虐殺 ハッピー エンド 結末。 [ネタバレ注意]『虐殺ハッピーエンド』第4巻|ついにタイムリープの秘密がバレてしまうのか!?

虐殺ハッピーエンドが面白い!4巻までのネタバレと感想を語ってみる

虐殺 ハッピー エンド 結末

最凶のパニックサスペンス漫画と言われる 「虐殺ハッピーエンド」。 物語の主人公は高校生の草壁真琴です。 ろくでもない父親と、子供を捨てて逃げた母親。 これだけで胸が苦しくなるストーリー展開ですが、物語はもっと残酷に進んでいきます。 重病を抱える妹・詩織は、余命が短いと医師から告げられます。 しかし、真琴はそのたった一人の妹の命を救うために、殺人に手を染めていくのです。 虐殺ハッピーエンドの4巻までのネタバレ 高校生の 草壁真琴は両親が離婚し、父親が働かず、妹には移植手術が必要な為バイトに明け暮れている高校生です。 ある時、悲観にくれた真琴は神社で 「僕と詩織(妹)に明日なんか来なければいい」 とお願いした所、毎日時間が戻ってしまうタイムリープが起こってしまいます。 しかし同時に移植先が見つかった詩織も同じようにタイムリープに巻き込まれ、次第に症状が悪くなっていくのです。 その後、はずみで人を殺してしまったところ日付が進み、「人を殺すことで一日日付を進めることが出来る」という事に気付いた真琴。 人を殺すことに戸惑いを覚えつつ妹の為に人を殺していくことを決意するも、中々人を殺す決断が出来ない真琴でした。 そんな中クラスメートの 片桐がクラスメートに脅され、暴行されているのを見つけます。 その犯人達を人間の屑だからと殺害するも、その現場を片桐に見つかってしまいます。 頻繁に起こる殺人事件に動き出す警察に、殺害の証拠をタイムリープを使用しつつ回避していく真琴。 その途中、片桐に義理の父親の殺害を頼まれ、悩みつつも実行します。 片桐を仲間にして、警察にアリバイを証明するも片桐の行動は暴走。 幼馴染の弥生お姉ちゃんに危害を加えた為、真琴は片桐を殺害します。 その後、事件を追っている九十九警部がタイムリープの謎に気づき、真琴を拘束する等の行動を起こすも、真琴はタイムリープを利用し回避します。 その後、真琴は母親の手掛かりを探して行くと義理の妹と思われる人物と出会います。 義理の妹と一緒に再び九十九警部に拘束され、弾みから「ループするとき接していれば一緒にタイムリープが出来、それが対象相手にその後も続く」と言うことに気づくのでした。 「虐殺ハッピーエンド」のここが面白い 妹に対する思いと殺人に対する葛藤が面白い 真琴が殺人しないと妹が救えないとはいえ、殺人への葛藤している心理描写が共感できます。 妹を救う為に悪人を見つけ出し殺さないといけない。 ただ、殺そうとした人物は本当の悪人かどうかは分からないと言う。。 更に殺人の自体への葛藤も非常に考えさせられる所です。 何故タイムループするのか謎 実際何故タイムループするかの原理もきっかけも分かっておらず、 タイムリープになった原因も、本当に神様に願ったからとも思えない所も非常に謎です。 登場人物の心理描写が面白い 主人公の葛藤も良いですが、刑事や脇役サイドも心理描写が詳しく書かれており興味深いです。 読者サイドでは分かっているのですが、九十九警部がタイムリープに気付く所など、逆の立場なら分かるのか? と考えてしまいますね。 「虐殺ハッピーエンド」の感想と考察 読み終えた後、非常に胸にのしかかるのは、真琴の 「妹を救うための殺人」への葛藤です。 殺しても良い人間はいるのか? 殺害した後の何があるのか? と言う心理描写も読者を引きつける所だと思います。 また、タイムリープの原因は特に触れられておりませんが、同じ位に母親が出て行った原因も触れられておらず、母親が出て行った理由にも関係している可能性も有り、もしかすると家族との距離や時間等がタイムリープを解く方法とも考えられます。 今後、次第にタイムリープの謎や真琴の家族について等分かってくると思いますし、何より真琴は妹を救えるのかが非常に楽しみです。 それらも踏まえ、これからも目の離せないお勧めの漫画です。 (イーブックジャパン) (ユーネクスト) (ミュージック.

次の

シグナル100ネタバレ!結末は怖い!禁断の行動を全部公開します

虐殺 ハッピー エンド 結末

29年前、「月曜の夜は街からOLが消える」と言われるほど、女性から大人気だったドラマ『東京ラブストーリー』。 そんな『東京ラブストーリー』が、2020年にリメイクされて新しく配信されることが決定し、今再び話題を呼んでいるんです! 今回はリメイク版の配信の前に、1991年版の『東京ラブストーリー』の最終回の結末はハッピーエンドだったのか、二人がなぜ別れたのか、ネタバレ含めご紹介していきたいと思います。 特に、一度は付き合うことになったカンチとリカがなぜ別れたのか、その理由について詳しく触れていきますので、ネタバレしたくない方はご注意ください。 実はカンチとリカ、一度は想いが通じ合い恋人同士になるものの、結果的に別れる道を選ぶんです。 その理由は後ほど詳しくご紹介しますが、ヒロイン目線でドラマを楽しんでいた女性が多かっただけに、「この二人にはくっついて欲しかった・・・」と残念に感じた方は多かったと思います。 二人が恋人同士になる、という結末がハッピーエンドとするのであれば、『東京ラブストーリー』の結末はハッピーエンドとは言えないかもしれません。 ただカンチはと言えば、ずっと好きだった女性と結婚するので、カンチの立場に立ってみたらハッピーエンド、という見方も出来ますね。 東京ラブストーリーのリカとカンチはなぜ別れたのか理由をネタバレ リカ「この年、永尾カンチは生涯で最も重大な事件がありました。 さて何でしょう」カンチ「赤名リカと出会う」 — 末光美幸 suemitsumiyuki 最終回で、カンチはリカを追いかけたものの結局リカと会えず、そのまま二人は別々の道を歩むことになります。 リカと会えずに一人駅で佇むカンチの表情を見る限り、カンチはリカとよりを戻そうと思っていたのではないでしょうか? それにも関わらず、別れることになってしまった二人・・・。 仕事が出来、自立している姿は、傍から見れば「一人でも生きていけそうな女性」といった感じのリカ。 恋愛に関しては好きになったら全力で気持ちを伝える行動派で、よく言えば一途な女性です。 しかし、カンチへの気持ちが強すぎることや、持ち前の強がりな一面が災いしたのか、最後はカンチと別れることを決意します。 素直にカンチに「私を選んで」とは言えず、遠回しに皮肉を言うことしか出来なかったり、強がりからか1本早い電車に乗ってしまったりという行動が、最後に二人が別れるに至った理由の一つなのではないかと考えられます。 このさとみという女性がまた、男性が放っておけない性格をしているんですよね・・・。 時折涙を見せるかよわく頼りないさとみを、カンチはどうしても放っておくことが出来ず、リカと恋人関係にありながらもさとみへの未練を断ち切れないといった描写もあります。 カンチが最終回でリカを追いかけるのが電車出発のギリギリになったのも、このさとみの存在が大きかったのでしょう。 しかし『東京ラブストーリー』が放送された1991年当時、スマホどころか携帯電話も普及しておらず、連絡は家の電話や公衆電話が主流でした。 もしも最後、カンチがリカを追いかける時にスマホがあったら、リカを引き留めるのに間に合ったかもしれません。 しかしながら、この便利な通信手段がない時代でしか生まれないすれ違いが、当時のドラマをより面白くしていたとも言えます。 最終回は、そんなリカをカンチが自分の母校で見つけるところから始まります。 リカはカンチに、付き合っていた頃にした「愛媛を案内して欲しい」という約束を、今叶えて欲しいと言います。 その約束通り、幼少期の思い出を語りながらリカに故郷を案内するカンチ。 終始笑顔でカンチの話を聞いていたリカですが、カンチに「駅で待ってる。 気が変わったら来て」と言い残し一人で駅に向かいます。 その後カンチは、リカが乗ると言った16:48の電車が出発するギリギリで駅に到着しますが、既にそこにはリカの姿はありませんでした。 カンチは駅員にリカの姿を見なかったかと尋ねましたが、1本前の電車に乗って行ってしまったことを知ります。 カンチは駅の柵に、自分がリカに貸したハンカチが結ばれているのを見つけます。 そこには口紅で「カンチ バイバイ」と書かれており、カンチは既に遅すたことに気づくのでした・・・。 一方リカは、電車の中でカンチとの出会いや嬉しかった出来事に思いを馳せ、一人静かに涙を流します。 それから3年後、カンチの親友の三上(江口洋介)の結婚式に出席したカンチとさとみが、帰り道に偶然リカと出会います。 リカはそこで、カンチとさとみが結婚したことを知り、笑顔で祝福します。 完全に吹っ切れたのか、カンチのことを名字で呼び、「永尾くんを好きになって、私を好きになってくれたことを大切に思っている」と笑顔で話すリカ・・・。 別れ際にもう一度だけリカが「カーンチ!」と呼び、笑って手を振ってお別れするシーンは素敵でしたよね。 最終的にカンチとリカが結ばれることのなかった『東京ラブストーリー』の最終回ですが、視聴者はどういった反応をしているのでしょうか? Twitterでの反応を見てみましょう。 東ラブ最終回の結末に世間の反応は? 東京ラブストーリーの結末知らなかった。。 望んでたハッピーエンドじゃない(;_;)リカとカンチがいい。 カンチはリカとくっついてほしかった。。 — 千葉高広 taka7095 ベタというか、普通のハッピーエンドが好き。 え、ほんとに?これでおわり?え?ってなって悲しかった。 リカが幸せになる世界線のドラマが見たいです。。 坂元裕二脚本の台詞の優れた比喩表現。 山場で流れる主題歌の訴求力。 劇中のごっこ遊びは二人だけの共通言語、距離を縮める装置として機能する。 初回と最終回で同じ場面設定をすることで二人の関係性の変化を象徴的に表す。 カンチとリカが結ばれるハッピーエンドが見たかった・・・と、最終回の結末にやきもきしている人が多いこともわかりました。 最終回のネタバレを見ると、確かにカンチとリカにくっついて欲しかったという気持ちにもなりますが、最後のリカの心からの笑顔には少し救われる気がします。

次の

虐殺ハッピーエンド最終8巻(最終回)のネタバレ!

虐殺 ハッピー エンド 結末

最凶のパニックサスペンス漫画と言われる 「虐殺ハッピーエンド」。 物語の主人公は高校生の草壁真琴です。 ろくでもない父親と、子供を捨てて逃げた母親。 これだけで胸が苦しくなるストーリー展開ですが、物語はもっと残酷に進んでいきます。 重病を抱える妹・詩織は、余命が短いと医師から告げられます。 しかし、真琴はそのたった一人の妹の命を救うために、殺人に手を染めていくのです。 虐殺ハッピーエンドの4巻までのネタバレ 高校生の 草壁真琴は両親が離婚し、父親が働かず、妹には移植手術が必要な為バイトに明け暮れている高校生です。 ある時、悲観にくれた真琴は神社で 「僕と詩織(妹)に明日なんか来なければいい」 とお願いした所、毎日時間が戻ってしまうタイムリープが起こってしまいます。 しかし同時に移植先が見つかった詩織も同じようにタイムリープに巻き込まれ、次第に症状が悪くなっていくのです。 その後、はずみで人を殺してしまったところ日付が進み、「人を殺すことで一日日付を進めることが出来る」という事に気付いた真琴。 人を殺すことに戸惑いを覚えつつ妹の為に人を殺していくことを決意するも、中々人を殺す決断が出来ない真琴でした。 そんな中クラスメートの 片桐がクラスメートに脅され、暴行されているのを見つけます。 その犯人達を人間の屑だからと殺害するも、その現場を片桐に見つかってしまいます。 頻繁に起こる殺人事件に動き出す警察に、殺害の証拠をタイムリープを使用しつつ回避していく真琴。 その途中、片桐に義理の父親の殺害を頼まれ、悩みつつも実行します。 片桐を仲間にして、警察にアリバイを証明するも片桐の行動は暴走。 幼馴染の弥生お姉ちゃんに危害を加えた為、真琴は片桐を殺害します。 その後、事件を追っている九十九警部がタイムリープの謎に気づき、真琴を拘束する等の行動を起こすも、真琴はタイムリープを利用し回避します。 その後、真琴は母親の手掛かりを探して行くと義理の妹と思われる人物と出会います。 義理の妹と一緒に再び九十九警部に拘束され、弾みから「ループするとき接していれば一緒にタイムリープが出来、それが対象相手にその後も続く」と言うことに気づくのでした。 「虐殺ハッピーエンド」のここが面白い 妹に対する思いと殺人に対する葛藤が面白い 真琴が殺人しないと妹が救えないとはいえ、殺人への葛藤している心理描写が共感できます。 妹を救う為に悪人を見つけ出し殺さないといけない。 ただ、殺そうとした人物は本当の悪人かどうかは分からないと言う。。 更に殺人の自体への葛藤も非常に考えさせられる所です。 何故タイムループするのか謎 実際何故タイムループするかの原理もきっかけも分かっておらず、 タイムリープになった原因も、本当に神様に願ったからとも思えない所も非常に謎です。 登場人物の心理描写が面白い 主人公の葛藤も良いですが、刑事や脇役サイドも心理描写が詳しく書かれており興味深いです。 読者サイドでは分かっているのですが、九十九警部がタイムリープに気付く所など、逆の立場なら分かるのか? と考えてしまいますね。 「虐殺ハッピーエンド」の感想と考察 読み終えた後、非常に胸にのしかかるのは、真琴の 「妹を救うための殺人」への葛藤です。 殺しても良い人間はいるのか? 殺害した後の何があるのか? と言う心理描写も読者を引きつける所だと思います。 また、タイムリープの原因は特に触れられておりませんが、同じ位に母親が出て行った原因も触れられておらず、母親が出て行った理由にも関係している可能性も有り、もしかすると家族との距離や時間等がタイムリープを解く方法とも考えられます。 今後、次第にタイムリープの謎や真琴の家族について等分かってくると思いますし、何より真琴は妹を救えるのかが非常に楽しみです。 それらも踏まえ、これからも目の離せないお勧めの漫画です。 (イーブックジャパン) (ユーネクスト) (ミュージック.

次の