胃潰瘍 原因。 胃潰瘍の原因と症状・検査・治療方法・もし放置していると…

消化性潰瘍ガイド|患者さんとご家族のためのガイド|日本消化器病学会ガイドライン

胃潰瘍 原因

こんにちは、さらくりです。 胃がキリキリして我慢出来ない 傷みなどに襲われてしまう胃潰瘍 胃潰瘍になってしまう原因は色々 ありますが飲み物も気をつけて ほしい物があります。 それがお酒やコーヒーなのですが どうしてお酒やコーヒーは気を つけなくてはいけないのか 胃潰瘍の原因になってしまう 飲み物について書いていきます。 胃潰瘍は僕も経験があるので あの辛い思いはもうしたくない ですからね。 胃に潰瘍が出来てしまう 胃潰瘍は胃の粘膜が傷ついてしまう 「びらん」になって それが酷くなっていき「潰瘍」に なってしまうのが胃潰瘍です。 胃潰瘍の初期症状やどのような 病気なのかについてはコチラの記事に 書いてあります。 ピロリ菌ってどんな菌? って思った方はコチラの記事に詳しく 書いてあります。 その注意したい飲み物が ・ お酒 ・ コーヒー です。 お酒やコーヒーも原因に どうしてお酒やコーヒーが胃潰瘍の 原因を作ってしまうのかというと お酒の場合 ・ 胃酸を多く分泌してしまう ・ 胃酸の分泌を早くしてしまう ・ 胃の粘膜を直接傷つけてしまう ・ 食べ過ぎてしまう ・ 食べなくなってしまう ・ 胃の粘液を固くしてしまう このような原因によってですが お酒を飲むとアルコールによって 胃酸が多く分泌されてしまいます。 これはアルコールには 胃液を促進する 作用が多く含まれているからで 胃液の大量分泌によって胃酸も多く 分泌されてしまいます。 スポンサーリンク 胃酸が多く分泌されてしまうと それだけ胃の粘膜を胃酸が傷つけて しまう可能性が高くなってしまいます。 そしてお酒自体が 胃の粘膜を直接 刺激してしまうので刺激が強くなって しまい傷つきやすくなってしまいます。 ただでさえ胃酸が多く分泌されるのに 更に胃の粘膜を直接刺激されるので 胃の粘膜はうわーヤバイってなって しまいますよね。 そしてこれは僕もそうなのですが アルコールが入ってしまうと 食事制限が出来なくなってしまって ついつい食べ過ぎてしまい胃に 大きな負担をかけてしまいます。 食べ過ぎもダメですが食欲が無くなって ただ飲むだけっていう状態も作って しまいますからね。 そしてアルコールには胃の粘液を 固くしてしまう作用があって これは アルコールがタンパク質を 固まらせてしまうことからで 胃の粘液の多くがタンパク質から 作られているからですが 胃の粘液は胃の粘膜の表面に くっついている物で食べ物などが 直接胃の粘膜にぶつからないように してくれているのですが 胃の粘液が固まってしまうことに よってこのガードが出来なくなって しまって胃の粘膜が無防備な状態に なってしまいます。 コーヒーはいいの?悪いの? 次はコーヒーですが コーヒーに含まれているカフェインは 胃の消化を良くしてくれる効果が あるのでいいのでは? って感じがするのですが 確かに コーヒーはいいのですが それは食後に飲むコーヒーです。 そしてコーヒーが良くないって いうのは 空腹時に飲むコーヒーで 胃に何も入っていない状態で 飲んでしまうと カフェインが胃酸を 多く分泌してしまうのでそれが 胃の粘膜を傷つけやすくなってしまいます。 眠気覚ましや気分転換に1杯飲むのは 別に大丈夫なのですが空腹時に飲み過ぎて しまうのは良くないので注意してください。 胃潰瘍を防ぎ治すのにオススメの 飲み物についてはコチラの記事に書いて あります。 胃酸の過剰分泌によって胃の粘膜を 傷つけてしまい潰瘍が出来てしまう 胃潰瘍 ストレスやピロリ菌などに気をつけて いかなくてはいけませんが 普段飲んでいる飲み物にも注意して いかなくてはいけません お酒やコーヒーがダメ!いけない ってことではなく飲み過ぎや飲む タイミングなどに注意してくださいね。 少しでも胃酸の分泌を抑えて 胃の粘膜を守っていき正常に機能 するようにしていかなくては いけないですからね。 胃潰瘍を予防して胃を守ってくれる 食べ物についてはコチラの記事に書いて あります。

次の

胃腸疾患:胃十二指腸潰瘍

胃潰瘍 原因

- 目次 -• 胃潰瘍になるメカニズム 胃潰瘍が起こる原因は、 胃酸から胃壁を守る胃粘膜の防御機構のシステム不全によるものです。 食物を消化するために、強力な胃酸と消化酵素(ペプシノーゲン)を主な成分とする胃液が胃壁から分泌されています。 これにより食物は、胃の中で消化されると同時に殺菌されます。 胃酸は非常に強い酸ですが、通常は胃酸によって胃壁が傷付けられることはありません。 それは胃粘膜の防御機構により、表面の胃粘膜から胃壁を保護する物質が出て胃を守っているからです。 胃粘膜の防御機構のシステムが異常をおこし弱まることで胃潰瘍になるのです。 ヘリコバクター・ピロリ菌 ヘリコバクターとは、螺旋状の細菌という意味です。 その多くは胃の幽門部に見つかり、口から感染して胃の粘膜に生息します。 ピロリ菌に感染する年齢は、日本人の場合だと十代が10%程度なのですが、五十代以上になると60%以上と言われています。 ピロリ菌はアンモニアを作り出し、胃酸を中和させて胃の中に生息します。 この時、アンモニアだけでなく有害な活性酸素が多く作られ胃粘膜を傷つけるのです。 そして胃の中に住みついた ピロリ菌は毒素を出して、更に胃粘膜を傷つけ続けるのです。 こうしてピロリ菌によって傷つけられた部位は、胃酸の刺激で更に傷を深め胃潰瘍を引き起こします。 しかし、ピロリ菌に感染したからといって必ずしも胃潰瘍になるわけではありません。 しかしピロリ菌が原因の胃潰瘍は再発しやすく、治りにくいと言われています。 また、ピロリ菌に感染した人は善玉コレステロール値が低く、白血球が増加する傾向があり心筋梗塞や脳梗塞を起こしやすいので特に高齢者は注意が必要です。 ピロリ菌を除菌するには、抗生剤2種類と抗潰瘍剤1種類を1週間ほど内服します。 それにより、85%の確率でピロリ菌の除菌が可能になります。 解熱鎮痛薬が原因とされるNSAIDs潰瘍 NSAID(エヌセイド)とは、非ステロイド性抗炎症薬。 一般的な解熱鎮痛剤であるアスピリンやイブプロフェンなどです。 NSAIDs潰瘍は解熱鎮痛剤の副作用によって胃の粘膜を保護する防御機構に異常が起こり、胃酸が胃壁を傷つけて潰瘍を引き起こすものです。 NSAIDs潰瘍の場合、胃の痛みなどの自覚症状がないまま潰瘍が進行することがあります。 心筋梗塞や脳梗塞の再発を防ぐために、低容量ですがアスピリンを長期に服用することがあります。 しかしアスピリンもNSAID(エヌセイド)ですので、胃潰瘍を起こす要因になる可能性があります。 解熱鎮痛剤の飲み方を間違えると、胃潰瘍を引き起こすリスクが高くなりますので注意してください。 空腹時の服用、適量より多い量を服用する、違う種類の解熱鎮痛剤を同時に服用するなどといった行為は、胃潰瘍のリスクを高くしますので避けてください。 ストレス 肉体的、精神的に 強いストレスを受けると、内臓の働きを調整している自律神経の働きに支障が起きます。 その結果、胃の血流が悪くなり粘膜を傷つけて潰瘍が生じます。 よく解決困難な問題を抱えると、「胃に穴があく」と言った表現を使いますよね。 それはつまり、精神的なストレスが胃潰瘍を引き起こし、それが更に悪化して胃に穴があいてしまうということですね。 現代のようなストレス社会では、ストレスを感じないでいることは難しいでしょう。 だからこそ、軽い運動をするとか人に話を聞いてもらうなど、少しでもストレスを解消して溜め込まないようにすることが大切になります。 カテゴリから探す•

次の

胃腸疾患:胃十二指腸潰瘍

胃潰瘍 原因

一昔前までストレスや暴飲・暴食による病気と思われてきた胃潰瘍。 ところが20世紀の後半、ヘリコバクター・ピロリ菌の感染が発症に深く関わっていることが判明しました。 NSAIDs潰瘍研究の第一人者である東京女子医科大学附属成人医学センター所長の前田淳教授にお話をうかがいました。 原因と症状 ピロリ菌感染に加えてNSAIDsが原因の潰瘍が増えている 胃潰瘍の典型的な症状は、空腹時のみぞおち付近の痛み、胸焼けやゲップなどの胃酸過多症状、そしてコールタールのような黒い便や貧血などです。 黒い便や貧血はすでに胃からの出血がある証拠で、かなり症状が進んでいる状態です。 また、痛みには個人差があり、すでに大きな潰瘍があるにも関わらず「全然、痛くない」と言う方もいるので要注意です。 胃潰瘍の原因は暴飲・暴食や精神的なストレスと思われてきました。 しかし今は、ヘリコバクター・ピロリ菌(以下、ピロリ菌)という細菌に感染すると胃粘膜が弱り、胃壁が自分の胃酸によって傷つくことなどによって潰瘍ができることがわかっています。 また、ここ数年で問題になっているのが解熱鎮痛薬が原因の「NSAIDs潰瘍」です。 これは解熱鎮痛薬の副作用で胃粘膜に異常が起こり、やはり胃酸が胃壁を荒らして潰瘍を生じるもの。 最近は効果に優れた鎮痛薬が薬局で購入できるので、ちょっとした頭痛や生理痛で簡単に服用しがちですが、胃潰瘍のリスクがあることはぜひ、覚えておいてください。 また中高年~高齢者で脳卒中や心筋梗塞の既往があり「血液サラサラ」状態を保つために低用量のアスピリンなどの抗凝固剤を飲んでいる方は、胃潰瘍を発症するリスクが高いので定期的な胃内視鏡の検査が必要です。 治療方法とセルフケア ピロリ菌陽性胃潰瘍は除菌、NSAIDs潰瘍は解熱鎮痛薬の適切な服用 ピロリ菌陽性胃潰瘍は胃酸を抑える薬で治療しますが、おおもとのピロリ菌を放っておくと再発をくり返してしまいます。 このため、抗菌薬を使ったピロリ菌の除菌と胃潰瘍の治療の両方を行う方法が勧められます。 ピロリ菌の診断と除菌治療は保険が使えるので、胃潰瘍を繰り返す場合は必ず、ピロリ菌の有無を調べる検査を受けてみましょう。 ピロリ菌が見つかったらしめたもので、除菌治療が成功した後の再発率は激減します。 NSAIDs潰瘍の場合は一旦、潰瘍を引き起こしている解熱鎮痛薬を止め、胃酸を抑える薬を服用します。 ただ、NSAIDs潰瘍はお薬の飲み方をきちんとセルフチェックすることで予防できる疾患です。 どうしても解熱鎮痛薬が必要な時は、まず、服用方法を見直してみてください。 セルフチェック! 解熱鎮痛薬の飲み方を間違えていませんか? 空腹時に飲むことがある 早く効いてほしいので、2倍量、3倍量を飲むことがある 痛みが治まらない時には、薬を続けて飲んでしまう いろいろな種類の解熱鎮痛薬を混ぜて飲むことがある 1つでも心当たりがある方はもう一度、薬の説明書をきちんと読みましょう。 解熱鎮痛薬はとても良いお薬ですが、飲み方を間違えると思わぬ副作用を起す可能性があります。 普段から正しい服用を心がけてください。 坐薬タイプのNSAIDsでも胃潰瘍ができる!? もう一つ注意をして欲しいのは、「坐薬タイプ」の解熱鎮痛薬でも胃潰瘍ができるということです。 薬は血液の中に「効き目成分」が溶け出すことで効果を発揮するので、投与経路が口でもおしりでも吸収された後は身体への影響は変わりません。 まして、痛みを我慢できないあまりに飲み薬と坐薬を併用するようなことは避けてください。 胃潰瘍はピロリ菌の除菌やNSAIDsの適切な服用で予防できる疾患です。 正しい知識を身につけて、しっかりセルフケアをしましょう。 繰り返す胃潰瘍はセルフケアで予防!.

次の