虫歯 神経 まで。 今日歯医者に行ったのですが、神経ぎりぎりまで虫歯を削りまし...

神経近くまで削った歯に痛みが出た。神経を取ったほうがいい?

虫歯 神経 まで

冷たいものがしみるのでに行ったところ、その部分のを撮ってくださり、 「があり神経までやられているので、神経を抜いてをかぶせなければいけない」 と言われました。 しかしそのが長期休診になったので、他の歯科に行ったところ、そこではレントゲンを取らずに、見た目で「虫歯がある」と言われ、その場で削って、というを詰めてくださいました。 初診の一回で治療が完了しましたが、いまだに冷たいものがしみて、(むしろ治療後のほうが強くしみるような)、また、少し固めのものをかむと痛みを感じるようになり、時々うずく感じもするので、治療後3週間経ちますが、このままにしておいていいのか、毎日不安です。 レントゲンを取らずに目で見ただけで、虫歯がどこまで進んでいるかの判断はできるものなのでしょうか。 ちなみに治療箇所は、右上の8番と、その1つ前の7番の歯との間の部分(歯と歯の間)で、非常に見えづらい場所です。 レントゲンその他、どのような診断方法でわかるものでしょうか。 見ただけでわかるものでしょうか。 ご多忙の折恐縮ですが、何卒宜しくお願い申し上げます。 4点全てへのご回答でなくても、お時間の許す範囲でお答えいただけましたら幸いに存じます。 おはようございます。 レントゲンを撮る先生のほうが多いと思います。 >レントゲンその他、どのような診断方法でわかるものでしょうか。 温熱診、打診、電気診などがあります。 また削る時は虫歯のみ染まる染色液も使用します。 一般的によくあることですが、少しずつ症状が和らいでいく事が多いです。 治療後3週間位以上経過していますので、痛みの程度にもよりますが神経まで進んでいる可能性は高いかもしれません。 再度担当医に相談されることをお勧めします。 以上参考になさって下さい。 早々のご返信、誠にありがとうございました。 丁寧なご回答をいただき、とてもうれしかったです。 恐縮ですが、もう少しだけお尋ねしてもよろしいでしょうか。 >また削る時はのみ染まる染色液も使用します。 私の受けた治療では、虫歯を削るときにも、染めたりせずに目で見ただけのようでしたが、目視だけで削る範囲を決めるというやり方は、あまり一般的ではないのでしょうか。 普通、虫歯を削る際には、必ず染め出すものなのでしょうか。 >(をした後のほうが、治療前よりもしみたり、痛が強くなるということは)一般的によくあることですが、少しずつ症状が和らいでいく事が多いです。 治療後に、治療前よりさらに痛くなるということは普通だったんですね。 治療の影響で神経が刺激されるからでしょうか? ちなみに、それは一時的なものかと思いますが、治療後何日ほどでおさまるものでしょうか。 度々申し訳ありません、お手すきのときにお教えいただけましたら幸いでございます。 >普通、を削る際には、必ず染め出すものなのでしょうか。 やはり治療される先生によると思いますが、染め出し液()を使用した方がより確実な治療ができると思います。 虫歯検知液を使用しなければ、治療は手早く行えますが、その代わり 虫歯でない部分を無駄に削ったり、逆に虫歯の取り残しが生じたりと治療上でのロスやミスが生じてしまう場合があります。 個人的にはの際には、必ず染め出し液(虫歯検知液)を使用します。 >をした後のほうが、治療前よりもしみたり、痛が強くなるということは、治療後の経過として一般的でしょうか。 >治療の影響で神経が刺激されるからでしょうか? その影響も考えられると思います。 ただ別の要因として、プラスチックの詰め物の耐久力不足で咀嚼痛が出てしまうこともあります。 参考なりましたら幸いです。 お大事にして下さい。 ご回答ありがとうございます。 大変参考になり感謝しています。 >ちなみに、それ(後にかえってしみたり痛くなること)は一時的なものかと思いますが、治療後何日ほどでおさまるものでしょうか。 >小林先生が書かれているようにケースバイケースです。 私の場合、治療後の痛みがもう1カ月になるのですが、それぐらい続くこともありますでしょうか。 これが治療後痛なのか、取り残した神経がを起こして痛いのかの見分けがつかなくて困っています。 ケースによるとは思いますが、虫歯治療後の痛みというのは、長い場合でも(最大長引いても)普通どれくらいの期間あれば、治まるものでしょうか。 (どれぐらい続くと、異常とみなされるでしょうか) また、なぜ虫歯治療後にかえって痛くなってしまうのでしょうか。 染め出すよりも、スプーンエキスかという器具を使って硬さをみながら、削るのが最も確実です。 染め出しですと削りすぎてしまう可能性があります。 併用すればもっと良いかもしれません。 >私の場合、治療後の痛みがもう1カ月になるのですが、それぐらい続くこともありますでしょうか。 >これが治療後痛なのか、取り残した神経がを起こして痛いのかの見分けがつかなくて困っています。 >ケースによるとは思いますが、後の痛みというのは、長い場合でも(最大長引いても)普通どれくらいの期間あれば治まるものでしょうか。 >(どれぐらい続くと、異常とみなされるでしょうか) どのくらいの期間という決まりは有りません。 ちなみに、私自身の場合、1年ほど痛くて噛めない状況が続きました。 治療後20年ほどたちますが、途中で治療したものが外れて、治療しなおししましたがその時は神経は生きており、今でもおそらく神経は生きていると思います。 >また、なぜ虫歯治療後にかえって痛くなってしまうのでしょうか。 虫歯を削るということは、小さな手術です。 手術後の炎症がおきたりすれば、痛みが出ると思います。 お腹が痛くて、の手術をすればその後数日はいたみますね。 A:標準ではないと思います。 治療の場合、レントゲンを証拠として残しておかないと後々ややこしいことになるケースもあるので(これは医院側にとっての不利益という意味)、通常は、歯を削る前にレントゲンや写真を撮ると思いますし、そのように診断材料を増やすほうが無難と考えるケースのほうが多いです。 そのあたりは医師の裁量権の問題にもなってきますので、絶対にダメと強く言い切ることが出来るものでもないのではないかと思います。 レントゲンその他、どのような診断方法でわかるものでしょうか。 見ただけでわかるものでしょうか。 そうなると歯の変色や硬さを見ながら、神経にまで届いているかどうかを慎重に診ることになるかと思います。 レントゲン上で歯の根に影ができるなどの変化があれば、それを参考にして虫歯の深さを予測することもあります。 また、歯に電気的な刺激を与えて神経の生存状態を調べることもあります。 A:一般的ではないと思います。 咀嚼時痛が強くなるということはの高さがあっていないのか? それとも歯の内部の神経に問題が起きているのか? などを疑ったりします。 これまでの長い質問を読んで、丁寧にご回答いただき、 諸先生方には心より感謝いたします。 大変参考になります。 >ちなみに、私自身の場合、1年ほど痛くて噛めない状況が続きました。 >治療後20年ほどたちますが、途中で治療したものが外れて、治療しなおししましたがその時は神経は生きており、今でもおそらく神経は生きていると思います。 虫歯治療後の痛みが、1年も続くこともあるんですね!大変参考になります。 神経を取った歯は枯れ木のようなもので、数年で死んでしまうと聞いたので、それならたとえ虫歯に冒された神経でも、他に弊害がないなら、できるだけ残しておいたほうが、歯の寿命を伸ばすことになるのかなと思いましたが、それは間違いでしょうか。 一番よく使う歯なので、できるだけ残したいと思っております。 何度もお手数ですが、宜しくお願い申し上げます。

次の

虫歯治療期間が長い…歯医者の治療回数の平均とは [虫歯] All About

虫歯 神経 まで

歯の神経を抜くデメリット 長く健康な歯を保つためには、できるだけ神経を抜かない治療を行うべきです。 ここでは、神経を抜くことのデメリットをいくつかご紹介します。 1 歯が脆くなる 歯の内部には神経の他に血液が流れていて、神経を抜くと同時に血液が遮断され、血液によって歯に運ばれていた水分が補われなくなり、割れたり欠けやすくなってしまいます。 2 歯が変色する 歯の神経を抜くと新陳代謝が無くなり、歯に古い組織が残り続けます。 そのため、次第に黒っぽく変色してしまいます。 3 虫歯が進行しやすくなる 歯の神経や血液は虫歯が進行しないように、歯を防御する働きをします。 神経を抜いてしまうと、歯を固くしたり再生する力が弱まるため、虫歯が進行しやすくなります。 4 歯の異変に気付きにくくなる 神経のある歯は、歯に問題が生じると痛みやしみるなどの症状で異常を知らせます。 一方で、神経がない歯は感覚がないため、異常に気付くことができずに症状が悪化してしまいます。 5 噛み合わせが悪くなる 噛み合わせは、年齢と共に変化します。 変化に合わせて、歯は自然に削れてゆき、正しい噛み合わせを保っています。 神経を抜くと強度を補うために、多くの場合、神経を抜いた歯に被せ物をする治療を行わなくてはなりません。 人工の被せ物は、自然の歯のように擦り減らないため、噛み合わせのずれに繋がってしまいます。 歯の神経を抜くほどの虫歯の状態とは 虫歯が神経に到達してしまうと、歯の神経が細菌に侵され痛みを伴います。 このような症状が出てきたら、歯の神経を抜くことを考えなければなりません。 歯科医院では、レントゲン写真などで虫歯の状態を確認し、慎重に神経を抜くかどうかの判断をしますが、自分でも分かる症状には次のようなものがあります。 1 歯に激痛を感じる 虫歯が神経に到達すると、激痛が走ります。 何もしなくてもズキズキと痛み、神経を抜かなければ、痛みは取れない状態です。 2 冷たいものや温かいものがしみる 知覚過敏でも冷たいものや温かいものがしみますが、その場合は一瞬です。 対して、神経が侵されている状態だと、5秒以上しみる感覚が続きます。 特に温かいものでもしみるようになったら注意が必要です。 3 噛んだ時に痛む 神経全体にまで虫歯菌が広がると、噛んでも痛むようになります。 放置しておくと、顎の骨全体に炎症が広がる恐れがあるので、そうなる前に早めに治療しましょう。 4 根の先から膿が出ている 虫歯が神経に到達したまま放置してしまうと、歯の神経が死んでしまい、根の先から膿が出る場合があります。 放置しておくと顎の骨にまで炎症が広がる恐れがあるので、きちんと神経を抜いて中を消毒する必要があります。 5 頬やリンパ腺まで腫れている 頬やリンパ腺まで腫れてしまうと、かなり悪化した状況だと考えた方が良いでしょう。 炎症が神経部分だけでなく、すでに顎の骨にまで広がっている可能性があります。 1 治療手順 a. レントゲン診断 レントゲンで、虫歯の深さを調べます。 見た目では確認できない虫歯の位置や深さを調べます。 明らかに、虫歯が神経に到達している場合には、神経を抜く治療を行います。 局所麻酔 歯の神経を抜く治療では麻酔を使用します。 ただし、歯の痛みが強いと麻酔が効きにくい場合があり、麻酔の量を増やす場合があります。 虫歯の除去 神経を除去する前に、虫歯部分を除去します。 虫歯は細菌の塊なので、根の中に細菌が入らないように虫歯に侵された部分を全て除去してから神経を取る必要があります。 神経の除去 専用の器具を使って、歯の神経を除去し、神経が入っていた空洞(歯髄腔)を滑らかに整えます。 歯の大きさによって異なりますが、前歯や小臼歯では1本〜2本、大臼歯では2本〜4本の神経があり、多いほど神経の除去には時間がかかります。 根の中の消毒 神経除去後、神経があった空洞の中に消毒薬を入れて、仮の蓋をします。 中の消毒薬は1〜2週間程度で交換する必要があるため、根の治療には時間がかかる場合が多く、途中で治療が嫌になってしまう患者さんも少なくありません。 しかし、途中で治療を止めてしまうのはとても危険です。 仮の蓋は1ヶ月程で外れてしまう恐れがあり、万が一歯の中に細菌が感染してしまうと、歯そのものを抜かなければいけない可能性もあります。 また、治療中の歯は非常に脆い状態なので、割れたり欠けたりする危険も高くなります。 根の中への薬の投与 根の中の消毒が終わると、最後にゴムのような特殊な薬を根の中に緊密に詰めます。 ここで隙間があると、根の中が細菌に感染しやすくなるので、非常に大切な治療行程です。 人工の土台と被せ物の処置 神経を抜いた歯は脆い状態のため、人工物を被せる必要があります。 人工の土台を入れたあと、被せ物します。 2 成功率 歯の神経を抜く治療の成功率は90%程度。 歯の中に感染物が残った状態や、細菌が入り込んだまま蓋をしてしまうと再び痛みがでる場合があります。 現在、成功率を上げるための治療法として、CT撮影や拡大鏡を使うなどの方法は増えていますが、歯の根が曲がっている場合や神経の入っていた管が枝分かれしている場合、また感染が歯の周りにまで広がっている場合には、1度の治療では終わらず通院が必要になります。 歯の神経を抜いてしまうと、その歯は脆く割れやすくなり、歯の寿命が縮まってしまいます。 しかし、きちんと神経の治療を完了させ、毎日の丁寧なケアと定期検診で、できるだけ長く維持することは可能です。 神経を抜いたからといって諦める必要はありません。 治療をきっかけに、自分の歯をより大切にできれば良いですね。

次の

歯の神経を取ることに!完治するまでにかかった私の治療期間や回数

虫歯 神経 まで

神経近くまで虫歯が進行していて、なんとか神経を残した場合は、主に冷たい物が沁みる症状が出ます。 軽ければ3~4日で快方に向かいますが、10日近くかかる場合もあります。 いつまでも治らない場合とか逆にひどくなる場合もあり、その時は神経の処置が必要です。 とりあえずは落ち着いても、半年近く経過してから、痛みが出て結局は神経の処置が必要な場合もあります。 以上、色んなケースがありますから、一概には言えませんし、身体のことですから担当の歯科医師といえども、予測には限界があります。 神経の症状として、熱い物に沁みる、沁みた後にしばらく痛みが持続する、何もしなくてもズキズキ痛む、どの歯が痛いか分からなくなる、とかの症状が出た時は神経を取らないといけない場合が多いです。 絶対に神経を抜かれてはダメですよ。 大損ですよ。 今は歯科医は選択して行く時代です。 ヤブ医者が多いので注意が必要です。 虫歯位で神経や歯を抜くのはヤブ医者ですから、絶対に自分の体は自分で守ってください。 ヤブ医者は金儲けしか考えていないので、あなたの神経や歯を温存しようなどとは全く考えていませんよ。 薬で治す無痛歯科治療、「抜歯は歯医者の敗北」と言う全て温存の全く痛くない治療法があり、わたしは一患者として体験して感動したのです。 それで、あなたのように虫歯で悩む人に選択肢の一つになればと思い知恵袋で多くの人に教えておりました。 そうしたら、ヤブ医者達が怒りだして「そんな治療法を教えるな!商売の邪魔をするな!」となりました。 ヤフーに圧力をかけて私の回答を全て削除してIDも削除されるようになりました。 その治療法を知りたければ、私のプロフィールのベストアンサー(何段か下の)を見て下さい。 ヤブ医者の妨害は凄まじいです。 絶対に、神経や歯を抜くような事はしないで下さい。 眼科へ行って目をくり抜きましょうと言うのと同じです。 そのような状態での痛みにも様々なものがあります。 体の方が対応していくので、だんだんと症状が治まってきて最終的には痛みは消えるが、個人差があり数日から半年近くという場合も…。 目安としては、「冷たいものを食べた・物を噛んだ」など何かの行動が原因で痛みが発生する場合は問題ありません。 何れ治まります。 何もしていないのにズキズキと痛む(自発痛といいます)場合は治まらないので神経を抜いたほうが良いです。 追記です。 神経をなるべく残した方がいいとの回答がありますが、当然です。 神経を取ることで歯の強度は著しく低下し、むし歯にもなりやすくなります。 しかし、激痛や1週間を超えるような痛みが出た場合は、神経を取らないとおさまりません。 5つ上のコピペ回答で宣伝したがっている治療法でも痛みを消すことはできませんので、ご注意ください。 重要なのは、むし歯になってから神経を取る取らないと騒ぐことではなく、日々の予防をしっかりすること。 それと、歯科医院で定期的に検診を受けることです。 神経を残せる状態と残せない状態とで、きれいに線引きできるわけではありません。 痛みが全くない場合、激痛ですぐに神経を取らないといけない場合などは判断が難しくないのですが、軽い痛みが延々続いて神経を取るか残すか悩む場合もあります。 なので、残念ながら、質問主様の状態に一般論をあてはめて回答するのは不可能です。

次の