大狂乱の天空のネコ。 【にゃんこ大戦争】大狂乱のネコ降臨 デスモヒカン攻略

【競合がきつい】天空のネコの評価と有効な使い道【にゃんこ大戦争】

大狂乱の天空のネコ

にゃんこ大戦争を攻略していく中でピンポイントで非常に活躍してくれる狂乱キャラの「狂乱のネコノトリ」について評価や性能をまとめていきます。 かなりDPSが高く攻撃力のある範囲攻撃を持ったキャラです。 攻撃射程に関しても基本キャラの第3形態である天空のネコよりも長い射程を持っていて取り巻きの一掃などに効果的なキャラです。 自軍の壁キャラの後ろから高火力で敵の前線を崩してくれます。 狂乱のネコノトリは生産速度も速い方なので、壁と遠距離攻撃キャラでは前線が崩されるようなステージで、高火力によって先にやっかいな敵を倒してしまったほうが良い時にも活躍してくれます。 入手方法:猪鹿鳥のクリア報酬 (狂乱ステージ:狂乱のトリ降臨) ブログ管理人のスマゲキング:入手済み それでは狂乱のネコノトリの性能、特性などをチェックして評価していきます。 評価と性能 無課金で手に入る激レアの「狂乱のネコノトリ」はにゃんこ大戦争を攻略していくのに活躍してくれるキャラとなっています。 評価としてはうまい使い方をできるようになれば、かなり活躍の場が出てくるといったキャラです。 生産速度と高火力の範囲攻撃をうまく活かす事ができれば活躍できます。 基本キャラのネコノトリが第3形態の天空のネコになるまであまり使う機会がないので、編成に入れることすら頭から離れそうですが、攻撃射程の伸びた狂乱のネコノトリを活用した方がいいステージはピンポイントで出てきます。 ステータス的な性能もネコノトリと比べて全体的に高いです。 大狂乱の天空のネコまで進化するとさらに攻撃射程が伸びます。 射程の短い敵キャラがまとめて出てくる時は大狂乱の天空のネコは取り巻き処理でかなり重宝します。 単体で生産して取り巻きをまとめて倒したり、量産して高火力で一気に敵の前線の強敵を倒しにいダメージ源になったりもできます。 特殊能力 なし。 第1形態「狂乱のネコノトリ」 体力は少ないが敵をまとめて一掃する。 超破壊力を持ったキャラ 範囲攻撃。 狂乱となることでリーチが伸びている。 基本キャラのネコノトリよりステータスが高く、攻撃射程も長くなっています。 第2形態「狂乱のネコUFO」 重力を超越した改造にゃんこ。 敵をまとめてお仕置き可能 範囲攻撃。 狂乱となることでリーチが伸びている。 第2形態に進化すると「狂乱のネコUFO」にクラスチェンジします。 第2形態へのクラスチェンジでもステータスが向上します。 第3形態「大狂乱の天空のネコ」 放たれる光弾は巨大都市を一瞬で焼き払った。 と伝えられる空中都市型にゃんこ 範囲攻撃。 大狂乱となることで攻撃力と射程がアップ 第3形態へのクラスチェンジでは攻撃力や攻撃射程が上がり、さらに強く使いやすくなります。 第3形態への進化 第3形態への進化は大狂乱ステージの「大狂乱のトリ降臨 蝶!猪鹿鳥」のクリア報酬です。 使い方と強さ 狂乱のネコノトリの強さは基本キャラのネコノトリと比べるとある程度の目安がわかります。 ネコノトリ(ネコUFO)• 狂乱のネコノトリ• 狂乱のネコUFO• 大狂乱の天空のネコ• ただ攻撃射程は大狂乱の天空のネコの方がかなり長いですので、より幅広い敵キャラに対して有効です。 一方で天空のネコは、ごくたまに「天使」の攻撃力を下げる特殊能力を持っているので使い分けや、併用して攻略していく事になります。 主な使い方の1つとして、「殺意のわんこ」をまとめて処理する時などに重宝します。 これがステージ開始直後とかに狂乱のネコトカゲで「殺意のわんこ」を複数処理しようとすると、生産時間や生産コスト、単体攻撃などがネックとなりうまく処理できない場合がよくあります。 他にも強化された「赤羅我王」が複数出てくるようなステージで、出来る限り高火力で倒しきりたい時に、狂乱のネコノトリ(狂乱のネコUFO)を量産する事によってまとめて早く倒せたりもします。 「フルぼっこ」や「ぶんぶん先生」などよりも攻撃射程が長いのも強みです。 高いDPSを活用して採点報酬ステージで早く敵を倒しきるといった事が必要な時にも活躍できます。 にゃんコンボ 未確認飛行物体: 「超ダメージ」効果アップ【小】 開放条件:未来編の第1章クリア では実際に活躍できそうなステージなどをチェックしてみたいと思います。 活躍できるステージ• 調査中• まとめ 無課金で手に入れる事のできる貴重な激レア「狂乱のネコノトリ」の評価や性能、使い方などをまとめてみました。 使い方を覚えるとピンポイントで編成に入れたくなるキャラといえます。 高いDPSと生産コストや生産速度、攻撃速度などを活かして活用するステージに投入する感じですね。 今から狂乱のネコノトリをゲットしにいく人はこちらの攻略記事を参考にしてください。

次の

天空のネコの評価⇒DPS&体力大幅上昇で2倍に!

大狂乱の天空のネコ

1ページ目:ネコビルダー、ネコカベ、ネコカーニバル、勇者ネコ、ネコドラゴン• 2ページ目:ネコヴァルキリー・真、狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• 比較的最前線に出ることが多いので、スニャイパーで押し返すことが可能。 拠点に迫られるのを遅らせるほか、後ろにいるほかの敵にネコムートの攻撃が当たりやすくなる。 所持金を稼ぐ上でも有用だ。 壁は厚めに:像の見た目をした「パオン」は、遠距離から範囲攻撃を行う。 ネコムートでぎりぎり範囲外から攻撃可能だが、被弾するリスクも大きい。 分厚い壁でしっかり守っていこう。 ネコカーニバルや勇者ネコも、壁役として使っていくといい。 生産速度が重要:ネコムートを守るためにも、壁役の生産速度は早いほうがいい。 働きネコの仕事効率や研究力などの青玉は、+による強化がほしいところだ。 壁の生産が間に合わないと感じた場合は、ニャンピュータに頼ってしまおう。 「暗黒憑依 超激ムズ」立ち回り ボスである「狂乱のネコ」は高い体力を武器に、最前線に立って少しずつ近づいてくる。 攻撃も痛いが、範囲は比較的狭い。 壁を厚く保ち、範囲外から攻撃することが重要となる。 1ページ目:狂乱のネコ、ネコビルダー、ネコカーニバル、ネコカベ、ネコドラゴン• 2ページ目:狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• 攻略のポイント ザコ敵が増えたときが危険:このステージでは非常に強化された「ゴリさん」や「アヒルンルン」が定期的に複数出現する。 いずれも突破力のある敵なので、壁が薄いとザコ敵を処理する後ろのキャラクターが被弾し、リカバリーできない状態に陥ってしまう。 攻撃役のキャラクターを壁役で守り、少しでも早くザコ敵を処理できるようにしていこう。 自拠点付近で戦ったほうが安定する:壁4枚の編成でニャンピュータを使った場合でも、敵の数が増えると前線の維持が難しくなる。 手動で戦う場合はなおさらなので、自拠点付近で戦ったほうが前線、そしてネコムートを維持しやすくなる。 場合によってはコンティニューもあり:このステージは、ニャンピュータ、スピードアップを使用しても、クリアに10分以上かかる。 よほど強化したパーティーでない限り、手動ならさらに時間が掛かるはず。 ボスの残り体力によっては、ネコカンでコンティニューしてしまってもいいだろう。 「絶対防御 超激ムズ」立ち回り ボスである「狂乱のタンクネコ」は、ゲーム内でも屈指の体力の高さを誇る。 クリアに時間が掛かる最大の要因だ。 ただ移動速度は遅いので、単体なら前線を維持しつつ、スニャイパーで押し返すこともできる。 1ページ目:狂乱のネコ、狂乱のタンクネコ、ネコカベ、ネコビルダー、天空のネコ• 2ページ目:ネコドラゴン、ネコヴァルキリー・真、狂乱のネコムート• にゃんコンボ:なし• ネコムートを開幕早々に生産し、できるだけ敵を処理することで、再生産までの時間を稼ごう。 可能ならば、研究力の青玉も+10にしておきたいところだ。 生産数の上限に注意:いったん敵拠点を叩くと、狂乱のウシネコが大量に登場するステージ。 たたく前に厚い壁を用意するのはセオリーだが、生産しすぎると上限に達し、その後に出したいキャラクターが生産できなくなる恐れがある。 狂乱系の2種類で、ネコムートが被弾しない程度に生産するだけでじゅうぶんだ。 「ヘッドシェイカー 超激ムズ」立ち回り ボスである「狂乱のウシネコ」は高速で前線に到達し、頭を狂ったように振ってくる。 単体攻撃で射程が短く、体力や攻撃力はそれほど高くない一方で、中盤以降は怒涛のように出現し、前線に10体近く固まることもある。 進攻を遅らせる壁役と、処理できる範囲攻撃キャラクターが必須といえる相手だ。 1ページ目:ネコライオン、ネコ島、ネコキングドラゴン、ネコジャラミ• 2ページ目:なし• にゃんコンボ:なし• そのほかも基本的に体力が高く、一撃は殴ってから離脱してくれる面々となっている。 ガチャ限定の強力なキャラクターがいる場合は、入れてもいいだろう。 攻略のポイント +にかなりの上乗せをしておく:本来、ガチャや狂乱系の強力キャラクターがほしいステージ。 基本キャラクターのみの編成の場合、+で強化しないと厳しい戦いとなる。 +20あれば、かなり安定した戦いができるだろう。 体力の低いキャラクターは出さない:ボスである「狂乱のキモネコ」は、100%の確率で波動を発動する。 射程も長く、ダメージを受けながら攻撃しなければならないため、体力の低いキャラクターや壁役などはまったく役に立たない。 いたずらに波動を誘発するだけなので、生産はしないほうがいいだろう。 ネコジャラミは常にいる状態に:ダメージソースであり、敵をふっとばすこともできるネコジャラミは、いないと困るほどの存在。 ニャンピュータを使わない場合、最優先でネコジャラミを生産し、いないときにほかのキャラクターでしのぐといった戦い方が基本となる。 狂乱のネコダラボッチがいれば、ネコジャラミと交互に出せるのでかなり有用。 持っている場合はぜひ入れよう。 「キモフェス 超激ムズ」立ち回り 波動は狂乱のキモネコの攻撃が当たってからの発動になるため、キモネコの射程外から攻撃することで、先手を打つことも可能。 遠距離攻撃キャラクターの出番ではあるが、ネコジャラミなどの近距離攻撃キャラクターを狙った波動によって、攻撃する前に被弾することもしばしば。 近距離と遠距離両キャラクターの攻撃が、重なるように調整できると効果的だ。

次の

【にゃんこ図鑑】狂乱のネコノトリ 狂乱のネコUFO 大狂乱の天空のネコ【激レア】

大狂乱の天空のネコ

にゃんこ大戦争『大狂乱のトリ』の攻略が完了しました。 大狂乱の攻略に成功したのは去年の12月以来なので、こうやって次に記事にできるまで長かったです。 コスモがあれば楽なんじゃないの?なんて思っていましたが、実際にはイノシャシやイノヴァルカンが危険。 これらの猪達とその場で殴り合えない場合、前線が下がります。 それではコスモの攻撃を城に通すことはできませんし、結局は大狂乱の天空のネコと長い間戦うことになります。 かといって焦って中途半端な状況でコスモを出すと、大狂乱の天空のネコや敵が吹っ飛んだ時に、前に進んで射程内に入ってやられてしまいますし、私もそれで何回も諦めていました。 私が試して駄目だったことや、思っていたよりも活躍してくれたキャラなど、気がついたことを書いているので、再現できたり参考になればうれしいです。 攻略の理想(戦略)編 コスモがあるからそれを活かしたい。 持っているなら皆が考えることだと思うのですが、大狂乱の天空のネコを押し込んで、城を直接叩いて落とす方針ですね。 268万もの体力を誇る大狂乱の天空のネコに対して、殴り合いを仕掛けるのは時間もかかりますしかなり面倒。 射程も640と長射程なので、それよりも長い射程のキャラでなければ安定して攻撃が出来ません。 再生産が早い速攻キャラがいるならば、殴り合いも選択肢に入るのでしょうが、城を落とした方が早いのであればそれに越したことはないですよね。 なので基本方針として 『城を先に落とす』ことを目標にしました。 次にW猪ですが、無視する編成で失敗し続けたので方向転換、完全に殴りあうことにします。 頭の悪い方法ではあるのですが、コスモがあるので城まで押し込まれることは無いと判断。 あわよくば城を落としたいけれども、 W猪を安定して抑えることを優先します。 実質的には 壁6のイメージで、前を支えることを優先。 攻略編成解説 ネコモヒカンからネコキョンシーまでは完全に壁。 大狂乱の天空のネコは攻撃の間隔が長いと感じました。 取り巻きがいなければ、ネコモヒカンとゴムネコで十分に足止め可能。 大狂乱のネコ島は地獄門での活躍が印象深く、対赤として気軽に量産できるので抜擢。 Lv20でも体力が36000ちょい、攻撃を一度耐えることができるのも高評価。 私はLv30なのでそれよりも3割ほど体力があるので、かなり心強いしコストも軽めなのがありがたいです。 キュゥべえ&ネコはイノヴァルカン対策に、 漂流の変わりに入れました。 DPS3900と50%で生き残る能力があるので、壁以上の働きを期待。 桃正義は完全にイノシャシ用で、火力も体力も生産性も素晴らしい。 とはいえ早すぎて、大狂乱の天空のネコの射程に入りやすいのが難点でしょうか。 一応1回は攻撃を耐えてくれます。 ネコハッカーは安定した攻撃要因で、主に取り巻きのナカイくんやガガガガへのダメージソースとして期待。 前線が下がらなければ十分貯まるので、上述したような壁を増やす編成になっています。 変り種はクビランパサランですね。 再生産の時間が長いので猪2種のどちらかに出したら、片方には間に合わない感じ。 なので私はネコ島や桃正義などでイノシャシに偏らせました。 というのも何度か失敗した時に クビランパサランだけで、イノヴァルカンを凌いだ経験があったのです。 手持ちと相談しながら赤い敵とエイリアンのどちらに偏らせるかを選択させてくれる、面白い役割を果たしてくれたキャラです。 コスモはありきの攻略をしたので語ることはありません。 攻略の現実(実戦)編 ネコボン&スニャイパー使用。 『大狂乱の天空のネコをふっとばして、城に直接攻撃する』 書くとこれだけのことなのですが、その形にするのに非常に苦戦しました。 ふっとばす効果をアップするにゃんコンボを入れるなど、色々と試してみたのですが私のプレイスタイルと相性が悪い、もしくはプレイスキルが低いせいか上手く行きませんでした。 最終的にガチるつもりでやったら上手くいったので、人生はよくわかりませんね。 結局の所イノシャシとイノヴァルカンと長時間戦うつもりの編成の方が安定したわけで、余計な小細工はプレイスキルの高い人の特権なのかと若干泣きたくなります(笑) クリアした時の流れ イノシャシに備えてお金を貯めようと考えて、ネコモヒカンとゴムネコを連打。 意外と余裕があることが(何回か失敗しているので)わかったので、お金が貯まり次第ネコハッカーを投入。 ナカイくんが出てくればコスモを出しても良いと気がついたので、 2匹目のナカイくんに合わせてコスモを生産。 ネコ島や他の壁もこの辺りで生産開始です。 大狂乱以外は足が遅いので、もうちょい早めにネコキュゥべえやキョンシーを投入しても良さそうでした。 上記は2回目に出現したイノシャシの画像。 イノシャシが出現したら全力で1列目のキャラを生産。 大狂乱の天空のネコとコスモの中間位の距離になったら、桃正義を生産します。 足が速いのでこれぐらいで何とかなります。 いかにイノシャシに前線が押されないか? これがこのステージの攻略のポイントだと個人的に感じていました。 1回目のイノシャシを倒して以降、私のプレイでは ほとんどお金に困りませんでした。 次はイノヴァルカンなのですが、お金の余裕も出来たということもあり、キュゥべえ&ネコを早めに生産。 こちらは割とDPSもあるだけでなく、生き残る能力もあるので普通に取り巻きを叩いてくれます。 イノヴァルカンが出てきたら再び様子を見ながらの全力生産。 ここで クビランパサランを投入。 足が遅いのでもうちょい早くてもいいかもしれませんね。 2種の猪によって、大狂乱の天空のネコが城から前へと若干進んでいたとしても、クビランパサランのおかげで押し返せます。 かなり足が遅いのでそこだけは注意が必要ですが、クビランパサランが攻撃するようになればイノヴァルカンは終了。 後は イノシャシとイノヴァルカンで繰り返しですね。 ぶっちゃけこの繰り返しで大狂乱の天空のネコを倒すつもりでした。 しかし思っていたよりも簡単に前線を支えることができた上に、押し込むことができたため、気がついたら落城寸前で、あれ?勝っちゃった?みたいに自分でもビックリしました。 改善案やら反省やら 今回もダメだったらまた「失敗したけど~」とやるつもりでした。 割と遠慮なしに編成したので参考にならない部分が多々あると思います。 なので個人的に考えていた代替案や改善案です。 コスモにキャッツアイを使用する コストに見合うかというと微妙なのですが、このステージに限ってはある程度以上の効果があると思っています。 Lv30のコスモでは 体力が27200なので、射程に入ると倒されてしまいます。 しかし Lv40のコスモならば体力が35200になるので、 1回は耐えてくれるようになり安定感が増します。 特にふっとばした後やにゃんこ砲の無敵時間に、前進してやられるパターンで失敗するのが私の場合非常に多かったので、かなり本気で検討していました。 コスモはあるけど……という方は検討の余地があると思います。 デメリットはキャッツアイを用意することですかね、本当に数が手に入らないので中々使えないです。 持っているけどレベルの関係で断念 対赤、対エイリアンなキャラ達ですね。 ネコ漂流とかも考えたのですが、実際はある程度足止めできれば大丈夫な気もします。 イノシャシも ニャック・スパロウでよかった気もしますし。 ネコバスたぶゴールデンも第三まで成長できていない、なので試してもいないです。 こうやって並べてみると『経験値不足』がわかりますね。 対浮は射程の関係で難しい印象を受けました。 またイノシャシとイノヴァルカンへの枠を割いてまでする必要を感じなかった、という点も対浮を検討すらしなかった理由でもあります。 経験値は大事 その人の状況によって変わるのでしょうが、私と同じ位の進行度なら同じように経験値に悩んでいそう。 レアチケットのこともあり、ついつい逆カバや逆カオに集中してしまうのですが、意識してゲリラ経験値をこなすのも、色んなステージへの適応力を上げるのに役に立ちそうです。 今みたいにマタタビ関連の何かがやっている時は別ですが、そうでないなら 土日の2回の超ゲリラの時間帯はできるだけ逃さないようにしたいですね! そして大狂乱のトリが攻略できたので、残った大狂乱ステージにも挑戦したいと思います。 割と狂乱祭がくるからチャンスは月1以上にありますし、新しい戦略を思いついたらまずは挑戦するのも大事ですからね。

次の