名前 男の子 止め字。 赤ちゃん(男の子・女の子)の名付けに使える止め字・添え字一覧

止め字「吾(ご)」で終わる男の子の名前例と吾のよみや、画数、意味、成り立ち等|名前を響きや読みから探す赤ちゃん名前辞典|完全無料の子供の名前決め・名付け支援サイト「 赤ちゃん命名ガイド」

名前 男の子 止め字

この記事の目次• 『翔』の読みと成り立ち まずは漢字そのものの意味、成り立ちをご紹介します。 『翔』は縁起の良い漢字です! 左側にある『羊』。 羊は古代、道徳的な象徴、信仰の対象と考えられてきた動物です。 その羊に『羽』を付けた『翔』には、「縁起の良いことが広がって行く」という素晴らしい意味があります。 まさに、名前に使うにはふさわしい漢字と言えそうです。 『常用漢字』ではなく『人名用漢字』 とは、日常的に使うものとして国が認めている漢字のことです。 『翔』の字は、常用漢字ではありません。 しかし、『人名用漢字』として定められているため、名前に使うことは可能です。 言いかえると、「名前であるから使うことのできる漢字」ととらえることもできます。 翔(しょう)・翔太()・翔飛(しょうひ)・翔流(しょう・しょうる)・翔吏(しょうり)・翔矢(しょうや)・陽翔(ひしょう)・翔亜(しょうあ)・翔季(しょうき)・翔都(しょうと)・翔之丞(しょうのすけ)・翔一(しょういち)・翔斐(しょうひ)・翔真(しょうま)・翔耀(しょうき・しょうよう)・海翔(かいしょう)・圭翔(けいしょう)・向翔(こうしょう)・東翔(とうしょう)・容翔(ようしょう)・翔平(しょうへい) によると、『翔』『翔太』の2つは、昭和57年から平成22年までの29年間ずっと、トップ10入りを果たしています。 『翔』と書いて 『しょう』。 誰もが読める、親しみやすい名前を作る場合には、おすすめの読み方です。 たとえば『海翔』や『陽翔』のように、海や空を思いうかべる漢字と組み合わせることで、大自然の壮大なスケールを感じさせる名前にすることができます。 「大きな夢や希望を持って生きてほしい」「自由に楽しく過ごしてほしい」 という由来も、強さが感じられ、男の子にはおすすめです。 翔(かける)・翔人(かけと)・翔流(かける)・翔空(かけあ)・翔李(かけい)・翔士(かけし)・翔太(かけた)・翔葉(かけは)・翔灯(かけひ)・翔歩(かけほ)・翔矢(かけや) 『翔』を一文字で表す 『かける』 は、一般的に使われる読み方です。 同じ読みでも『翔流』のように二文字を組み合わせることで、おしゃれなイメージになります。 自由で伸び伸びとしたイメージを持ち、 「空を飛び回る鳥のように、自分らしい世界観を持って生きてほしい」 と由来付けて『翔空』。 『と』 大翔(だいと・)・遼翔()・明翔()・空希翔()・海翔()・蒼翔(あおと)・青翔(せいと・あおと)・流希翔(るきと)・琉翔(りゅうと)・優翔()・真翔(・まなと・まこと)・誠翔(まこと・せいと)・愛翔(あいと・まなと)・恵翔(けいと)・生翔(しょうと)・尚翔(なおと)・伸翔(のぶと)・史翔(ふみと)・有翔(あると)・天翔(あまと)・揺翔(ゆりと)・陸翔(りくと)・廉翔(れんと)・歩翔(あゆと)・翔那(とな)・翔希矢(ときや)・翔青(とあ)・翔希夫(ときお)・白翔(はくと)・翔円(とまる)・翔史矢(としや)・翔夢(とむ)・翔茂(とも)・翔雲矢(ともや)・翔茂樹(ともき)・翔四季(としき)・亜翔夢(あとむ)・己翔(おと)・早翔流(さとる)・津翔武(つとむ)・比翔志(ひとし)・夢翔(ゆと)・光翔(らいと)・利翔(りと)・翔和(とわ) 平成15年頃からは、止め字に当てて 『と』 と読ませる使い方が次第に人気を集め始めます。 特に『大翔』は平成15年から続けて5位以内に入り、現在もその人気を保持し続けています。 様々な漢字と組み合わせることができるので、他の読みに比べると名付けの幅を大きく広げることができるでしょう。 たとえば『流希翔』であれば、 「留まることなく様々な世界を渡り歩き、大きく見分を広げてほしい」 と由来付けたり、『真翔』の場合は 「あらゆる角度から物事を見て、広い心で真実を見極めることのできる子に」 との願いを込めることができます。 『優翔』や『愛翔』であれば、 「たくさんの人に愛される子に」「多くの優しさを知り、愛情深い子に育ってほしい」 といった想いを込めても良いですね。 どのような由来であっても、『翔』の字を使うことで、心の広さ、スケールの広さ、進む道の広さを表すことができそうです。 翔折(かおる)・翔成斗(かなと)・翔色(かいろ)・翔今都(かいと)・翔生(かい)・翔歩(かほ)・翔以登(かいと)・翔衣亜(かいあ)・翔澄(かすみ)・翔那(かな)・翔伊馬(かいま)・翔羅(から)・翔伊里(かいり)・翔流馬(かるま)・和翔人(わかと)・大翔()・多翔良(たから)・千翔良(ちから)・千翔夏(ちかげ)・陽翔流(ひかる)・歩翔瀬(ふかせ)・才翔(さいか)・世翔今(せかい)・多翔音(たかね)・都翔早(つかさ)・翔主(かず)・翔須真(かずま) 『か』 の一文字だけを当てる場合、男の子、漢字三文字表記の名前が多くなります。 漢字三文字に読み三文字、こういった名前は現代風なイメージになりやすく、また読み方が独特で個性的な印象を与えます。 覚えにくいと言えばそうかもしれませんが、珍しいので印象に残りやすい名前であるとも言えるでしょう。 『翔』は1文字だけで画数が多いので、『千翔夏』や『翔今都』のように画数が少ない漢字を1つ入れるとバランスが良くなります。 また、二文字の場合も同じく、スッキリ見せたい場合は『翔生』『大翔』など、画数の少ない漢字と合わせるのがおすすめです。 『し・しょ』 高翔(たかし・こうし)・翔海(しょう)・翔宇太()・翔右起(しょうき)・翔右馬(しょうま)・翔真(しま)・賢翔(けんし)・王翔(おうし)・翔季(しき)・千翔(せんし)・蒼翔(そうし)・泰翔(たいし・やすし)・良翔矢(よしや)・都翔矢(としや)・二翔希(にしき)・翔伸(しのぶ)・翔比侶(しひろ)・歩翔(ほし)・翔月(しづき)・翔衣良(しいら)・蓮翔(れんし)・翔宇児(しょうじ)・青翔(あおし・せいし)・有翔(ゆうし)・立翔(りゅうし)・心翔(しんと) 『翔』は『しょう・と』の2つの読み方で使われることが非常に多いため、 『し』 のみで使う名前は珍しく、人気のある漢字であっても個性を表すことができます。 『し』 の響きはスマートな印象を与えますが、その中に温かさも感じさせることができます。 漢字だけでなく音の響きにこだわり、『幸せ』や『至福』の『し』に関連付けて 「幸せな人生が広がりますように」「たくさんの人に幸せな心をあげられるような男の子に」 との願いを込めて 『し』 と読ませて使うのもいい方法です。 『翔』の人気を探る! 常用漢字ではない『翔』の字が、人名としてなぜここまでの人気を集めるようになったのでしょうか。 その要因を探ってみました。 30年以上も人気が高い! 『翔』や『翔太』が人気を集め始めたのは、1980年代に入ってからのこと。 それから現在に至るまで、30年以上もの長い期間、名付けランキングに必ず入る『翔』の字。 名付けにはメディアの影響が強く反映されると言われます。 その変遷(へんせん)を見ると、1976年に司馬遼太郎の歴史小説『翔ぶが如く』ベストセラーになりました。 続いて、1988年には哀川翔さんが本格的に俳優デビューし、1989年からは月刊少年マガジンで連載された漫画『あきら翔ぶ!』が人気を集めました。 それまでに比べ、メディアで『翔』の字を目にすることが増えたのが、人気を集める一因ではないかと察することができます。 以降は、1990年代後半にデビューしたアイドルグループ嵐の櫻井翔さんや、プロ野球選手の大谷翔平さん、Hey!Say!JUMP!の中島裕翔さんなど、男の子の名前では定番になりました。 このように、有名人にも多い『翔』の字は、今後も人気を維持しつづける可能性は高いと言えそうです。 (有名人の子どもの名前をまとめたもご参照ください。 ) [co-9].

次の

男の子の名前で「翔」を使った名前179選&由来の例

名前 男の子 止め字

feelbabyname. php? 「綿」で終わる実績のある名前や意味・画数・イメージ・ランキングなどの命名に特化した漢字情報や、更に「綿」の読み方からの命名や「綿」を使って想いを込めて楽しみながら考えられるご提案方法をご紹介しています。 「綿」で終わる名前の目次• 21,727位• 姓名判断:• 幼青 吉• 中晩 吉• 性格 凶• 対人 凶• 1 選択した漢字「綿」の命名お役立ち情報 「綿」の漢字情報 「綿」の意味や名前としての使いやすさなどを詳しくご紹介しています。 使い方を学んでより快適に命名を楽しみましょう。 ご希望のボタンをクリックすると命名実績のある名前を一覧します。 ボタンのない響での命名は を参照ください。 また代表的な響きではなく漢字読みランクの低いものでの命名は、難読や読み間違えとなりますので慎重にご検討ください。 漢字「綿」の読み方を「響きナビ」より選びます。 連想する呼び名や漢字がない場合は、各ナビを使って名前にしていきましょう。 他の漢字でご相談 「綿」の他に気になる漢字がある方は、下記より新たな条件の漢字でご相談ください。

次の

明治安田生命

名前 男の子 止め字

添え字・止め字って? 「添え字」や「止め字」という言葉を聞いたことはありますか? 「添え字」「止め字」とは、名前の最後につく文字のことを言い、呼び方が違うだけで、意味としては同じです。。 子供の名前を考える時に、この添え字が名前のバリエーションを広げる役割をしてくれるのです。 子供に二文字以上の名前を付ける場合は、使いたい漢字に添え字を付けて名前を考えることになります。 使いたい漢字と添え字を組み合わせることで、より多くの名前の候補を考えることができます。 もし名前に使いたい漢字が決まっていなければ、まずは名前を漢字にした時の文字数や一番最後に付けたい漢字(添え字や止め字)から考えてみると良いでしょう。 そうすることによって、使いたい漢字が自然と浮かんでくることもあります。 男の子のに人気の添え字・止め字を使った名前270選 添え字として使われる漢字はたくさんあるので、赤ちゃんの名前を考える際に迷ってしまいますよね。 そこで、男の子の名前で人気のある添え字をいくつか紹介します。 それぞれの添え字を使った名前の例も、あわせて紹介していきます。 ここで紹介している名前の漢字は一例なので、響きや画数などに合わせて別の読み方をあてたり、別の漢字をあてたりしてもいいでしょう。 また、 同じ読み方をする漢字でパパママが使いたいものに変更するなど、同じ添え字を使っていても、名前には数多くのバリエーションがあります。 赤ちゃんにどのような名前を付けるのが良いか悩んでいるパパママは、ぜひ参考にしてみてくださいね。 男の子の添え字・止め字:人(と)• 尊人(たけと)• 優人(ゆうと)• 海人(かいと)• 爽人(あきと)• 陽人(はると)• 雅人(まさと)• 圭人(けいと)• 陸人(りくと)• 拓人(たくと)• 健人(けんと)• 直人(なおと)• 唯人(ゆいと)• 隼人(はやと)• 哲人(てつと)• 柊人(しゅうと) 「人」は、地に足をつけた力強いイメージで、人間の行動や人柄などを表す漢字です。 「人望が厚い、他人の見本となる立派な人に育ってほしい」という願いが込められています。 男の子の添え字・止め字:太• 敬太(けいた)• 瑛太(えいた)• 奏太(かなた)• 颯太(そうた)• 昂太(こうた)• 優太(ゆうた)• 健太(けんた)• 寛太(かんた)• 新太(あらた)• 陽太(ひなた)• 洋太(ようた)• 徹太(てった)• 隆太(りゅうた)• 翔太(しょうた)• 凌太(りょうた) 「太」は、大きくてたくましい、元気な印象を与える響きのある漢字です。 「明朗で勇気のある、おおらかな人になるように」といった願いを込めた名前です。 男の子の添え字・止め字:馬• 春馬(はるま)• 冬馬(とうま)• 和馬(かずま)• 佑馬(ゆうま)• 颯馬(そうま)• 拓馬(たくま)• 楓馬(ふうま)• 郁馬(いくま)• 朔馬(さくま)• 照馬(てるま)• 幸馬(こうま)• 涼馬(りょうま)• 翔馬(しょうま)• 竜馬(りゅうま)• 柊馬(しゅうま) 「馬」は、草原を駆け抜ける馬の躍動感のイメージがあり、生命力やたくましさのような颯爽としたものを感じさせる漢字です。 「生き生きとして、自由で勇敢な人になるように」という願いが込められている名前です。 男の子の添え字・止め字:樹• 大樹(だいき)• 泰樹(たいき)• 達樹(たつき)• 直樹(なおき)• 康樹(こうき)• 弘樹(ひろき)• 春樹(はるき)• 佑樹(ゆうき)• 雅樹(まさき)• 一樹(いつき)• 和樹(かずき)• 克樹(かつき)• 佳樹(よしき)• 竜樹(りゅうき)• 駿樹(しゅんき) 一文字の名前としても使われることの多い「樹」には、「生命力」や「前向きな成長」といったイメージがあります。 「まっすぐに成長する樹木のように大きく成長してほしい」といった願いを込めた名前です。 男の子の添え字・止め字:真• 一真(かずま)• 育真(いくま)• 優真(ゆうま)• 斗真(とうま)• 咲真(さくま)• 創真(そうま)• 風真(ふうま)• 卓真(たくま)• 悠真(はるま)• 亮真(りょうま)• 祥真(しょうま)• 秀真(しゅうま)• 隆真(りゅうま)• 康真(こうま)• 恭真(きょうま) 「真」は、「まこと」や「本当」といったポジティブな意味がある、明るいイメージを持った漢字です。 「自分に正直で飾らない、ありのままの姿で前向きに生きられる人に育つように」といった願いが込められています。 男の子の添え字・止め字:貴• 瑛貴(えいき)• 旺貴(おうき)• 一貴(かずき)• 啓貴(けいき)• 裕貴(ひろき)• 優貴(ゆうき)• 光貴(こうき)• 純貴(じゅんき)• 輝貴(てるき)• 尚貴(なおき)• 俊貴(としき)• 友貴(ともき)• 陽貴(はるき)• 将貴(まさき・まさたか)• 瑞貴(みずき) 「貴」は、「地位が高い」、「とうとい」といった、尊大で上品なイメージを持っている漢字です。 そのことから、「落ち着いて凛とした振る舞いができる、知性がある人に成長してほしい」という願いが込められています。 男の子の添え字・止め字:也• 郁也(いくや・ふみや)• 和也(かずや・かずなり)• 克也(かつや)• 智也(ともや)• 晋也(しんや)• 慶也(けいや)• 健也(けんや)• 愁也(しゅうや)• 隼也(しゅんや)• 聖也(せいや)• 翔也(しょうや)• 隆也(たかや・りゅうや)• 達也(たつや)• 哲也(てつや)• 弘也(ひろや・ひろなり) 「也」は断定や強調を表現する漢字で、組み合わせたメインの漢字の意味を強調することができます。 「堂々としていてすがすがしく、さっぱりした人になってほしい」という願いが込められています。 男の子の添え字・止め字:翔• 大翔(はると)• 暁翔(あきと)• 聖翔(まさと)• 悠翔(ゆうと)• 郁翔(いくと・ふみと)• 瑛翔(えいと)• 海翔(かいと)• 奏翔(かなと)• 桐翔(きりと)• 慶翔(けいと)• 拳翔(けんと)• 蓮翔(れんと)• 湊翔(みなと)• 琉翔(りゅうと)• 秀翔(しゅうと) 「翔」には、「羽を大きく広げて空高く飛び舞う」という意味があります。 「鳥が空高く飛ぶように、気ままにのびやかに成長してほしい」といった願いが込められています。 男の子の添え字・止め字:生• 樹生(たつき)• 亜生(あせい)• 歩生(あゆき)• 海生(かいせい)• 賢生(けんせい)• 煌生(こうせい)• 航生(こうき)• 将生(まさき・しょうき)• 夏生(なつき)• 慶生(けいせい)• 侑生(ゆうせい・ゆうき)• 一生(いっせい)• 泰生(たいせい)• 琉生(りゅうせい)• 宏生(ひろき) 「生」は、「うまれる」や「生きる」といった命に関する意味を持つ漢字で、生き生きとした生命力を感じることができます。 「素直な心を持って、毎日、元気な生活を送ることができるように」という願いが込められています。 男の子の添え字・止め字:弥• 一弥(かずや)• 史弥(ふみや)• 雅弥(まさや)• 圭弥(けいや)• 考弥(こうや)• 伸弥(しんや)• 淳弥(じゅんや)• 征弥(せいや)• 徹弥(てつや)• 宏弥(ひろや)• 基弥(もとや)• 侑弥(ゆうや)• 倖弥(ゆきや)• 力弥(りきや)• 諒弥(りょうや) 「弥」には、「端から端まですみずみにわたる」、「限りなく広がる」といった意味があります。 そのことから、「おおらかで寛大な人になるように」という願いが込められた名前です。 男の子の添え字・止め字:大• 彰大(あきひろ)• 康大(こうだい)• 翔大(しょうだい)• 昌大(まさひろ)• 俊大(としひろ)• 雄大(ゆうだい)• 隆大(たかひろ)• 寛大(かんた)• 隼大(しゅんだい)• 壮大(そうだい)• 陽大(ようだい)• 智大(ともひろ)• 尚大(なおひろ)• 泰大(やすひろ)• 幹大(みきひろ) 「大」という漢字は、おおらかでのびのびとしたイメージがあります。 「広くて大きい心と立派な人柄を持ち、優秀な人になってほしい」といった願いが込められた、たくましくて男らしい、スケールの大きな名前です。 男の子の添え字・止め字:雅• 大雅(たいが)• 和雅(かずまさ)• 崇雅(たかまさ)• 清雅(きよまさ)• 直雅(なおまさ)• 風雅(ふうが)• 悠雅(ゆうが)• 佳雅(よしまさ)• 琉雅(りゅうが)• 凌雅(りょうが)• 輝雅(てるまさ)• 晃雅(あきまさ)• 忠雅(ただまさ)• 俊雅(としまさ)• 弘雅(ひろまさ) 「雅」は、みやびやかで美しく、風流な様子を表している漢字で、優雅で和風なイメージがあります。 「穏やかで品格のある人に成長してほしい」という思いが込められた名前です。 男の子の添え字・止め字:斗• 絢斗(あやと)• 蒼斗(あおと)• 彰斗(あきと)• 惟斗(ゆいと)• 詠斗(えいと)• 快斗(かいと)• 宙斗(ひろと)• 叶斗(かなと)• 慧斗(けいと)• 愁斗(しゅうと)• 昌斗(まさと)• 遥斗(はると)• 敬斗(たかと)• 隆斗(りゅうと)• 勇斗(ゆうと) 「斗」は、星座を連想させる漢字で、神秘的なイメージがあります。 「果てしなく広がる星空のように、大きくて広い心を持った人になってほしい」という願いが込められています。 男の子の添え字・止め字:介• 瑛介(えいすけ)• 雄介(ゆうすけ)• 恭介(きょうすけ)• 健介(けんすけ)• 俊介(しゅんすけ)• 颯介(そうすけ)• 涼介(りょうすけ)• 旺介(おうすけ)• 圭介(けいすけ)• 亘介(こうすけ)• 泰介(たいすけ)• 晋介(しんすけ)• 隆之介(りゅうのすけ)• 淳之介(じゅんのすけ)• 慎之介(しんのすけ) 「介」という、「間に入る」や「助ける」などの意味を持つ漢字は、和風で落ち着いた印象があります。 「困っている人がいれば、手を差し伸べて助けることができるような優しい子に育ってほしい」といった願いが込められた名前です。 男の子の添え字・止め字:輝• 大輝(だいき)• 永輝(えいき)• 泰輝(たいき)• 昂輝(こうき)• 知輝(ともき)• 和輝(かずき)• 竜輝(りゅうき)• 将輝(まさき)• 優輝(ゆうき)• 博輝(ひろき)• 潤輝(じゅんき)• 俊輝(しゅんき)• 利輝(としき)• 直輝(なおき)• 由輝(よしき) 「輝」という漢字には「光り輝く」といったプラスの意味があり、華麗さの中に力強さを感じることができます。 「将来、素晴らしい成功を収められるように」という期待が込められています。 男の子の添え字・止め字:郎• 孝太郎(こうたろう)• 旺史郎(おうしろう)• 虎太郎(こたろう)• 史郎(しろう)• 寛一郎(かんいちろう)• 爽一郎(そういちろう)• 純一郎(じゅんいちろう)• 慎太郎(しんたろう)• 隆太郎(りゅうたろう)• 健太郎(けんたろう)• 祥太郎(しょうたろう)• 恭太郎(きょうたろう)• 優一郎(ゆういちろう)• 進次郎(しんじろう)• 凛太郎(りんたろう) 「郎」は「よい男」を意味する漢字で、「清らかな男子」という意味があります。 「好感度が高く、いつまでも元気で爽快な人になるように」といった願いが込められていて、和風で重厚な響きを持つ名前です。 男の子の添え字・止め字:朗• 良太朗(りょうたろう)• 達朗(たつろう)• 哲朗(てつろう)• 瑛一朗(えいいちろう)• 寛太朗(かんたろう)• 幸太朗(こうたろう)• 圭史朗(けいしろう)• 吾朗(ごろう)• 丈太朗(じょうたろう)• 清一朗(せいいちろう)• 拓朗(たくろう)• 冬司朗(とうしろう)• 直太朗(なおたろう)• 佑太朗(ゆうたろう)• 健二朗(けんじろう) 「朗」は、「明るくほがらか」や「澄み切っている」という意味を持つ漢字です。 「快晴の空のようにすがすがしく、元気で心豊かな人になってほしい」という願いが込められた名前です。 添え字・止め字の名付けエピソードを紹介 最近では一文字の名前も多くある中で、添え字(止め字)を使い、赤ちゃんに二文字以上の名前を付けたパパママは、どのような願いを込めて名前を考えたのでしょうか。 パパママが、赤ちゃんに添え字を使った名前を付けた時のエピソードをいくつか紹介します。 発音がしやすく呼びやすいように パパと一緒に赤ちゃんの名前を考えていた時に、発音がしやすくて呼びやすそうな「か」を名前の最初の文字にしようと決めました。 発音のしやすさや呼びやすさだけではなく、「 大きな心を持った子になってほしい」という願いもあったため、「かなた」という名前を付けました。 (30代・主婦) 生まれた時の思いを忘れないように 長い間子供がほしいと思っていて、その時にようやくできた男の子です。 そのため、その時の気持ちを忘れないように、生まれた時期の漢字を使いました。 また、「 大きく元気に育ってほしい」という思いも込めた名前を付けました。 (30代・主婦) かぶらない名前にしたくて 私自身が学校関係の仕事をしているため、友人や知り合いだけでなく児童ともかぶらない名前にしたいと、パパと名前を考えている時に話していました。 「 たくましく元気に育ち、大事な人を守れる子になるように」という願いを込めて名前を付けました。 漢字は生まれてきた日に決めました。 (30代・学校勤務).

次の