マンチカン 飼いやすさ。 マンチカンのしつけはできる?飼育に向く人、注意点、年代別育て方まとめ

スコティッシュフォールドとマンチカンについてネコを飼う予定なのですが、ま...

マンチカン 飼いやすさ

これが、のちのマンチカンの原型となります。 もともと短足だったのですね。 よく調べたところ、 短足のわけは突然変異で出来たものと判明。 つまり、遺伝子変異だったのです。 今後の繁殖のため、この遺伝子リスクを回避する方法として短足以外の猫と異種交配をします。 その後、マンチカンがショーなどで出始めると「短足がかわいい」と「遺伝子疾患にリスクがある」と意見が分かれました。 1995年には、マンチカンのスタンダードを確立。 健康上問題なしと太鼓判を押されて、世界最大の猫の血統登録機関「TICA」へ登録。 因みに、マンチカンの名前は「オズの魔法使い」に出ているマンチキン 小さい人 という登場人物から取ったものです。 先へ行くほど細くなっていきます。 2-2 短い足 マンチカンの最大の特徴は、短い足です。 実は、この短い足は約3割の割合でしか生まれてはこないのだそうです。 あとの7割は、足が長いのです。 今のところ、TICAのみがマンチカンを猫種として認めています。 遺伝による要素で左右されるので、足の長いマンチカンの人気はいま一つです。 ただ、足の長短で決めて飼うわけではありません。 マンチカンと呼ばれているのであれば、長い足のマンチカンもオススメです。 2-3 目・毛・色 目は、クルッとしたクルミ型の目をしていて、すこし上に上がっています。 色は、被毛の色に合わせたものになります。 毛は、シルキーで長毛です。 ペルシャ猫の毛質より柔らかいのでさらっとしています。 とても、肌さわりがいいですね。 色は、ホワイト・レッド・ブルーミンク・シルバーマッカレルタビー&ホワイト・ブラック&ホワイトなど。 いろいろと掛け合わせて結果、幅の広い色が出ます。 2-4 平均体重・平均寿命 平均体重は、 オス:3. 0kg~4. 5kg、メス:2. 3kg~3. 6kgです。 足が短い分、軽いのでしょう。 普通の猫よりもかなり軽い方です。 平均寿命は11歳~13歳で、普通の猫が15歳くらいなので、短命ですね。 ただし、健康管理をしっかりと行うことで長生きできるかもしれません。 動きも活発的で、家の中を見て回るなど、ちょっとした音でも反応し、そこへ飛んでいってしまいます。 3-2 小柄な甘えん坊のわりには賢い猫 小柄なマンチカンは、もう甘えたくて飼い主さんに足元について回ります。 座ったら座ったで、膝に載ってきて居座ります。 甘えん坊のわりには、お留守番が得意です。 飼い主さんが留守をしても、その間は一人で遊んだりして待っています。 ほとんど鳴き声もあげませんので、実に聞き分けのよい賢い猫です。 3-3 社交的な反面、臆病な面もあり 飼い主さんと仲がよかったり、子供と遊んだりと他の猫と社交的な面があります。 ただし、 大きな声で怒鳴ったなり脅したりしないようにしましょう。 臆病になることがあり、警戒心を持ってしまいます。 価格は、ブリーダーから買取りという形を取っていますので、若干高くなります。 子猫の流通経路が明確でない場合は、なにがトラブルを抱えていると考えてもいいですね。 ブリーダーは直接買い付けなので、ペットショップよりかは安くなります。 よいブリーダーは、知識を豊富に持っている・見学をさせてくれる・血統書などアフターケアを末永くしてくれる人を選びましょう。 もちろん、動物取扱業者登録番号も確認しましょう。 特にこれからマンチカンを飼う初心者さんには、大事なことです。 他にも、 SNSでは、「みんなのマンチカン子猫ブリーダー」というサイトがりあります。 ブリーダーが遠方になる場合は、必ず現地へ行って、子猫やブリーダーを確認しましょう。 里親では、マンチカンをなかなか入手するのは難しいと思います。 いても大体が純血種の成猫が多いですね。 子猫から飼いたいという人は、ペットショップかブリーダーがいいですね。 4-2 マンチカンの価格は、足の長さで決まる? マンチカンは、短い足が有名です。 足の長さによって価格が違ってきます。 短い足は15万~35万円。 長い足は5万円~10万円。 価格の変動がかなり激しいですね。 足が長くてもマンチカンという認定を受ければマンチカンなので、長い足を気にしない人は、けっこう、安くマンチカンを手に入れられますよ。 5 マンチカンの飼い方 5-1 食事・運動について マンチカンは、小柄な上太りやすい体質です。 体重の確認をしながら、 毛の質を維持するために、高タンパク・高カロリーの栄養価を与えます。 ただし、マンチカンのメスで避妊手術をした場合、ホルモンバランスが崩れやすくなっています。 食事を与えっぱなしではなく、決まった時間でコントロールしましょう。 運動は、低いキャットタワーを設置してストレスを発散させます。 あとは、猫じゃらしなどを使って遊んであげましょう。 5-2 ブラッシング・シャンプー ブラッシングは1日に1回します。 コーミングが週に何回かする程度です。 抜け毛やもつれた毛をしっかりととりたい方は、細い針金がいくつものついたスリッカーを使いましょう。 シャンプーは週1回程度です。 あまり嫌がるのであれば、先に伸ばしてもいいですね。 徐々にシャワーの水から慣れさせていきましょう。 2016-08-03 22:39 5-3 病気について 足が短いので、股関節や骨に負担がかかります。 椎間板ヘルニアになる可能性が高いですね。 毛が短いマンチカンは、大丈夫なのですが、毛の長いマンチカンは、毛球病になりやすいのです。 猫は常に毛を舐めています。 その途中で長い抜け毛を飲み込んでしまい、お腹の中に毛が溜まってしまうのです。 毛玉病の防止策 マンチカンの純血種では、 猫伝染性腹膜炎 腹膜炎・腸炎 になりやすく、原因はコロナウイルスです。 発症すれば、死亡率が高く6か月~3歳の間の若い猫に多くみられる病気です。 まとめ マンチカンは、とてもキュートな猫ですね。 マンチカンの性格は人懐こくお利口なので、猫初心者には安心で飼えますね。 かわいい短足もいいですが、長足もマンチカンもいますので、足の長さにこだわりがなければ長足のマンチカンもおススメです!.

次の

飼いやすいのはどっち?猫の性格オスとメスの特徴

マンチカン 飼いやすさ

世界一尻尾が長い猫と言われている「メインクーン」とノルウェーの森林猫と言われている「ノルウェージャンフォレストキャット」はどちらも大型の猫種で非常に見た目が似ています。 メインクーンとノルウェージャンの特徴や違い、どちらが飼いやすいかについて解説いたします。 メインクーンとノルウェージャンの見分け方とは? モフモフとしたゴージャスな毛で尻尾が長く、アライグマ Raccoon に似ている大型猫のメインクーンは、アメリカ最古の猫種です。 メインクーンは「穏やかな巨人 ジェントルジャイアント 」とも呼ばれる猫種の中で最も大きい猫とも言われています。 大きい体格で一見恐そうな見た目をしているメインクーンですが、性格は温厚で非常に賢く、見た目とのギャップに魅了される人も多くいます。 人気の猫種ランキングにもランクインされ、日本でも多くの人に飼われているメインクーンですが、他にもメインクーンに似ている猫種がいます。 メインクーンの祖先猫とも言われている「ノルウェージャンフォレストキャット」というメインクーンと同じ大型のノルウェーの猫種です。 メインクーンと非常に似ている見た目をしており、モフモフとしたゴージャスな毛と大きい体格で、一見違いが分からないとも言われています。 ここでは、メインクーンとノルウェージャンフォレストキャットの見分け方について解説いたします。 メインクーンとノルウェージャンの見分け方 ノルウェージャンはメインクーンの祖先とも言われているため、非常に見た目が似ており、区別が付きにくいでしょう。 大きな体格や長毛種のゴージャスな毛などの見た目だけでなく、温厚で人懐っこく知能レベルが高いなど性格も非常に似ています。 しかし、よく見ると顔つきに違いがあります。 2匹の顔を横から見ると違いが分かりやすいでしょう。 メインクーンは鼻筋にカーブがあり、やや丸みのある輪郭の顔をしています。 鼻筋のカーブは「ジェントルカーブ」とも呼ばれており、2匹の見分け方の一番のポイントとなります。 一方、ノルウェージャンは鼻筋にカーブは無く真っ直ぐとしており、逆三角形のようなシュッとした輪郭の顔をしています。 顔の輪郭や鼻筋が見分けるポイントとなります。 他にも「リンクスティップ」というメインクーンの特徴でもある耳の先端に生えている毛があるかどうかもポイントとなります。 「耳の先端に生えている飾り毛が無い場合はノルウェージャン」と区別する事が多いでしょう。 しかし、中には鼻筋が真っ直ぐなメインクーンや丸みのある輪郭のノルウェージャンもいます。 上記の見分け方の違いはあくまでそのような特徴の子が多いという事ですので、ペットショップやブリーダーに確認をするか、血統書などを確認すると確実です。 メインクーンとノルウェージャンにはそれぞれ一般的な見た目や性格の特徴がありますが、個体差があり、性格や見た目も個性がありますので、その子の特徴をみつけてあげてくださいね。 メインクーンとノルウェージャンの動画 メインクーンとノルウェージャンが非常に似ている見た目をしているとご説明いたしましたが、実際にその二匹を飼っている人が投稿した動画をご紹介いたします。 左の猫がノルウェージャンフォレストキャット、右の猫がメインクーンです。 本当に一見違いが分からない程似ている見た目をしていますが、よく見ると顔つきに違いがある事が分かります。 メインクーンとノルウェージャンのそれぞれの特徴は? 前述でメインクーンとノルウェージャンの見分け方について解説いたしましたが、それぞれの性格や体格などの特徴について詳しく解説いたします。 メインクーンの特徴 ここでは、メインクーンの名前の由来や歴史について解説いたします。 メインクーンはアメリカで最古の猫種とも言われている大型の猫種です。 TICAなどの世界的に有名な全ての猫血統登録団体が猫種として認めています。 「メインクーン」という名前の由来は、アメリカ・メイン州に生息する「アライグマ」に似ている見た目をしているためと言われています。 「アライグマとの交雑で誕生した猫種ではないか」という説や「マリーアントワネットの愛猫であったアンゴラ種の猫が祖先ではないか」とも言われています。 他にも「クーンという名前の船長が中国からアメリカに連れて行ったアンゴラ種の猫が祖先だ」とも言われており、その歴史には様々な説がある猫種です。 メインクーンの体格 メインクーンは猫種の中で最も大きいと言われている大型猫で、日本猫などの一般的な猫の平均体重よりも遥かに大きい体重をしており、体格もがっしりとしています。 ノルウェージャンの平均体重は、メスは3~6kg、オスは6~9kgと猫全体の平均体重が3. 6~5. 5kgと言われているので、とても大きい体格と言えます。 体重が大きいだけでなく、他の品種の猫と比較すると筋肉質で手足はがっしりとしており、胴や尻尾も長く、耳が大きい事も特徴的です。 アライグマやヤマネコに似ていると言われる事に納得するほど、体のパーツ全てが大きく、長毛種でモフモフとしたゴージャスな毛をしています。 メインクーンの特徴である大きな体格が評価され、ギネスブックに登録されたメインクーンは多数います。 「世界最長の猫」「世界最長のヒゲを持つ猫」「世界最長の尻尾を持つ猫」など、様々なギネス記録を持つメインクーンが多数おり、メインクーンが他の品種の猫と比較して非常に大きい事が分かります。 メインクーンの性格 メインクーンは大きい体格である事をご説明いたしましたが、見た目とは違い温厚で人懐っこく甘えん坊な性格をしています。 他の品種の猫と比較して知能レベルが高く、犬のように芸を覚える事ができる子も多く、物分かりが良いため、小さなお子様がいるご家庭にも向いている猫種です。 人以外にも猫同士や他の動物に対しても優しい性格で、成猫となっても甘えん坊な子が多いと言われています。 オスのメインクーンは特に甘えん坊でやんちゃな性格が多く、メスのメインクーンは子猫を育てる母性本能を持つために自立したクールな性格が多いとも言われています。 育つ環境や遺伝により、性格や知能レベルはその子により個体差はありますが、一般的にメインクーンは温厚で賢い性格が多いでしょう。 とても大きい体格にゴージャスな毛をしているため、少し恐そうに見えますが、大人しい性格で見た目とのギャップがより魅力を感じる人も多くいます。 ノルウェージャンの特徴 ここでは、メインクーンと非常に見た目が似ている人気の高いノルウェージャンフォレストキャットの歴史や特徴について解説いたします。 皆さんは、約4000年前にあったノルウェーやデンマーク、スウェーデンなどの北欧に伝わる神話をご存知でしょうか? 「神話に登場する女神のフレイヤの戦車を引いていた2匹のがっしりとした猫は、ノルウェージャンフォレストキャットではないか」という説があります。 また「神話に登場する最強の神とも言われている雷神トールが持ち上げる事が出来なかった猫はノルウェージャンフォレストキャットではないか」という説もあります。 神話に登場する猫がノルウェージャンなのかどうかは未だハッキリとされていませんが、神話に登場する大きな猫ほどノルウェージャンは体格が大きいという事が分かります。 そのような古くから歴史のあるノルウェージャンは、ノルウェーの森林に棲む長毛種でモフモフとしたゴージャスな毛をしている大型の猫種です。 しかし、元々のノルウェージャンの祖先は南ヨーロッパの「Skogkatter スコグカッテル 」という短毛種の猫だと言われています。 ノルウェーは非常に寒い国なので、寒い環境で生きていくために長毛種などの寒さに強い猫種との交配により、長毛種のノルウェージャンが誕生としたと考えられています。 また、11世紀頃に北方ゲルマン民族 バイキング が、村や船をネズミから守るために飼育していたトルコの猫が祖先とも言われています。 そのような様々な歴史のあるノルウェージャンは、ネズミから農業や家を守るために人間に飼育され、人間と生活をするようになったとされています。 1900年頃にノルウェーで開催されたキャットショーでノルウェージャンが披露され、知名度が高くなり、ノルウェージャンの繁殖が行われ「ノルウェーの代表猫」とされました。 しかし、第二次世界大戦が始まり育種は中断されましたが、ノルウェージャンは厳しい環境下でも生き抜き、1975年頃に育種が再開されました。 1977年にノルウェージャンを新しい猫種として登録され、アメリカやヨーロッパなどに輸入され、繁殖も盛んになり、次第に人気が高くなりました。 アメリカでは「ウェジー」「NFC」とも呼ばれています。 日本でもノルウェージャンを飼っている人が多く人気の猫種で「ノル」とも呼ばれています。 ノルウェージャンの体格 歴史のあるノルウェージャンは、ノルウェーの雪の降る寒い環境でも生きていくために、モフモフとしたゴージャスな毛が最大の特徴です。 雪や寒さから守るために保温性・撥水性のある二層状の厚手の毛をしています。 筋肉質で太くがっしりとした手足で大きな体格をしており、尻尾は先端に向かって細く長い点も特徴的です。 後ろ足が前足よりも長く、ノルウェージャンの平均体重はメスは3. 3~5. 5kg、オスは4. 5~8. 0kgと日本猫などの一般的な猫全体の平均体重と比較して大きいと言えます。 他の品種の猫と比較して大きい猫種ですが、前述でご説明した通り、アメリカやヨーロッパでも繁殖をされていたため、ノルウェージャンは2種類の系統の体格があります。 アメリカ系のノルウェージャンはやや細めの体格をしており、ヨーロッパ系のノルウェージャンはがっしりとした体格が多いと言われています。 大きな体格とゴージャスな毛が特徴的なノルウェージャンは、メインクーンと同様に成長がゆっくりで成猫となるまでに約5年かかると言われています。 体格や特徴は個体差があるので、上記でご説明した体格や特徴は参考程度に考え、その子の特徴をみつけてあげてくださいね。 ノルウェージャンの性格 ゴージャスな毛が特徴的で大きい体格をしているノルウェージャンは、見た目とは違い温厚で我慢強く、人懐っこい性格が多いと言われています。 厳しい寒さの環境で生き抜いてきたため我慢強く、人間に飼育されネズミから家を守っていたとされている歴史があるなど、温厚で人にも懐き、知能レベルが高い猫種と言えます。 猫同士や他の動物にも優しく大人しい性格をしているため、多頭飼いにも向いているでしょう。 また、知能レベルが高く物分かりも良いため、しつけがしやすく小さなお子様がいるご家庭でも飼いやすい猫種です。 撫でられたり遊んでもらう事を好み、犬に似た性格をしていると言えます。 性格はその子により個体差はありますが、一般的にノルウェージャンは見た目とは違う甘えん坊で温厚な性格が多いです。 しかし、元々猫は自分のペースを持っている動物なので、ストレスになるような過剰なスキンシップはやめましょう。 その子の性格に合わせて接してあげてくださいね。 メインクーンは顔が2タイプあるって本当? メインクーンには2つのタイプの顔があると言われています。 一つは、メインクーンの特徴でもあり比較的多いとされる丸みのある顔です。 また、鼻にカーブがありボコッと少し凹みがあります。 もう一つは、輪郭がシュッと逆三角形のように細く、鼻にカーブが無く真っ直ぐとしている顔です。 こちらはノルウェージャンと非常に似ているため、より区別が付きにくくなります。 また「リンクスティップ」という耳の先端に少し毛が生えているメインクーンや「タフト」という耳の中に飾り毛が生えているメインクーンがいます。 輪郭など顔つきは個体差があるので、毛の色や柄、目の色、表情などの違いもみつけてその子の顔の特徴を探してくださいね。 メインクーンとノルウェージャンはどちらが飼いやすい? メインクーンやノルウェージャンの体格や性格、特徴についてご説明いたしましたが、ここでは、どちらの方が飼いやすいのかについて解説いたします。 メインクーンとノルウェージャンはどちらも長毛種でモフモフとしたゴージャスな毛が特徴的で、人気の理由の一つでもあります。 しかし、そのような毛にはデメリットがあり、抜け毛が多いため、お腹の中に毛が溜まる「毛球症」という病気にかかりやすいと言われています。 毛球症は、毛繕いをする際に毛を飲み込み、お腹の中で毛玉が溜まり排出できなくなってしまう病気です。 嘔吐、便秘、食欲が無いなどの症状がある場合は毛球症の可能性があります。 毛玉対策ができるキャットフードやおやつ、猫草を与える事で排出できる場合がありますが、手術が必要となってしまう事もあります。 メインクーンやノルウェージャンのような長毛種の場合、しっかりシャンプーやブラッシングを定期的に行い、抜け毛を除去しましょう。 特にノルウェージャンは、寒いノルウェーの猫種のため毛量も多く、ブラッシングをしても抜け毛が多いと言われています。 ブラッシングやシャンプーだけでなく、生活をするスペースの抜け毛もしっかり掃除しましょう。 換毛期は特に念入りにブラッシングを行い、日頃から掃除や毛のケアをし、室内に空気清浄機を設置する事もおすすめです。 どちらも適切な餌の種類、食事量、運動量が必要となりますので、特に健康管理には気を付けなければいけません。 「抜け毛の対策」と「肥満の予防」が健康に長生きをする重要なポイントとなります。 メインクーンとノルウェージャンの平均寿命はどちらも約11~14歳と言われています。 日本猫などの一般的な猫全体の平均寿命は約15歳と言われているため、やや短いと言えます。 どちらも大型で長毛種の猫のため、かかりやすい病気がある事を理解して、健康管理には特に注意をして飼いましょう。 性格や体格はどちらも非常に似ており、賢く留守番も得意な子が多いため、一人暮らしや小さなお子様がいるご家庭、多頭飼いにも向いています。 しつけもしやすく人懐っこい性格なので、初めて猫を飼う人にもおすすめです。 どちらかというと、ノルウェージャンの方が狩猟能力が高く、野性の名残があるため活発だと言えます。 あまり鳴き声が無く鳴いても小さい声のため、マンションで飼育する場合にもノルウェージャンはおすすめです。 しかし、個体差はあるので、猫は鳴く動物だと理解をして飼いましょう。 どちらも知能レベルが高く温厚な性格が多いため飼いやすい猫種ですが、飼いやすさはその子の性格など特徴、ご家庭によっても異なるので、参考程度に2匹の違いを比較してご検討してください。

次の

マンチカンの毛色、性格、値段、飼い方

マンチカン 飼いやすさ

Contents• ミヌエットの性格 ミヌエットはマンチカンとペルシャの交配によって誕生したとされています。 そのため、 マンチカンとペルシャの性格の両方を兼ね備えた性格をしているのだそうです。 では、マンチカンとペルシャそれぞれの性格はどのようなものでしょうか? マンチカンは賢くて好奇心が旺盛である反面、気が強くてプライドの高い部分があるため、飼い主や他のペットにもあまりなつかないという特徴があります。 また、ペルシャは穏やかで優しい性格ですが、甘えん坊なために一人でのお留守番などでストレスを感じてしまうのだそうです。 このようにマンチカンとペルシャはまったく異なる特徴があります。 この2種が混じったミヌエットは、なんとマンチカンの賢さとペルシャの人懐っこさを持ち合わせているのです! スポンサードリンク ミヌエットのしつけ このような性格のミヌエットですので、生活上でしつけをすることができると言われています。 といってもさすがに犬のように芸達者になることは難しいです。 生活上でのしつけとは、例えばテーブルには登らないだとか、飼い主にかみつかないといったことを指しています。 ミヌエットが悪いことをした際には、いつもより強い口調で叱ったり、それまで構っていても無視をしたりして、少し怖い気持ちやつまらない気持ちにさせることが重要です。 くれぐれも叩かないようにしてくださいね。 また、悪さをしたときにそのようなしつけをしないと、何が悪いことなのかを理解することができません。 留守中のいたずらなどを怒っても意味がないので、ぐっと抑えてください…。 特に遊んでいる間のかみつき等については、かみついたら遊びをやめるようにするのが効果的です。 何回か繰り返す必要がありますが、「かみついたら遊んでもらえなくなる、つまんない」と覚えてもらうようにしましょう。 ミヌエットと暮らす 頭の良いミヌエットですが、好奇心が旺盛で遊ぶことが大好きです。 ミヌエットを飼う時には、ぜひともおもちゃやキャットタワーなど、好奇心を満たすことができるような環境を用意してあげてくださいね。 また、頭が良くしつけができる猫種となりますので、留守番も得意です。 ですので、一人暮らしで日中は仕事に出かける人でも飼うことができる種類だと言えます。 もちろん帰った後には十分コミュニケーションをとってあげてください。 ミヌエットは穏やかで優しい性格なので、他のペットと暮らしているような多頭飼いの人にも向いているとも言えます。 基本的にどんな生活スタイルの飼い主にもフィットできる性格でとても飼いやすいです。 ミヌエットは頭がいい猫?しつけの仕方、飼いやすさについて【まとめ】 この記事では、ミヌエットの性格やしつけのしやすさについてまとめています。 あんまり有名ではないミヌエットですが、こうやって調べていくうちにとっても魅力的な猫ちゃんであることがわかってきました! 猫独特の好奇心の強さを持ちながらも、従順で穏やかな性格でもあるため、たくさんの猫の種類の中でも飼いやすさはトップレベルなのだと言えますね。 実は猫は犬よりも賢いという説も聞きます。 頭が良くて人間の言葉は分かるけれども気まぐれな性格のために言うことを聞かないのだともいわれます(笑) 信頼度やしつけによってそのうち芸達者な猫も現れる…かも!? 賢くて従順なミヌエットはその第一候補ですね! スポンサードリンク•

次の