井口 愛子。 井口 愛子(イグチ アイコ)とは

Gnu井口理、ついにaiko本人に一喝される

井口 愛子

略歴 [ ] 井口基二と秀の長男として浜町(現)に生まれる。 、浜町尋常小学校入学。 1921年、入学。 16歳から田中規久士にピアノを師事。 器楽部ピアノ科にて、に師事する。 卒業後に留学、のもとで研鑽を重ねた。 、帰国後初のリサイタルをで行い、その後活発な演奏活動を展開する。 一方で東京音楽学校に就任し、教育面でも重要な貢献を果たした。 1943年4月、洋楽部門で、第1回目の受賞者に選ばれる。 1948年、、、と「」を開設。 一期生には()、(ピアニスト)、()らがいる。 「子供のための音楽教室」は、後の桐朋学園音楽部門の母体となった。 1955年、開設にあたり、初代をつとめる。 1949年、、1963年、を受賞。 1965年にはを設立。 1965年頃に脳血栓で右半身不随となり、さらに生肉食の習慣が災いして寄生虫による胃潰瘍を病み、体力的な問題から桐朋学園名誉学長を辞任。 、午後7時頃、で死去。 75歳没。 著書に「わがピアノ、わが人生」、またピアノ校訂を多数残している。 秋子との間に6子を儲けたが、50歳を過ぎた頃、秋子と離婚。 1962年に再婚し、後妻との間に3子を儲ける。 秋子との息子の井口家成は物理学者で東京工業大学教授。 人物 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2019年6月) 現代音楽を積極的に紹介するタイプの演奏家で、やの日本初演を行い、紹介している。 スクリャービンについては「彼はなんてものを考え付いたのだから、ステージにその作品に応じたスポットライトを当てよ」と照明係に頼んでいた。 また井口校訂の楽譜(井口版)にもドビュッシーとラヴェルの全曲が収められている。 井口版はリストのピアノ音楽に多くを割いている点が有名である。 現在では楽譜校訂上好ましくない改変が多いと批判が多いが、当時は原典版尊重志向もなければ著作権問題も騒がれることすら少なかった。 井口の演奏方法は、高い位置から指を落として強い力で鍵盤を叩く、に似た「ハイフィンガー・スタイル」だった。 このため、演奏に生真面目さや実直な人物がにじみ出ていたという意見も多いが、逆に言うと優雅さや繊細さがなく、固く単一的な音しか出すことができないとして、のや、実妹・愛子の弟子であるらから「音が大きいだけ」「非音楽的」「無味乾燥で面白みがない」などと痛烈な批判を浴びている(中村本人の演奏に対しても全く同様の批評が与えられる傾向がある)。 一方で野村は、井口のスタイルを、井口の師匠の高折が師事したのピアニストとしての完成度の低さ(高折が師事した当時、ショルツは音楽院をでたばかりの24歳であった)が大きな要因だったのでは、と自身の著作『日本洋楽外史』で指摘している。 あまりにも激しく鍵盤を叩くため、ピアノの弦が切れることがしばしばあり、演奏中椅子から床にずりおちたエピソードが有名である。 信憑性は薄いが、練習中はピアノの脚や、はたまた椅子の脚まで折れてしまった、などというエピソードもある。 音源はや資料も少ないが当時のダイナミックレンジが狭く一発録りという状況での演奏は現在の録音とは一概に比べられないが、に現存するチェルニー等の演奏では繊細に大小を弾き分けている。 当時の録音機材の性能から強く弾かざるを得なかった面もある。 戦後、戦争協力の問題を問われたが、レッスンを高齢になるまで続けるなどの、地道な努力で名声を取り戻した。 演奏者よりも教育者として名高い面もあり、多くの日本のピアニストを支援した。 車で弟子の家まで出張レッスンをする姿勢が、多くの弟子に慕われていた。 いくつかの国際コンクールで審査員を務め、で果たした功績は小さくない。 井口基成に師事したピアニスト [ ]• 1943:• 1948:• 1951:• 1953:• 1954:• 1955:• 1956: ・• 1957:• 1958: ・ ・• 1959: ・• 1960: ・・• 1961: ・・・• 1962: ・・• 1963: ・• 1964:• 1965: ・• 1966: ・• 1967: ・• 1968:• 1969:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1976:• 1977:• 1978:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1997:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2011:• 2013:• 2016:• 2017:• 2018:• 2020:• 1942:• 1943:• 1950:• 1951: ・• 1952: ・• 1953:• 1954:• 1956:• 1957: ・• 1958:• 1959: ・・• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963: ・• 1964: ・• 1965:• 1966: ・• 1967:• 1968: ・• 1969: ・• 1970: ・• 1971:• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2012:• 2013:• 2015:• 2017:• 2018:• 1943:• 1950:• 1952:• 1953:• 1954:• 1955:• 1957:• 1958:• 1961:• 1963: ・• 1966: ・• 1968:• 1970:• 1971:• 1972:• 1973:• 1974:• 1975:• 1977:• 1979:• 1980:• 1981:• 1982:• 1985:• 1986:• 1987:• 1988:• 1990:• 1991:• 1992:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2012:• 2016:• 2019:• 1943:• 1950:• 1951:• 1952:• 1953:• 1954: ・• 1955: ・• 1956: ・・• 1957:• 1958:• 1959: ・• 1960: ・• 1961: ・• 1962: ・• 1963: ・・• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968: ・• 1969:• 1970:• 1971:• 1973:• 1980:• 1981:• 1982:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2007:• 2010:• 2012:• 2013:• 2016:• 2018:• 2019:• 1951:• 1953:• 1955:• 1957:• 1960: ・• 1961: ・• 1962:• 1963:• 1964:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1969:• 1970:• 1971: ・• 1972:• 1973:• 1976:• 1977:• 1978:• 1981:• 1983:• 1984:• 1985:• 1986:• 1987:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1996:• 1997:• 1998:• 1999:• 2000:• 2001:• 2002:• 2003:• 2004:• 2005:• 2006:• 2007:• 2008:• 2009:• 2010:• 2011:• 2012:• 2017:• 2018:• 2019:• 1950:• 1952:• 1953:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1965:• 1966:• 1967:• 1968:• 1971:• 1974:• 1975:• 1980:• 1981:• 1982:• 1984:• 1985:• 1987:• 1988:• 1989:• 1990:• 1991:• 1992:• 1993:• 1995:• 1996:• 1999:• 2000:• 2001:• 2003:• 2004:• 2006:• 2008:• 2010:• 2011:• 2013:• 2015:• 2020:• 1950:• 1951:• 1952:• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1960:• 1961:• 1963:• 1966: ・• 1967:• 1968:• 1969:• 1972: ・• 1973:• 1975:• 1976: ・• 1977: ・• 1979: ・・• 1980:• 1981:• 1982: ・・• 1984:• 1986:• 1987: ・• 1988:• 1989:• 1993: ・• 1994:• 1995:• 1998: ・• 1999:• 2000: ・・• 2001:• 2003:• 2004: ・• 2006:• 2007:• 2009:• 2011:• 2016:• 2017:• 2019:• 1948:• 1953: ・• 1955:• 1956:• 1957:• 1959:• 1961:• 1962:• 1968:• 1971:• 1972:• 1974:• 1980:• 1983:• 1987:• 1990:• 1991: ・• 1992:• 1993:• 1994:• 1995:• 1999:• 2000:• 2002:• 2002:• 2003: ・• 2004: ・・• 2007:• 2009: ・• 2010: ・• 2011:• 2012: ・• 2013:• 2014:• 2015: ・• 2017:• 2020:.

次の

ロンハーで話題、井口綾子の現在!ミス青学の自演炎上事件とは?

井口 愛子

aikoと井口理の馴れ初めは? aikoさんと井口理さんの出会いは ラジオでの共演。 井口理さんは、毎週木曜深夜3時放送のオールナイトニッポンのラジオパーソナリティを務めています。 (2020年2月現在) ある日、ナインティナインの岡村さんのラジオでaikoさんがゲスト出演すると聞いた井口理さん。 その際に楽屋へ挨拶に行ったことがきっかけで、• aikoさんがKing Gnuの曲を聴いており、• かつ井口理さんのラジオも聴いている。 ということが判明したそう。 それを知った井口理さんは、 「自分の曲とラジオを聴いてくれているなんて、俺のこと好きなんじゃないか」 という都合のいい解釈をしてしまいます 笑 思い込みが激しいのか、ネタとして発言しているのかは分かりません。 (変わり者で面白い井口理さんなので恐らく後者。 中でも 井口さんが手作りしたシュークリームが「かわいすぎる」と話題になりました。 aikoへのプレゼントを真剣に考える井口理 aikoにシュークリームを渡そうか葛藤する井口理すきwww — ユウ・ソロ🐥1日1回ネタツイ一旦中断 4As2ATmlkqHL8n8 aikoさんにシュークリームを渡すシーンが最高 まさかの手作りシュークリームを貰って、 大喜びのaikoさん。 ご自身のTwitterで、井口理さんに向け次のような投稿をしています。 井口理さんが「 愛してる」と叫びたくなる気持ちも分かります。 aikoと井口理の関係に悶えれるファン達の声 aikoさんと井口理さんの間で行われるラブラブシーンに、ファンの大興奮が止まりません。 結婚しろ — えーじ a. 5静岡エコパ 』 youko10969.

次の

井口愛子とは

井口 愛子

準ミスで涙を流す井口綾子 そんな井口さん、 準ミスに選ばれたことでとんでもない大炎上を起こしてしまいました。 きっかけは、「な」というツイッターのアカウントから、ミスコン運営サイドへの不満ツイートがあったこと。 その内容が以下です。 井口綾子さんと今井美桜さん、いいね、リツイートでわかる、人気の差が歴然。 本当に青学ミスコン運営は何を考えてるんだろうか。 目腐ってる? このツイートが 自作自演では?と分かったのは、井口綾子さんのフォロワー数を示すために用いたスクリーンショットの画像に本人のアカウントにしか表示されないマークが写っていたためでした。 言い逃れ用のない証拠だとは思いますが、本当に本人だとしたらすごい嫉妬深いというか、ミスコンにかける思いがこうも人を狂わせるのかと・・・。 この一件で性格が悪い!と井口綾子さんへの大バッシングが起きてしまったようです。 他にもこの騒動でこんなツイートが。 女子アナを目指していたということで、滝川クリステルや田中みな実を輩出している青学のミスコンにかける思いも相当なものがあったのでしょうねえ…。 ちなみに、 大バッシングを受けてもなお、本人は白をきっており、後々のインタビューで 「ポッと出だから叩かれた」「急に知名度があがったことでいわれのない批判をうけるようになった」などと語っています。 「な」さんも、井口綾子本人ではないか?と疑われてからも自分は鳥取の高校生である、など無理な設定・反論を重ねていたようです。。 井口綾子の現在。 マネージャーさん曰く「井口はメンタルが強い」。 意味深過ぎるw 青学卒業後の現在は、あの ガッキーやマギーなどスターを多数抱えるレプロエンタテインメントに所属。 ミスコン翌年の 2018年9月には、週刊プレイボーイにてグラビアアイドルデビューを果たしています。 色白でほどよくふっくらした体型から、 「モッツァレラボディ」と呼ばれているようです。 すごいもちもち感が伝わってくる名前!笑 ファースト写真集も発売しています。 井口綾子、タレントキャスターにも抜擢 TBSで平日深夜放送の 「ビジネスクリック」という3分間の経済番組では、 金曜日担当のキャスターとしてレギュラー出演中。 (金曜だけ5分) 井口綾子以外も全員モデルや女優として売出し中の方々。 決していのあやファンというわけではありませんが、個人的には誰よりもいのあやがかわいい気がする…。 局の女子アナにはなれませんでしたが、タレントキャスターとして念願のニュース番組レギュラーのチャンスを掴んでいたんですね。 井口綾子のロンハー出演が話題に 2019年10月15日と22日には「ロンハー」の女性芸能人スポーツテストという企画に出演! なんでロンハー??となりましたが、 かなり反響は大きかった様子。 抜群のプロポーションを活かしたサービスショットもあったようで、ますますグラドル路線で注目を浴びそうですね~。 (磯山さやかに近づいている、なんて声もありました。 笑) そしてやっぱり、 井口綾子ってあの炎上事件の井口綾子・・・?とかつてネットを騒がせた件で記憶している方が結構いたようです。 井口綾子でるから。 でもあの子性格悪いんだろうなーとは本当に思う。 でもやっぱりそういう性格の悪さとかも含めて好き。 振り回されたい。 可愛いって罪だよなぁ。

次の