カワサキ w175。 W175(カワサキ)の中古バイク・新車バイク

カワサキ W175 W175 SE 国内未発売モデルの詳細 全店

カワサキ w175

W175 2018- スタイリングはオールドルックのネイキッドそのもので、クレードルフレームやスポークホイール、フォークガードなど古典的なネイキッドらしさを出すことに注力されています。 シート形状はエストレヤなどと比べてもリアシートまでフラットで厚みも十分です。 タンクはややぼってりした感じですが、その分13. 5Lと大きく、給油サイクルは長めに設計されています。 インドネシアのカワサキが開いた試乗会がこちら。 いかにもオートバイらしいルックスで悪く有りません。 車両重量は126kgで、軽量級のネイキッドバイクです。 足回りはオールドルックらしく比較的ベーシックな組み合わせです。 ブレーキはフロントに220mmのシングルディスクブレーキ、リアはドラムブレーキですね。 リアブレーキがドラム式なのはW175の様なオールドルック車にはより雰囲気が出て好印象です。 動画でも少し細めに見えますが、エストレアよりも1サイズ細いタイヤをセレクトしています。 エンジンは177ccの空冷単気筒。 ボアストロークは65. 4mm、圧縮比は9. 1:1です。 排気量を考えると少し物足りないかも知れませんが、250ccのエストレヤが18馬力なのを考えれば、このくらいが適正でしょう。 燃料供給はミクニ製のVM24キャブレターが使われています。 トランスミッションは5速MTです。 価格的には日本円で約25万円と安価なバイクです。 近場のツーリングに出かけたり、気軽にカスタムを楽しむには最適なバイクと言えます。 W175 SE 2018- またバリエーションモデルとしてW175 SEも同時に発売されました。 基本スペックは同じですが、こちらはカラーリングやシートの変更でよりスクランブラー的な見た目に仕上げたモデルです。 無骨なシルバータンクや、ミリタリーの印象が強いオリーブなど、見た目もベースモデルより個性的になっています。 価格差も1万円もしないくらいなので、個人的にはW175 SEの方をおすすめしたいです。 月別アーカイブ•

次の

W175(カワサキ)W175Cafeの国内販売は?日本価格やスペックを紹介!

カワサキ w175

空冷スモールカフェスポーツのW175 Cafe 以前からひそかに人気を呼んでいるW175をベースとしたカフェレーサー仕様がW175カフェだ。 スポーティなカラーリングとメーターバイザーの装着がベースモデルからの主な変更点のようだが、丸目ヘッドライトやクラシカルなタックロールシート、スポークホイールなどのディテールがそそる。 サイドカバーのゼッケン(グレーの車体色は白のストライプ)や控えめにカラーリングされたリヤショックのスプリングもカワイイ。 シート高の情報はないが、足着きも間違いなく良好だ。 車重126㎏で扱いやすく、燃料タンクは車格からすれば大容量の13. 5Lを確保しているのが嬉しい。 13psと必要十分なパワーを発揮するエンジンは空冷SOHC2バルブの単気筒で、燃料供給装置はキャブレター(ミクニVM24)だ。 価格は嬉しい30万9000円(税込)。 初回入荷は数量限定になるとのことなので、興味のある方はお近くのバイク館SOXに問い合わせてみてほしい。 5Lとやや小ぶりな燃料タンクにアップフェンダーやスキッドプレート、テールアップしたマフラーなどを備えたスクランブラー仕様。 本格オフロードではないが、アップライトなライディングポジションと扱いやすいパワーで、街乗りからフラットな林道まで楽しめそうだ。 タックロールシートやスポークホイールなどの装備はW175に準じており、タイヤサイズなども上記カフェと同様。 最低地上高は30mmアップしているようなので、走破性が向上している代わりに足着きは要確認。 ただし、元々がコンパクトなのでさほど心配はなさそうだ。 エンジンまわりのスペックはW175カフェと同様。 車重は5kg軽いので、取り回しはさらに楽だろう。 価格は30万9000円だが、SEが付かないSTDモデル(白)は29万9000円というから嬉しい。 こちらも初回入荷は数量限定で、問い合わせも多いというから興味のある方はお急ぎあれ。 なお、W175カフェ、W175TR SEともに、購入者にはエンジンオイル40L分のチケット(全国すべてのSOX店舗で使用可)がプレゼントされるという。 詳しくはバイク館SOXにお問い合わせください。

次の

カワサキ(KAWASAKI) W175/SE/CAFEの型式・諸元表・詳しいスペック

カワサキ w175

空冷スモールカフェスポーツのW175 Cafe 以前からひそかに人気を呼んでいるW175をベースとしたカフェレーサー仕様がW175カフェだ。 スポーティなカラーリングとメーターバイザーの装着がベースモデルからの主な変更点のようだが、丸目ヘッドライトやクラシカルなタックロールシート、スポークホイールなどのディテールがそそる。 サイドカバーのゼッケン(グレーの車体色は白のストライプ)や控えめにカラーリングされたリヤショックのスプリングもカワイイ。 シート高の情報はないが、足着きも間違いなく良好だ。 車重126㎏で扱いやすく、燃料タンクは車格からすれば大容量の13. 5Lを確保しているのが嬉しい。 13psと必要十分なパワーを発揮するエンジンは空冷SOHC2バルブの単気筒で、燃料供給装置はキャブレター(ミクニVM24)だ。 価格は嬉しい30万9000円(税込)。 初回入荷は数量限定になるとのことなので、興味のある方はお近くのバイク館SOXに問い合わせてみてほしい。 5Lとやや小ぶりな燃料タンクにアップフェンダーやスキッドプレート、テールアップしたマフラーなどを備えたスクランブラー仕様。 本格オフロードではないが、アップライトなライディングポジションと扱いやすいパワーで、街乗りからフラットな林道まで楽しめそうだ。 タックロールシートやスポークホイールなどの装備はW175に準じており、タイヤサイズなども上記カフェと同様。 最低地上高は30mmアップしているようなので、走破性が向上している代わりに足着きは要確認。 ただし、元々がコンパクトなのでさほど心配はなさそうだ。 エンジンまわりのスペックはW175カフェと同様。 車重は5kg軽いので、取り回しはさらに楽だろう。 価格は30万9000円だが、SEが付かないSTDモデル(白)は29万9000円というから嬉しい。 こちらも初回入荷は数量限定で、問い合わせも多いというから興味のある方はお急ぎあれ。 なお、W175カフェ、W175TR SEともに、購入者にはエンジンオイル40L分のチケット(全国すべてのSOX店舗で使用可)がプレゼントされるという。 詳しくはバイク館SOXにお問い合わせください。

次の