グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後。 スーラのグランジャット島の日曜日の午後とは?どんな場所でテーマは?

スーラ グランドジャット島の日曜日の午後 油彩 点描

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

(1884-86 1859年、の裕福な中産階級の家庭に生まれる。 1878年、(国立美術学校)に入学するが、兵役のため1年ほどで学業を中止する。 1883年、に素描が1点入選。 この年から最初の大作『』の制作に着手する。 この作品には、部分的に点描に近い画法が見られるが、人物の肌などは伝統的な技法で描かれている。 スーラは大作を仕上げるまでに、多くの素描や油彩下絵を制作し、全体の構図、モチーフの選択と配置、人物のポーズなどを細かく研究している。 スーラは縦16センチ、横25センチほどの板に油彩で描いた下絵(スーラ自身はこれを「クロクトン」と呼ぶ)を数多く残し、『アニエールの水浴』のための「クロクトン」は13点が残されている。 『アニエールの水浴』は1884年に完成したが、サロンには落選し、同年の(独立芸術家協会展)に出品された。 サーカス 1890 スーラは、以上に述べた2作のほか『ポーズする女たち』(1886—88年)、『サーカスの客寄せ』(1887—88年)、『シャユ踊り』(1890年)、『サーカス』(1890—91年、未完)を含めた6点の比較的大きな作品を短い生涯の間に残している。 作品は、上記の6点のほかには油彩約60点とクロクトン(油彩下絵)約170点、素描約230点が残るのみである。 典型的な中産階級の家庭に生まれ、正規の美術教育を受けたスーラは、早世したという点を除いては特に波乱のない平穏な人生を送った。 スーラは寡黙で内省的な性格であったと言われ、私生活については他人に全く語ることがなかったという。 スーラは死の直前の1890年、内縁関係にあった女性との間に一子をもうけているが、スーラの母親さえそのことをしばらく知らなかったというほど、秘密主義を貫いていた。 スーラの死因ははっきりしていない。 、、感染性の、そして可能性の高いものとしてのいずれかあるいは複数を罹患したと考えられている。 墓所はパリ東部のペール・ラシェーズ墓地。 代表作 [ ]• 1884-86 ()• 1883-84 (ロンドン、)• サーカス 1890-91 ()• ポーズする女(正面) 1886-87 (オルセー美術館)• ポール・アン・ベッサンの外港 1888 (オルセー美術館)• シャユ踊り 1890 ()• アンサンブル(サーカスの客寄せ) 1887 ()• 村へ 1883 () ギャラリー [ ]•

次の

また、ジョルジュ・スーラ作の『グランド・ジャット島の日曜日の午後』につ...

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

ジョルジュ・スーラ 「」1884~1886年 シカゴ美術館 の中州で人々が休日を楽しんでいる。 良い天気なのだろう地面の影が濃い。 人々は日傘を差したり帽子を被ったりしている。 座る人、寝転ぶ人、元気に走る子供もいるし、釣りを楽しむ人、楽器を演奏する人もいる。 点描技法を試み、色の発色を最大限に生かしたのスーラ。 彼の代表作がこの絵である。 大きさは縦207.6センチ横308センチの大作。 posted by この穏やかな日常を描いた絵も、高画質画像で詳細を見るととんでもなく残虐な絵だと分かる。 posted by 画面右手前の立っている男女。 その顔を見るとまず男の丸眼鏡が変である。 不自然に浮き上がっている。 それにこの男の眼・表情が休日の公園を眺める人のそれではなく、重い。 女の眼・表情も同様に変で、目を丸くして驚いている様である。 身体をナイフで刺された人ならこんな表情をするかもしれない。 posted by 画面左手前の寝転ぶ男。 顔をアップにしてみるとこんなである。 何かを恨んでいる様な眼をしている。 眼の周り・鼻等は蛇で描かれている様である。 特に耳の所には蛇が叫ぶように大口を開けている。 その蛇を後ろの蛇が呑み、それをさらに後ろの蛇が呑み、連結している。 蛇型宇宙人の描き方である。 posted by 画面中央、母親と思われる人に手を引かれた少女。 脚が一本にしか見えない。 両足をぴったりと付けているにしても靴の辺りに境目が見えても良さそうな物だがそれも無い。 左手がボヤッとしている。 そして顔のアップ。 眼と口を大きく開けている。 まるで断末魔の叫びを上げているかのような表情である。 この子供は手足を蛇に喰われているのか。 左手と両足は蛇に成り替わられている様である。 posted by 画面左手で釣りをしている婦人。 まるで死体の様な顔をしている。 観ると帽子の上に乗っているのはリボンとかではなく、白蛇である。 その他の身体・帽子・服も全て蛇で形作られている。 posted by 右手に立つ男女の後方、遠くで走る少女が描かれているが、頭を白い大きな蛇に噛まれている。 両手・両足の先に蛇が喰い付いている。 片足は既に無く、身体の後ろに上げた足に見える物はおそらく蛇の頭。 この子は走っているのではなく、上下左右から蛇に襲われている。 posted by この子のさらに後方に赤ん坊を抱いた男女らしき物が描かれている。 父も母も上から蛇に喰われていて、赤ん坊は大きな口を開けて泣いているのだろうか。 下から・横から大蛇に齧られて赤ん坊は断末魔の叫びを上げているかのようである。 その顔は最早生きている人間の顔では無い。 白骨化して化け物の様になっている。 posted by 画面中央奥、遠景にこんな部分がある。 寝転ぶ家族? 墓場から這い出てきたゾンビ? いや大蛇に一度呑まれてその胃液に半分溶かされた人間かもしれない。 左右の芝生には大蛇が隠し絵になっていてそれにまた呑まれそうである。 posted by さらに奥の情景。 水辺にたたずむ白い服の人は背中から這い上がって来た蛇に頭を喰われている。 その左右の人も蛇に喰われている真っ最中である。 その上、水の中に白い大蛇に頭を喰われている赤い人がいるようだが、これはどうも判別しがたい。 上図右には水上に横たわり多くの蛇についばまれている人が見えるのだが・・・。 posted by 画面左の遠景。 木を背にして日傘を差し、川を眺めているかのような女。 この女の顔を拡大してみて驚いた。 遠目には横顔だが、拡大画像では・・・・化け物の様な顔がこちらを向いている(上右図)。 大きな眼を持ち、厚い唇をしたゾンビがこちらを見ている。 作品自体が縦2メートルくらいだからこの女は10センチくらいに描いてある。 実のところ傘の中から大きな蛇が降りて来て顔に被さっているらしい。 ゾンビの左目は大蛇の右目であるらしい。 蛇で形作られた画像が別の化け物に見える様になっているのは、蛇型宇宙人の常とう手段で、人間を驚かし、恐怖感を覚えさせるのがその目的であるようである。 恐怖に取り付かれた人間はいざ巨大な蛇神に遭遇した時でも腰が抜けたようになって抵抗しないからだろう。 本当の支配者である蛇を蛇と見ずに、別の化け物に誤認して他の人に言いふらすというのが蛇神にとっては都合が良い。 posted by この絵には分からない部分が多く、今後検証して行きたいと思う。 例えばこれは何だろう? 画面左手の樹の根元、帽子を被り、マントを羽織った背を向けて座る人物(上図左)。 半袖の人もいる晴れた日の午後、マントを羽織るって? この人(?)は蛇だけで出来ている。 素材の喰われる人間はこの中にいない。 左右に大きな蛇がいて真ん中に赤い蛇が昇り、白い蛇の顔を咥えている。 そしてもう一つ、中央奥のこの二人、ラッパを吹く人の右でポリスっぽい形になっている物体(上図右)。 二人とも足が一本で、服の輪郭が直線的でおもちゃの様である。 これも蛇だけで形作られた架空の人間っぽい。 何だろう? 以前の「水葬」の中にエイリアンの宇宙船が見えたが、それに関係しているだろうか。 水の中に宇宙人基地が・・・・? curlchigasaki.

次の

また、ジョルジュ・スーラ作の『グランド・ジャット島の日曜日の午後』につ...

グランド ジャット 島 の 日曜日 の 午後

工業地帯となった時代を経て、現在では公園や閑静な住宅が広がる場所である。 しかし、19世紀後半はパリ市街から遠く離れた田園の島である。 、、、といった・・の画家らの絵にも描かれている。 スーラはこの絵の制作に2年をかけ、習作を多数描いたり、何度も描き直したりして公園の風景に慎重に焦点をあてていった。 彼は公園に通っては風景や人物を観察し、それらが完璧な形になるようにや油彩によるを数多く残した。 彼は特に色、光、形に意識を集中させ、縦2メートル、横3メートルの画面を構成していった。 人々や風景は緊密に配置され画面全体に躍動感よりも静謐さが支配しているが、原色など明るい色の絵具を用いているため日陰にまで光が行き渡っている。 当時出版された光学理論や色彩理論の研究に基づき、とそのの油絵具の細かい点を、色の比率を考えながら観る者の目の中で単一のをなすように並べていった。 このこそが、普通に絵具を筆で塗るよりも色彩をより鮮やかにより強く見せることができるだろうと信じた。 この絵を見た時の印象をより鮮烈にするため、画面の四方に赤や青などで点描した紫色に近い色の枠を描き、さらに絵を木製の純白のに入れた。 この絵は現在もこの額縁に入れられて展示されている。 また描くにあたり、当時登場したばかりのである(クロム酸亜鉛、亜鉛黄、ジンクイエロー)を使用した。 絵の中のの明るい部分は、ジンクイエローを使った、およびとの点からなる。 ただしスーラの存命中にはすでに褪色が始まり 、描かれてから1世紀以上の年月が経った現在ではジンクイエローは茶色がかってきている。 この作品は当初のに出展される予定であったが中止となったため、翌5月の第8回印象派展に出展された。 この間、彼は相当の加筆を行い、さらに印象派展の後に四方の「枠」を描き加えている。 この大作はにのが手に入れ、以後常設展示されている。 関連する作品と本作の習作 [ ]• 『グランド・ジャット島の日曜日の午後』 Sunday Afternoon on La Grande Jatte 1884年-1886年, シカゴ美術館 関連項目 [ ]• - にある映画興行会社。 同社がかつてで運営していた映画館「オリオン座・有楽座」の建物正面にこの絵画をデザインした壁画 カラータイルを使用した画 が描かれていた。 七間町周辺から映画館が軒並み立ち退いたため同館も取り壊されが、壁画の一部は地元の手で保存された。 その壁画は、2015年、同地に建設された静岡市上下水道局庁舎の壁面に設置され、七間町の往時を偲ぶモニュメントとなっている。 脚注 [ ]• コトバンク. 2018年5月5日閲覧。 John Gage, Color and Culture: Practice and Meaning from Antiquity to Abstraction, Boston, Little, Borwn, 1993; pp. 220, 224. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の