イラレ 文字 間隔。 Illustratorの整列の基礎と間違えやすい文字の整列テクニック

イラレ カーニングで文字間を美しく調整!

イラレ 文字 間隔

最初に言っておきますが、打った文字(テキスト)をアーチにする方法は2種類あります。 1、無理矢理アーチにしてしまう簡単な方法。 2、テキストの打ち直し修正可能な高度な方法 この2種類です。 1の方法は文字以外のオブジェクトにも適用できますがテキストの打ち直し修正ができません。 2の方法は文字のアーチにしか適用できませんがテキストの打ち直し修正可能です。 それぞれ特徴があり、状況によって使い分ける必要が出てくると思うので2種類とも覚えておきましょう。 文字のアーチに限定して覚えたいなら2の方法だけでOKです! 目次 【capiton:1】エンベロープでアーチを掛ける まず1の方法です。 これはエンベロープを使って無理矢理文字をアーチにしてしまう方法です。 この方法は 文字以外のオブジェクトにも適用可能です。 まず文字ツールで文字を打ってください。 ここでは「文字をアーチにする方法」と打ちました。 文字の大きさは26ptにしてください。 すると エンベロープオプションが出てくるので、 精度を100にする。 精度を100にできたら「OK」を押してオプションを適用させる。 すると今度は ワープオプションが出てくるので、 プレビューにチェックを入れてください。 すると選択した文字にプレビューが掛かります。 この時点ですでに文字がアーチになったと思います。 この状態でワープオプションにある「カーブ」のバーを動かして数値を変えるとカーブの比率が変わります。 数値が上がれば上がるほどアーチのカーブはキツくなりますね。 逆に数値をマイナスにすれば下方向にカーブが掛かります。 プレビューを見ながら数値を調整して、調整が終わったら「OK」をクリック。 これで文字にアーチを適用できました。 ちなみにこの後にバウンディングボックスから横幅を変えるとさらに微調整もできます。 バウンディングボックスとは ・選択ツールで選択したときにオブジェクトの周りに表示される四角の名称 微調整まですべて完了したら 仕上げをしましょう。 この仕上げを忘れると後々大変なことになります。 どう大変なのかはここでは説明しませんが データとして不完全な状態とだけ説明しておきます。 完全データ入稿する際に恥ずかしい思いをしないように必ず以下の処理を行ってください。 分割拡張オプションが出てきますがそのまま「OK」。 すると文字の周りにアンカーポイントがたくさん付きました。 これで仕上げ完了です。 無事にパスの完全データとなりました。 【caption:2】楕円形ツールでアーチを掛ける 次は2の方法です。 まずは楕円形ツールで正円を描きます。 左のツールパネルから楕円形ツールに切り替えてください。 長方形ツールを長押しすると 楕円形 だえんけい ツールが出てきます。 このツールで正円を描きます。 円を描く前にカラーパネルの 塗りを「なし」、線を「ブラック」にしてください。 カラーを設定できたら 「Shiftキー」を押しながらクリックして右下辺りにマウスをドラッグしてください。 すると正円が描けました。 楕円になってしまった人はShiftキーを押してなかった人です。 この正円の大きさを縦横100mmの大きさにしてください。 これで縦横100mmの正円が描けましたね。 そしたらダイレクト選択ツールに切り替えてください。 ダイレクト選択ツールで正円の 一番下のアンカーポイントをクリックしてから 「BackSpaceキー(Mac/deleteキー)」を押してアンカーポイントを削除してください。 こんな感じで下のアンカーポイントだけを削除できたと思います。 正円の上半分だけが残りました。 そしたら選択ツールに切り替えて半円を選択し、今度は文字ツールに切り替えて半円の一番左のアンカーポイント辺りにカーソルを合わせてください。 そうするとカーソルの形が少し変わります。 カーソルの形が変わったのを確認した状態で、クリック。 これで文字が打てる状態になりました。 この状態で文字を打ってみましょう。 ここでは「文字をアーチにする方法2」と打ちました。 するとさっきの半円の周りを沿うように文字が打てましたね。 ただこれだとちょっと左に寄りすぎです。 文字を中央揃えにしましょう。 右の「段落パネル」から中央揃えをクリックしてください。 すると文字が中央に揃いました。 あとは微調整が必要な場合は 文字のptを上げたり下げたりするとアーチの掛かり具合が変化します。 ptを下げればアーチは緩く、ptを上げればアーチはキツくなります。 ここでちょっとした テクニック・小技を教えます。 この時の33ptの方を良く見てください。 文字の始まりと終わりが水平ではありません。 「文」より「2」の方が水平よりちょっと上がっちゃってますね。 完璧さを求める人にしてみれば、これは許し難い失態です。 これを 完全に水平にしてしまうテクニックです。 文字ツールに切り替えて、一番最初の文字より左側をクリックしてください。 するとこんな感じで文字の前で点滅が始まり文字を編集できるようになります。 この点滅してる状態で 「Altキー(Mac/Oprionキー)」を押しながらキーボードの右矢印を数回押してください。 キーボードの右矢印というのは、キーボード上の右下辺りにある上下左右の方向を向いた矢印のうち、右を向いてるキーという意味です。 すると右矢印のキーを1回押すごとに文字が少しずつ右にズレていきます。 これで 超が付くほど細かい微調整ができます。 このように 完全に水平に調整できれば完成です。 ちなみにこの方法は文字の最初を移動するだけでなく、 文字と文字の間隔を調整する時にも使えます。 文字の間隔を調整する時は右矢印の他、左矢印も使います。 右矢印は間隔を広げ、左矢印は間隔を狭くします。 重要なポイント! 文字間隔調整方法 ・Altキー(Mac/Optionキー)+右矢印=間隔を広げる ・Altキー(Mac/Optionキー)+左矢印=間隔を狭くする 文字間隔まで調整できるようになればアーチのプロと呼ぶに相応しい存在になれますので是非テクニックとして取り入れてください! 最後に逆アーチにする方法です。 選択ツールでさっきのアーチを選択してください。 選択できたらバウンディングボックスの右角辺りにカーソルを合わせてください。 こんな感じにカーソルの形が変わりました。 このカーソルの形になったことを確認したら、「Shiftキー」を押しながらマウスでクリックして、クリックしたままバウンディングボックスの左下角辺りまでカーソルを動かしてください。 このように赤い矢印のイメージで動かしてください。 するとアーチが逆になりましたね。 これだと文字が下方向に向いてて読みにくいです。 上方向に向かせましょう。 アーチの真ん中あたりに1本線が立ってます。 赤い丸で囲った部分です。 ここにカーソルを合わせると上画像のようなカーソルの形に変化します。 このカーソルの形に変化したのを確認したら、 クリックしながら上方向へとマウスをドラッグしてください。 文字を上方向に向かせる事に成功しましたね。 しかし良く見てみると文字の最後に「+」マークが付いています。 この「+」マークは 見えないけどまだこの先に文字がありますよ!って意味です。 そういえば「2」の文字が見えなくなっちゃってますね! これは文字が消えたわけではなく ただ見えなくなってるだけです。 よって、文字のptを下げれば見えるようになります。 文字の大きさを30ptに下げたらちゃんと「2」まで見えるようになりました。 あとはアーチの掛かり具合が気になる人は文字の大きさや文字間隔などを調整して完成です。 最初にも言いましたがこの2個目に説明した 楕円形ツールからアーチを作る方法は文字ツールを使っていつでも何回でも 文字の修正が可能です。 よって 文字にアーチを掛ける時は楕円形ツールからアーチを掛けることを強くオススメします。 文字をアーチにする方法と文字間隔を調整するプロ技テクニックは以上になります。 参考になった! ありがとう! と思った方は「ツイート」や「いいね!」のご協力をお願いします。 管理人が大変喜びます! この記事が役に立ったとおもったら イラレに関するアンケートへのご協力をお願いします! アンケート回答は3分で終ります。 引き続きコメント頂きありがとうございます。 完全データで業者等に入稿する場合、テキストやオブジェクトを分割・拡張する認識はあっています。 方法2の最後に分割・拡張を説明していない理由は、あとからいつでも文字の編集が可能な状態にしておく為です。 方法1のエンベロープを使うと、分割・拡張の有無に関係なく文字の編集は出来ません。 ここで説明しているのは完全データの作り方では無く、文字をアーチにする方法ですので方法2では編集可能な状態までの説明で終わりにしています。 その方があとから編集する際に便利です。 どちらの方法でアーチにした場合でも、業者に入稿する際は必ず分割・拡張をしてから入稿して下さい。 これは文字化けを防ぐ為に必ず必要な処理です。 完全データとは、業者へ入稿する最終データの事です。

次の

Illustratorで文字間のカーニングを「オプティカル」にしてテキストボックスを拡大縮小すると文字組みが変わる|DTPサポート情報

イラレ 文字 間隔

イラストレーターでは、オブジェクトなどの描画だけでなく、テキストツールを利用してテキストを入力することができます。 入力したテキストは行間を好きな間隔に設定することができます。 今回は、イラストレーターで文字の行間を設定する方法をご紹介します。 イラストレーターの文字に行間を設定する方法 イラストレーターにはテキストを配置する為のテキストツールが幾つかあります。 好きなツールを使ってテキストを作成してください。 今回は標準の文字ツールでテキストを作成してみます。 まず、適当なサイズでドキュメントを作成しました。 このような感じで、横書きで3行程適当に入力してみました。 この3行の行間を変更してみます。 作成済みのテキストに変更を加えるので、このように変更させたいテキストを、テキストツールのままドラッグして選択しておきます。 後は、文字パネルから行送りオプションの項目を指定するだけです。 行送りのオプションを先ほどよりも大きく設定しました。 先ほどより行間が広くなったのがわかると思います。 値を小さくすると、行間が狭まりこのようになります。 縦書きの場合も同じように変更が可能です。 縦書きと横書きの場合、アイコンが少し変化します。 試しに値を大きく変更してみます。 縦書きの場合このように行間が変化します。 基本的な操作の1つなので、しっかり覚えておきましょう。

次の

Illustrator CS5で文字組みの行間デフォルト設定(初期設定)を変更する方法

イラレ 文字 間隔

一方、画像の上にテキストを配置したい場合、[等間隔に分布]ではなく、[オブジェクトの分布]を使いますが、そう単純ではありません。 間隔値が正の値のままだと、画像の外に飛び出してしまう(ことがある)• 負の値にすると、なぜか大丈夫(なことがある)• オブジェクトの整列には、等間隔に分布の間隔値は無効 そこで、ダミーのオブジェクトと一緒に選択し(つまり3つ以上、オブジェクトを選択している状態で)、オブジェクトの分布(垂直方向上に分布)をクリックするのがよいでしょう。 このとき、ダミーのオブジェクトを大きく(縦に長く)しておくのがポイントです。 なお、上(左)に揃えてから、[キー入力]の値で、矢印キーで移動するのが一番シンプルです。 白地に白いオブジェクトのときなど、これはこれで面倒ですが、余計なオブジェクトを作るよりはマシです。 ありがとうございます! 2014年10月に発売。 新しいバージョンを使いながらも、古いやり方のまま作業されている中級以上のユーザー向けの書籍。 ツールやコマンドなどの基本的な使い方の解説はありません。 2015年3月、8月、2016年7月、11月、2017年9月に増刷(現在「6刷」)。 前書(2011年版)と合算すると38,000部のロングセラーとなっています。 改訂版に関する情報 の改訂版です。 178ページから78ページ増量の256ページ• 改訂版にありがちな「焼き直し」は69ページのみ• 金額は180円(だけ)アップの2,380円(税別) 書籍リリース後の追加情報は、にて公開しています。 最新版への対応 Illustrator CC 2019(2018年10月リリース)への対応版準備中です。 全ページ書き換えますので、2017年版を待たずに、2014年版を(も)ご購入ください。 お知らせメールへの登録は。 全都道府県縦断セミナーツアー 2014年10月に技術評論社から発売された『10倍ラクするIllustrator仕事術』(増強改訂版)のプロモーションのために、全国47都道県にて実施。 47都道府県すべての県での開催が終了しました。 ご参加ありがとうございました!.

次の