ディエン ビエン フー の 戦い。 ディエン・ビエン・フーの戦い フランスの圧政と収奪

傭兵たちの挽歌|松川行雄(ストラテジスト/小説家)|note

ディエン ビエン フー の 戦い

1954年のジュネーヴ会議は、同年、ディエン・ビエン・フーの戦いに敗れた宗主国フランスの植民地ヴェトナムからの撤退と、北緯17度線でのヴェトナム南北分断を決議し、2年後に再統一のための選挙を実施することを確認する。 まもなくして、南のサイゴンは、ゴ・ディン・ディエムの非共産主義政府が、北は、ホーチミン率いる共産主義勢力が押さえた。 サイゴン政府は、アメリカの助言と援助に頼り、ディエム政権の維持は、東南アジア地域における合衆国の反共政策の一環となる。 結局、選挙は実施されず、南北の分断は深まり、次第に対立へと向かっていった。 1950年代末以来、オーストラリアは、東南アジア条約機構SEATOに基づき、南ヴェトナムに援助を送っていたが、1962年に、アメリカがヴェトナムへの兵力結集を開始すると、30人の軍事顧問を派遣し、さらに64年には、軍事顧問50人および輸送機6機を派遣する。 そして、1965年に合衆国が北爆を開始すると、ロバート・メンジーズ首相は、1,500人の地上軍の派兵を決定した。 翌66年には、ハロルド・ホウルト首相が、訪米中に行った演説のなかで、「どこまでもLBJ L・B・ジョンソン大統領 とともに」と述べて、アメリカ支持を表明した。 オーストラリア軍は、同年には4,500人に増強され、翌67年には最高の8,000人を数えた アメリカ軍525,000人、韓国軍50,000人、タイ軍2,500人、ニュージーランド軍500人、また、フィリピンも軍を派遣する。 最も激しい戦闘は、1966年のロン・タンLong Tanにおける戦いで、オーストラリア兵18人が死亡した。 ヴェトナム戦争を東南アジア地域への共産主義中国の拡大を阻止する戦いとみるメンジーズ首相の冷戦的解釈は、オーストラリア国内で広く共有され、1968年までは、世論の大勢は戦争を支持した。 しかし一方では、反戦運動の動きもみられ、その焦点となったのが徴兵問題である。 1964年に導入された徴兵制度は、20歳以上の男性の兵役リストへの登録を義務づけ、労働党党首アーサー・コールウェルが「死のくじ引き」と呼んだように、毎年、タッタソル格子縞模様の樽の中からビー球を取り出すかたちで抽選が行われた。 1965年から、セイヴ・アワ・サンズSave Our Sonsという女性グループが、反徴兵運動の先鋒となる。 戦争が長期化するにつれて、1968年頃から急進的学生運動が活発となり、残虐シーンが頻繁にテレビで放映されるようになると、反戦運動は高まりをみせた。 1970年には、モラトリアム・キャンペーンの下、最初の全国デモが行われ、150,000人が参加した。 こうした動きのなか、1969年からアメリカ軍が撤退を始めたこともあって、オーストラリア軍も、翌70年に撤退を開始する。 1972年末には、現地に残っていたオーストラリア兵は、わずか179人となる。 そして、ゴフ・ホイットラム首相は、全軍の撤退と徴兵制の廃止を決定した。 およそ5万のオーストラリア人が投入され 陸軍42,000人、空軍4,500人、海軍3,000人 、約450人が戦死し、約2,400人が負傷した。 1973年に、アメリカ軍もすべて撤退し、75年に、北ヴェトナム軍の侵攻でサイゴンは陥落し、戦争は終結した。 宮崎章00.

次の

戦争映画「インドシナ激戦史1954

ディエン ビエン フー の 戦い

1954年のジュネーヴ会議は、同年、ディエン・ビエン・フーの戦いに敗れた宗主国フランスの植民地ヴェトナムからの撤退と、北緯17度線でのヴェトナム南北分断を決議し、2年後に再統一のための選挙を実施することを確認する。 まもなくして、南のサイゴンは、ゴ・ディン・ディエムの非共産主義政府が、北は、ホーチミン率いる共産主義勢力が押さえた。 サイゴン政府は、アメリカの助言と援助に頼り、ディエム政権の維持は、東南アジア地域における合衆国の反共政策の一環となる。 結局、選挙は実施されず、南北の分断は深まり、次第に対立へと向かっていった。 1950年代末以来、オーストラリアは、東南アジア条約機構SEATOに基づき、南ヴェトナムに援助を送っていたが、1962年に、アメリカがヴェトナムへの兵力結集を開始すると、30人の軍事顧問を派遣し、さらに64年には、軍事顧問50人および輸送機6機を派遣する。 そして、1965年に合衆国が北爆を開始すると、ロバート・メンジーズ首相は、1,500人の地上軍の派兵を決定した。 翌66年には、ハロルド・ホウルト首相が、訪米中に行った演説のなかで、「どこまでもLBJ L・B・ジョンソン大統領 とともに」と述べて、アメリカ支持を表明した。 オーストラリア軍は、同年には4,500人に増強され、翌67年には最高の8,000人を数えた アメリカ軍525,000人、韓国軍50,000人、タイ軍2,500人、ニュージーランド軍500人、また、フィリピンも軍を派遣する。 最も激しい戦闘は、1966年のロン・タンLong Tanにおける戦いで、オーストラリア兵18人が死亡した。 ヴェトナム戦争を東南アジア地域への共産主義中国の拡大を阻止する戦いとみるメンジーズ首相の冷戦的解釈は、オーストラリア国内で広く共有され、1968年までは、世論の大勢は戦争を支持した。 しかし一方では、反戦運動の動きもみられ、その焦点となったのが徴兵問題である。 1964年に導入された徴兵制度は、20歳以上の男性の兵役リストへの登録を義務づけ、労働党党首アーサー・コールウェルが「死のくじ引き」と呼んだように、毎年、タッタソル格子縞模様の樽の中からビー球を取り出すかたちで抽選が行われた。 1965年から、セイヴ・アワ・サンズSave Our Sonsという女性グループが、反徴兵運動の先鋒となる。 戦争が長期化するにつれて、1968年頃から急進的学生運動が活発となり、残虐シーンが頻繁にテレビで放映されるようになると、反戦運動は高まりをみせた。 1970年には、モラトリアム・キャンペーンの下、最初の全国デモが行われ、150,000人が参加した。 こうした動きのなか、1969年からアメリカ軍が撤退を始めたこともあって、オーストラリア軍も、翌70年に撤退を開始する。 1972年末には、現地に残っていたオーストラリア兵は、わずか179人となる。 そして、ゴフ・ホイットラム首相は、全軍の撤退と徴兵制の廃止を決定した。 およそ5万のオーストラリア人が投入され 陸軍42,000人、空軍4,500人、海軍3,000人 、約450人が戦死し、約2,400人が負傷した。 1973年に、アメリカ軍もすべて撤退し、75年に、北ヴェトナム軍の侵攻でサイゴンは陥落し、戦争は終結した。 宮崎章00.

次の

ディエンビエンフー

ディエン ビエン フー の 戦い

ディエン・ビエン・フー博物館 昨晩の内にホテルを通してイザベル、ベアトリス、ガブリエルへ行く車の手配をしておいたのですが、予定時間の8:00になっても誰も現れず、再度連絡をとってもらえるようホテルの人にお願いすると、午前中は忙しいので、14:00にして欲しいとの事。 「8:00って言ったじゃんか〜」と、文句たらたらの私。 仕方がないので(H女史になだめられつつ)、午前中にディエン・ビエン・フー博物館へ行く事に。 昨日は国道沿いを歩いて行ったので、今日はPCの脇を通り、仏軍の建設した橋を渡って博物館まで行く事にしました。 仏軍の架けた橋。 向こう側が中央司令部です。 歩くと敷いてある板がぱたぱたしますが、 十分現役です。 車は通行止め。 中央指令部陥落直前と思われる当時の写真。 右側の白い紐のようなものはパラシュート 博物館の正面には門が設置してあるのですが、その中に住宅やらバドミントン(ベトナムで大流行?)のコートなどがあるので、閉館していても敷地内には自由に入れるようです。 博物館入口前にいたお姉さんに鍵を開けてもらい、広いとは言いがたい館内へ。 右手奥には、ハノイの軍事博物館と同じようなディエン・ビエン・フーのジオラマ(ビデオが流れ、それに合わせて手前のジオラマに戦局を示すライトが点いたり消えたりする。 ハノイの物より出来は良い?)が置かれていま これはハノイの軍事博物館のジオラマ 私も自宅用に一つ欲しい(笑) した。 お姉さんに上映して欲しいと言うと、「10名以下だと駄目」と言われてしまったので、仕方なく経済大国(笑)日本の武器を振りかざす私…。 結局1人10000VND(90円位?)を賄賂(?)で渡し、上映してもらうことに。 ハノイでは何故か中国語での上映だったのですが、こちらでは英語でした。 ジオラマは結構出来が良く、丘に登るM24戦車や、155mm砲、鉄条網等が再現されています。 残念ながら写真は失敗していました 展示物の数はあまり多くないのですが、面白いなぁと思ったのはベトナム独立同盟作成の投降勧告のビラ。 フランス語のものは言うに及ばず、数ヶ国語が併記されたもの、またディエン・ビエン・フーの戦いでは多くのドイツ人が外人部隊兵として戦ったため、ドイツ語ヴァージョンも。 「ビラの下の段に"Die Legion Verlassen heisst Heimkehr"とありますが、これはVerlassenが名詞ならいいのですが、あいにく動詞なので、「外人部隊去る。 帰郷を意味する」という感じのブロークンドイツ語であるはずです。 本当は「外人部隊を去ることは、帰郷を意味する」といいたかったのでしょうが。 」 降伏勧告ビラのドイツ語ヴァージョン 写真の出来が悪いので、他の資料から拝借しました 外人部隊兵の中には、WW2時に「スターリンのオルガン」の音を聞いたドイツ人も多くいたそうです 館内展示物には、第二次世界大戦中に使用されたソ連製の「スターリンのオルガン」もありました。 映画『Dien Bien Phu』では、5月6日、ケルヴェガン大尉の部隊が交替した後、エリアーヌ2の丘を下っていくシーンで聞くことが出来ます。 正式名称はなんと言うのでしょうか…? 屋外展示場には、当時使用された重機が展示してあるのですが、フランス側は例によって錆だらけの鉄クズ状態です^^; ここでの教訓 「大事な場面で新しいカメラの機能を試すのはやめましょう 」 くくぅ… GONO 中央司令部 名目上ディエン・ビエン・フーに展開する全部隊の指揮を執っていたド・カストリ大佐(1954年4月、准将に昇進)の司令室や通信室を擁するのがGONO中央司令部です。 こんな田園風景の中にポツンとPCがあります。 中央左側の薄茶色がPCの屋根。 因みに手前側はバラ畑です。 某有名ガイドブックによると博物館の職員さんの同行無しではPC(中央司令部)跡には入れないとなっていたので、博物館のお姉さんに「PC跡に行きたい!」と言うと、親切に行き方を教えてくれるにとどまりました。 きっとエリアーヌ2の丘の入口前にいたような職員さんがいて鍵を開けてくれるのだろうと思い、御礼を言って博物館を後にしました。 のどかな田園風景を眺めながら歩くこと約15分。 フェンスに囲まれたPC跡が見えてきます。 門扉には鍵がかかっていて、周囲にはそれらしい人も見当たりません。 「開けてくれ~」とばかりに門扉を掴んでカタカタやっていると、PC跡の向かいにあるカフェにいたお兄さんが近付いて来て「今バイクに乗って鍵を取ってくるからちょっと待ってろ」というジェスチャー。 5分程で戻ってきて鍵を開けてくれました。 英語はほとんど解からない様子なのですが、親切に内部を案内してくれました。 「後でガイド料とか要求するんじゃないでしょうね~?」などと思ったりもしたのですが、そんなことはありませんでした。 ほっと一安心。 ディエン・ビエン・フー各陣地の地下壕は、CEFEO上層部のベトナム独立同盟に対する過少評価と現地での物資不足から非常に頼りないものでしたが、流石にPCだけは天井に丸太を通して鉄板を張り、その上に土嚢を2. 5m積み上げ一番外側をカマボコ型の鉄板で覆うという堅固な造りでした。 PC観光用入口 土嚢は例の如く「土嚢型コンクリート」(笑) 周囲の山地からの攻撃をまったく考慮していない ディエン・ビエン・フーの弾薬置き場 ド・カストリの部屋。 机と椅子が当時のものかどうかは不明(笑) 外は真夏日だったのですが、PCは地下にあるのでかなり涼しく、ちょっと物悲しい 雰囲気。 内部は意外に広く(何も置かれていない所為もあるのでしょうが…)、中央の通路を挟んで左右に4部屋ずつありました。 各々の大きさは8畳位でしょうか? 私達が入った入口から3番目の左側、現在机と椅子が置いてあるこの部屋をド・カストリが使用していたとのこと。 4番目の右側が通信室。 ハノイにいるコニー将軍と連絡を取っていた場所です。 PC陥落直前に「白旗は掲げるな」とコニー将軍から指示を受けたのもこの部屋だったと思われます。 観光客が撫でていくのでしょうか? ド・カストリの顔が異様に汚れています 外へ出て、「投降するド・カストリ」のレリーフや屋根の上などで記念撮影をし、PCを後にしました。 せっかくなので、向かいのカフェでベトナムコーヒーを頂く事に。 鍵を開けてくれたお兄さんと、彼の同僚らしき人、カフェのご主人を交えてガイドブックの後ろに載っている簡単なベトナム語を使って、暫しの団らんを楽しみました。 しかしここのベトナムコーヒーは、フィルターから落ちてくるのが遅かった~!日本人2人、フィルターを揺らしてみたり傾けてみたり、無作法なことをやってしまいました(笑) レート交渉の恐怖 ホーチミン、ハロン湾、ハノイと巡ってきた私達のベトナム旅行もここディエン・ビエン・フーが最後の訪問地。 ベトナムでは一部の銀行を除いてVND(ベトナムドン)からドルへの再両替をするのが難しいため、VNDへの両替は最小限にとどめていました。 この日は土曜日。 ベトナムでも金融機関の休日は土・日曜日なので町で唯一と思われる銀行も今日はお休みです。 手配した車の料金を払うとちょっとお小遣いが寂しくなりそうだったので、ホテルのフロントにどこかで両替が出来ないかと尋ねたところ、ホテルの近くに貴金属店が数軒あり、そこで両替が可能とのこと。 手配した車が14:00に来る予定になったので、昼食後早速行ってみました。 ベトナムではどこでもそうなのですが、米ドル紙幣の額面によってレートが異なります。 私は10ドル紙幣の両替をお願いしたので一般的なレートだったのですが、H女史は1ドル紙幣か5ドル紙幣で両替をしたいと言いそのレートを尋ねたところ、ハノイでのレートの8割程度の金額を提示されてしまいました。 しかし、数件並ぶ貴金属店の中には、1ドル・5ドル紙幣を受け付けてくれない店もあり、H女史はその提示された金額としばしにらめっこ状態。 「なんで~っ!安いよ~」と日本語でごちゃごちゃ言っていると、何を思ったのかその両替商のおばちゃん、紙に書いた1$当りのレートを書き直しているではありませんか!それでも一般的なレートに比べるとかなり安かった…。 「ここは観光客相手の土産屋か?!」 恐るべしディエン・ビエン・フー。 その後H女史は、別の両替商で無事にハノイ並みのレートで両替をすることが出来ました。 めでたしめでたし。

次の