アラジン 実写 エンディング。 アラジン (2019年の映画)

アラジン実写版映画のストーリーの内容・結末もネタバレ!最後どうなったのかについても

アラジン 実写 エンディング

— 2018年10月月10日午後5時14分PDT 【原題】Aladdin 【製作年】2019年 【製作国】アメリカ 【配給】ディズニー 【監督】ガイ・リッチー 『アラジン』のあらすじ Sponsored Link 生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。 2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。 そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けるが……。 引用元:映画. com 『アラジン』のネタバレ 王女ジャスミンとの出会い — 2019年 5月月31日午前10時56分PDT 冒頭、ウィル・スミスが家族と船で旅をしています。 そして、子供たちにアグラバーの物語を始めます。 アグラバーという国は活気がありますが、貧しい人々も多く子供たちがお腹を空かせていました。 泥棒のアラジンは盗品を売ったり食べ物を盗んだりしながら生活していました。 でも、わずかに手に入った食料をお腹を空かせた子供にあげたりして、本当は優しい青年です。 ある時身分を偽り市場にいた王女ジャスミンは、子供たちがひもじい思いをしているのに見かねて近くにあったパンをあげてしまいます。 当然お金を払うべきですが、市民の生活がわかっていないジャスミンはお金を持っていないので追われることに。 アラジンが助け、王女の侍女のふりをするジャスミン。 ジャスミンは女王の形見のブレスレットを持っていたのですがアラジンの相棒のサル、アブーが隠してしまいます。 アラジンが取ったと疑い、怒ったままお城に帰ります。 お城にはジャスミンと結婚したい他国の王子が訪れていました。 贅沢な身なりをしていますが、あまり賢そうではありません。 ジャスミンは自分が王位を継ぐ意思を父である王様に伝えますが、王様は結婚して跡取りを見つけることを希望しています。 一方アラジンはもう一度ジャスミンに会いたいと思っていました。 ブレスレットを持ってお城に忍び込み、ジャスミンのいる部屋を訪れました。 まだ侍女のふりをするジャスミンにブレスレットを返し、2人は仲直りをしてまた会う約束をします。 城には、大臣として王に仕えるジャファーという悪い魔法使いがアラジンに目をつけていました。 ジャファーは、魔法の洞窟に入ることのできる「ダイヤの原石」を探していました。 その洞窟には純粋な心を持つ人間しか入れないのです。 ジャファーの飼うオウムが、そのダイヤの原石はアラジンだと見抜き、ジャファーは洞窟につれていきます。 ジャファーの目的は洞窟にある魔法のランプを手に入れることでした。 洞窟にはたくさんの宝石や財宝がありますが、欲にくらんでそれらを手に取ると洞窟から出られなくなってしまいます。 誘惑をはねのけ、岩に挟まった魔法の絨毯を助けたりしながらアラジンはランプを手にします。 ところが、サルのアブーが宝石を持ってしまい洞窟には溶岩が溢れ出します。 それでもどうにか入り口に向かうアラジンですが、ジャファーは裏切りアラジンは溶岩に向かって真っ逆さまに。 絨毯に助けられ危機一髪のアラジンですが、入り口が塞がれ出ることができません。 ランプから出たジーニー — 2019年 5月月29日午前10時00分PDT 困ったアラジンが、ジャファーが狙っていた魔法のランプをこすると魔人が現れました。 ジャファーはこの魔人の力を使いたかったのです。 魔人はジーニーと言い、1000年もの間ランプの中に閉じ込められていました。 陽気なジーニーに洞窟から出してもらったアラジンですが、願った時ランプをこすらなかったと言いこの願いのカウントはゼロ。 ジーニーと話してジャスミンが王女であることを知ったアラジンは、自分を王子にするようジーニーに1つ目のお願いをします。 アラジンは早速王子として体裁を整え、ダンサーや楽団、贈り物もたくさん持ってジャスミンのいるお城に派手に尋ねます。 魔法でアラジンを王子だと錯覚しているジャスミンやジャファーを前に、アラジンは応対に失敗して「とんでもない王子」と思われてしまいます。 夜になり、魔法の絨毯でジャスミンと空を飛ぶ2人はやっと心を開いて会話することができます。 徐々に魔法が溶けて、ジャスミンは泥棒のアラジンと同一人物だとわかりますが、アラジンは「王子の姿が本当」だと偽ります。 がっかりしたジーニーはランプに入ってしまいました。 ジャファーとの戦い ジャファーは魔力で王に働きかけ、自分が思うように動かそうとしますがうまく行きません。 そして、アラジンを海に落として殺そうとしますが、アラジンはジーニーに「2つ目の願い」として助けられます。 お城ではジャファーがまた魔法で王を操り、ジャスミンと結婚しようとしていました。 気がついたアラジンが魔法の杖を壊し、王は正気に戻ります。 怒ったジャファーは魔法のランプを盗み、ジーニーを呼び出すと自分を王にするよう1つ目の願いをします。 王と王女、侍女は牢に入れられそうになりますが、ジャスミンは負けずに衛兵に呼びかけ魔法に打ち勝ちます。 このことで更にジャファーの怒りに火が付き、「王としてダメなら最強の魔法使いに」と2つ目の願いを叶えてもらいます。 魔法を使いアラジンを遠い雪国へと飛ばしてしまいます。 権力者となったジャファーはジャスミンと結婚しようとしますが、ジーニーがこっそり魔法の絨毯を送りアラジンを連れ戻していました。 『アラジン』のラスト・結末 ジャファーとアラジンはランプの取り合いとなり、ジャファー優勢となります。 殺されそうになるアラジンですが、ジャファーを煽ります。 「2番目」と言われることをひどく嫌うジャファーに「お前は世界最強じゃない。 ジーニーの方が上だ」と言います。 それなら、と3つ目の願いとして「世界最強の存在に」と願います。 「世界最強」とはすなわちランプの精であるジーニーになること。 アラジンはジャファーをランプに閉じ込めてしまい、平和が戻ります。 そして、アラジンはジーニーのかねてからの願いであった「自由になりたい。 人間として生きたい」という願いを3つ目でお願いします。 ジーニーをランプの精として拘束していた腕輪がはずれ、ジーニーは自由に、人間となりました。 好きだった侍女と一緒に世界一周の旅に出ることになり、冒頭の船のシーンへとつながります。 アラジンは元の生活に戻ろうとして城を去ろうとします。 王は今の法律がすべてではないと思い直し、王子でなくても王女と結婚できること、女性でも王として国をおさめることができるように法律を変えました。 ジャスミンはアラジンを追いかけ、2人はようやく結婚することができました。 『アラジン』の感想 よかった! 予告でも期待大だと思っていましたがその通り! 映像は本当に素晴らしくて映画館で見てよかったと思いました。 迫力があり、音楽も含めやはり映画館で「体感」したい作品です。 ジャスミン役のナオミ・スコットはきれいなだけじゃなくて歌声が素晴らしい! 自分の思いをぶちまけて、ジャファーの魔法に立ち向かう時に歌うところは本当に胸を打たれます。 魔法を持たない人間が気持ちだけで勝つ、というのは設定としては無理がありそうですが、あの熱演と歌唱力で納得させるものになったと思います。 欲の塊みたいなジャファーはアニメの時より狂気じみていて、そこは実写にする意味があるものだったと思います。 生身の人間だからこそ、そういう欲にとらわれると思うのです。 そしてジーニー! 「青すぎるウィル・スミス」なんて言われていましたが、私は好きです。 アニメ同様陽気で騒がしく、でも愛されキャラ。 ウィル・スミスらしい味付けもあってちょっとヒップホップ調なのもよいです。 アラジンに王子としての名前をつける時「プリンス」っていう呼び名はちょっとね、というところがあります。 これはもしかしてウィル・スミスの昔の歌手名義 「フレッシュ・プリンス」がネタ? そう思ってちょっと笑ってしまいました。 ラストはちょっとわかりにくいなぁ、と思いましたが、ジャファーは 「ジーニーを超える存在を目指そうとして結果ランプの精になってしまった」ということですね。 だからランプの中に閉じ込められてしまった、と。 私は字幕で見ましたが、吹き替えも気になります! 山寺宏一のジーニーも気になるし、プレミア吹き替えとして吹き替えのまま歌う「ホール・ニュー・ワールド」も聞いてみたいです。 こちらはレンタルになったら見ようかなぁ。

次の

アラジン実写版のサントラ曲まとめ!歌の歌詞や歌手を調べてみた

アラジン 実写 エンディング

簡単なあらすじとキャストの紹介 「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、不思議なランプを手に入れた若者が愛する女性を守るため繰り広げる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督のメガホンでディズニーが実写映画。 生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。 2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。 そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けるが……。 魔法のランプから登場するランプの魔人ジーニーをウィル・スミスが演じる。 アニメ版でアカデミー主題歌賞を受賞したアラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の「ホール・ニュー・ワールド」などおなじみの楽曲も流れるほか、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが手がけた新曲も物語を彩る。 アラジン: メナ・マスード ジャスミン: ナオミ・スコット ジーニー: ウィル・スミス ジャファー: マーワン・ケンザリ サルタン: ナビド・ネガーバン 引用「」 一押しのおすすめはアラジンとジャスミンの恋 実写版「アラジン」に関して、公開される前に出ていた情報やインタビューでジャスミンのキャラ設定がオリジナルアニメと異なることがわかっていました。 たとえば、アニメ版ではジャスミンには虎のラジャーしか友だちがいない事になっていましたが、実写版では新キャラの王女付き召使いダリアがジャスミンの親友という設定になっています。 となると、アラジンと出会う事にきっかけになったジャスミンの宮殿を抜け出しの理由がおかしくなってしまいます。 しかしそんな心配は杞憂とばかりに、実写版のジャスミンは、アニメではそんな素振りをまったく見せなかった強い情熱を持っており、その情熱に後押しされて宮殿を抜け出したことになっています。 そんな背景があって、アラジンと出会い、ジャスミンにとってアラジンのことが徐々に気になる存在になるわけですが、そうなるための伏線が物語の最初から張り巡らされているのです。 さらに、アニメにはなかったイベントを加えて、ジャスミンとアラジンが互いに相手のことを思うようになっていき、アニメと同じよう展開で、ついには「ホール・ニュー・ワールド」を二人で歌う魔法のじゅうたんでのデートの後に両思いになるわけですが、そのときに見せる二人の表情は、見ているこっちも思わず微笑んでしまうほど、可愛らしいものでした。 オリジナルアニメではそこまで深く二人のキャラクターの心情の変化を、僕自身は感じることはありませんでしたが、実写版ではより深く、しかもわかりやすく演出されているのが、とても感動的でした。 次のおすすめはジャスミンというキャラクター 次におすすめしたい見どころはジャスミンというキャラクターです。 オリジナルアニメでは、がんじがらめに決められたルール通りに生きることを強制される立場に嫌気が差して、宮殿から抜け出す決意をしたわけですが、そんな立場にあることに対して同情を感じるものの、その対処法として選んだ「宮殿から抜け出す」という行為は、ある意味、ただ逃げているだけ、と感じられなくもありません。 実際のところ、宮殿での生活しか知らないジャスミンが宮殿を抜け出した後、どうやって生活をしていくつもりだったのか、そのビジョンが見えませんでした。 宮殿からの抜け出しに成功し、一生宮殿の外で暮らすことになっていたらを考えると、おそらく幸せな生活を遅れた、という結末にはならなかったのでは、思ってしまいます。 そこへいくと実写版では、ジャスミンのキャラクターは、その役を演じたナオミ・スコットの考えもあり、現代に沿った、強いメッセージ性を帯びていると言えるでしょう。 自分が感じる現状の理不尽さに対し、どんなに困難でもぶち破ってみせる、という決意が感じられる、とても強い女性として描かれています。 そしてそんなキャラクターだからこそ、好きになってしまったアラジンに対する表情が、一種の「ツンデレ」っぽく見えてしまうのではないか、と思ってしまいます。 とにかく、ジャスミンはただ、ディズニープリンセスの一人、というだけでなく、強い女性としてのキャラクターを、今回の実写版でよりはっきりと確立したと感じました。 ロビン・ウィリアムスのジーニーとの違い 良くも悪くも1992年の「アラジン」はロビン・ウィリアムスの作品というイメージついているように思います。 おそらく「アラジン」と聞いて何を一番最初に思い浮かべるか、という問いに、一番多い回答は「ロビン・ウィリアムスのジーニー」になるのではないか、と思うのです。 そして、2番めは「ホール・ニュー・ワールド」、3番めは「ジャスミン」になるのではないでしょうか。 それほど、ロビン・ウィリアムスのジーニーに、どでかい印象が集中していると感じますが、そのことは、今回ジーニーを演じたウィル・スミスも恐怖を伴って感じていた、とインタビューで答えています。 しかしそこは、トップスターとして30年以上、エンターテイメント業界にいるウィル・スミスですので、新たなジーニーを作り出す方法を見つけ出していました。 それが、今回僕が感じた、おすすめ見どころの一つ、各キャラクター通しの関係性、だと思うのです。 すでに述べたようにアラジンとジャスミンの関係もそうですし、アラジンとジーニーの関係もより深く、描かれているように感じました。 特に青いウィル・スミスの評判は、予告編が発表された時点では、芳しいものではなかったように記憶しています。 が、映画を全て視聴した今から思えば、あえてあのウィル・スミスを見せて悪い評判をとっておいたのは、戦略ではなかったのか、と思ってしまうほど。 それほど、アラジンとジーニーとのやり取りが面白く、前評判を完全に覆すものとなったと感嘆しました。 ぜひとも、アラジンとジーニーの掛け合いに注目して楽しんでほしいと思います。 その他のおすすめ その他にも、深掘りされたジャファーもおすすめです。 アニメでは明らかにされなかった、ジャファーの過去やなぜサルタンになりたいか、といった設定も実写版では明らかにされます。 そうすることで、オリジナルアニメでただ単に国を盗もうとしていたジャファーに、国を盗もうと企んだ動機がきちんと説明され、より説得力を感じました。 さらにおすすめとして、新キャラクターのうまい使い方を挙げたいと思います。 「アラジン」だけでなく、これまでの実写版化した映画で感じていたことですが、アニメと比べると、人間以外のキャラクターの個性が死んでしまうような気がしました。 というのも、アニメーションでは描かれる人間以外の動物や道具にも、人間のような表情をたやすく加える事ができます。 たとえ動物が言葉を喋らなくても、人間のような表情をすることで、その気持がわかるほどでした。 しかし実写版となると、よりリアルに描かれるため、アニメのように絶対にしないであろう、人間のような表情をして心情を表すという技法は使えなくなってしまいます。 この問題は前作の実写版化映画「美女と野獣」でより顕著に感じた問題でした。 城の道具となってしまった使用人達がの動きが、リアルなポットやティーカップ、置き時計や洋服ダンスなどで表現しないといけないがためにとてもぎこちなく、更に表情に関しては、アニメと比べるとまったく表せないほど、とてもひどいものになってしまっていました。 「アラジン」ではその失敗を踏まえて、動物や絨毯にその役を無理にさせず、新キャラクターを作り出して対応しているのが、見事だと思いました。 新キャラクターを加えたことで、更に彼女に関するエピソードも加えてより楽しくストーリーを作り上げています。 特に予告編などではまったく紹介されなかった、映画の冒頭のシーンは、驚きの伏線となっていますので、楽しんでください。 まとめ 「ネタバレ無し」でおすすめ見どころを上げてみましたが、いかがだったでしょうか? 実写版で、ほぼオリジナルストーリーはなく、アニメと筋書きは一緒、ということが究極のネタバレかもしれません。 その点に関して、この記事を読んで、がっかりした方がいらっしゃったら、謝ります。 とは言え、ストーリーが殆ど一緒とわかっていても、見ていてすごく楽しめる作品に仕上がっていることは保証しますので、ぜひ楽しみにしていてください。 最後に、僕は6歳の息子と一緒に見に行きましたが、途中で席に座っていられず、動き回ろうとしていたので数回注意しました。 また、周りの子供連れの家族も、子供が立ち歩いて親が追いかけていたり、途中でトイレと言われたのでしょう、映画館から出ていく親子がいたりと、結構騒がし目でした。 そこから感じたのは、6歳前後の子供には、それほど面白くない映画なのかもしれません。 お子様と視聴を予定されている方がいらっしゃったら、一応、一意見として参考になればと思います。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: ディズニー映画を視聴できる動画配信サービス紹介 最後にディズニー映画を無料で視聴できる方法があるので、お知らせしたいと思います。 「アラジン」に代表されるディズニー映画は動画配信サービス「U-NEXT」で視聴することができます。 しかも条件によっては無料で視聴することができる方法もあります。 U-NEXTでディズニー映画を視聴する方法 U-NEXTでは多くのディズニー映画は有料作品に分類されています。 しかし、初めてU-NEXTに登録する方には31日間の無料トライアルサービスを利用することができ、有料作品を視聴する際に利用できるボーナスポイントをもらうことができます。 つまりそのサービスを利用すれば、もらえたボーナスポイントを使って 無料でディズニー映画を視聴することができるのです。 もし興味がありましたら、下のリンクよりお試しください。

次の

アラジン (2019年の映画)

アラジン 実写 エンディング

ストーリー [ ] 船に乗って旅をしている家族。 その父親が2人の子どもにアラジンの物語を聞かせることから始まる。 アグラバーの町で猿のアブーとともに暮らす貧しい青年アラジン。 市場へ繰り出しては盗みを働いていた彼は、ある日、変装した王女ジャスミンと出会う。 アラジンは侍女のふりをしたジャスミンと心を通わせるが、アブーが彼女の母の形見である腕輪を盗んだことで幻滅されてしまう。 アラジンは腕輪を返すために王宮に忍び込み、ジャスミンとの再会を果たすが、衛兵に捕らえられる。 国務大臣のジャファーは、ジャスミンが王女であることをアラジンに教え、チャンスを与えると言って、魔法の洞窟に入って魔法のランプを取ってくるよう命じる。 アブーとともに洞窟に入ったアラジンは、岩に挟まれていた魔法の絨毯を助け、ランプを取ることに成功するが、アブーが「ランプ以外の財宝に触ってはいけない」という掟を破って宝石に触れたことで、洞窟に閉じ込められてしまう。 途方に暮れたアラジンだったが、絨毯の指示でランプをこすったところ、ランプの中から魔人ジーニーが出現。 ジーニーはランプをこすりながら願い事を言えば3つかなえると言う。 アラジンはジーニーの目をごまかして願い事を言ったふりをして魔法を使わせて洞窟から脱出すると、1つめの願いで架空の国「アバブワ」の王子・アリとして名前と服装を変え、ジャスミンのもとへと向かう。 登場キャラクター [ ] アラジン 本作の主人公。 アグラバーに暮らす貧しい青年。 市場でコソ泥として生活をしている。 ジャスミンと出会い、恋に落ちる。 アニメ版と比較すると気弱で不器用な面が強調されている。 ジャスミン 本作のヒロインで、アグラバーの王女。 自分を他国の王子と結婚させようとする父・サルタンや、武力で他国を支配しようとするジャファーに反発している。 アニメ版と比較すると宮殿の外に出られないことへのコンプレックスが強調されている。 ジーニー ランプの魔神。 3つまで願いをかなえることができる。 アニメ版と比べ、やや皮肉屋なところがある。 また、アニメ版とは異なりアラジンを「アル」の愛称では呼ばず「坊や」と呼び、願い事の制限も死者蘇生と恋愛は挙げているが、殺人については言及していない。 ランプから出てきた当初は数メートルの巨体だったが、アラジンと同じくらいの背丈の人間に姿を変えることも可能で、ジャスミン達の前では、アリ王子(アラジン)の従者として振る舞っている。 ジャファー 本作の。 アグラバーの国務大臣。 魔法のランプを手に入れ、アグラバーを支配しようとする。 また、他国を武力で制圧してでも勢力を拡大しようと目論んでいる。 アニメ版と比較すると若くなっており、出番が減少している。 しかし、アニメ版では語られなかった大臣の地位に至るまでの経緯に触れられている。 イアーゴ ジャファーの忠実なしもべのオウム。 声真似が得意。 オウムとしては非常に利口ながら、人間並みの知能とジャファー以上の饒舌を持っていたアニメ版ほどでは無い。 実写映画版独自の展開として、ジャファーの魔法により巨大な怪鳥に変身し、魔法の絨毯に乗ったアラジン達と空中戦を繰り広げる。 サルタン アグラバーの国王で、ジャスミンの父。 妻を亡くして以来、ジャスミンに過保護気味になっている。 アニメ版と比較すると、無邪気さやのんきな雰囲気は見られず国王らしい威厳のある人物となっている。 ダリア ジャスミンのでありよき友人のような存在でもある。 終盤でアラジンの願いで人間になったジーニーと一緒に旅をしようと結ばれ、冒頭に出てきた2人の子ども、リアンとオマールを授かった。 アニメ版には登場しない実写映画版のオリジナルキャラクター。 アブー アラジンの相棒のサル。 言葉は話さないが、鳴き声でコミュニケーションを取る。 盗みの天才。 ラジャー ジャスミンのペットのトラ。 ジャスミンが幼い頃からの親友で、彼女の命令しか聞かない。 リアン、オマール 映画の冒頭部分に登場した2人の子ども。 リアンが女の子でオマールが男の子。 人間になったジーニーとダリアの子どもである。 魔法の絨毯 洞窟内にいた、意思を持つ空飛ぶ絨毯。 岩に挟まれて身動きが取れなくなっているところをアラジンとアブーに助けられ、彼らと行動を共にする。 ジーニーとは長い付き合い。 魔法の洞窟 喋る洞窟。 入れるのは「ダイヤの原石」のみ。 アニメ版ではトラの顔の形をしていたが、本作ではライオンに変更されている。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 アラジン ジャスミン ジャファー サルタン ダリア ナシム・ペドラド アンダース王子 イアーゴ (声) ハキーム ヌーマン・アジャル ラズール ロビー・ハインズ オマール ジョーダン・A・ナッシュ リアン タリア・ブレア ジャマル アミール・ブートゥロス 魔法の洞窟 (声) 製作 [ ] ディズニーのファンイベント「D23 Expo 2017」でキャストが発表された。 2017年8月、イギリスで撮影を開始した。 興行収入 [ ] 『アラジン』観客動員数・興行収入の推移 観客動員数 (万人) 興行収入 (億円) 備考 週末 累計 週末 累計 1週目の週末 2019年6月8日・9日 1位 76. 6 96. 0 11. 2 14. 0 2週目の週末 6月15日・16日 75. 7 250. 0 11. 0 35. 8 3週目の週末 6月22日・23日 69. 1 385. 7 10. 0 55. 2 4週目の週末 6月29日・30日 61. 1 504. 9 8. 8 72. 2 5週目の週末 7月6日・7日 46. 8 598. 6 7. 0 85. 6 6週目の週末 7月13日・14日 3位 35. 0 690. 4 4. 9 98. 4 累計観客動員数および累計興行収入は7月15日までのもの。 7週目の週末 7月20日・21日 4位 19. 3 730. 5 2. 9 104. 2 7月17日に令和初の興行収入100億円を達成。 8週目の週末 7月27日・28日 6位 767. 5 2. 1 109. 5 9週目の週末 8月3日・4日 9位 797. 1 1. 3 113. 6 出典 [ ]• シネマトゥデイ. 2018年12月14日. 2018年12月21日閲覧。 2019年6月14日閲覧。 - 2020年2月14日閲覧。 com. 2019年4月10日. 2019年4月11日閲覧。 ふきカエル大作戦!! 2019年6月7日. 2019年6月7日閲覧。 映画ナタリー. 2019年3月26日. 2019年3月26日閲覧。 映画ナタリー. 2019年5月10日. 2019年5月10日閲覧。 「」『THE RIVER』、2017年7月16日。 2018年10月4日閲覧。 com. 2019年6月10日閲覧。 com. 2019年6月17日閲覧。 com. 2019年6月24日閲覧。 com. 2019年7月1日閲覧。 com. 2019年7月8日閲覧。 com. 2019年7月16日閲覧。 com. 2019年7月22日閲覧。 ORICON NEWS. 2020年6月22日閲覧。 com. 2019年7月29日閲覧。 com. 2019年8月5日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 英語版ウィキクォートに本記事に関連した引用句集があります。

次の