やはり 意味。 「要請」と「指示」の違いを解説!やはり明確な差があったよ!

「やはり」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現|やっぱ

やはり 意味

公開日: 2018. 19 更新日: 2018. 19 「流石」の読み方と意味、使い方、語源、類語、英語表現 「流石」という言葉をご存知でしょうか。 漢字を見ただけでは、どういった意味か分からないという方も多いのではないでしょうか。 「流石」は「さすが」と読みます。 「流石Aさん!」「流石ですね〜」などと日常会話でも使うことが多いですよね。 褒め言葉として使うことが多いイメージの「流石」ですが、実はもう一つ使い方があります。 2つの使い方があるので、使用する際は注意する必要があります。 また、語源や類語についても知っておくと、より「流石」の意味を深めることができます。 そこで今回は「流石」の意味や使い方、語源、読み方について解説していきます。 「流石」を正しく知って、上手く使えるようにしましょう! 「流石」の読み方の由来 「流石」は、古代中国の政治家の言い間違いが由来であると言われています。 晋時代、孫楚という人物が知人に「石を枕にし、川の流れで口の中を洗って、自然の中で自由に暮らす」という意味の 『枕石漱流(ちんせきそうりゅう)』と言おうとしたものの 『枕流漱石』と間違えて言ってしまいました。 笑いにすればいいものの、孫楚は負けず嫌いだったので、『石でうがいをするのは歯を磨くため。 川の流れを枕にするのは耳を洗うため』と苦しい言い訳をします。 こうした孫楚の咄嗟の言い逃れを、知人が「素晴らしい。 さすがだ」と言ったことが始まりだとされています。 この「枕流漱石」の二文字をとって、「さすが」=「流石」と書くようになりました。 「流石」の意味と使い方〈1〉 「流石」の意味は 「何と言ってもやはり、本分や実力などに相応しいだけのものがあること」です。 相手の行動に関して賞賛の気持ちを込めて、感心すること・期待通りの結果になって改めて納得することを表します。 「予想どおりに・期待にたがわず」という意味で、以前から考えられていた内容を肯定し強調する場合に使います。 例えば、「腕前は流石だ」「流石本場の味だ」などと言います。 他にも、自分が困っている問題を誰かがすぐに解決してくれたときなどに『流石!』『流石だね!』と言うことがありますよね。 「この分野は得意だと聞いていたれど、本当にできるなんてすごい」という意味で「流石」を使っています。 ・ほー、落語家ということもあって流石の返しですね。 少しは見習いたいと思います。 ・流石、毎回仕事が早いですね〜。 君には本当に助けられるよ。 ・今回の試験でも一番の成績を取るなんて流石ですね。 誰も君には敵わない。 ・すぐに事件を解決してしまうなんて、流石は名刑事!次回も頼みますよ。 ・流石、人気歌手A!海外でもものすごい人気を誇っている。 ・こんな難しい問題をすぐに解いてしまうなんて、流石です。 「流石」の意味と使い方〈2〉 「流石」の意味は 「そうはいってもやはり、それとは違うものがあったり、反対の気持ちが残ったりなどすること」です。 「そうは言っても」「そうは思うもののしかし」「そうではあるが」と同じような意味になります。 あることについては認めているものの、一方ではそれに反する感情を抱くことを表しています。 「楽しかったけど疲れた」「美味しいけど食べ過ぎた」など、本当の思いと反対のことを言う場合に使います。 例えば、「ここのステーキは本当に美味しいけれど、流石にこんなに多くは食べることができない」などと言います。 これは「ステーキが美味しいことは認めているが、お腹がいっぱいで食べれない」という気持ちを表します。 例文 ・いくら親しいからと言っても、流石にそれは言い過ぎだ。 ・もうお腹いっぱいで、流石にこれ以上は食べることができない。 ・いくら人通りが少ないからと言っても、流石にこれ以上スピードを出すことはできない。 ・焼肉はとても美味しいけれど、2日連続食べるとなると私でも流石に飽きてしまう。 ・こちらにも不注意な点があったものの、あんなに責められると流石にイラついてしまう。 ・確かに私はダサいが、だらしない人に服装のことでグダグダと文句を言われると流石に腹が立つ。 ・もっとたくさん乗り物に乗りたいが、流石に足が疲れてしまってもう歩けない。 「流石」の意味と使い方〈3〉 「流石」の意味は 「実力あるものが、その評価通りにならなくなった意を表す。 そうは言っても」です。 「定評のある・あれほどの」という意味で、実力が認めながらも予想通りの結果にならない場合に使います。 ない」という形で、後に否定的な語を伴って用います。 例えば、「あるスポーツで良い成績を残した人であっても、歳をとった今現在は全く活躍できていない」ということを「流石のレジェンドでも年齢に勝つことはできない」などと表現できます。 例文 ・流石の力士でも、それ以上食べることはできないだろう。 ・流石の大食いの彼であっても、わんこ蕎麦大会で優勝するのは難しい。 ・流石の名プレーヤーも年齢には勝てず、今日の試合も2回6失点で降板だ。 ・流石の彼であっても、今回のステージはクリアすることができない。 ・流石の彼女であっても、誰にも興味を示すことのない彼を振り向かせることは無理だ。 ・流石の前年の優勝校であっても、最下位から巻き返しを目指そうなんて無理だろう。 ・流石のプロであっても、急に押し寄せてくる波に打ち勝つことはできないだろう。 「流石」は目上の人に使うのはOK? 結論から言うと、 目上の人に「流石」を使うのはNGです。 上記でも説明したように「流石」には、ポジティブな意味合いを込めて使う他に、「そうは言ってもやはり」と否定の意味を込めて使うこともあります。 例えば、上司に何かを教えてもらった時に、感謝の気持ちを込めて「流石ですね」と言っても「大したことのないあなたでも流石にできるますよね」という意味で受け取られてしまう可能性があります。 このような場合は、感謝や尊敬を表す 「ありがとうございます」だったり 「勉強になります」と言うのが良いでしょう。 他にも、目上の人を褒める場合は「流石です」ではなく、 ・感服しました ・感動しました ・感激しました ・感銘を受けました ・脱帽しました ・敬服します などと言えます。 これらの言葉は、尊敬する気持ちや憧れの気持ちを表す表現です。 「流石」の類語 1つ目の「大したもの」という意味の類語 只者ではない (意味:尋常の人ではない。 普通の人ではない) 「あの目つきは只者ではない」 伊達じゃない (意味:単なる飾りや見掛け倒しではないさま) 「あの人は周りの人みたく、伊達じゃないよ」 すごい (意味:形容しがたいほど素晴らしい) 「あの人は本当にすごく、近寄りがたい」 飾りじゃない (意味:表面の美しさだけではないさま) 「あの人は飾りじゃなく、中身もしっかりしている」 見せかけじゃない (意味:うわべだけではないさま。 外見だけでないさま) 「彼は見せかけじゃないよ」 素晴らしい (意味:大層優れいてる) 「本当に素晴らしい演奏だった」 目覚ましい (意味:目がさめるほど素晴らしい) 「目覚ましい活躍が期待される」 見事 (意味:際立って優れていること) 「見事な手さばきだ」 2・3つ目の「そうはいってもやはり」という意味の類語 やはり (意味:思った通りに) 「そんなことするはずはないと信じていたが、やはり彼が犯人だった」 幾ら何でも (意味:どのような事情があるとしても。 どのような点から考えて見ても) 「幾ら何でも遅すぎるよ」 とはいえ (意味:そうは言っても。 けれども) 「とはいえ君も彼の味方なんでしょ」 だけれど (意味:前文で述べた事柄に対して、それに反する事柄を示す後文を導く語) 「だけれど、彼は前科持ちだし信用できないよ」 さりとて (意味:そうかと言って。 だからと言って) 「さりとて許すわけにはいかないよ」 ですが (意味:ですけれど) 「昨日よりは良くな理ました。 ですが、まだ体がだるい」 それでも (意味:そうであっても) 「それでも、そこまで責める必要はない」.

次の

「やはり」の使い方と例文・敬語の種類・別の敬語表現|やっぱ

やはり 意味

若者言葉でも使われているため、知らないうちに普段の話し言葉として使っているのが、「やはり」という単語です。 しかし、目上の方との会話やビジネスシーン、丁寧に話さなければいけない場において言葉は一つ一つ丁寧に敬語として使っていきましょう。 そのためには正しい敬語表現を身に着ける必要があります。 日常会話では思ったことが口に出やすいため、知識として知っているだけでなく普段から正しい敬語を使えるように身に染み込ませておくことも大切になってきます。 今回は若者言葉で「やっぱ」と言われていたりする「やはり」という言葉の意味を理解して、正しく使えるように知っていきましょう。 やっぱりなど 「やはり」と言う言葉の意味自体、「予想にもかかわらず」というような意味合いがあります。 想像したように、予想したとおりに物事が運ばれたときに「やはり」という言い方をします。 一般的な使い方として敬語でも「やはり」と使いますが「やっぱり」という言い方になりますと口語表現として使用することが適していて一般的に話し言葉としては使われます。 しかしビジネスシーン用語としては「やっぱり」と言う表現よりも「やはり」の方がスマートに相手に伝えることができ、望ましい表現と言えるでしょう。 敬語「やはり」の使い方 一般的な使い方が「やはり」という言葉はそのまま使う事ができる。 では敬語として完璧な言葉であるかと問われれば確かめてから正しくTPOを考えて敬語を正しく使いたいものです。 「やはりこうであった」「やはりこっちにしよう」と双方の「やはり」は同じ言葉であっても使われる言葉や場面によって意味も捉われ方も随分と変わって来てしまいます。 思った言葉の意味と相手に伝わる言葉の意味が違ってしまうとせっかく気持ちの良い関係を続けるための敬語という言葉も意味を無くしてしまいます。 そうならないように敬語とはどういうものかから頭に染み込ませる必要があります。 敬語の種類 敬語の種類は知っているという方は多いことでしょう。 しかしいざ使ってみると丁寧な言い方や言い回しをしているだけで逆にへりくだりすぎてしまったり、貴族のような二重敬語表現になってしまっていたりするものです。 敬語は「丁寧語・尊敬語・謙譲語」と3種類あるという事は敬語について考える方の中では理解されている方は多いでしょう。 丁寧語はですます口調が特徴的な丁寧な言い方で、尊敬語が主語が相手となる敬語で一般的な敬語は尊敬語として使われることが多い程です。 謙譲語は主語がこちら側で謙遜した言い方が特徴的です。 使い方 謙譲語 「やはり」と同じ意味を持ち謙譲語で相手に伝えられる言葉の例に「予想通りではございましたが」や「案の定でした」など「思った通りでございました」という表現で言い表すことができます。 あくまで主語はこちら側にある場合に表現することができ、「ご想像していた通りでありました」と言い表すことで二重敬語にも気を付けて言いまわすことができます。 「思惑通りに事が運びそうです」という表現も謙譲語として使う事ができ「こちらが予想していたとおり」という意味合いを相手に伝えることが敬語としてできていると言えます。 丁寧語 丁寧語で「やはり」と同じ意味合いをもち、別の良い方を考えるとなりますと他にも多くの言葉があります。 「なんといってもこういう結果になりました」というような表現も丁寧語として使う事ができます。 他にも「結局の所こうなりました」や「狙い通りになりました」という言い回しもあり、丁寧に言う場面を間違うことが無ければとげのある言葉には聞かれない事でしょう。 間違ってはいけないのは、丁寧に話せば相手に丁寧に聞こえると決めつけない事です。 丁寧にお話する場合は穏やかで構いませんが、丁寧に「こちらの推測通りでしたね」と言っても相手にとって不本意であれば不快に伝わってしまう事も言葉では注意が必要です。 「やはり」の類語の敬語.

次の

「要請」と「指示」の違いを解説!やはり明確な差があったよ!

やはり 意味

「要請」とは、それをしてくれるように願い求めること。 「指示」とは、それをするように指図すること。 一言であらわすと、こういった違いです。 それでは、さらに詳しく紐解いていきますね。 つまり、誰かに行動をさせる意味で使用するということ。 しかし、 「要請」はあくまでも願い求めるレベルであるのに対し、「指示」は指図のレベルまで上がります。 ですから、「指示」の方が「要請」よりも強制力があるということ。 たとえば、甘いものを控えてほしい人がいたとしましょう。 「甘いものを控えるように、 要請した」の場合は、「甘いものは控えていただけませんでしょうか」とお願いしています。 ですから、やめるかどうかを最終的に決定するのは、本人であり「要請」した人ではありません。 しかし、 「甘いものを控えるように、 指示した」となると、「甘いものは控えてください」とキツくなります。 しかも、この「指示」に対し、甘いものを控えなかった場合は大変なことになる可能性があるということ。 どちらも、「甘いものを控えほしい」という思いから発せられた言葉であり、文章の意図は同じです。 ですが、「要請」と「指示」は、言い方のキツさだけではありません。 「要請」に関しては、「要請された側」に最終決断の余地を残しています。 つまり、「要請」に関しては断ることも容易に可能ということ。 「指示」の場合、「指示された側」が拒否できないわけではありませんが、たやすいものではありません。 それは、 「これですよ!」と指し示すこと。 よく学校の先生が授業する時に、黒板に向かって「棒」により指し示しますよね。 「この問題を解ける人は?」などと言って指しますが、この「棒」を「指示棒」といいます。 この「指示」は、「指図」でも「命令」でもありません。 ただ「これ」と、指し示しているだけ。 「指示」には、この「指し示す」という意味があることも覚えておいてください。 ますます、「要請」とは意味が遠ざかりますね…。 それをしてくれるように願い求めることが「要請」。 それをするように指図することが「指示」。 「要請」はお願いレベルであり容易に断ることが可能ですが、「指示」を拒否するのはたやすいことではありません。 スポンサードリンク 2. 「要請」と「指示」の辞書での意味! 続いて、辞書による「要請」と「指示」の意味がどうなっているのか確認していきます。 また、その指図。 「要請」と「指示」の使い方! 次に、「要請」と「指示」の使い方を例文で紹介します。 ・県民に不要不急の外出や人口密集地との往来の自粛を 要請した。 ・関西企業を中心とする約20社に連合への参加を 要請していることが分かった。 ・陸自駒門駐屯地に、災害派遣 要請を求める考えを伝えた。 ・選手に適格な 指示を出しサッカー女子日本代表を勝利に導いた。 ・ホワイトボードの前で発言する際には、 指示棒があると便利です。 ・申請書の修正をめぐり上司の 指示を複数回拒否したことで懲戒処分を受ける。 「要請」や「指示」には似た意味の言葉がたくさんある! 「要請」や「指示」には似た意味の言葉がたくさんありますよ。 下の関連記事も、覗いてみてください。

次の