どう 森 ハッピー ホーム デザイナー。 【とび森 amiibo+】ハッピーホームデザイナー連動方法と限定家具まとめ!

【ハピ森】ハッピーホームデザイナーの間取りの変え方。種類は?最大何部屋いける?【どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー】

どう 森 ハッピー ホーム デザイナー

2016-05-02: マロンの特別な依頼受信(5月31日まで再配信)を追加。 2016-04-02: ビネガーの特別な依頼受信(5月1日まで再配信)を追加。 2016-03-01: モンハンのアイルーの特別な依頼受信(3月31日まで再配信)を追加。 2016-02-01: マロンの特別な依頼受信(2月29日まで配信)の記事を追加。 2015-12-02: ビネガーの特別な依頼受信の記事を追加。 2015-10-29: どうぶつの森 amiiboカード第2弾を更新。 2015-10-28: モンスターハンターのアイルーの特別な依頼受信の記事を追加。 2015-10-17: 動画の記事にツクッター紹介映像を追加。 2015-09-25: マリオ30周年コラボ。 特別な依頼でマッスルの依頼受信の記事を追加。 2015-09-24: どうぶつの森の住民たちのLINEスタンプ販売の記事を作成。 2015-09-18: amiiboカード編のテレビCM動画を追加。 2015-09-16: ツクッターが配信されました。 2015-09-15: 住民の希望イメージと持ち込み家具、住民の出現条件の記事を作成。 2015-09-13: 衣類(ボトムス、帽子)の記事を追加。 2015-09-12: 衣類(トップス、メガネ、靴下、靴、傘、ワンピース)の記事を作成。 2015-09-10: 家具(ラグ、家の外観、柵、橋、家の壁、屋根、玄関のドア)を追加。 2015-09-09: ツクッターの記事を作成。 2015年9月16日に無料配信されます。 2015-09-09: 家具(生き物、化石、ハニワ、壁掛け家具、時計、天井家具)を追加。 2015-09-08: 家具(工芸品、季節家具、美術品、ミュージック)を追加。 2015-09-07: 家具(お店家具、スポーツ用品、楽器、アウトドア家具、おもちゃ)を追加。 2015-09-06: 家具(室内のドア、室内の植物、食べ物)を追加。 2015-09-06: 家具(ベッド、テーブル、イス、棚、家電、キッチン・バス、ランプ・小物)を作成。 2015-09-06: 家具(壁紙、床、窓、カーテン、環境音)を作成。 2015-08-20: 土地選びのマップ画像の記事を作成。 2015-08-08: よくある質問と回答(Q&A)の記事を作成。 2015-08-07: 9月に無料配信を予定している『ツクッター』の記事を作成。 2015-08-06: どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー関連商品の追加。 2015-08-06: 第2弾amiiboカード発売延期のお知らせの記事を作成。 2015-08-04: 施設作りの記事に役柄の変更、衣服チェンジの内容を追加。 2015-08-02: アクション48種類のデータ記事を作成。 2015-08-01: たぬきハウジングでできることの記事を作成。 2015-08-01: amiiboカード100種更新。 2015-08-01: 通信講座の記事を作成。 2015-07-31: ストーリー進行・機能追加のスケジュールの記事を作成。 2015-07-31: 施設作りの記事を作成。 2015-07-30: 住民の依頼の記事を作成。 2015-07-30: キャラクター作成、家作りの記事を作成。 2015-07-29: amiiboカードの住民リストのデータを作成。 2015-07-29: Miiverse、SNSでの画像投稿の仕方、3DSからPCへ画像を送る方法の記事を作成。 2015-07-23: ファミ通クロスレビューによるどうぶつの森ハッピーホームデザイナーの評価を作成。 2015-07-22: セブン-イレブン、モンスターハンターとのコラボアイテムの記事を作成。 2015-07-16: システムに通信教育講座、インターネット通信、SNS機能を追加。 2015-07-15: 動画の記事にテレビCM2本(しせつ篇、おうち篇)追加。 2015-07-01: 基本的なシステムとゲーム内容についての記事を作成。 2015-06-30: 公式トレーラー、ニンテンドーダイレクトの動画・映像集の記事を作成。 2015-06-29: 関連商品、amiiboカード、グッズなどの記事を作成。 2015-06-28: どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーの攻略サイトを作成。 どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーについての内容 300体以上のどうぶつ達の家づくりを行う どうぶつの森シリーズは2001年4月よりNINTENDO64で発売された。 人間の主人公がどうぶつの森に住んで、借金を返済しながら自分の家づくりやアイテム収集を行い、 動物の住民達と交流を行うゲームでした。 現実世界と同じく四季の変化や記念日イベントなどもあり、村で気ままな暮らしを満喫できる内容だった。 今作発売される『 どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』は、スローライフ的な要素は無いが、 自分が住む家づくりではなく、 どうぶつ達が住む家を作るのに特化した内容です。 主人公は、たぬきちが運営している『 たぬきハウジング』の新入社員となり、 お客である動物たちの接客やインテリアコーディネートを行うことになる。 簡単操作で家具を配置して、家と庭をデザインしていく どんな家にするか依頼を聞きいて土地を選び、カタログから要望通りの家具や壁紙を選んで配置していく。 従来のどうぶつの森シリーズと違って、タッチペンで下画面をタッチして簡単に配置できたり、 家具のサイズ選び、BGMの選択、細かい位置調節ができたりと自由度がさらに上がっている。 内装だけでなく外観もコーディネートできるため、木や花を植えたり自由に庭をデザインできます。 どうぶつ達の家が完成すると、好きな角度から部屋を眺めることができ、 住民たちを呼んで記念写真を撮って楽しむことができる。 一度作った部屋でもリフォームして、納得がいくまで家作りをすることも可能。 季節が移り変わるシステムも健在なので、変化にとんだ土地を探すのもポイントになるだろう。 公共施設のデザインも行える 家のデザインだけでなく、学校や病院などもデザインできるようになる どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーではプレイヤーがホームデザイナーとして経験を多く積むと、 ニュータウンの公共施設のデザインを手掛けることもできるようになる。 学校や病院など大型施設の建設のデザインを任され、より本格的な仕事内容になってくる。 施設づくりで決められている条件を満たせば、あとは自分流に再現したり作り込むのはあなたの自由。 施設が完成すると、どうぶつ達がその施設に沿った役割を務めるようになって様子を眺めることができる。 施設が出来上がる度に街が発展していくようで、その様子を眺めるのは楽しいものです。 全部で10種類あり、学校、病院、飲食店、お店、オフィス、レストラン、デパート、 音楽ホール、ホテルが用意されてます。 一度作った施設でも後から手直しをすることも可能。 ハッピーホームデザイナーはamiiboカードに対応したゲーム アミーボにはカード内にNFC機能が内蔵されている amiibo(アミーボ)といえばNFC機能が内蔵されたフィギュアがあるが、 どうぶつの森ハッピーホームデザイナーからは カード型のamiiboが新たに考案されました。 持ち運びやすいカード型で、カードに描かれたどうぶつ達を読み込ませることで 迅速な家づくりの依頼、各動物たちが持つ家具の入手、完成した家に動物を呼ぶことができる。 さらに amiiboカードに家の壁紙・家具データを記憶できるので、 他のプレイヤーにカードを読み込ませて、まだ入手していないアイテムをカタログへ追加させれます。 別売りのamiiboカードはゲーム発売前で第1弾・第2弾が発表され、それぞれ100種類づつ用意されている。 1パックに3枚カードが入っていて中身はランダム。 ゲーム内では依頼を出さない特別な動物のカードもある。 しかし第1弾『どうぶつの森 amiiboカード』が発売したにも関わらず市場では品薄状態だったので、 第1弾は追加生産すると方針を決定し、第2弾は2015年10月29日に発売が延期された。 第3弾『どうぶつの森 amiiboカード』は2016年1月14日に発売、 第4弾『どうぶつの森 amiiboカード』は2016年3月24日に発売された。 その他:どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーに関連する内容 他には3DSのゲームコインを消費して、『 通信講座』を受けてスキルをアップさせたりできる。 部屋の間取りを変えたり、天井家具の設置、家具の色変更など追加家具も増えてデザインの幅が広がります。 ネットワーク通信では、完成した家や施設に動物たちを呼んでスクリーンショットを撮影し、 ゲーム中からMiiverseやTwitterなどのSNSへ画像を投稿できるシステムになっている。 どうぶつの森ハッピーホームデザイナーのセーブデータ数は1つです。 2015年9月16日にはWi-Fi通信機能を使った『 ツクッター』という機能が無料配信されました。 自分の作った家や施設を投稿して、他のユーザーがその作品に訪れて見学して評価したり、 毎月1日~15日まで開催されているコンテストに作品を投稿できる機能などが備わっている。 コンテストでは参加すると特大サイズの家具を貰えたりする。 製品名 どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー ( Animal Crossing: Happy Home Designer) ゲームジャンル コーディネートシミュレーション 対応ハード ニンテンドー3DS メーカー 任天堂 発売日 2015年7月30日 希望小売価格 4000円(税別) プレイ人数 1人 備考• パッケージ版、ダウンロード版で販売• amiiboカード対応ソフト• どうぶつの森amiiboフェスティバルと連動 どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー関連の最新情報• ハッピーホームデザイナーの雑誌の付録、曲の配信、3DSのテーマ、特別壁紙などを紹介してます。 Wi-Fi配信サービスで得られる特別な住民のまとめ。 7ごう、アイルー、マッスル、ビネガー、マロン等。 ファミ通クロスレビューにおけるハッピーホームデザイナーの評価レビュー。 35点でプラチナ殿堂に決定!• アミーボカードが品薄だったため、任天堂より第2弾アミーボカードが発売延期された件についての情報。 9月に無料配信を予定している自分の作品を見せれる『ツクッター』サービスについてのニュース。 24種類ある個性的などうぶつの森・住民デザインのLINEスタンプを販売を240円で販売についての情報。

次の

【ハピ森】amiiboカードどうぶつの森の使い方。使い回しは可能なの?【どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー】

どう 森 ハッピー ホーム デザイナー

2016-05-02: マロンの特別な依頼受信(5月31日まで再配信)を追加。 2016-04-02: ビネガーの特別な依頼受信(5月1日まで再配信)を追加。 2016-03-01: モンハンのアイルーの特別な依頼受信(3月31日まで再配信)を追加。 2016-02-01: マロンの特別な依頼受信(2月29日まで配信)の記事を追加。 2015-12-02: ビネガーの特別な依頼受信の記事を追加。 2015-10-29: どうぶつの森 amiiboカード第2弾を更新。 2015-10-28: モンスターハンターのアイルーの特別な依頼受信の記事を追加。 2015-10-17: 動画の記事にツクッター紹介映像を追加。 2015-09-25: マリオ30周年コラボ。 特別な依頼でマッスルの依頼受信の記事を追加。 2015-09-24: どうぶつの森の住民たちのLINEスタンプ販売の記事を作成。 2015-09-18: amiiboカード編のテレビCM動画を追加。 2015-09-16: ツクッターが配信されました。 2015-09-15: 住民の希望イメージと持ち込み家具、住民の出現条件の記事を作成。 2015-09-13: 衣類(ボトムス、帽子)の記事を追加。 2015-09-12: 衣類(トップス、メガネ、靴下、靴、傘、ワンピース)の記事を作成。 2015-09-10: 家具(ラグ、家の外観、柵、橋、家の壁、屋根、玄関のドア)を追加。 2015-09-09: ツクッターの記事を作成。 2015年9月16日に無料配信されます。 2015-09-09: 家具(生き物、化石、ハニワ、壁掛け家具、時計、天井家具)を追加。 2015-09-08: 家具(工芸品、季節家具、美術品、ミュージック)を追加。 2015-09-07: 家具(お店家具、スポーツ用品、楽器、アウトドア家具、おもちゃ)を追加。 2015-09-06: 家具(室内のドア、室内の植物、食べ物)を追加。 2015-09-06: 家具(ベッド、テーブル、イス、棚、家電、キッチン・バス、ランプ・小物)を作成。 2015-09-06: 家具(壁紙、床、窓、カーテン、環境音)を作成。 2015-08-20: 土地選びのマップ画像の記事を作成。 2015-08-08: よくある質問と回答(Q&A)の記事を作成。 2015-08-07: 9月に無料配信を予定している『ツクッター』の記事を作成。 2015-08-06: どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー関連商品の追加。 2015-08-06: 第2弾amiiboカード発売延期のお知らせの記事を作成。 2015-08-04: 施設作りの記事に役柄の変更、衣服チェンジの内容を追加。 2015-08-02: アクション48種類のデータ記事を作成。 2015-08-01: たぬきハウジングでできることの記事を作成。 2015-08-01: amiiboカード100種更新。 2015-08-01: 通信講座の記事を作成。 2015-07-31: ストーリー進行・機能追加のスケジュールの記事を作成。 2015-07-31: 施設作りの記事を作成。 2015-07-30: 住民の依頼の記事を作成。 2015-07-30: キャラクター作成、家作りの記事を作成。 2015-07-29: amiiboカードの住民リストのデータを作成。 2015-07-29: Miiverse、SNSでの画像投稿の仕方、3DSからPCへ画像を送る方法の記事を作成。 2015-07-23: ファミ通クロスレビューによるどうぶつの森ハッピーホームデザイナーの評価を作成。 2015-07-22: セブン-イレブン、モンスターハンターとのコラボアイテムの記事を作成。 2015-07-16: システムに通信教育講座、インターネット通信、SNS機能を追加。 2015-07-15: 動画の記事にテレビCM2本(しせつ篇、おうち篇)追加。 2015-07-01: 基本的なシステムとゲーム内容についての記事を作成。 2015-06-30: 公式トレーラー、ニンテンドーダイレクトの動画・映像集の記事を作成。 2015-06-29: 関連商品、amiiboカード、グッズなどの記事を作成。 2015-06-28: どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーの攻略サイトを作成。 どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーについての内容 300体以上のどうぶつ達の家づくりを行う どうぶつの森シリーズは2001年4月よりNINTENDO64で発売された。 人間の主人公がどうぶつの森に住んで、借金を返済しながら自分の家づくりやアイテム収集を行い、 動物の住民達と交流を行うゲームでした。 現実世界と同じく四季の変化や記念日イベントなどもあり、村で気ままな暮らしを満喫できる内容だった。 今作発売される『 どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー』は、スローライフ的な要素は無いが、 自分が住む家づくりではなく、 どうぶつ達が住む家を作るのに特化した内容です。 主人公は、たぬきちが運営している『 たぬきハウジング』の新入社員となり、 お客である動物たちの接客やインテリアコーディネートを行うことになる。 簡単操作で家具を配置して、家と庭をデザインしていく どんな家にするか依頼を聞きいて土地を選び、カタログから要望通りの家具や壁紙を選んで配置していく。 従来のどうぶつの森シリーズと違って、タッチペンで下画面をタッチして簡単に配置できたり、 家具のサイズ選び、BGMの選択、細かい位置調節ができたりと自由度がさらに上がっている。 内装だけでなく外観もコーディネートできるため、木や花を植えたり自由に庭をデザインできます。 どうぶつ達の家が完成すると、好きな角度から部屋を眺めることができ、 住民たちを呼んで記念写真を撮って楽しむことができる。 一度作った部屋でもリフォームして、納得がいくまで家作りをすることも可能。 季節が移り変わるシステムも健在なので、変化にとんだ土地を探すのもポイントになるだろう。 公共施設のデザインも行える 家のデザインだけでなく、学校や病院などもデザインできるようになる どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーではプレイヤーがホームデザイナーとして経験を多く積むと、 ニュータウンの公共施設のデザインを手掛けることもできるようになる。 学校や病院など大型施設の建設のデザインを任され、より本格的な仕事内容になってくる。 施設づくりで決められている条件を満たせば、あとは自分流に再現したり作り込むのはあなたの自由。 施設が完成すると、どうぶつ達がその施設に沿った役割を務めるようになって様子を眺めることができる。 施設が出来上がる度に街が発展していくようで、その様子を眺めるのは楽しいものです。 全部で10種類あり、学校、病院、飲食店、お店、オフィス、レストラン、デパート、 音楽ホール、ホテルが用意されてます。 一度作った施設でも後から手直しをすることも可能。 ハッピーホームデザイナーはamiiboカードに対応したゲーム アミーボにはカード内にNFC機能が内蔵されている amiibo(アミーボ)といえばNFC機能が内蔵されたフィギュアがあるが、 どうぶつの森ハッピーホームデザイナーからは カード型のamiiboが新たに考案されました。 持ち運びやすいカード型で、カードに描かれたどうぶつ達を読み込ませることで 迅速な家づくりの依頼、各動物たちが持つ家具の入手、完成した家に動物を呼ぶことができる。 さらに amiiboカードに家の壁紙・家具データを記憶できるので、 他のプレイヤーにカードを読み込ませて、まだ入手していないアイテムをカタログへ追加させれます。 別売りのamiiboカードはゲーム発売前で第1弾・第2弾が発表され、それぞれ100種類づつ用意されている。 1パックに3枚カードが入っていて中身はランダム。 ゲーム内では依頼を出さない特別な動物のカードもある。 しかし第1弾『どうぶつの森 amiiboカード』が発売したにも関わらず市場では品薄状態だったので、 第1弾は追加生産すると方針を決定し、第2弾は2015年10月29日に発売が延期された。 第3弾『どうぶつの森 amiiboカード』は2016年1月14日に発売、 第4弾『どうぶつの森 amiiboカード』は2016年3月24日に発売された。 その他:どうぶつの森 ハッピーホームデザイナーに関連する内容 他には3DSのゲームコインを消費して、『 通信講座』を受けてスキルをアップさせたりできる。 部屋の間取りを変えたり、天井家具の設置、家具の色変更など追加家具も増えてデザインの幅が広がります。 ネットワーク通信では、完成した家や施設に動物たちを呼んでスクリーンショットを撮影し、 ゲーム中からMiiverseやTwitterなどのSNSへ画像を投稿できるシステムになっている。 どうぶつの森ハッピーホームデザイナーのセーブデータ数は1つです。 2015年9月16日にはWi-Fi通信機能を使った『 ツクッター』という機能が無料配信されました。 自分の作った家や施設を投稿して、他のユーザーがその作品に訪れて見学して評価したり、 毎月1日~15日まで開催されているコンテストに作品を投稿できる機能などが備わっている。 コンテストでは参加すると特大サイズの家具を貰えたりする。 製品名 どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー ( Animal Crossing: Happy Home Designer) ゲームジャンル コーディネートシミュレーション 対応ハード ニンテンドー3DS メーカー 任天堂 発売日 2015年7月30日 希望小売価格 4000円(税別) プレイ人数 1人 備考• パッケージ版、ダウンロード版で販売• amiiboカード対応ソフト• どうぶつの森amiiboフェスティバルと連動 どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー関連の最新情報• ハッピーホームデザイナーの雑誌の付録、曲の配信、3DSのテーマ、特別壁紙などを紹介してます。 Wi-Fi配信サービスで得られる特別な住民のまとめ。 7ごう、アイルー、マッスル、ビネガー、マロン等。 ファミ通クロスレビューにおけるハッピーホームデザイナーの評価レビュー。 35点でプラチナ殿堂に決定!• アミーボカードが品薄だったため、任天堂より第2弾アミーボカードが発売延期された件についての情報。 9月に無料配信を予定している自分の作品を見せれる『ツクッター』サービスについてのニュース。 24種類ある個性的などうぶつの森・住民デザインのLINEスタンプを販売を240円で販売についての情報。

次の

【ハピ森】amiiboカードどうぶつの森の使い方。使い回しは可能なの?【どうぶつの森 ハッピーホームデザイナー】

どう 森 ハッピー ホーム デザイナー

良かった点 1、ホームデザインをお手軽に 「どうぶつの森」シリーズの番外編ともなるゲームだが、やることはどうぶつ達の家の内装をデザインしたり、飲食店、オフィス、学校なる大きな建物の内装をデザインするだけ。 釣りや虫取りなどの収集要素、ベル稼ぎ、住人達との手紙のやり取り・・・等は一切なく、ひたすらデザインだけを楽しむことが出来る。 煩わしい作業が無く、誰でも簡単にプレイできる。 2、テキトーでも大丈夫 最初から全家具が揃っているわけではなく、様々などうぶつ達の家をデザインしていくことで家具は増えていく。 好きな家具が出てくるまでひたすらどうぶつ達の家をデザインしまくるしか無いのだが、一人ひとりの家をいちいちちゃんとデザインする必要は無い。 どうぶつ達は「この家具使ってこういう家にしてくれ」と依頼してくるが、指定された家具を置きさえすればクリアとなるのだ。 その為、先に家具を集める為にテキトーに依頼をこなし、家具がある程度揃ってからテキトーに済ませたどうぶつ達の家をきちんとデザインしてやるという方法も有り。 (しかも2回目以降は家の広さを変更できる) 3、初心者から上級者まで 1つの家具に対してリメイクの種類が非常に豊富になっている。 家具さえゲットできればもうリメイクも可能となっているので、わずらわしい作業は一切無い。 (金ピカ家具を作るのに金鉱石を集めないとダメとかそういうのが無い。 初めから作れてしまうのだ。 ) 家具は限られるが、気に入ったリメイク生地がなければ自分で作ったデザイン生地を貼り付けることも可能。 更には他人が作ったデザインをコピーすることもできるので(設定によってはできないものもあるが)、元々あるものからオリジナルまで幅広く家具を使用することができる。 また、デザインの保存数も非常に多くなっているのもポイント高し。 4、配信限定家具 「どうぶつの森」シリーズには無いオリジナルの家具が配信される。 特にコンテストの巨大家具は、家のデザインの可能性を大きく拡げてくれる面白家具。 イベントに参加する必要があるが、こだわらずとも参加するだけでゲットできる。 過去にはモンスターハンターとのコラボも実現した。 5、家を評価し、評価される 自分でデザインした家で気に入ったものがあれば、ネット上に投稿することができる。 人からの評価を得られるととても嬉しい。 また、他人のデザインした家にお邪魔することもできる為、そちらも評価が可能。 ネットに繋がると荒らしのコメントが怖い、等もあるかもしれないが、そもそもコメント機能が実装されていないので、「いいね」ボタンのように評価しかできないのだ。 もちろん評価をしなくてもOK。 他人の家の家具を動かしたり取ったりもできないので、荒らされる心配は無い。 6、amiboカード amiboカードでどうぶつを呼び出すことができる。 投稿用の写真を撮るのに、雰囲気出す為他のどうぶつを呼び出せるのは嬉しい。 どうぶつの衣裳を変えることも可能。 また、公共事業では好きなどうぶつに仕事をさせたり、歌わせたりすることもできる。 ・・・まぁ、好きなどうぶつのカードを持っていればの話だが。 公共事業はランダムで様々などうぶつが入るが、家に関してはカードを持っていないと家主以外のどうぶつを呼ぶことはできない。 カードが無くても十分楽しいゲームだが、あれば遊びの可能性が増えます。 7、お値段が 内容がかなり充実したゲームにも関わらず、お値段4000円(税抜き)。 お得すぎる。 悪かった点 1、やることが単調 やることは「建物や家の内装デザイン」のみとなる為、「どうぶつの森」シリーズの遊び方とは異なる。 ローン返済、釣り、虫取り、南の島に渡る・・・等は無いので、村でゆっくり暮らしたいわ~って人はこちらではなく通常の「どうぶつの森」を買いましょう。 自由度が高いのでハマる人はハマるが、デザイン等がそれほど好きでない人はすぐ飽きるだろう 2、どうぶつ達は完全ランダム 好きなどうぶつの家をデザインしたいな・・・と思っても、出てくるどうぶつは完全ランダムなので、出てくるまで待ち続けるしかない。 また、家具はやりこめば勝手に増えるのではなく、どのどうぶつの家をコーディネートするかで出てくる家具が決まっているので、ほしい家具があればその家具を持っているどうぶつが出るのをひたすら待つ必要がある。 3、どうせなら床と壁紙も・・・ 毎度の事だがマイデザインの壁紙と床は柄の繰り返しなので、ここまでしてくれるのならいっそこの2つも進化させてほしかった。 柄の繰り返しではなく、壁一面を一枚の絵にできるみたいな・・・技術的にまだ無理なのかなぁ・・・。 総評 総合的にかなり良い出来。 これだけのボリュームで4000円っていうのは本当にすごい。 ひたすら家をコーディネートするだけのゲームではあるが、ぶつ森の家具が可愛いと思ってる人やデザインが好きな人はがっつりハマります。 多分本編の方より長く続けられるのではないかと思う。 長らく放置した村に怖くて戻れないという心配が無いのもイイネ! 歴代ぶつ森は全部やってきましたが、多少進化したとは言え毎回ローンの返済とかがしんどくなって来てる身としては、ぶつ森はしばらくこれでいいかな~。

次の