コンビニ atm 振り込み。 コンビニATMを使って銀行振り込みをする方法と振込手数料節約術

銀行振込のやり方を全種類お教えします!窓口からネット振込の方法まで

コンビニ atm 振り込み

>コンビニ(ファミリーマート、サークルK)にATMがありますが、 そこから銀行(三菱東京UFJ)へと振り込むことはできるのでしょうか? まず、下記のホームページをよく読んでみてください。 質問者さんが下記銀行に口座を持っていて、キャッシュカードもお持ちであれば、カードによる振込みが可能です。 みずほ銀行,三菱東京UFJ銀行 旧東京三菱銀行 ,三井住友銀行,りそな銀行,埼玉りそな銀行,北海道銀行,青森銀行,群馬銀行,足利銀行,常陽銀行,武蔵野銀行,千葉銀行,北陸銀行,北國銀行,スルガ銀行,百五銀行,中国銀行,親和銀行,琉球銀行,北洋銀行,京葉銀行,住友信託銀行 もし、キャッシュカードをお持ちでなければ、振込みは不可能です。 キャッシュカードがない場合には、最寄の銀行へ行ってください。 現金だけでも銀行に設置されているATMにて振込みが可能です。 注1)ただし振り込み金額は10万円まで。 10万円以上は窓口で 注2)現金振込みできる時間帯は銀行によって違うが、大体9時から6時までの間。 以上です。 もし、お近くにampm(エーエムピーエム)と言うコンビニがあれば、そのコンビニのATMなら現金による振込みが可能だと思います。 何か分からない点があれば、お礼の欄にでも書いてください。 その際に、出来れば、自分が使っている銀行名、支店名、 自分の住んでいる場所(都市名、例えば名古屋市中区など) も書いておいてくれれば、アドバイスしやすいです。 A ベストアンサー コンビニにあるATMで、現金による振込が出来るのは、ほとんど無いと思っていいと思います。 なぜなら、硬貨の対応をしていないからです。 手数料と合計すると1000円になるような、端数のある金額を振り込むのでない限り、硬貨の対応が発生するので、お札しか取り扱わないATMでは機能がないので出来ないのです。 提携先銀行とは、その銀行またはATMで、手数料をかければ入出金が出来るかどうか、という事です。 振込でしたら、手数料を払っても出金できない銀行あてでも、可能です。 ですから、提携先にUFJがあるかどうか見つからなくても、振り込むことはできます。 昼間忙しいとのことですが、何時以降なら出かけられますか? 夜7時までなら、銀行のATMコーナーで振込が出来ます。 2時半だか3時をすぎると、翌日付の振込予約になってしまいますが) 実は、まさにUFJ銀行が、無人ATMコーナーでも硬貨の対応をするので(ほとんどの銀行は、無人ATMコーナーでは硬貨の出入金ができない)、現金による振込ができますよ。 あと、土日なども昼間に出かけるのは無理ですか?手数料は高くなりますし、実際に先方に反映されるのは翌営業日ですが、土日でも振込予約って出来ますよ。 同じくUFJ銀行なら、硬貨の取り扱いをしているので、現金による振込みも可能です。 コンビニにあるATMで、現金による振込が出来るのは、ほとんど無いと思っていいと思います。 なぜなら、硬貨の対応をしていないからです。 手数料と合計すると1000円になるような、端数のある金額を振り込むのでない限り、硬貨の対応が発生するので、お札しか取り扱わないATMでは機能がないので出来ないのです。 提携先銀行とは、その銀行またはATMで、手数料をかければ入出金が出来るかどうか、という事です。 振込でしたら、手数料を払っても出金できない銀行あてでも、可能です。 ですから、... A ベストアンサー 第三者の銀行口座に振込みしたい、ということですか? 質問者さんは何処かの銀行口座(キャッシュカード)を持ってますか? それともカードを持っていないので、手持ちの現金を振り込むのか? 振込みの方法は、大別して2種類ほど有ります。 ・自分の銀行口座から、相手口座に振り込む(口座間振込) ・現金を、相手口座に振り込む(現金振込) 振込手数料は口座間振込の方が若干割安です。 窓口やATMでの手続きの違いでも振込手数料は違います。 下記は三重銀行のATM操作の説明ページです。 これを使って簡単な説明をしてみます。 miebank. html カードを持っている場合は、あらかじめカードを使って、 自分の口座に振込み用の現金を入金しておいてください。 4 振込先の支店名を選択。 5 振込先の口座科目・口座番号を入力。 6 時間外手続きや一部のネット銀行口座あての場合は、 振込先の口座名義をカナ入力する場合が有ります。 8)~9 依頼人(あなた)の氏名をカナ入力、電話番号の入力。 カード振込の場合は、カードとレシートを忘れずに。 現金振込の場合は、お釣りとレシートを忘れずに。 手順や表記は少し違うかもしれません。 現金振込の場合は、有人店舗に備え付けのATMに限ります。 無人ATMの場合は、現金振込が出来ない機種です。 また現金振込の受付は、平日の昼間に限られます。 土日祝の場合はカード振込のみの銀行ATMが多いです。 参考URLの画像と、当方の説明で判らなければ、 実際に銀行に出向いて行員に操作を教わった方が良いですね。 ちなみに、ゆうちょ銀行の場合は、システムや操作が違いますので、 このアドバイスは無効となります。 気をつけて。 第三者の銀行口座に振込みしたい、ということですか? 質問者さんは何処かの銀行口座(キャッシュカード)を持ってますか? それともカードを持っていないので、手持ちの現金を振り込むのか? 振込みの方法は、大別して2種類ほど有ります。 ・自分の銀行口座から、相手口座に振り込む(口座間振込) ・現金を、相手口座に振り込む(現金振込) 振込手数料は口座間振込の方が若干割安です。 窓口やATMでの手続きの違いでも振込手数料は違います。 下記は三重銀行のATM操作の説明ページです。 銀行ATMなら振り込めます。 (同じ銀行・同じ支店なら手数料が安いです) が、ショッピングモールなどのATMでは硬貨の扱いができないところがおおいです。 銀行の支店内のATMなら大丈夫です。 (時間外は硬貨不可の場合もあります。 17時までには行きましょう) まず、「振り込み」をタッチ。 「現金で振り込み」、「振込先入力」をタッチ。 案内に従って、メモしてきた「銀行名」「支店名」「口座番号」を入力。 「金額」を入力。 「振り込み人名」=あなたの名前、「電話番号」(もしトラブルがあったら銀行から掛かってくる。 送金先には知られない)を入力。 しばらく待つと、相手先の名前が表示されますので、確認する。 案内に従ってお金を入れる。 ・・・こんな流れでしょう。 不安でしたら、9時から15時の間ならATM案内係がいますので、付きっきりで教えて貰えますよ。 ただし、休日、開いていない、ところや、「払い込み用紙、に対応していないATM」では、不可。 土曜・日曜・祝日などの、「お預け入れ」「硬貨の取り扱い」「現金での払い込み」の、取扱時間は、最も長いところでも、 9時から17時まで、ですので、ご注意を。 なお、一部の地元の銀行の、支店などのATMですと、平日の時間外、や、土・日曜日など、休日でも「現金による、お振り込み」も、できるところもありますが、「振込手数料」は、「105円プラス」と、なります。 新潟県内ですと、「第四銀行」「北越銀行」「大光銀行」「三条信用金庫」「新潟信用金庫」・・・など、の、ATMですと、「時間外、および、休日」などでも、「105円プラス」で、「現金振込み」が、できます。 ただし、休日、開いていない、ところや、「払い込み用紙、に対応していないATM」では、不可。 土曜・日曜・祝日などの、「お預け入れ」「硬貨の取り扱い」「現金での払い込み」の、取扱時間は、最も長いところでも、 9時から17時まで、ですので、ご注意を。 ゆうちょ口座間の送金 電信振替 や、他行あて振込(銀行振込)の操作は出来ません。 >ゆうちょ口座からゆうちょ口座に送金できますか? 前述したように、ゆうちょ口座同士の送金は「電信振替」という操作・手続きで、ゆうちょ銀行(郵便局)の管理ATMでのみ可能です。 支店や郵便局や、スーパーやデパートなどに設置の、ゆうちょATMなら電信振替は可能です。 一般的なコンビニATMは、都市銀行や地方銀行が管理するもので、ゆうちょの送金・振込システムが独自なものなので、前述したように出来ないのです。 A ベストアンサー 何処の銀行口座も持っていないのですか? ネット通販で「銀行振込」で支払いたいのなら、銀行口座の一つくらいは持っておくべきです。 (理由は下記に) 何処かの銀行口座を持っていれば、その口座から他行口座あてに振り込めます。 同じ銀行でなくても構いません。 A銀行からB銀行のように振り込めます。 「他行口座あて」の振込と言います。 もし何も口座を持っていなくても、最寄りの都市銀や地銀や信金などの窓口やATMにて、現金のみで振り込めます。 「現金振込」という手続きです。 ただし、ゆうちょ銀行や郵便局では、「他行口座あて」の「現金振込」はできません。 「他行口座あて」は、ゆうちょ口座を持っている人だけが振り込めて、持っていない人は振り込めません。 --------------- 前述したように、「現金振込」は最寄りの都市銀や地銀や信金などの窓口やATMにて、現金のみで振込の手続きを行うことができます。 しかし、現金振込は幾つかの制限があります。 ・ATMでの現金振込は10万円以内まで ・10万円を超える場合は窓口扱いで、本人確認書類の提示必須 ・基本的に現金振込は平日のみ、土日祝はできないことが多い もう三連休に入ったので、「現金振込」ができる銀行ATMは、ほとんど有りません。 一部の地方銀行ATMだけに限られ、そのため「現金振込は平日のみ」なのです。 --------------- ただ、口座(キャッシュカード)の「カード振込」は土日祝も手続きができますし、一部の地方銀行ATMも土日祝の現金振込は可能ですが、正確には「振込予約扱い」です。 平日時間外や土日祝は、振込の受け付けますが「振込予約扱い」で、振込データ自体は振込元銀行に留まっています。 振込先銀行にデータは届かず、相手口座には振り込まれません。 --------------- >現金振込を簡単に、できれば安く行うにはどの銀行 簡単な現金振込はありません。 窓口扱いで振り込み伝票で行うか、ATM扱いで操作するか。 機械操作が苦手なら、窓口扱いの方が少しは簡便でしょうか。 「現金振込」は一番手数料が高い方法です。 しかも「窓口の現金振込」>「ATMの現金振込」と、人件費が掛かる窓口の方が割高です。 口座(キャッシュカード)の銀行ATMにて「カード振込」の操作なら、現金振込より105円~210円以上は安価に済むことが多いので、手数料面からも口座(キャッシュカード)は持っておくべき。 (理由は下記に) 何処かの銀行口座を持っていれば、その口座から他行口座あてに振り込めます。 同じ銀行でなくても構いません。 A銀行からB銀行のように振り込めます。 「他行口座あて」の振込と言います。 もし何も口座を持っていなくても、最寄りの都市銀や地銀や信金などの窓口やATMにて、現金のみで振り込めます。 「現金振込」という手続きです。 ただし、ゆうち... A ベストアンサー 翌日ではなく、現実は翌営業日ですね。 土日祝日の銀行取り扱いはありませんので。 振込みの場合、相手先銀行の営業が開始されるまで、着金にはなりません。 処理状態によるとは思いますが、翌営業日の午前中くらいと言うことでしょう。 通常の窓口振込みで翌朝3時はまずありません。 朝3時に入金になるようなものは、予約振込みのもので、大体5営業日前位に振り込み日指定で電算登録(コンピューター登録)で登録されたものです。 ただ、この場合でも3時に入金になるというのも銀行によって変わります。 三井住友銀行だと結構早い時間に振込みになる事もありますが、銀行によっては朝8時半過ぎ、9時などに入金されたりします。

次の

2020年でコンビニATM無料終了⁈人件費の高騰が発端⁉︎

コンビニ atm 振り込み

みずほ銀行• 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 北海道銀行• みちのく銀行• 荘内銀行• 肥後銀行• 琉球銀行• 西日本シティ銀行• 愛媛銀行• 群馬銀行• 岩手銀行• 秋田銀行• 武蔵野銀行• 北洋銀行• 青森銀行• 常陽銀行• 北陸銀行• 福井銀行• 紀陽銀行• 山陰合同銀行• 中国銀行• 阿波銀行• 伊予銀行• 東邦銀行• 千葉銀行• 第四銀行• 八十二銀行• 栃木銀行• 山形銀行• 百十四銀行• 横浜銀行• 北國銀行• 宮崎銀行• 愛知銀行 ファミリーマートのATMで振込ができる銀行• 三菱UFJ銀行• みずほ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• 埼玉りそな銀行• 北海道銀行• 北洋銀行• 青森銀行• 秋田銀行• 岩手銀行• 山形銀行• 荘内銀行• 東邦銀行• 常陽銀行• 足利銀行• 群馬銀行• 武蔵野銀行• 千葉銀行• 横浜銀行• 八十二銀行• 北陸銀行• 北國銀行• 福井銀行• スルガ銀行• 愛知銀行• 百五銀行• 紀陽銀行• 山陰合同銀行• 中国銀行• 阿波銀行• 百十四銀行• 伊予銀行• 愛媛銀行• 西日本シティ銀行• 肥後銀行• 宮崎銀行• 琉球銀行 ローソンとファミリーマートが、取扱銀行やや多め!比べて、セブンイレブンは少々少な目ですね。 ATMにキャッシュカードを入れる• カード振込の項目を選ぶ• 手数料の画面を確認• 振り込め詐欺の注意喚起を確認• キャッシュカードの暗証番号を押す• 振込金額を入力する• 振込先金融機関を選ぶ• 振込先銀行の頭文字を選ぶ• 振込先銀行を選ぶ• 振込先銀口座名の頭文字を選ぶ• 振込先口座を選ぶ• 振込先口座種別を選ぶ• 振込先口座番号を入力する• 自分の連絡先電話番号を入力する• 確認画面をしっかり確認する• ファミリーマートのATMでゆうちょ銀行を使うときは… ファミリーマート設置のATMでは、1日の引き出し限度額は50万円。 でも、ちょっとした入用のときなんかは限度額があるってことを思い出せると、役立つこともあるかも!? ブクマ登録で最新記事やTOPでピックアップ記事がすぐにチェックできるので気軽にご利用くださいませー.

次の

コンビニATM振込やり方・時間・現金~セブンローソンファミマで

コンビニ atm 振り込み

コンビニATMの種類 ひとくちにコンビニATMといっても、コンビニによって配備されている種類は変わります。 セブン銀行ATM コンビニATMの最大手となるセブン銀行ATMは、 全国で約23000台を設置。 なんと国内にあるATMの10台に1台がセブン銀行ATMです。 セブンイレブンだけでなくスーパーや駅など様々な場所に置かれており、その利便性の高さも魅力のひとつとなっています。 ただし三井住友銀行やみずほ銀行など、振込みに対応していない銀行もあるので要注意です。 E-net(イーネット) 国内シェア第2位のE-netは、 設置数約13000台です。 主にファミリーマートに配置されていますが、大手以外のコンビニでも多く見られます。 ネットバンクや地方銀行など、振込み手続きできない銀行もありますが、都市銀行にはいずれも対応しています。 ローソンATM その名の通りローソンに置かれているATMですが、すべてのローソンにあるわけではなく、 金融機関がATMを設置しているケースもあります。 約12000台と他の2機種よりも少なめですが、全国各地にまんべんなく設置されているのが特徴です。 こちらもE-netと同様、振込みはすべての都市銀行に対応しています。 他にもバンクタイムやゼロバンク、イオン銀行ATMなどがありますが、コンビニATMのメイン機種はこの3つです。 ちなみに一部のファミリーマート店舗内には、出張所としてゆうちょATMが設置されていますが振込みはできません。 これはゆうちょ銀行が独自のシステムを導入しているためで、他のコンビニATMから、ゆうちょ銀行宛に振込むこともできません。 ゆうちょ銀行の口座から振込む場合は、郵便局内のATMを利用しましょう。 () カード挿入口からカードが出てきますので忘れないように受取ります。 このとき、明細書が発行されることもあるので、こちらも併せて受け取るようにしましょう。 提携銀行の確認 先ほどご紹介したように、コンビニATMの種類により利用できる銀行が異なるため、 口座を持っているからといって必ず使えるわけではありません。 基本的に都市銀行であれば心配ありませんが、地方銀行や信用金庫であれば事前にチェックしておくことをオススメします。 コンビニATMから現金振込はできない コンビニATMの振込みは、 預金から処理を行うので現金振込できません。 以前は@BANK(アットバンク)というATMが現金振込に対応していましたが、2015年にサービス終了となっています。 一度口座に入金すれば振込めますが、コンビニATMの中には硬貨が使えない機種もあります。 各コンビニATMからカード振込ができる金融機関はこちらから確認できます。 銀行ATMでの振込方法についてはこちらをご覧ください。 キャッシュカードが必要 キャッシュカードは振込む際の必須アイテムです。 ゆうちょATMであれば通帳のみの手続きもできますが、ファミリーマート店内設置のATMでは使用不可です。 コンビニATMで振込む際は、キャッシュカードが必須となるので気をつけてください。 コンビニATMから振込できる時間帯 24時間いつでも出金や入金ができる便利なコンビニATMですが、 振込みとなると若干勝手が違います。 振込み処理がすぐ反映される時間帯は、一般的に銀行窓口が営業している 9:00~15:00です。 銀行の営業時間外(土日祝を含む)に手続きした分は振込予約の扱いになるので、処理されるのは翌営業日になります。 ただし各銀行で多少の違いがあるので、急ぎで振込みたいときは確認しておくといいですね。 提携先の銀行の条件でかわる手数料 手数料はATMの種類や銀行など、それぞれの条件で変わります。 セブン銀行ATMでの振込手数料 セブン銀行で振込むとき、7:00~19:00の間は手数料無料ですが、それ以外の時間帯は 108円かかります。 さらに振込手数料が上乗せされ、セブン銀行同士なら50円、他行宛てになると216円がプラスされます。 E-netでの振込手数料 E-netは銀行によって時間帯は異なりますが、ATM利用手数料は 108円~216円とおおむね同額。 そこに振込手数料が別途発生する仕組みになっています。 ローソンATMでの振込手数料 ローソンATMもE-netと同じ 108円または216円の利用手数料に、各銀行が指定する振込手数料が加わります。 このようにコンビニATM使用料が追加されることもあるため、銀行ATMよりも高くついてしまいます。 銀行の振込手数料についてはこちらに詳しく書いています ネット銀行なら振込手数料が無料になるかも! 限度額はいくら? そもそも振込み限度額は、キャッシュカードの盗難や偽造による被害を防止するため、 2006年に施行された「預金者保護法」により設けられた制度です。 コンビニATMは 50万~200万円の間で限度額が設定されています。 セブン銀行ATMの限度額 キャッシュカードの種類で異なり、ICチップであれば 200万円、磁気ストライプなら 50万円が初期設定になっています。 限度額の変更はATMやネットで行えますが、ATMで設定できるのは限度額の減額のみになります。 E-netの限度額 E-netは複数の企業が共同で運営しているATMなので、提携しているそれぞれの銀行により違います。 みずほ銀行を例に挙げると、 1日あたり50万~100万円までとなっています。 カードの種類で限度額が変わりますが、手続きさえすれば変更可能です。 ローソンATMの限度額 ローソンATMも、E-netとほぼ条件はほぼ同じです。 三菱UFJ銀行の場合、 1日あたりの振込み限度額は100万円。 個別設定すると最高200万円まで引き上げることができます。 コンビニATMは忙しい人の味方 コンビニ振込みと混同されやすいのがコンビニ決済。 ネットショッピングで支払方法を選択する際、間違えないように少し触れておきます。 これは支払先から発行された振込用紙、または振込番号をもとにコンビニのレジで支払うやり方です。 手数料は発生しますがATMにいちいち情報を入力する手間がなく、その使いやすさがユーザーの支持を集めています。 また最近人気のネット銀行は、コンビニATMからの振込みはできません。 インターネット上の取引がメインとなるため、カードを使った振込みサービスに対応していないのです。 普段ネットバンキングで取引していれば、コンビニATMで振込むことはないかと思いますが、もしものときのために覚えておきましょう。 コンビニATMは銀行内のATMと比べ、 利用する場所や時間に制限がなく、急を要するときほど心強い存在です。 手数料が二重にかかることや、銀行によって条件が異なることなどのデメリット面はありますが、時間がないときこそコンビニATMの出番となります。 いつも使っている銀行との相性を把握して、コンビニATMをうまく使いこなしてください。

次の