タマホーム 平屋 価格。 平屋住宅の間取りと実例|ミサワホームの平屋住宅

【タマホームの平屋住宅】価格&評判まとめ*間取りの実例も!

タマホーム 平屋 価格

もくじ• タマホームの平屋プランの特徴 タマホームが提供している平屋は、「ガレリアート」というプランです。 元々、タマホームはローコストメーカーですが、評価されているだけあって家の品質は抜群。 安かろう悪かろうではなく、満足のいく平屋を建てることができます。 ガレリアートの特徴 自由設計が可能な注文住宅 タマホームの平屋は、ローコストメーカーでは珍しく自由設計です。 注文住宅を建てるような感覚で、プランニングしてもらうことが出来ます。 敷地、予算、設備、家族構成など、細かな点まで担当者が聞いてくれるため、こだわりの平屋を建てることが可能です。 最長60年保証という安心感 タマホームは、「長期優良住宅認定基準」が標準仕様となっています。 最長60年もの間保証が付いているため、子どもの代まで住み続けることが可能です。 日本の風土にあった工法による高い耐久性 タマホームの平屋は、住宅の構造性能が高く、日本の環境に合った木造軸組在来工法を採用しています。 頑丈で長持ちする平屋を建てることができるため、安心して暮らすことができそうです。 省エネかつ安全なオール電化採用 オール電化を始め、家の中は省エネ環境です。 住み心地の良さはもちろんのこと、月々のラナンイングコストを抑えることもできます。 標準仕様だけど水回り設備の充実度が高い タマホームのガレリアートは、標準仕様なのに水廻りの設備が大変充実しています。 一般的に、好みに併せて揃えると高額になりますが、タマホームなら安価に抑えることが可能です。 【実例】タマホームの平屋の建築費の総額や間取り この項ではタマホームの平屋の建築費の総額、間取りを見ていきます。 3LDK 1,550万円 S字型の間取り 家族でくつろぎながら暮らせる平屋です。 リビングには化粧梁があり、家族団欒を演出してくれます。 3~4人家族向けの間取りで、お子さんが大きくなっても暮らせるほどの広さです。 価格は1,550万円からとなっています。 寝室に小上がりの畳スペースをつくるなど、細かな点まで居心地よさを追求しています。 価格は2,000~2,500万円、5人家族でも快適に暮らすことが可能です。 基本的に、標準設備がメインとなっています。 家族構成 夫婦+子ども3人 価格 約2,000~2,499万円 坪単価 約48~59. タマホームの場合、カスタマイズ性が高いため、些細なことでも実現しやすいメリットがあります。 この平屋の場合、3人で暮らすには十分過ぎる間取りと、アメリカンハウスを意識した内装が特徴で気です。 設備に関しては、家主がアメリカンハウス好きだったこともあり、こだわり抜いています。 5~68. 空間を広く使えるように配慮しているため、開放感が違います。 収納が充実している他、家事の動線も配慮されています。 設備や仕様はほぼ標準ですが、注文住宅と比較しても大きな差はみられません。 また、採光の確保にも力を入れているため省エネ仕様です。 陽当たりと耐熱性が良いことから、毎月のランニングコストを抑えることが出来ています。 3人家族には十分なほどの広さで、小屋裏収納をつくることで収納スペースをさらに確保しました。 引用: タマホームの平屋は、一般的な平屋より坪単価が安く済むようです。 タマホームは絶対辞めたほうがいいです。 酷い営業マンは自分に利のない話は何も連絡しないし最低です。 今までで一番頭にきました。 そのうちボロが出てきます。 引用: タマホームの平屋を辞めた方がいいという口コミです。 営業マンの当たり外れがあるようですが、それはタマホームに限った話ではありません。 とはいえ、このような口コミもあることは、押さえておきましょう。 タマホームで建てて2年ちょっと経ちます。 打合せが全てではないでしょうか。 注文住宅なので細かい部分の説明が多くなりますのできちんと伝える事ですね、営業マンも聞いてるようで抜けてるとこもありますから。 引用: 打ち合わせの重要性について語っています。 この口コミの方は、営業マンと綿密な打ち合わせをしたようです。 特に細かな部分はしっかり伝えた方がよさそうです。 建築自体は全く問題なく、丁寧な対応で満足。 築後約一年で書庫の本棚の設置を頼んだら、のらりくらりの対応で依頼してから2ヶ月もかかってようやくできました。 引用: 建物の仕上がりや対応には満足したようです。 しかし、そのあと書庫の本棚の設置を頼んだところ、対応が悪かった様子が伺えます。 アフターサポートの内容に関しては、事前にしっかり確認した方がよさそうですね。 口コミ評判はあまりよくなかったので、施行中は毎日足を運んで大工さんとコミュニケーションを持ちました。 たまたま大工さんは両親の地元と同じ方で、腕の良い大工だと評判も良く安心して任せられました。 引用:みん評 全体をとして、悪い口コミを事前に知っていた人は、営業マン、大工さんなど関係者と頻繁にコミュニケーションを図っています。 この口コミも同様ですが、すべてタマホームに丸投げするのは避けた方が良いかもしれませんね。 まとめ 今回は、タマホームの平屋の価格や間取りに関してお伝えしました。 近年、平屋がブームですので、満足のいく家を建てないなら知名度・実績・施工件数が多いタマホームが安心できそうですね。 気になる方は、見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

次の

【タマホーム】平屋の間取り&価格総額まとめ!実例や評判も+

タマホーム 平屋 価格

意外と人気を集める平屋建て。 中でも、2LDKの間取りは価格も思っている以上に安くて、夢物語じゃない感じがします。 2LDKを選ぶべき理由 間取りが2LDKですから、• 2部屋• リビングダイニングキッチン が主な部屋になります。 となると、やはり 夫婦二人で過ごすのに適した間取りでしょう。 歳をとったら2Fへ上がるのは大変。 例え今は元気でも、未来の自分たちの姿を考えておくことも重要です。 子育てを終えた後の方が夫婦2人の時間は長いもの。 だからこそ、将来の夫婦の心情までを考えて家を建てることが大切だと思います。 子供がいるとなると、やはり、最低でも3部屋欲しいところ。 狭くても、4,5部屋あると、子供が大きくなった時に困ることもありません。 夫婦が終の棲家として住むなら、2LDKの平屋は非常に理にかなった住宅と言えます。 注:すまい給付金制度を利用しよう 家を建てるなら、補助金などの情報を知らないのは大損!『』を読んで、すまい給付金制度を賢く利用しましょう。 平屋建ては、なぜ価格が高いと言われているの? 2LDKの家を建てるなら、やっぱり平屋建てが良いな…と思っても、「平屋建ての価格は高い」と言われているため、なかなか先へ進めない方もいるかもしれません。 しかし、なぜ平屋建ての価格は上がってしまうのでしょうか。 それには、家を建てる時の原価が影響してきます。 家の原価にかかるものは、以下のものが上げられます。 柱や梁など家の基本構造部分に使う材料• 大工さんの費用• 屋根など外壁屋さんの費用 など 実際に、2F建てと平屋の絵で比較してみましょう。 2F建てで1Fと2Fが各30坪の場合と、平屋建てで60坪の場合。 (上から見たときの)基礎の面積を比較すると、平屋建ての方が2F建ての家よりもかなり大きくなります。 そうすると、基本構造部の材料や屋根の材料がどうしても増えてしまいます。 増えるものばかりだけではなく減るものもありますが、発注単価が高いものが増えるため、同じ坪数でも平屋のほうが坪単価が高くなるのです。 しかし、同じ2LDKを作るにしても、階段や廊下がなくなる分、坪数が減り、思ったよりも価格は上がらないケースもあります。 単純に平屋の価格が高いから…といって諦めずに、坪数の調整などで検討の余地があるかもしれません。 その点は、ハウスメーカーの方としっかり相談しながら決めるといいでしょう。 2LDKの平屋建てだと、価格相場はいくら? まず、2LDKの賃貸で考えてみたら良く分かると思います。 住むところによって当然価格は変わりますが、全国平均で見てみると、大体8万円前後。 これが1年間で見てみると、約100万円ですよね。 そして、10年住んだとして、1000万円。 20年後だと、価格は2000万円という計算になります。 終の棲家として選択する平屋の場合、30年住むことはあまり無いかと思いますので、60歳に2LDKの平屋を建てて、20年住んだとすると、土地まで合わせると、だいたい2000万円が相場です。 建物自体は、1000万円前後で建てることができるようですから、あとは土地をどうするかによって総額が変わってきます。 レオハウスさんの「大人気の家 CoCo」などは、安価でありながらも、住みやすそうです。 二人暮らしにちょうど良い!798万円の平屋 価格を抑えた平屋といえば、SEIKA HOMEさんの「ハピネス」もオススメです。 99坪 2LDKの間取りで、4. 5帖の洋室が2つと10帖のLDK。 一見、「いくらなんでもちょっと狭いのでは?」と思われるかもしれませんが、洋室にはそれぞれウォークインクローゼットがついていますので収納力はバッチリ。 物が片づけやすく部屋がゴチャつかないという意味では、 思った以上に広々&ゆったり暮らせそうな間取りです。 子供が生まれたりするとちょっと手狭になるかもしれませんが、2LDKなら子供の個室も確保できますし、賃貸アパートとは違って庭もあるので子育てはしやすそう。 標準仕様で以下のような設備もついていますし、「とことんコストを抑えてマイホームが欲しい」という若い夫婦にはピッタリの平屋と言えるでしょう。 ハピネス 標準仕様• 各種設備(キッチン、洗面所、バスなど) タカラスタンダード• 玄関ドア(三協アルミ)• サッシ(YKKAP・三協アルミ複層断熱ガラス)• 玄関収納庫 (WOODONE)• 建具 (WOODONE)• トイレ(TOTO)• カラーモニターフォン(Panasonic)• LPガス・ガラストップコンロ• TVアンテナ工事• 屋根コロニアル• 外壁 (旭トステム外装 15mm)• ダルトフォーム断熱• 無駄がなく、なおかつ必要なものはほぼそろっているということで、老夫婦の住み替えにもちょうど良さそうな平屋ですね。 子供が巣立った後で「減築を考えている」なおかつ「どうしても注文住宅でなければ嫌だ!というこだわりはない」ということであればぜひ候補に入れていただきたいメーカーの一つです。 19坪タイプ 2LDKの平屋 全5プラン 713万円• 24坪タイプ 2LDK~3LDKの平屋 全6プラン 870万円 実際に、19坪 2LDKの間取りを見てみましょう。 「夫婦2人で始めるセカンドライフ」をコンセプトとしたプランで、北玄関と東西玄関のプランがあります。 いずれもLDKは16帖でゆったり。 あとは6帖~8帖の洋室が二つという、無駄を省いたシンプルな間取りとなっています。 よくある2LDK賃貸アパートと大差ない間取りですから、戸建てに住むのが始めてだという方でも違和感なくなじめるでしょう。 東西玄関のプランのほうはキッチンの隣にパントリーと物入もついていて、食料品や洗剤のストックにも便利そう。 洋室と洋室の間、家の中心部にリビングがあるという間取りですから、家族のプライバシーも守られそうですね。 ただ、そのうちの一部屋はリビングを通らずに玄関から直通できてしまうので、ここを子供部屋にしてしまうと引きこもってしまう(家族と顔を合わせずに出入りする)可能性もありそう。 そこは間取りの工夫が必要だと感じました。 その点、北玄関プランのほうは、どちらの部屋も玄関からリビングを通らないとアクセスできない間取りになっています。 これなら嫌でも家族の顔を見なければいけないので、「子供と親がずっと顔を合わせずに生活する」という状況は避けられそうです。 19坪の平屋というと「狭いのではないか」と思われるかもしれませんが、こうして間取り図を見てみるとLDKも個室もそれなりに余裕をもった面積を確保できますし、収納もあるので家がとっちらかる心配もなさそう。 本当に、 家族が少ないのであれば広い家は必要ないのだなと改めて気づかせてくれる平屋です。 収納スペースが少ない(見られたくないものを2階に隠すということができない)• 木質系と鉄骨造がありますが、今回注目したのは木質系のプラン。 5帖のLDKに、各6帖の和室と洋室がついたプランで、家族3~4人で暮らすにはちょうど良さそうな間取り。 大きな窓があり、光がたくさん入る分だけ実際の間取りよりも広く見える効果があります。 欲を言えば、洋室を5帖にして収納をもう少し広くとっても良いかな?とも感じます。 (和室の収納は、布団を入れたらいっぱいになってしまいそうなので) また、ロフトがあればもうちょっと個性的な間取りにできるでしょうし、収納も確保できるのではないでしょうか。 欲を言えばキリがないですが、こちらの商品は時期によっては本体価格676. 8万円で建てられるキャンペーンなどもあります。 その金額からすればコスパが良いですよね! スズキハウスは、趣味の工房やちょっとしたショップとしても使えそうなこんな「ハコ」も提案しています。 限られた予算内で「暮らしやすさ」を重視した家づくりができることで定評があるメーカーですから、コスパ重視の平屋づくりを検討される際にはぜひ施工実例もチェックしてみてくださいね。 間取りをパズル感覚で楽しんでみよう こうしていろんな間取りを見てくると、「部屋のレイアウト(間取り)って、正解のないパズルみたいだな」と感じます。 「リビング」「キッチン」「ダイニング」「寝室」「和室」「トイレ」・・・と、個々のピースをどう組み合わせどう並べるか? 幾通りも答えがあるパズルのようなものなので、まずは家族でいろんなパターンをパズル感覚で楽しんでみると良いでしょう。 わかりやすい例を挙げると、愛媛県松山市の「HIRABAKO」さんの間取りプラン例。 「平屋」「2LDK」「東向き玄関」だとこの3つの間取りプランが提案されます。 それぞれ、広さは20坪ちょっとでとてもコンパクト。 その中で、各ピースをどう並べるか?それによって価格がどう変わるか?というのが視覚的にわかりやすい図だなと感じます。 まず、LDKが19. 5帖とたっぷり確保されているのが魅力的。 これなら、リビングの一画に小さめのデスクや本棚を置いてワークスペースを作れますね。 また、 洋室と洋室の間に収納があるのもポイント! やはり家族であっても適度な距離感は必要でしょう。 この間取りでは収納スペースがクッション代わりになるので、適度に家族間のプライバシーも守られます。 同じことは5帖の洋室とトイレの関係にも言えることで、間に収納が設けられているので水を流す音などもかなりカットされるのではないでしょうか。 こちらの業者さんは平屋に特化したプランを展開しているようなので、間取りや家のデザインを考える上で参考になりますよ。 まだ、平屋の間取りについてはこちらの記事でも解説していますので合わせてご覧になってみてくださいね。 新築ではなくリフォーム物件を購入するという手も! 新築する場合は、2LDKであれば、最低でも建築費のみで1000万円は覚悟しておく必要がありますが、リフォーム済みの物件を購入するという手を使えば、土地付きの総額で購入できます。 その場合、1500万~という印象ですね。 ただ、リフォーム済み物件の場合は、自分の好きなようにリフォームされた訳ではないので、生活動線が合わない可能性があります。 さらには、リフォームが適切に行われたかどうかの判断も付きづらい。 専門家に家の構造チェックをお願いするとしても、費用が10万円弱かかりますから、トータルで見ると、 土地を買って新築するのと変わらない、もしくは後々の修繕費用を考えると割高になってしまう可能性もあります。 中古の家を購入して、自分でリフォームする方法が、上手くいけば一番良いのかもしれません。 費用を抑えることも大切ですが、長い目で見た安全な計画を立てておくことも大切です。 本当に楽しく暮らせるフラットハウスを手に入れるためのヒント さて、ここでリフォームをする時にとても参考になる雑誌の一面を見つけたので、ご紹介します。 (百花壇2018年01-02号より) 建築士兼インテリアコーディネーターとして活躍する、カラフルホームスタイル代表の近藤佳世子さんによると、楽しく暮らす家を手に入れるためのポイントが、3つ書かれておりました。 (雑誌より引用させて頂きます。 ) 1つ目は、家族によって間取りの正解は異なることを知っておくこと。 一口に家事動線と言っても、何を優先するのか、細かなルーティンは人それぞれですよね。 だからこそ、一般的な間取りにとらわれず、固定概念の枠を外すことが大切なのだと書かれておりました。 なるほど!です。 たしかに、雑誌などで間取りの特集などが組まれていますが、それを読んでいると、どうしても、そういった間取りにすることで私達も幸せになれるんじゃないか!的な偏った視点になってしまっていますね。。。 雑誌などの間取り特集を参考にすることも大切ですが、今回教えていただいた「家族によって間取りの正解は異なる」という点をしっかりと念頭において、間取り特集で特集されている成功した間取りは、あくまでも他の方の家族の幸せが形になった結果だということ。 私達家族が、どういった幸せを目指していて、それに適した間取りは一体どういったものなのか、それを忘れないことが大切だなって、気が付かせて頂きました。 2つ目は、家族の成長にともなって、必要なものと不要なものを把握しておくこと。 納戸になりそうな空き部屋や、数年後の間仕切りリフォームなど、無駄や手間をなくすために、長期的な視点を持てリフォームを手がけるのが大切とありました。 この考え方を教えてもらって分かったことは沢山ありました。 どうしても、「今」この瞬間を大切に考えて、そこばかりに集中してしまいがちですが、家族の成長を念頭に置いて取り組むことで、長期的な視点で見れることができますよね。 家を買うということは、とても高額な買い物になり、失敗は許されない!的なモードになってしまう可能性もあるかと思います。 そうすると、余計に「今」しか見えなくなってしまうと思うので、自分たち家族の将来を俯瞰的に見られるように、心の余裕を持って、設計にあたることが大切だなって思いました。 カラフルホームスタイル代表 近藤さんのような方に、家の設計やインテリアの相談をさせて頂けるようになれたら、そうやって大切な部分をご指摘頂けるので、安心して家造りができるなーって。 私がお家を建てる際には、ぜひ、ご相談させて頂きたいと思いました。 3つ目は、みんなが機嫌よく暮らせる家を想像すること。 新しい家が建ったら、そこでどんなことをしてみたいのか。 家族のためではなく、自分のために心地良く暮らせるポイントを考えておくと良いという言葉を拝見し、とても安心致しました。 いつも、家族のことを優先して考えてしまう私でして、自分のことを後回しにしてしまう癖があるため、正直シンドいなーと感じるときもあるのです。 でも、自分の幸せも大切にしていいよ、と仰って頂けたことで、何か肩の荷が降りたような感じがしました。 ついつい、家族のために…と思って自分の意見を抑えてしまうと、結局自分の居心地が悪くなってしまいます。 女性が家での時間を楽しく過ごすためにも、「我慢しすぎないように」という点は、気をつけておきたいですよ。 株式会社カラフルホームスタイルのホームページに、施工事例や近藤佳世子さんのブログがありました。 そこに、子供一人+夫婦で住んでいます。 子供が生まれる前は、「2LDKって意外と広いよね?夫婦二人なら2DKとかでもいいかも」と思っていましたが、一人増えると逆にちょっと狭いと思うことも多くなってきました。 とはいえ、2LDKに家族3人住むのは、まあまあ一般的な間取りといえるのではないでしょうか。 現状は、2つある部屋をそれぞれ「子供とママ」「パパ部屋」と分けて使っていて、それほど不満はありません。 ただ、やはりアパートなので、部屋のレイアウト(間取り)にはあまり満足できていないんですよね。 というわけで、「もしも、この2LDKが平屋戸建てだったら」とイメージしてみたのがこちらの間取り。 家の真ん中にLDKがあって、それを囲むような感じで他の部屋をレイアウトしてみました。 家相的にも、リビングは家の中心にあったほうが、家族仲が安定するらしいですよ。 30代 女性• ハウスメーカー:ミサワホーム• 価格:1500万円• 建てた時期:2018年6月 子供が大きくなった事をきっかけに、子供が暮らしやすい家を購入したかったので夫と相談して平屋建てを購入しました。 平屋建てを購入した理由は他にもあり、 母親が一人暮らしをしていて年齢が高くなったら階段が大変になる事と、一緒に住む事になった事を想定して平屋建てを購入する事を選択しました。 人と自然の心地よい繋がりをデザインにした住まいに魅力を感じて、ミサワホームの方で建築をして頂く事にしました。 夫は積水ハウスを選択したかったみたいですが私と子供がミサワホームの方が良かったので多数決で決定をしました。 低価格で購入出来て子供が毎日笑って暮らしているのでミサワホームの方に平屋建てをお願いして良かったです。 40代 男性• ハウスメーカー:積水ハウス• 価格:2,0998,700円• 建てた時期:2018年10月 他のハウスメーカーに比べて200万ほど高かったですが、保証内容がかなり充実しており建ててから何十年経っても資産価値が建てた時とほぼほぼ変わらないことや、営業の方もきっちりしていて提案もメリット、デメリットをハッキリと教えてくれたのでメリットばかり話してくるハウスメーカーよりも信頼出来ました。 ファイナンシャルプランナーの人も、 「積水ハウスは銀行からの信頼もあり、価値が他ハウスメーカーとは断トツで違う」とも言われました。 回りからも積水ハウスを一度見た方が良いと言われ行きましたが良かったです。 2LDKが思っていたよりも安い事に驚きました。 (30代 男性 ) 平屋建てで人気と言われている2LDKが意外と安いことに驚きました。 夫婦2人で住む前提で計画的に購入を考えるのであれば、書斎やプレイルームなど特殊な部屋を用意しないかぎりは他の選択肢はありないですね。 ですが、やはり他の間取りとの価格差も気になるところです。 賃貸に住み続ける場合にかかる費用と、家を建てた場合の費用を比較した内容は面白いと感じました。 賃貸で2LDKですと、やはり相当な費用がかかってしまうんですね。 よく言われる事ですが、具体的な数字として提示されると、やはり驚きます。 20年も住み続ければ、もう新築で一件買えてしまうほどの費用がかかっているんですね。 20年を賃貸で肩身狭く過ごすか、平屋一戸建てで悠々と過ごすか・・・・。 自分のこれからの生活を改めて考えさせられました。

次の

平屋住宅の間取りと実例|ミサワホームの平屋住宅

タマホーム 平屋 価格

平屋住宅の間取り• 玄関をはさんでLDKとプライベートスペースを分けたプラン。 リビングや主寝室、和室をすべて明るい南面に配置。 北側に水廻りを集中設計し、居住空間をたっぷりと確保。 和室をはさんで、ファミリーとプライベートのスペースを設置。 深い軒の広縁やリビングともつながる和室のあるプラン。 玄関ホールに入ると、四季の風情ある坪庭が出迎えてくれます。 片流れ屋根の勾配天井を活かした開放的なリビング空間を実現。 子ども室をリビングの近くに配し、ご家族の一体感を演出。 18畳のLDKと6畳の和室がつながる、広びろとした団らんスペース。 和室と連続したLDKと主寝室というコンパクトなプラン。 15畳のLDKと8畳の和室、2つの空間をつなぐ広緑を南向きに。 リビングと和室が連続した大空間や、主寝室の前に排した広縁。 本物の豊かさをご提案するブランド「CENTURY」のノウハウをいかし、五感に心地良く、こころから癒される住まいをデザインしました。 木質・工業化• キッズファミリーのために、いつも親子が身近で、おおらかに暮らせる平屋です。 人、自然、未来とつながる「Granlink HIRAYA」。 木質・工業化• 愉しい暮らしをスマートに満喫できる住まいです。 コンパクトなのに、広びろと暮らせる設計。 安心・快適の知恵と工夫もいっぱい。 木質・工業化• ワンフロアの暮らしやすさを見つめ直したら、家族の豊かな時間が生まれました。 フラットで大きな空間だから、ご家族が揃っておおらかに過ごせます。 耐震木造.

次の