あつみ ファッション マスク。 あつみファッションマスク通販/ネット販売はいつから?購入/予約/価格/値段/送料/支払方法についても

富山の下着工場がマスク生産!あまりのブラジャー感で海外でも話題に

あつみ ファッション マスク

ブラジャー屋が本気出してみた — Atsumi Fashion AtsumiFashion コロナ禍をうけてマスクの品薄状態が続き、通常はマスクを製造していない会社がマスクの生産に乗り出す「異業種マスク」が話題を呼んでいます。 そんななか、女性の下着をおもに縫製するAtsumi Fashion()が、「ブラジャー屋が本気出してみた」とレースがついたピンクのマスク画像をツイートしたところ、5. 3万リツイートと23万いいね!がつきました。 実際に装着してみると、意外とブラジャー感はない!?(提供:あつみファッション) 「いつまで続くか分からないので、デザイン性のある商品も必要です。 でも、男性が付けていると、職務質問されそうですね。 」「美しい!。 が、服とのバランスが難しそう」「売れる 間違いなく」「ネイビーなど色抑えたのもいいね。 」「マスク泥棒が現れそう。 」「お!これは3点セットの勝負マスクですね?淡いピンクでフリフリ付き。 とっても日本的で可愛らしい。 」「やはり、ブラに見えるよ 女性だけど使いたくないわw」「ブラジャー過ぎます」と、リプ欄はさすがに賛否両論。 いえ、大丈夫です。 これはちょっと使えないという方には、無地の不織布マスクもありますよ。 素材も縫製も下着仕様ですから、着け心地も抜群なハズ。 富山県氷見市から依頼を受けてマスク生産を始めたという「あつみファッション」(本社:富山県氷見市)の日名田城宏さんに聞きました。 無地のレインボーマスク。 正直ツイッターでここまで広がるとは思ってもいませんでしたので、いいねとRTが増えていく度に最初は怖かったです。 レースマスクについてはネタとしての投稿でしたが、多くの方に弊社の取り組みや、社会貢献への想いを知っていただけたことは、非常に良かったと思います。 ワイヤーも、入っておりません。 下着の縫製メーカーとして考えられる知恵を絞って本気で作成しました。 「本気その2」も販売予定です。 レースマスクも多くの反響をいただきましたので、一般販売に向けて動いております。 今後も、ブラジャー屋が作るいろいろなタイプのマスクを開発し、一般のお客さまにも届けたいと思っています。 ですが、本業の生産が終わったあとの定時外に生産しているためスピードがあがらず、まずは本当に手に入らず困っている機関、即ち、医療・介護・教育の現場に、優先的に供給をさせていただこうと思います。

次の

ファッションマスクは効果あり?ドンキのマスクを使ってみた【コロナ対策】【花粉対策】

あつみ ファッション マスク

マスクは何度洗っても形が崩れずにくく、鼻の形に合うのが特徴。 口元に当たる内側には肌に優しい綿とポリエステルの混合素材を使っています。 特に男性にはキツイと感じる方も多いようです。 デザインはシンプルとレースタイプの2種類です。 シンプルタイプの色:ライム 、メロン 、ミント 、パープル 、チョコ• 小学生用の色:ホワイトのみ• 幼児用の色:ブルー、ピンク ・価格• 大人用シンプル(3枚セット):1,188円(税込)• 大人用レースタイプ:1,639円(税込)• 小学生用(3枚セット):1,188円(税込)• 自社サイトの方は宅配便料金がかかります。 注文方法 注文は、 自社「ランジェリーラボ」サイトと楽天ショップで受け付けます。 4月19日時点で、4月18日分は販売開始直後に完売となりました。 次回の発売は後日またお知らせがあるようです。 わかり次第ご紹介します。 自社サイト: 楽天ショップ: まとめ~「手作りマスク」も知っておこう 今回ご紹介した「ブラマスク」は、下着メーカーならではの耐久性やデザイン性を生かしたもの。 最近、多くの異業種が特徴のある布製マスクの製造販売を開始していますが、それでもまだまだ品薄状態が続いています。 今後のためにも、簡単に作れる「手作りマスク」の作り方を知っておくと安心ですよ。

次の

創業30年の女性下着メーカーが本気を出した製品「ブラマスク」発売へ

あつみ ファッション マスク

ブラジャー屋が本気出してみた — Atsumi Fashion AtsumiFashion コロナ禍をうけてマスクの品薄状態が続き、通常はマスクを製造していない会社がマスクの生産に乗り出す「異業種マスク」が話題を呼んでいます。 そんななか、女性の下着をおもに縫製するAtsumi Fashion()が、「ブラジャー屋が本気出してみた」とレースがついたピンクのマスク画像をツイートしたところ、5. 3万リツイートと23万いいね!がつきました。 実際に装着してみると、意外とブラジャー感はない!?(提供:あつみファッション) 「いつまで続くか分からないので、デザイン性のある商品も必要です。 でも、男性が付けていると、職務質問されそうですね。 」「美しい!。 が、服とのバランスが難しそう」「売れる 間違いなく」「ネイビーなど色抑えたのもいいね。 」「マスク泥棒が現れそう。 」「お!これは3点セットの勝負マスクですね?淡いピンクでフリフリ付き。 とっても日本的で可愛らしい。 」「やはり、ブラに見えるよ 女性だけど使いたくないわw」「ブラジャー過ぎます」と、リプ欄はさすがに賛否両論。 いえ、大丈夫です。 これはちょっと使えないという方には、無地の不織布マスクもありますよ。 素材も縫製も下着仕様ですから、着け心地も抜群なハズ。 富山県氷見市から依頼を受けてマスク生産を始めたという「あつみファッション」(本社:富山県氷見市)の日名田城宏さんに聞きました。 無地のレインボーマスク。 正直ツイッターでここまで広がるとは思ってもいませんでしたので、いいねとRTが増えていく度に最初は怖かったです。 レースマスクについてはネタとしての投稿でしたが、多くの方に弊社の取り組みや、社会貢献への想いを知っていただけたことは、非常に良かったと思います。 ワイヤーも、入っておりません。 下着の縫製メーカーとして考えられる知恵を絞って本気で作成しました。 「本気その2」も販売予定です。 レースマスクも多くの反響をいただきましたので、一般販売に向けて動いております。 今後も、ブラジャー屋が作るいろいろなタイプのマスクを開発し、一般のお客さまにも届けたいと思っています。 ですが、本業の生産が終わったあとの定時外に生産しているためスピードがあがらず、まずは本当に手に入らず困っている機関、即ち、医療・介護・教育の現場に、優先的に供給をさせていただこうと思います。

次の