ソイ プロテイン 女性。 おすすめのソイプロテインを紹介!女性必見のオーガニック素材を解説

女性向けソイプロテインおすすめランキング!ジェシカズ、ビーレジェンド、、、

ソイ プロテイン 女性

だけど、大豆には女性に嬉しいイソフラボンがあるでしょ! イソフラボンは切り札のように美容に良い!なんて言われています。 イソフラボンが女性ホルモンを助けて美容にいいんだ! と。 中には乳がんリスクの低減や、更年期障害にも役立つと…。 残念ながらその効果は得られません。 イソフラボンによるエストロゲン効果は、様々な論文で否定されています。 , 成人から更年期の女性まで調べても、エストロゲンの効果の確証は得られなかったんですね。 つまり、ソイプロテインを飲んだからといって、エストロゲン様作用による乳がんリスクの低減や更年期障害の予防になるなんて根拠は1㎜もないわけですよ。 良くも悪くも、プロテインはあくまでも効率的にたんぱく質を取り入れるものであって、魔法の粉ではありません。 ホエイプロテインとソイプロテインの効果の違いは? 一般的にそれぞれのプロテインの効果は以下のように使い分けされています。 ソイプロテイン=減量用。 消化吸収が遅く満腹感が持続し、結果的にカロリーダウンにつながりやすい• ホエイプロテイン=増量用。 消化吸収に優れ、筋肉の合成を素早く高めるBCAAが多い おそらくこのようなイメージが出来上がったのは、日本で一番売れている ZAVASのせいかと思われます。 ZAVASホエイプロテイン増量用 「じゃあやっぱり減量用のソイプロテインのほうがいいよね!」 って思った方は、ソイプロテインでも良いと思います。 ただ、プロテインの減量用、増量用といった使い分けは 、女性にはほぼ無関係といっても良いでしょう。 ホエイとソイが使い分けされている理由 まずはアレルギー問題ですね。 乳アレルギーの方はホエイプロテインは飲めないし、大豆アレルギーの方はホエイプロテインが飲めません。 ではそれ以外の理由は何かというと、 ボディビル界では美しい筋肉を作るために増量期と減量期の2ステップに分けられるからです。 筋肉を増やしながら脂肪を落とすことは真逆のプロセスなのでほぼ不可能。 だから、まずは筋肉と脂肪を増やしてパワーをつけます。 それから筋肉の凹凸を目立たせるために、極力筋肉を維持しながら体脂肪を落としているんですよ。 だから、筋肉のために消化吸収率などを考えてプロテインの種類を使い分けているといった話になるのですが… 幸か不幸か、 女性の場合はいくらプロテインを飲んで筋トレを頑張ってもムキムキになれることはありません。 なので、どちらを飲んでも関係ありません。 ただ、強いて言うならば、• 運動後に飲みたい場合はホエイ• 普段飲みしたい場合はソイ がいいのかなーって思います。 個人的な感覚ではありますが、ソイプロテインはドロッとモッタリしているので、運動後にソイプロテインを飲むのはきついんじゃないかなーと思います。 ムキムキボディはカロリーオーバーとテストステロンが必須=女性には無理 ついでにムキムキが心配な方のために、女性にはムキムキは無理って話をしておきます。 そもそも、筋肉を肥大化させるには、以下の2点が決め手になります。 カロリーオーバーの状態で筋トレ• テストステロンが十分に分泌されている 筋肉を大きくゴツクするには、 たくさん食べたうえで高負荷な筋トレを継続する必要があります。 ですから、男性であればこのようなプロテインでも、活用次第で(効率は悪いですが)ムキムキになれるんです。 トレーナーのAYA先生や岡田友さんも、激しいトレーニングをしているかと思いますが、決して筋肉が肥大化しているわけではありません。 ぎゅっと引き締まった体付をしていますよね。 結局、カロリーさえオーバーしなければ太ることは無いんです。 むしろプロテインは食欲抑制効果のおかげで総摂取カロリーが抑えられるという報告もあるくらいなので、女性がカロリーオーバーするくらいプロテインを飲むのは厳しいと思います。 (結局はさじ加減ですが) 女性がプロテイン選びで失敗しない方法はデメリットを知っておくこと そんなわけで、ホエイプロテインも、ソイプロテインも、どちらを選んでも女性は筋肉がモリモリ発達することは無いので安心して好きなほうを選んでいただきたいです。 個人的に色んなプロテインを飲んでみましたが、• 自分の体質や好みにあうか• 目的は何なのか といった観点で選ぶといいのではないかと思います。 それぞれのメリットはメーカーでイメージ付けされているだけなので、デメリットを理解して購入したほうが失敗しないのではないかと思います。 ソイプロテインがデメリットになるパターン 良くも悪くもソイプロテインは女性向けに作られているものが多く、インスタ映えもしそうなかわいいパッケージものも多いですから、女性が手を伸ばしやすいですよね。 しかし、それがかえってデメリットに働くことがあるんですよ。 それは何かというと• たんぱく質含有量が少ないものが多い• 味が微妙• 無駄な美容成分で値段が上がる といった点です。 たんぱく質含有量が極端に少ない… 女性が好むパッケージデザインで見落とされがちなのが、たんぱく質の含有量です。 太りたくない、ゴツクなりたくないという女性のニーズからなのか、女性向けソイプロテインは、たんぱく質含有量が10g以下のものが多いです。 こまめに取れればいい!という意見もあると思いますが、 プロテインはたんぱく質補給サプリなのに、タンパク質量が少ないのは費用対効果が悪いです… ソイプロテインの味がまずい… ソイプロテインの一番のデメリットは 味です。 「ソイプロテインなんて黄な粉のようなものでしょー」と油断していましたが、黄な粉のようなコクと風味は皆無ですから。 甘味料や風味をつけてアレンジしないと、すべて消費するのはきつかったです。 この事実を知ったうえでホエイプロテインを飲むと、びっくりするほど美味しい。 このホエイプロテインもこんなムキムキなパッケージしておいて、プロテイン界のスイーツのようですから。 なぜならホエイにはLシステインという物質が含まれていて、抗酸化の王!と言われるくらい強力な抗酸化作用を持つグルタチオンを生成してくれて、お肌に一役買ってくれるからです。 イソフラボンの美肌は期待できませんが、ホエイには期待して良いのではないかと , ホエイプロテインがデメリットになるパターンは? 察する通り、どちらかと言えばソイよりもホエイ推しでお伝えしていますが、ホエイにもデメリットはあります。 当然のことながら乳アレルギーの方は飲めないのですが、以下のようなデメリットがあります。 女性が手を伸ばしずらい• 牛乳でお腹を壊す方は飲めない• ニキビ体質の方はおすすめしない 女性が手を伸ばしずらい 味で選ぶなら、ソイよりもホエイのほうが美味しいと思うのですが・・・ 私がここでどんなにホエイプロテインは太らない!と主張しても、世の中的にソイは女性、ホエイは男性向けパッケージが圧倒的に多いのが現状。 ホエイプロテインはなかなか購入したいと思わないのではないかと思います。 牛乳でお腹を壊す人はおすすめしない 牛乳でお腹を壊す、ゴロゴロすると自覚している方は飲まないほうが良いですね。 これは乳糖不耐症といって、乳製品に含まれるラクトース(乳糖)が腸でうまく分解できない方に良く起こるのですが、ホエイプロテインにもそれが当てはまります。 ニキビ体質の方はおすすめしない 先ほどLシステインで美肌に良いって話をしましたが、ニキビ体質の方はご注意。 乳製品はニキビの原因に繋がりやすい食品なのは有名な話。 乳製品を取ると肌の脂が増えやすくなると言われています。 ただ、ホエイプロテインを飲んだからニキビができるという話ではありません。 元からニキビができやすいと感じている方は、ホエイよりもソイプロテインのほうが無難かもしれませんよってことです。 1日のたんぱく質の量はどれくらい?プロテインはどれくらい飲めばいいの? 基本的にプロテインは食事の補助的なものなので、食事から足りない分を補う形でプロテインを利用してくださいね。 それを踏まえ、たんぱく質の必要量ですが、それぞれのスタイルに合わせた推奨量があります。 厚生労働省のタンパク質摂取ガイドラインによると、 一般女性は50gがマスト。 これを下回る生活が続くと、肌荒れや筋力低下など、じわじわと健康維持に支障がでてくるので、50gは必ず確保してもらいたいところ。 ただし、たんぱく質は以下のパターンで必要量が変化します。 不活発…多めのタンパク質(80g)• 並な運動…50g~60g• 激しい運動や食事制限…さらに多めのタンパク質(80g~100g) 意外ですが、運動量を3段階に分けた時、たんぱく質必要量はU時曲線になります。 つまりどういう事かというと、普段からデスクワークで運動する機会の少ない人は、筋肉が衰えやすいので、適度に運動している人よりも普食事から取り入れる必要量が増えるというわけ。 さらにダイエットでカロリー制限をしている方は、なおのこと筋肉が分解されてしまいます。 ですから、それをカバーできるたんぱく質が必要になるので、• 激しく運動している人• 全く運動をしない人• カロリー制限をしている人 などは、たんぱく質を取り入れる量が増えるというわけです。 一度に取り入れる量は? 運動量の違いから取り入れる量を考えると、1度にプロテインで取り入れる量は以下のような目安がベターですね。 筋トレをして引き締めたい…20g• ヨガや軽いストレッチをしている…5g~10g• 置き換えダイエットやカロリー制限に使いたい…20g 一般的に、たんぱく質を1度に吸収できる量は20g程度だと言われていますので、1日のたんぱく質量を満たせるように、こまめに取り入れてくださいね! プロテインの飲み過ぎで腎臓に負担はかからないの? プロテインは腎臓に負担をかけるんじゃないか?みたいな話はよく聞くと思います。 この話は、 腎臓が弱い方がたんぱく質を控えると腎臓病の改善がみられるケースが多いからなんですね。 つまり、逆説的にプロテイン=腎臓に負担がかかる?という話が出てくるわけです。 もちろん、元から腎臓が弱い方は飲まないほうがいいですし、プロテインは固形の食品よりも取り入れやすいので、飲もうと思えばたくさんの量が飲めてしまいますから、気を付ける必要はあります。 しかし、現時点においては健康体の方が高たんぱく食で腎臓にダメージが出てしまったというデータは無いようなので 、おかしな飲み方を企んでいない限り、神経質にならなくてもいいかと思います。 プロテインはどこまで飲むのが最適なのかは、また別の記事で解説したいと思います。 初めて女性がプロテインを購入するならマイプロテインがおすすめ それぞれのデメリットをお伝えしてきましたが、色々と理想のプロテインを探し続けた結果、私の一押しは「マイプロテイン」になりました。 マイプロテインとは、ヨーロッパNo. 1ブランドで、70ヵ国以上で販売されているフィットネス専門ショップです。 プロテインのほか、フィットネスウェアやサプリメント、ダイエット食品などが販売されています。 これまで、女性用プロテインの悩みであった• 値段が高い• お試しサイズがない• 無駄に美容成分配合• たんぱく質が少ない といった悩みをすべて解決してくれました。 ちなみにZAVASは4,800円くらい。 フレーバーもたくさんあるので助かります。 成分として、筋肉の合成を効率的にするロイシンなどが含まれたBCAAや、グルタミン酸が含まれています。 ホエイとソイがブレンドされたものになっています。 数量は500gのみですが、価格も抑えられているので購入しやすいかと思いますよ。 目的別に商品を選べる プロテインではないですが、プロテインシリアルバーとか、色々試してみたくなっちゃいますよ。 種類は関係ないんですよね。 もちろん、ただ減量したいだけでもプロテインで置き換えれば十分体重を落とすことも可能です。 その際にお勧めのプロテインもありますよ。 女性は鍛えるほど、メリハリのある引き締まった体に近づくことができますので、自分に合うプロテインを見つけて理想の体を目指していきましょう!.

次の

ソイプロテインかホエイプロテインか。併用はやめておいた方がいい!

ソイ プロテイン 女性

・植物性タンパク質100% ・水に溶けにくい ・大豆イソフラボンが含まれている ソイプロテインは大豆由来のプロテインですから、植物性タンパク質100%です。 また、水に溶けにくいという性質を持っています。 そのため、消化吸収には時間がかかるのです。 そして、大豆由来のソイプロテインは、大豆イソフラボンが含まれています。 ソイプロテインの6つの効果やメリット ソイプロテインの効果やメリットをご紹介します。 ソイプロテインは、ほかのプロテインに比べて、どんな効果やメリットが期待できるのでしょうか? ベジタリアンでも筋肥大ができる ソイプロテインの効果・メリットの1つ目は、ベジタリアンの人でもプロテインを摂取できることです。 一般的にプロテインというと、牛乳や卵などの動物性食品から作られたものになりますが、そうするとベジタリアンの人はプロテインを摂取できませんよね。 でも、ソイプロテインは植物性タンパク質100%ですので、 動物性タンパク質は控えたい人、ベジタリアンの人でも、安心してプロテインを飲むことができます。 ベジタリアンでもプロテインを飲める、そして筋肉を大きくできるんですね。 ダイエット効果がある ソイプロテインの効果やメリットの2つ目は、ダイエット効果があることです。 ソイプロテインは固形成分から作ったプロテインですので、水に溶けにくい性質があります。 つまり、胃の中に入っても固形のままになりますので、胃や腸をゆっくりと進んでいくことになります。 消化管の中をゆっくり移動すると、それだけ 消化吸収が遅くなり、いつまでもお腹の中に残っているんです。 お腹の中に残っていれば、ソイプロテインを飲んだ後、満腹感がずっと続きます。 そのため、空腹を感じにくく、余計なカロリーを摂取せずに済むんですね。 筋肉をつけたいけれど、同時にできるだけ脂肪を減らしたい、体脂肪率を落としたいという人は、ソイプロテインを飲むと良いんです! 女性ホルモンのバランスを整えられる ソイプロテインの効果やメリットの3つ目は、女性ホルモンのバランスを整えられることです。 ソイプロテインには大豆イソフラボンが含まれています。 大豆イソフラボンは、不足している女性ホルモンのエストロゲンを補う働きがあります。 そのため、女性ホルモンのバランスが乱れている人は、ホルモンバランスを整えることができるんです。 ホルモンバランスが整えば、生理不順を改善できたり、生理痛やPMSを軽減することができます。 また、不妊に悩んでいる人は、ホルモンバランスが整うことで、排卵が起こりやすくなりますので、不妊の原因によっては不妊が改善する可能性もあるんです。 体脂肪をぎりぎりまで落として細マッチョになりたいという女性は、体脂肪率を落としすぎることで、無月経になることがありますが、ソイプロテインを飲みながら筋トレをして体脂肪率を落とすと、無月経になるリスクを減らすことができるでしょう。 また、更年期障害に悩んでいる人は、更年期障害の症状の軽減を期待することができます。 美肌・美髪効果がある ソイプロテインは、美肌・美髪効果もあります。 これも、大豆イソフラボンの効果ですね。 女性ホルモンのエストロゲンには、女性らしさを保つための作用があります。 女性の肌が男性よりもきれいなのは、エストロゲンのおかげです。 また、女性の髪の毛が男性よりもしなやかでツヤがあるのもエストロゲンのおかげなんです。 エストロゲンの不足を補う 大豆イソフラボンを摂取すれば、美肌・美髪効果を期待することができます。 女性にとって、ソイプロテインは筋肉を大きくするだけでなく、美容にも良いプロテインなのです。 コレステロールを下げる ソイプロテインの効果・メリットの5つ目は、コレステロールを下げられることです。 あなたは、健康診断で悪玉コレステロール(LDL)が高いと指摘されていませんか? ソイプロテインは悪玉コレステロールを減らす効果があります。 コレステロールは腸の中で胆汁酸によって分解され、吸収されます。 でも、大豆たんぱく質(ソイプロテイン)があると、胆汁酸は大豆たんぱく質と結びついてしまうのです。 そのため、 腸内のコレステロールは消化吸収されることなく、便と一緒に排出されることになりますので、悪玉コレステロールを減らすことができます。 悪玉コレステロールが増えると、動脈硬化を起こして、脳卒中や心筋梗塞の原因になります。 ソイプロテインは 脳卒中や心筋梗塞の予防にもなるんですね。 筋肉の分解を防ぐことができる ソイプロテインの効果、最後は筋肉の分解を防ぐことです。 ソイプロテインは消化吸収のスピードがゆっくりですから、少量ずつアミノ酸を筋肉に供給し続けることができます。 エネルギー不足になると、筋肉が分解されてしまいます。 でも、ソイプロテインは アミノ酸を長時間供給できるので、筋肉の分解を防ぐことができるのです。 この効果を抗カタボリックと言います。 ソイプロテインを飲んでおけば、筋肉の分解を最小限に抑えることができるので、効率よく筋肉を成長させることができるのです。 ソイプロテインの3つのデメリット ソイプロテインのデメリットも確認しておきましょう。 ソイプロテインにはどのようなメリットがあるのでしょうか? 大豆アレルギーがある人は飲めない ソイプロテインのデメリットの1つ目は、大豆アレルギーがある人は飲めないことです。 これは、当然と言えば当然ですよね。 ソイプロテインは、大豆からできています。 そのため、大豆アレルギーがある人は、ソイプロテインを飲むと、次のような症状が現れることがあります。 ・かゆみや発疹 ・唇の腫れ ・じんましん ・吐き気 ・咳 ・呼吸困難 ・意識障害 ・血圧低下 どのような症状がどの程度現れるかは人によって違いますが、大豆アレルギーが指摘されている人は、ソイプロテインは飲まないようにしましょう。 筋肉がつきにくい ソイプロテインのデメリットの2つ目は、ほかのプロテイン(ホエイプロテインやカゼインプロテイン)に比べて、筋肉がつきにくいことです。 もちろん、ソイプロテインも筋肥大に効果はあります。 これは間違いありません。 ただ、ソイプロテインは体内の テストステロンの濃度を下げてしまうという研究結果が報告されているのです。 アメリカのコネチカット大学でのソイプロテインの研究によると、ソイプロテインを摂取すると、テストステロンの濃度は大きく低下するのだそうです。 テストステロンとは、男性ホルモンの一種で、男性が女性よりも筋肉質なのは、このテストステロンのおかげです。 つまり、 テストステロンの濃度が低下すると、筋肉がつきにくくなるのです。 さらに、甲状腺機能が低下するという結果も報告されています。 甲状腺機能が低下すると、甲状腺ホルモンの分泌量が低下して、代謝が低下します。 そのため、筋トレをしても筋トレ効果が現れにくく、筋肉がなかなか成長しません。 飲みにくい ソイプロテインのデメリットの3つ目は、飲みにくいことです。 ソイプロテインは水に溶けにくい性質があります。 そのため、とても飲みにくいのです。 ホエイプロテインに比べて、ソイプロテインは 水に溶かしてもドロドロしていて、粉っぽさを感じるので、どうしても飲みにくさを感じる人が多いのです。 このようなデメリットを考えると、ソイプロテインは女性にはおすすめできるプロテインですが、男性はベジタリアンの人か牛乳アレルギーの人以外は、あえてソイプロテインを選ぶ必要はないのかなと思います。 ソイプロテインは、基本的に女性向けのプロテインなんですね。 ソイプロテインの飲み方・飲むタイミング ソイプロテインはどのように飲めば良いのでしょうか?おすすめの飲み方や飲むタイミングなどを説明していきます。 多めの水分で溶かす ソイプロテインは、とにかく溶けにくいことが特徴です。 ソイプロテインは水に溶かしても、ドロドロになってしまいます。 それなら、多めの水分で溶かすようにしましょう。 ホエイプロテインを溶かすよりも、多めの水分で溶かすようにすれば、ドロドロを軽減することができます。 大体、 ホエイプロテインを溶かす場合の量の1. 5倍くらいの水分で、ソイプロテインを溶かすようにしましょう。 溶かす水分はどんなものでもOKです。 水でも牛乳でも、豆乳でも、ジュースやスポーツドリンクでも良いですね。 少し時間を置くと良いかも ソイプロテインの飲み方のポイント、次は溶かした後、少し時間を置いてから、もう一度混ぜて飲むことです。 専用シェイカーで混ぜた後、すぐに飲まずに、 30分~1時間程度放置しましょう。 そうすると、ソイプロテインが水になじみやすくなりますので、少しは飲みやすくなります。 放置したら、飲む前にもう1度混ぜて飲むようにしましょう。 ソイプロテインを飲むタイミング(単独) ソイプロテインを飲むタイミングは、ソイプロテインだけを使うのか、ホエイプロテインも飲むのかで変わってきます。 まずは、ソイプロテインだけで筋トレをする場合の飲むタイミングをご紹介します。 ソイプロテインは男性にとってはあまりメリットのないプロテインですが、女性の美容にも効果があるので、女性におすすめのプロテインです。 筋肉をつけて、さらにきれいになりたい女性はソイプロテインを飲むようにしましょう。

次の

ソイプロテインが女性におすすめな6つの理由【美容・ダイエット効果】

ソイ プロテイン 女性

ここで言うプロテインとは、よく筋肉を増やす目的で愛飲されている、あのプロテインサプリメントのこと。 しかし、みなさんが思い浮かべるプロテインのイメージは、「アスリートやボディービルダーのような筋肉マッチョの男性像」…。 そんなプロテインが本当に女性の美ボディを作る補助食品として相応しいのか疑問を感じるところもありますよね。 今回は疑問を解決すべく、プロテインがバストアップに効果的な理由についてお話していきます。 女性向けのバストアップに良いプロテインの選び方まで詳しく解説していきますよー!• 最近では男性だけでなく、健康や美容のためにプロテインを飲んでいるという女性も多いようですね。 そんな女性にも人気を集めているプロテインですが、そもそもどのようなものなのでしょうか?まずはプロテインの基礎知識について簡単に見ていきましょう。 プロテインとはタンパク質が摂れる補助食品のこと! プロテインを日本語にそのまま訳すと「タンパク質」という意味になります。 3大栄養素の1つとして知られるタンパク質は、筋肉はもちろん、人間の髪、爪、皮膚、血液、骨、内臓までを作り出すために必要な栄養素です。 つまり、タンパク質は筋トレやバストアップだけでなく、健康な体を維持するために欠かせない栄養素であるともいえるのです。 へぇーなるほど。 タンパク質は、ハードな運動やトレーニングを常日頃から行っている人はもちろんだけど、人間のあらゆる体の部分を作るためにも必要不可欠な栄養素なんだね。 確かに人間の体は、水分の次に「タンパク質」が多いって聞いたこともあるわ! プロテインは、そんな重要な栄養を補ってくれる補助食品だったんだね。 プロテインに含まれる「良質なタンパク質」って何?必須アミノ酸との関係とは プロテインの魅力は、ただタンパク質を摂取するだけではありません。 毎日の食事で不足しがちな 「良質なタンパク質」を摂ることができるというのが、最大のメリットとなります。 実は、同じ栄養素でもタンパク質の「質」によって、働きに大きな差がでます。 タンパク質の「質」は高ければ高いほど効果を発揮し、その「質」は必須アミノ酸の含有量が関係してくるのです。 必須アミノ酸とは具体的にどのようなことを表すのでしょうか? 動物の成長や生命維持に必要であるが、体内で合成されないため、食物から摂取しなければならないアミノ酸。 人間の場合、成人ではリシン(リジン)・トリプトファン・イソロイシン・ロイシン・メチオニン・フェニルアラニン・トレオニン(スレオニン)・バリンの8種。 幼児では、合成の少ないヒスチジンも必須アミノ酸に加えられる。 不可欠アミノ酸。 出典: 必須アミノ酸の他に、人間の体内で合成されるアミノ酸は「非必須アミノ酸」と言われています。 必須アミノ酸は「大豆、卵、牛乳、魚類、肉類」などの食べ物にも含まれていますが、毎日の食事で9種類の必須アミノ酸をバランスよく摂取して、良質なたんぱく質を作り出すことができている人はごくわずかです。 体内にタンパク質が不足してしまうと、免疫が弱くなり病気にかかりやすくなったり、ケガの治りが遅くなってしまったり、明らかな体調不良が現れてしまいます。 タンパク質はバストの成長にも必要不可欠な栄養素となるので、タンパク質不足がバストの成長を妨げている可能性も充分に有り得ること。 よって、良質なたんぱく質がお手軽に摂れるプロテインを毎日の食事と組み合わせることで、美バストのためにはもちろん、健康的な体を維持するにも効果的だといえます。 さらに、プロテインは良質なタンパク質を低カロリーに抑えて簡単に補うことができるため、近年ダイエット向けの健康補助食品として女性にも人気を集めてきているのです。 ダイエット向けプロテインの選び方については、で詳しく紹介されていましたよ! プロテインがバストアップに効く理由とメカニズムを解説 プロテインが、不足しがちな「良質なタンパク質」を摂ることができる補助食品であることはお分かりいただけましたよね。 健康な体を維持するためにタンパク質が必要なように、バストにとってもタンパク質は必要不可欠な栄養素となります。 ここからは、本題となるプロテインがバストアップに効果的な理由について詳しく解説していきたいと思います。 バストに必要不可欠なタンパク質!バストアップに繋がる訳とは バストの構造は大きく分けて約1割は乳腺、約9割が脂肪、で成り立っています。 プロテインがバストアップに繋がる理由は、タンパク質が「バストの脂肪、乳腺」この部分を発達させるための栄養素となるからです。 胸を大きくしたいなら、乳腺を発達させて脂肪を増やすことと、大胸筋を鍛えること、この2つを取り入れると良いのね! プロテインは、その両方に働きかけてくれるということか。 これは乳腺の発達を促すだけのバストアップサプリよりも期待ができるかも…?! 女性向け!バストアップに効果的なプロテインの選び方 プロテインがバストアップに効果的な理由を知ったところで気になってくるのは、どのプロテインを選ぶと良いのか?ということです。 プロテインと1つでいっても、ドラッグストアには様々なメーカーのものが置いてありますよね。 バストアップにはどのプロテインが最も効果的なのか、また女性向けに発売されているおすすめのプロテインも合わせてご紹介していきたいと思います。 プロテインは大きく3種類に分類される 日本で入手可能となる代表的なプロテインは3種類あります。 プロテインの種類 原料 特徴 ホエイプロテイン 牛乳 ・吸収が早い ・トレーニング直後に飲むプロテインとして筋肉を鍛えたい人におすすめ カゼインプロテイン 牛乳 ・吸収スピードがゆるやか ・筋肉に継続的に作用するので睡眠時や運動しない日の栄養補給としてアスリートにも人気 ソイプロテイン 大豆 ・吸収スピードがゆるやか ・タンパク質に加えて大豆イソフラボンの作用もあるので女性にも人気 トレーニングで刺激された筋肉はタンパク質で回復されることで、筋肉力アップに繋がります。 そのため、中でも最も吸収スピードが速い「ホエイプロテイン」は、効率よくしっかりとした筋肉をつけたい人に向いているのですね。 一方、 吸収スピードが遅い「カゼインプロテイン、ソイプロテイン」は、腹持ちが良く継続的に作用するというメリットがあるので、ダイエット向けのプロテインといえます。 さらに、ソ イプロテインにはタンパク質の作用に加えて、大豆イソフラボンの効果も見込めます。 次に説明していきますが、大豆イソフラボンはバストアップにはもちろん女性にとって嬉しい効果があるのです。 バストアップにはソイプロテインが効果的! ソイプロテインがバストアップに適している理由は、良質なタンパク質ともうひとつ「大豆イソフラボン」による効果まで期待することができるからです。 すでに大豆イソフラボンがバストアップに効果的なことをご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、この 大豆イソフラボンは女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の分泌を促す働きがあります。 タンパク質の作用と同様、女性ホルモンの分泌を促すことで乳腺が発達し、バストアップに繋がるという訳です。 さらに、エストロゲンは別名「美容ホルモン」と言われています。 エストロゲンの分泌が増えることで、女性とって嬉しい様々な効果が得られるのです。 毎日の食事と合わせてソイプロテインを上手く活用すれば、バストアップやダイエットだけでなく、女性にとって嬉しい効果も得ることができるのです。 ソイプロテインは豆乳に溶かして飲むこともポイント プロテインは水に溶かして摂取することも問題ありませんが、バストを大きくしたいという方は豆乳と割って飲むことをおすすめします。 よく豆乳がバストアップに効くと言われていますが、実はこれ本当なのです。 豆乳にはソイプロテインと同じ大豆イソフラボンが配合されていますので、バストアップ効果を高めることに繋がります。 — 6月 28, 2017 at 10:11午後 PDT 美容成分も豊富に含まれる万能プロテイン 女性向けに作られた「ジェシカズ・フォーミュラ」ですが、一体他のソイプロテインとの違いはあるのでしょうか? 大きな違いとなるのは、バストアップに効果的な大豆イソフラボンを原料にした 良質なタンパク質に加えて、美容効果を高める栄養素が豊富に配合されているということです。 【原材料名】 植物性たんぱく 大豆由来 、ポリデキストロース、アサイーエキス、クエン酸、V. C、V. E、パントテン酸カルシウム、V. B1、V. B6、V. B2、ナイアシン、V. A、葉酸、V. D、V. B12、香料、キサンタンガム、乳化剤、甘味料 スクラロース 出典: 美容ケアには欠かせない ビタミン類や、スーパーフードとして知られる アサイーエキスなどが配合されているので、 タンパク質不足を補うだけでなく美容効果にまで期待が持てる万能プロテインとなっているのですね。 その上、赤血球を生成する 「葉酸」も含まれているので貧血予防にも繋がります。 実際これだけの栄養素を食事から摂取しようとしたら、かなり気を遣わなければ難しいですよね。 「ジェシカズ・フォーミュラ」のソイプロテインなら200mlのドリンクを飲むだけ! これはプロテインに限らず、1日の摂取カロリーが消費カロリーより上回ってしまうと脂肪へと変換されてしまうからです。 当然アスリート並みのトレーニングをしている男性と、ヨガやエクササイズといった簡単なトレーニングをしている女性では、体に必要なタンパク質の量は違いますから、それぞれに適した量を摂取していくことが効果を発揮するポイントとなるのです。 女性専用プロテインとして販売されている「ジェシカズ・フォーミュラ」は、タンパク質含有量が約56%、他美容成分も豊富に含まれていますので運動をしない日でもタンパク質補給として飲み続けることができます。 さらに、 1杯あたり36. 9kcalと低カロリーなので1日の消費カロリーよりも上回る心配なく、太りにくいプロテインといえるのです。 バストにはボリュームを、ボディは引き締めたい!といったボディメイクにもピッタリですね。 女性向け「ジェシカズ・フォーミュラ」の価格 今回、バストアップにおすすめの女性向けプロテインとしてご紹介した「ジェシカズ・フォーミュラ」の価格は以下の通りです。 ジェシカズ・フォーミュラ 【1袋 300g 約28日分】 個数 通常購入 定期購入 1袋 3,960円 税抜 10%オフの 3,564円 税抜 2袋セット 7,920円 税抜 15%オフの 6,737円 税抜 ・ ・ 6袋セット ・ ・ 23,760円 税抜 ・ ・ 20%オフの 19,008円 税抜 定期で購入すると通常価格から約10%オフになるだけでなく 送料・手数料無料となります。 次に飲む分がない…!という心配もないので、継続的に続けるには最適ですね。 さらに、 1回にまとめて6袋購入しておけば、20%オフになるのでかなりお安くなります。 まとめ買いしてもお届け周期を指定することができるのでプロテインだけがたまってしまうこともありません。 もしためてしまった場合でも、お届けの休止・再開、もしくはお届け周期をマイページにて変更することが可能です。 まずは1袋から試してみて、2袋目からは定期購入してもいいかもしれませんね。 また、 プロテインには必須アイテムとなる「専用のオリジナルシェイカー」の特典付き! 万能プロテインで脱貧乳!お手軽にタンパク質不足を解消しよう いかがだったでしょうか。 今回はプロテインでバストアップする方法についてご紹介しました。 今やアスリートやボディビルのような筋肉アップのためだけのプロテインではなく、女性の美容やバストアップを含むボディメイクのためのプロテインでもあります。 バストアップはもちろんのこと、痩せ身効果を助ける役割やタンパク質不足の解消まで実に様々な効果が得られるプロテイン。 無理な食事制限や高額なサプリメントを取り入れずとも、1日にプロテインを飲むだけなので手軽で続けやすいというところも最大の魅力的要素ではないでしょうか。 タンパク質は体に必要な栄養素となりますので、効率よく摂取していくことで美バストをキープすることにも繋がっていきます。 よりバストアップ効果を高めたい方は、ソイプロテインと合わせて大胸筋を鍛えるトレーニングを取り入れてみることをおすすめします。 お手軽で尚且つ、万能なソイプロテインで脱貧乳を目指しましょう! バストアップ情報 人気記事• こんにちは。 バストアップ美学編集部です。 こんにちは!バストアップ美学編集部のブラジャー担当「宮下帆乃香(launc... みなさんは自分のバストに自信を持っていますか? 実は、自分のバストに... みなさんは、毎日着用しているブラジャーをたった1枚変えるだけでバストアップでき... ワキや背中についているムダ肉をバストに導くことで、谷間を作ることができる「導 みちびき リ... 自分のバストに自信を持っていますか? 女性だけでなく男性からの魅力も惹...

次の