生理痛に効く飲み物。 ツボ押しや体操で生理痛と上手につきあう|頭痛・生理痛・肩こり痛など、さまざまな痛みに「ロキソニンSシリーズ」|第一三共ヘルスケア

生理痛に効く飲み物は?気をつけたい飲み物はある?

生理痛に効く飲み物

生理中に控えたい飲み物、おすすめの飲み物 生理中は出来るだけ冷たい飲み物を控え、身体が温まる飲み物を飲みましょう。 生理痛の予防・緩和には血の巡りを良くし、冷えや「お血(おけつ)」(血行の悪い状態)を解消することが大切です。 暑い時期は冷たい飲み物が欲しくなりますが、砂糖のたくさん入ったジュースや缶コーヒーなどは避けるようにしましょう。 白砂糖に身体を冷やす作用があるとされています。 また、カフェインも生理中には控えたいものの1つです。 例えホットだとしてもコーヒーや紅茶、日本茶などの過剰摂取は控えましょう。 カフェインの入っていない麦茶や杜仲茶、ハーブティーなどがおすすめです。 ハーブティーの効能はリラックス効果だけではない 生理痛や生理中のイライラに悩んでいる人には、リラックス効果を期待できるハーブティーがオススメです。 カフェインレスなので、ハーブティーを飲んで寝ると身体が温まりぐっすり眠れます。 以下に、身体を温めるオススメのハーブティーをまとめました。 ジンジャー(しょうが) しょうがの辛み成分に身体を温める効果が期待できます。 甘くしたい時は、ハチミツか黒砂糖を少し加えるといいでしょう。 ローズヒップ ビタミンCが豊富です。 利尿作用があり、むくみを改善します。 カモミール 胃腸の働きを助け、リラックス効果が期待できます。 生理痛を緩和させるには、とにかく身体を冷やさないことが肝心です。 外側から直に温めるのも効果的ですが、それよりも大切なのは、身体の内側から温めることです。 暑い夏でも冬の時期でも、身体を温める飲み物で生理痛を予防・緩和させましょう。

次の

【医師監修】生理痛を和らげる飲み物

生理痛に効く飲み物

しかしこの冷えやすい環境というのは、生理痛にとってはとても大きな負担なのです。 それは冷えると血行が悪くなり、生理痛の痛みをひどくしてしまうためです。 なので、とにかく体を温めるように心がけましょう。 衣服や生活習慣ももちろんのことです。 今回のテーマである食べ物については、一番基本的なことはこちらです。 温かい食べ物や飲み物を取るようにする• 冷たい食べ物や飲み物を控える 冷たいジュースよりも、温かいお茶を。 生野菜のサラダよりも、温野菜やスープを。 普段から冷えケアとして心がけられたら一番ですが、生理痛がひどかったり気になるときは、特に注意してみましょう。 体を温める食材 ではもう一歩踏み込んで、食材自体について見ていきましょう。 先ほどざっくりと「温かいものを食べましょう」と見てきましたが、「温かい料理」とひとくちにいっても、使う食材にもちょっとこだわると、より効果的に体を温めることができます。 生姜は冷え対策の王様 生姜(ショウガ)は冷えに良い、と有名ですね。 「生姜湯は体を温める」として、良く飲んでいる方もいるのではないでしょうか。 生姜はジンゲロール、ショウガオールなどの成分を含んでおり、これらが血行を良くして体を温めてくれます。 そしてより効果的に体を温めようと思ったら、生のものをすりおろして食べるよりも、加熱・もしくは乾燥させたものがおすすめです。 生姜とシナモンをプラスした簡単なチャイの作り方については「」で確認してみましょう。 干し生姜を自宅で作る場合も簡単です。 丸ごとの生姜を皮ごと薄くスライスし、天日干しするだけです。 ストックしておくと、野菜スープを作るときにプラスするなどして、体を温める効果を高めることができます。 体を温める野菜、フルーツ 生姜のほかにも、体を温める野菜やフルーツはたくさん存在します。 体を温めたいとき、注目するべきは主に3点です。 冬が旬のもの• 寒い地域が原産のもの• 土の中で育つもの これらのものは、体を温める効果があります。 もちろんすべてではありませんが、そのような傾向が強くなっています。 例えばこのような食材がおすすめです。 にんじん• ごぼう• たまねぎ• こんにゃく• りんご• さくらんぼ• ぶどう• プルーン 根菜類は特におすすめと言えます。 土の中で育ち、栄養をたっぷり含んでいることもそのひとつです。 でも冷えという観点からは、あまり望ましくないという意味です。 特に冬場はただでさえ寒いですから、摂取を控えたほうが良いでしょう。 体を冷やす効果のある野菜やフルーツは、体を温める効果のある野菜やフルーツと逆の環境などで育つものだと考えるとわかりやすいかもしれません。 夏が旬のもの• 暑い地域が原産のもの• 土の上で育つもの 具体的には、このような野菜やフルーツを避けておきましょう。 キャベツ• レタス• トマト• きゅうり• ほうれんそう• トロピカルフルーツ 最後のトロピカルフルーツとは、マンゴーやグァバなど南国原産のフルーツですね。 暑い地域で育つので、体を冷やす効果があるのです。 はじめに「生野菜のサラダよりも、温野菜やスープを」と書いたとおり、レタスやトマトなど、サラダに使われる野菜がとても多いですね。 サラダは基本的に、体を冷やしやすいと言えるでしょう。 体を温める効果のある野菜を、温野菜にしたりスープにしたりすると、より効果的です。 できれば普段から冷え対策として気を付けられたら良いですね。 たんぱく質もしっかり取ろう 生理中は、上質のたんぱく質を取ることが特に大切です。 血や肉のもとになります。 たんぱく質を選ぶときも、体を温める効果のある食材を選ぶと良いですね。 サンマ• ラム肉• レバー 魚介類に関しては、野菜のときと同じように、獲れる場所や時期を考えると良いでしょう。 冬が旬である• 寒い海で獲れる これらの魚介類は、体を温めてくれる力が強い傾向にあります。 特に牡蠣は、「海のミルク」と呼ばれるほど栄養豊富ですのでおすすめです。 また、レバーは鉄分補給という観点からも積極的に取りたい食材です。 血を失いますし、貧血も起こしやすい時期です。 鉄分は意識して取りましょう。 そのほかの体を温める食材 食事のメインになることが多い、野菜やフルーツとたんぱく質について見てきました。 それ以外にも、体を温めてくれる食材はたくさんあります。 たとえば発酵食品です。 代謝を良くして、体を温めてくれます。 チーズ• キムチ• 紅茶 ナッツ類はビタミンEのほかにも栄養豊富です。 個包装されたものも売られているので、小休止の時間にちょっとつまむのにも向いているのではないでしょうか。 ただし、おつまみ用のナッツは少し注意しましょう。 塩が使われているために、塩分過多になる可能性があります。 食べ過ぎないように気を付けましょう。 鉄分 ここまでにも何度か見てきましたが、血を失ってしまう時期である以上、鉄分はやはり大切です。 もともと貧血気味であるという方は、特に意識して取りたいですね。 プルーン• レバー• パセリ• ひじき• 青海苔 大豆製品 大豆は女性の体に良いと、よく言われていますよね。 化粧品にも大豆イソフラボンを使われたものがあります。 発酵食品は体を温める、と見てきましたね。 そのような観点からでも、味噌や納豆はおすすめです。 また、豆乳は手軽にコンビニなどで手に入ります。 外出先でも気軽に摂取できそうですね。 生理中には控えたい食材 さて、ここまでは体を温めてくれる食材や、生理中の体に優しい食材について見てきました。 ここからは逆に、控えたほうが良い食材などについて見ていきましょう。 体を温めてくれる項目で、逆説的にいくつかは見てきましたね。 そう、生野菜などです。 避けたほうが良いという基準はやはり、「体を冷やすもの」です。 コーヒー コーヒーは嗜好品として、好きな方も多いと思います。 でも生理中は少し控えたほうがいいかもしれません。 暑い地域でとれたものは、体を冷やす効果を持つものが多いのでしたね。 コーヒー豆は南国を原産としているため、体を冷やす効果のある飲み物です。 そしてコーヒーにはカフェインが含まれます。 カフェインは覚醒作用があったりと優秀な働きも多いですが、やはり体を冷やす効果があります。 総合的に、コーヒーは生理中の飲み物としてはあまりおすすめとは言えません。 甘いお菓子 生理中は砂糖を使ったお菓子は控えたほうが良いでしょう。 白砂糖には体を冷やす作用があるためです。 市販のお菓子には白砂糖を使っているものが多いですね。 甘いものが欲しくなったら、自然な甘さのあるものを食べるのがおすすめです。 野菜の項目で見てきた、体を温めてくれる効果のあるフルーツやドライフルーツで代用するのはいかがでしょうか。 チョコレート 「生理中はチョコレートを食べないほうがいい」という話を聞いたことがある方もいるのではないでしょうか? この理由はコーヒーと同様にカフェインが含まれるためです。 そしてチョコレートにももちろん、砂糖が使われていますよね。 この両方の面から、チョコレートは控えたほうが良いと言えます。 食べ物で、体の内側からケアしてあげよう 生理痛緩和に良い食べ物、控えたい食べ物、いろいろと見てきました。 たくさんありましたね。 それも身近なものばかりだったと思います。 身近ゆえに、「実は避けたほうが良いものだった」と思うものもあったでしょう。

次の

生理痛の緩和に効果のある食べ物や飲み物おすすめ20選!

生理痛に効く飲み物

生理痛の症状 生理痛という名前は男女ともに知っていることですが、特に男性は自分が生理痛を体験しないことで症状については知らないことが多いのではないでしょうか。 また、女性の中にも生理痛が軽く、どのような症状があるのかを正確に把握できていない人も少なくありません。 もっとも、生理痛の症状というものは実に多岐にわたり、その全てを体験するわけではありません。 多くの場合は「下腹部の痛み」を覚えることが多く、その他にも 「腰痛」「イライラ」「頭痛」「めまい」「倦怠感」といった症状を呈します。 加えて、それぞれの症状については、その 症状の重さも人それぞれに異なります。 「下腹部の痛みが酷い」「全身のだるさが酷い」といった、生理痛の症状が重く感じることを「重い生理痛」と表現します。 同じ女性でも、生理痛に対する意識が異なるのは、個人差があまりにも大きいからです。 生理痛を和らげる姿勢 生理痛を和らげる方法として、「生理痛を和らげる姿勢」がいくつかあります。 まずは 「胎児の姿勢」です。 これは仰向けになり、膝を抱えて1分ほどそのポーズを維持します。 その状態で、左右にゴロゴロと動くことも効果的です。 次に 寝姿勢なのですが、仰向けが良いイメージが強いですが実は 「うつ伏せ」で寝る方が生理痛を和らげるのに効果的なのです。 どちらのポーズも腹部を圧迫するようで、生理痛にはよく無さそうなイメージを持ちますが、実のところ 子宮に程よい圧迫があることで子宮を温め、生理痛の症状を緩和することに効果を発揮してくれるのです。 なお、 寝姿勢も胎児のポーズを横向きで行うポーズ(横向きで寝て、膝を抱えるポーズ)で寝ると、程よく子宮を温めることができます。 どうしても仰向けで寝たいという場合には、「湯たんぽ」「腹巻き」と言った方法で腹部を温めると、生理痛の改善に効果を発揮してくれます。 食べ物について 生理痛を和らげることができる食べ物は 「体を温める」という特徴があります。 「根菜類」は栄養も豊富で、体を温める作用が強いです。 また、 「生姜」のように、冬場に体を温める作用が有名な食べ物も、生理痛の緩和に効果を発揮してくれます。 逆に、 夏野菜や糖分の多い食べ物は体を冷やす作用が強く、生理痛も悪化してしまいます。 オススメの食材としては「納豆」が挙げられます。 納豆は体を温める作用のある食べ物に分類され、 食物繊維も含めて栄養が豊富です。 生理痛の改善のためにはバランスの良い栄養摂取が基本となり、少ない量で豊富な栄養を摂取できる納豆は積極的に食べたいものです。 加えて、大豆には 「イソフラボン」が豊富であり、これがエストロゲンと同じような働きをすることでホルモンバランスを整え、生理痛を改善する効果があります。 飲み物について 生理痛改善に効果のある飲み物としては 「ハーブティー」が有名ですが、これにはれっきとした根拠があります。 まず 「カフェインが含まれていない」ということです。 カフェインには血管を収縮させる効果があり、これが生理痛を悪化させます。 なので、ハーブティーのようなノンカフェインの飲み物が良いのです。 同様の理由から 「麦茶」などはおすすめなのですが、 「緑茶」「紅茶」「コーヒー」にはカフェインが含まれているので控えたほうが良いです。 次に 「リラックス効果がある」ということです。 生理痛の際にはイライラの症状が出ることがあり、生理痛を余計に悪化させる原因となります。 ハーブティーの香りでリラックスすることができれば、イライラを解消して生理痛悪化の悪循環を止めることが出来ます。 また、「食べ物」に近いですが、食欲が無い時には栄養摂取のために「野菜スープ」がおすすめです。 ツボについて Sponsored Link 体中にはさまざまな「ツボ」があり、これでさまざまな体の不調を改善することが出来ます。 そして、その中には 「生理痛解消に役立つツボ」というものもいくつか存在します。 有名なところでは 「合谷」と呼ばれるツボがあり、これが全身のさまざまな痛みを和らげる効果があります。 合谷は、手の親指と人差指の合わさる部分の近くにあります。 次に 「三陰交」です。 このツボは 内くるぶしから指四本分上の、骨と筋肉の境目に存在します。 生理痛だけでなく、「生理不順」や「不正出血」「冷え」などの女性の悩みによく効くツボです。 他にも 「血海」「気海」「足三里」「関元」「腎兪」といったツボが、生理痛の改善に効果を発揮してくれます。 外出先では刺激しにくいツボも多いのですが、「合谷」のように、外出先でも不自然無く刺激できるツボはいくつもあります。 薬について 民間的な方法で生理痛の症状を改善できない場合には、 「薬」に頼るという方法もあります。 薬局やドラッグストアでは、さまざまな「生理痛向けの薬」が売られています。 大抵の場合は「生理痛」という単語がパッケージの目立つところに書いてあって、「生理痛の薬なんだ」ということをわかりやすく表現しています。 しかし、そういった薬以外にもさまざまな薬が生理痛改善に効果を発揮してくれます。 生理痛は様々な症状をもたらしますが、 最も多い「下腹部の痛み」の正体は「子宮の過剰収縮」であり、神経痛ではなく「内臓痛」です。 なので、 それに効果のある薬であれば、生理痛対策を謳っている薬でなくても改善効果が期待できます。 最終的には「薬との相性」の問題なので一概に「これさえ服用すれば絶対に生理痛を改善できる」とは言えません。 ストレッチについて 「ストレッチ」を行うことも、生理痛を和らげるのに効果を発揮してくれます。 手軽に血行を促進することが出来、運動が苦手な人が体を動かす方法として最適であることが理由です。 特に、生理痛の症状があるときは体を動かすことが億劫になりがちなので、ストレッチによって血行を促進する方法は理に適っているのです。 具体的な方法としては 「骨盤回し」が有名です。 腰に手を当てて足を肩幅に開き、腰を左右に回します。 この時、 「腰だけを回転させる」ということを意識してください。 他には 「体を伸ばすストレッチ」も効果的です。 腕を上に伸ばしてつま先立ちを行い、そのままグーッと体を伸ばす簡単なストレッチですが、生理痛の改善にも寄与します。 音楽で生理痛が和らぐ? 痛みが音楽で和らぐというお話はよく聞きますが、この動画はその効果が高いと言われているYouTubeに乗っている有名なものとなります。 実際に鎮痛剤やピルに頼らなくても、このように 痛みを和らげる音楽を脳波誘導音源「バイノーラルビート」と呼ばれており医学的に認められている方法となります。 具体的にこの方法とは違う周波数の音を、片耳ずつに聞かせて脳の中でその差分の周波数を作り出せる状態にします。 脳の周波数はシータ波と呼ばれる4~7ヘルツのものになると浅い睡眠状態になり浅い睡眠状態にすることができるので、痛みをあまり感じない状態にすることが可能なのです。 これは右耳と左耳で違う音楽や音を聞かせ得る必要があるので、ヘッドホンやイヤホンを用意する必要があります。 「脳波誘導音源CD」として売られていても、両耳で聞いては意味がないのです。 必ず片耳ずつ聞かせるようにしてください。 このような音楽を用いることで生理痛も楽になると考えられています。 その他の生理痛を和らげる方法 生理痛の症状を和らげる方法の基本は 「体を温める」ということです。 体を温めることで代謝が促進され、血行が改善することで滞っていた血流が良くなり、生理痛の症状を和らげる事ができるのです。 その方法の中でも最たるものとして「入浴」が挙げられます。 ポイントとしては、熱すぎない温度でゆっくりと体を温めることです。 熱いお湯は交感神経を刺激し、自律神経を乱す可能性があります。 ゆっくりと、体の芯まで温めることを意識してください。 また、湯船に浸かるのが嫌だという人は 「足湯」という方法もおすすめです。 生理痛の症状として「冷え」がひどい場合には、特に 末端部である足を温めることで症状の改善につながります。 その他にも、カイロなどを利用して体を温めることにも意味があります。 特に寒い時期と、暑い時期もクーラーで部屋が冷える事が多いので、そうした環境に長くいなければならない時には体を温めることを十分に意識しましょう。 生理痛を和らげる方法につきましては次のサイトも参考にしてみて下さい。 EVE 最後に 生理痛の症状は、人によっては極めて重度であり、日常生活にも大きな悪影響を及ぼす可能性があります。 周囲の人に理解と協力を求めることも重要ですが、個人でできる努力は怠らないようにしましょう。 生活習慣の中に生理痛を悪化させる要因があれば、それを見直すことで劇的に生理痛の症状が改善することも珍しくありません。 カテゴリー•

次の