ご 愛顧 いただき ます よう。 「いただきますようお願い申し上げます」という表現と、「いただけ...

「ご愛顧」の意味とは?読み方から使い方、類語まで例文つきで解説

ご 愛顧 いただき ます よう

いざ使うという場面で迷わないように、正しい意味をきちんと知っておくことが大切です。 いただきます 頂きます の意味 「いただきます」は、「もらう」の謙譲語+ますとなり、「もらいます」を丁寧な敬語表現にしたものです。 「〇〇いただきますようお願いいたします」のように使用し、へりくだってお願いするような場面で使われます。 「〇〇して欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。 いただけます 頂けます の意味 「いただけます」は、「いただけ/ます」と分割することができます。 上記と同様に「もらう」の謙譲語「いただく」と、可能形「〜できる」の「〜ける・れる」が付いた形で「いただけ」となり、さらにプラスして「ます」という文になります。 「〇〇いただけますか?」のように使用し、「〇〇できるならして欲しい」の丁寧な言い方というイメージです。 「いただけます」がより丁寧 それぞれの意味からもわかるように、どちらも丁寧な表現であり、お客様や目上の方に向けた言葉として適切です。 微妙なニュアンスの違いですが、「いただけます」の方が「可能ならばお願いしたい」という意味のため、「いただきます」よりも、よりへりくだった表現であるといえます。 日常的に使用されている言葉ですが、ちょっとしたニュアンスの違いによって、受け取る側の印象が変わってくることもありますので、気を付けて使用するようにしましょう。 「メールをご確認いただけますか」 「メールを確認して頂くことは可能ですか」というお願いしたい時に使われる表現です。 ここでは「いただけます」を使っていますが、「いただきます」を使った場合は、「メールを確認していただきますようお願い致します」のように使用し、「いただきますよう~」という表現を使うことが多いです。 「お水を一杯いただけますか」 「お水を一杯もらうことは可能ですか」という意味で、上記の例文同様お願いしたい時に、より丁寧に柔らかい印象を与える表現です。 「いただきます」を使う場合、問いかけの文となりますので、「お水を一杯いただきたいのですが、よろしいですか?」のように使用します。 「書類の内容をご確認いただけますか」 「書類の内容を確認してもらうことは可能ですか」という意味で使われています。 「出来たらお願いしたい」という気持ちが表現されていて、とても柔らかで丁寧な文です。 「いただきます」を使った場合「書類の内容をご確認していただきますようお願いいたします」のようになります。 間違った使い方 接客や電話応対などで、よく耳にする言葉でも、敬語の使い方として間違っている場合があります。 間違っているのに使ってしまいがちな言葉の例文と、間違いの理由、言い換えについて例文を交えて見ていきます。 「〜いただけますでしょうか」 「いただく」と「でしょうか」に分解できます。 「いただく」は「もらう」の謙譲語です。 「〜でしょうか」は「です」の疑問形です。 謙譲語+丁寧語の組み合わせは二重敬語と呼ばれており、日本語としては誤りです。 周りくどい表現のためできるだけ避けるのが無難です。 「〜いただけますかが正しい」 上記の「~いただけますでしょうか」を正しい文に言い換えると「~いただけますか」となります。 例文として「ご確認していただけますか」、「〇〇を一ついただけますか」のように「もらう」の謙譲語「いただく」を使い、語尾を「~ますか」にして疑問文にしています。 いただけますかの類義語 「いただけますか」の類義語にはどのようなものがあるでしょうか。 ここでは特に使用頻度の高い「くださいます」と「よろしかったでしょうか」について解説します。 なんとなく敬語を使うのではなく、意味や正しい使い方知っておくことが大切です。 「くださいます」 「くださる」は「与える」の尊敬語で、語尾を変化させて「くださいます」となります。 目上の方がしたことについて敬語で表現するときに使います。 「部長が〇〇をくださいました」「部長が〇〇をくださった」のように使います。 「よろしかったでしょうか」 「よろしいでしょうか」の方が正しい言い方であるとされていますが、過去にあった事柄について再確認する場合に使う言葉として誤りではありません。 レストランなどで、注文したメニューを再確認するような際には、現在の事実についての再確認となりますので「よろしかったでしょうか」ではなく「よろしいでしょうか」を使います。 まとめ 「いただけます」、「いただきます」について詳しく見てきました。 ちょっとしたニュアンスの違いで相手に与える印象が変わってくるということを認識することが大切です。 相手を敬う気持ちが強すぎて二重敬語になってしまわないように、敬語の意味と使い方を意識して使うようにしましょう。

次の

「ご愛顧(あいこ)」の意味と使い方!「ご愛好」は別の意味?類語や英語も紹介

ご 愛顧 いただき ます よう

スポンサーリンク 「お引き立て」の意味と使い方は? まずは、 「お引き立て」の意味と使い方について見ていきましょう。 「お引き立て」は敬語をつくる接頭辞「お」に「引き立てる」という動詞が連なった形の語です。 すなわち 「引き立てる」の尊敬語、美化語となります。 「引き立てる」は、「引く」「立てる」の2つの動詞の複合語ですから、そのままの意味合いでは 「(人や物などを)引っ張って、立てる」「引いて、起こす」ということになります。 犯罪の容疑者などを強制的に連れて行く、といった意味にも使われることがあります。 よく時代劇などで、奉行所の役人が盗人らを前に 「番屋へ引っ立てい!」などと命じる場面を見たことがある方もいらっしゃるでしょう。 これらの表現が転じて、 「あるものが目立ってよく見えるようにする」という趣旨から、精神的な面で 「元気が出るように励ます」「目をかけてかわいがり、力添えをする」といった意味でも使われます。 例えば「本番前に自分の気持ちを引き立てる」「部下ががんばっているから、一層引き立ててあげよう」などという言い方です。 漢語に「贔屓」(ひいき)という言葉がありますが、漢字の音だけで読むと「ひき」で、言いやすいように長音化したと考えられます。 「贔」は貝が三つ重なった漢字で貝は古来、お金や財産を意味します。 「贔」は重い財貨や荷物を背負うことを表し、「屓」は息を荒くするという意味の字です。 このため、贔屓はもともと 「息を荒く力を込める」ことを指しますが、これが転じて 「他人を助けるために力を入れる、目をかける」という意味に変化しました。 「ひいき」と「引き」で音が似通っていることや、引き立てるの元来の意味に近いこともあり、「引き立てる」が「ひいきにする」と同義になったとの説もあります。 こうしたことから「お引き立て」はひいきにされること、つまり後援されることに対して、後援者をうやまって言う尊敬表現といえます。 スポンサーリンク 主に昔から、商人や芸人などが、自分をひいきにしてくれる得意客やタニマチにお礼を言うときのあいさつの言葉として使われました。 「毎度、お引き立てにあずかり、ありがとう存じます」のような用法です。 このため「お引き立て」は、元来はひいきにされる側からのみ使う言い回しだといえます。 「お引き立て」の類語と例文を教えて? 次に 「お引き立て」の類語と例文を見ていきましょう。 まずは「引き立てる」の類語をまとめておきますね。 にする• 愛顧する• 肩を持つ• 肩入れする• 目を掛ける• 眼鏡に適う• 気に入る• 後ろ盾となる 「引き立てる」の類語は以上となります。 「お引き立て」の例文としては次のようなものが挙げられます。 これからも一層お引き立てくださるようお願いします。 日頃からお引き立ていただき、ありがとうございます。 私が去っても、残った者たちを変わらずにお引き立てください。 本年は大変お引き立ていただき、お礼申し上げます。 「ご愛顧」との違いと使い分けは? 最後に 「お引き立て」と 「ご愛顧」の違いと使い分け方について見ていきましょう。 「ご愛顧」も「お引き立て」とほぼ同じような意味合いの言葉になります。 「顧」という漢字には、 「振り返る」「観察する」「反省する」といった意味のほかに、 「目をかける」という用法もあります。 「」は「お引き立て」と同じく、ある特定の芸人や商売人、あるいはそれらが所属する組織を援助したり、気に入って頻繁に利用したりすることを指します。 やはり「お引き立て」と同様に、ひいきされる側から相手を敬って使う言葉で 「日頃のご愛顧にお応えする」などと使います。 「ご愛顧」は漢字2文字の熟語ですから、主にはあいさつ状など書面で使う書き言葉のニュアンスがあります。 これに対し「お引き立て」は、より話し言葉的に、口上のあいさつで使われることが多いといえるでしょう。 ただ「引き立てる」や「ひいきにする」とは異なり、お客などひいきする側が「この店を愛顧しています」などとは言いません。 まとめ いかがでしたでしょうか? 「引き立てる」の 意味と正しい使い方、そして「ご愛顧」との違いや使い分け方について詳しくご紹介しました。 「引き立てる」と「ご愛顧」の意味合いはほぼ一緒ですが、微妙なニュアンスの違いなどもありシーンによって使い分けるようにしましょう。 こうやって説明をまとめてみると日本語の奥の深さと難しさを痛感してしまいますよね。 正しい知識を頭に入れて言葉をしっかりと相手に伝えたいものです。

次の

「ご愛顧(ごあいこ)」とは?正しい意味と使い方

ご 愛顧 いただき ます よう

「ご愛顧」とは 「ご愛顧」の読み方は「ごあいこ」 「ご愛顧」は 「ごあいこ」と読みます。 「ご愛顧」の意味は「目をかけて引き立てること、ひいき」 意味は「目をかけて引き立てること、ひいき」です。 「ご愛顧」の敬語の種類は尊敬語 通例は丁寧語の「御」「ご」を頭につけて「ご愛顧」という形で使い、ひいきされる側からいう言葉です。 「ご」が付いているので「ご愛顧」は敬語になります。 そのため自分が相手をひいきしている場合は「ご愛顧」という言葉を使うことはできません。 「ご愛顧する」「ご愛顧させていただく」などの表現は誤りなので注意してください。 「ご愛顧」の漢字は「御愛顧」とも 「ご愛顧」は「ご」も漢字にして「御愛顧」とも使われています。 「ご愛顧」はビジネスで[感謝]を述べる時に使う 「ご愛顧」は元々芸人や役者がひいきしてくれるお客さんに対して使う言葉でした。 そこから転用させ現在ではビジネスシーンで全般的に使用されるようになっています。 主に、企業や法人側がいつも 贔屓(ひいき)してもらっている顧客に対して感謝を述べるときに使います。 例えば「ご愛顧いただき~」「ご愛顧のほど~」「ご愛顧を賜りますよう〜」などの形で使います。 例文 ・当店はお陰様で開店1周年を無事迎えることができました。 これもひとえに皆様のご愛顧、ご支援の賜物でございます。 感謝申し上げます。 ・この度、海外展開をすることが決定いたしました。 これもひとえに皆様のご愛顧とご支援によるものと深く感謝しております。 今後の贔屓をお願いするとき(結びの文)の「ご愛顧」 例文 ・今後ともご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 ・引き続き変わらぬご愛顧、何卒よろしくお願いいたします。 ・これからも末永くご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 謝罪文での「ご愛顧」 謝罪文でも、結びの言葉で今後のお付き合いをお願いするときに「ご愛顧」を用いることがあります。 謝罪だけで終わるよりも、謙遜して今後のお付き合いをお願いすると印象が良いでしょう。 ただ、契約が終了してしまう場合や相手に損害を与えるようなことをしてしまった場合は謝罪文のみにしましょう。 例文 ・今回は多大なるご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんでした。 まことに勝手ではありますが、今後とも変わらぬご愛顧のほど何卒よろしくお願いいたします。 ・本件では大変なご迷惑をおかけいたしました。 誠に申し訳ございませんでした。 勝手なお願いで恐縮ではありますが、ぜひ今後も今まで同様ご愛顧くださいますように、よろしくお願いいたします。 キャンペーンのお知らせの「ご愛顧」 企業や店舗が顧客にキャンペーンのお知らせをするときにも「ご愛顧」は用いられています。 主に、日頃の感謝を示しています。 ・平素ご愛顧のお客様に、本日はプレゼントをご用意させていただきました。 ・お客様へのご愛顧に感謝し、抽選で100名様に豪華賞品が当たるキャンペーンを実施中です。 閉店の知らせの「ご愛顧」 「ご愛顧」は閉店のお知らせでも用いられています。 今まで目をかけてくれたことへの感謝を示すために使います。 例文 ・本日の営業を持ちまして、当店は閉店させていただきます。 長らくのご愛顧、誠にありがとうございました。 ・当商品の販売は来月末をもって終了とさせていただきます。 大変長らくのご愛顧、心より感謝申し上げます。 「ご愛顧」と「ご愛好」の混同に注意! 「ご愛好」の意味は「物事を愛し好むこと、趣味などに熱中していること」 「ご愛顧(ごあいこ)」と混同されがちの言葉に「ご愛好(ごあいこう)」があります。 読み方が似ているため混同されやすいですが、読み方も意味も全く別の単語なので気をつけましょう。 「愛好」の意味は文字通り「物事を愛し好むこと」です。 中国語で「愛好」は「趣味」を意味し、日本でも「趣味や嗜好品、熱中していること」に対して使います。 「愛好」はビジネス文書で使うことはありませんので「ご愛好」といった敬語表現はほとんど用いられていません。 「ご愛好」の例文 ・友人と社会人写真愛好会を立ち上げた。 ・わたしの父はジャズ愛好家です。 ご支援 「ご支援」の意味は 「ささえ助けること、援助すること」の敬語表現です。 支援してくれたことへの感謝を表す場合に使います。 「ご愛顧」や「贔屓にしてもらう」といったニュアンスはなく、「支えてもらった」といった意味合いが強くなります。 例文 ・今後ともご理解ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。 ・これも皆様のご支援ご厚情の賜物でございます。 感謝いたします。 ご高配(ごこうはい) 「ご高配」は 「相手の配慮」に対して強い敬意を払った言葉になります。 相手が配慮してくれたり気を使ってくれたこと、また配慮してくれた相手を敬う言葉です。 「ご高配」は「ご配慮」よりもかしこまった表現で、主にビジネス文書やメール・手紙などの挨拶文として用いることが多くあります。 特に取引先や顧客などに対して用いられています。 例文 ・今後とも何卒ご高配賜りますよう、お願いいたします。 ・拝啓 時下益々ご盛栄のこととお慶び申し上げます。 日頃より当社の事業に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 ご厚情(ごこうじょう) 「ご厚情」は 「厚いなさけ」「心からの不快思いやり」の敬語表現となります。 「ご厚情を賜り」「ご厚情の賜物」など、かしこまった挨拶文でもよく用いられている表現です。 親切にしてくれたことへの感謝を表す場合に使います。 ビジネスシーンにおける歓送迎会、送別会、納会、宴会など行事や年賀状、暑中お見舞い状などの挨拶以外にも、結婚式や就任セレモニー、祝賀会、葬儀など式典で使うこともあります。 例文 ・今回のプロジェクトが成功したのは、皆様のご厚情の賜物でございます。 ・この度は、退職に際してお心のこもったご祝詞を頂戴し、誠にありがとうございます。 在職中は、一方ならぬご厚情をいただき、感謝申し上げます。 ご尽力(ごじんりょく) 基本的に、 「あることのために力を尽くすこと」の敬語表現です。 相手に、「(何かを成し遂げるために)かなりの労力をかけ、助けてくれてありがとうございます」と深く感謝を示したい場合は、「ご尽力」を使うのが良いでしょう。 「お力添え」よりも、実現に向けて走り回ってくれたなど、助けてくれた度合いが強くなっています。 個人が一生懸命に協力・援助してくれたイメージです。 そのため、多くの人に感謝する場合は「皆様のご尽力」などとよく使われています。 例文 ・これもひとえに、皆様のご尽力のおかげです。 誠に感謝申し上げます。 ・この度はご尽力いただいたのにもかかわらず、残念な結果となりましたことを深くお詫び申し上げます。

次の