそれだけ。 静の生活は何も変わらない。 誰にも束縛されない。 他校の生徒に金を握らせて、郡山零次を襲わせることにしたのだって……ただ単にしっぽを掴む為のなにものでもなかった。 「きれいだ……」 静は路地の角から覗き見る。 郡山零次は意外とケンカが強く襲わせたやつらはほとんど全滅した。 最後の一人だけは郡山にバットで一撃をお見舞いすることに成功したが、その後が怖かったのかすぐに逃げ出していた。 奴を追いかけていれば、ボロを出すんじゃないかと後をつけた。 零次は怪我をしていたのでそれは容易かった。 そうして今、目の前の光景に目を奪われている。 零次の首筋に牙を立てている男。 (クロス・ジルハード……って言ってた) それに静は目を囚われていた。 そこらの男と比べることもないぐらいには。 (だけど……) 静は目の前の男を凝視する。 クロスには男としての色気がにじみ出ている。 赤い瞳も静の胸に迫った。 クロスが零次から離れる。 クロスが唇を舐める仕草にゾクゾクする。 (……郡山、零次……) 静の胸にどす黒い嫉妬が生まれる。 「くそまずいってのは聞き飽きた」 零次の声が聞こえる。 静はひらめく。 (……そうか) クロスさんはあいつを好きじゃないんだ。 きっと何か間違って伴侶にしてしまった。 更新日:2009-01-14 20:53:19•

次の