レグザ。 外付けHDDに録画したTV番組をDVDにダビングする方法をお願いします。

東芝レグザで使える外付けHDDの選び方

レグザ

番組やジャンルごとの映像解析情報をクラウド上に構築し、新エンジンと連携。 絵柄に応じた最適な復元処理を実施し、ノイズを抑えながら4K放送本来の美しさを再現します。 得られたパラメーターをもとに、通常の映像を高精度にH D Rクオリティに変換し、コントラストの高いリアルな映像で再現します。 ハイライト部分の階調をきめ細やかに描き出すことで、肌の質感をよりリアルで立体的に表現します。 さらにHDR映像でくすみがちな肌の陰影部分までも、艶やかに再現します。 また、映画やアニメなどのコマ数が少ないコンテンツのガタツキを軽減し、なめらかに表現する「フィルムデジャダー機能」を搭載しています。 ゴルフやサッカーなどのスポーツ競技を、立体感と臨場感ある映像で楽しめます。 さらにレグザサウンドリマスターが、放送などの音声圧縮時に失われた微小信号を復元、圧縮前の豊かな倍音成分を含む音質を再現します。 また画面から音が聞こえるようなサウンドリフト機能も搭載しています。 また、サウンドリフト機能により、自然な音像定位と臨場感が楽しめます。 映画やドラマではセリフ 人の声 背景音を明瞭に、バラエティ番組では背景音を抑え、深夜の小音量でもはっきり聞き取りやすい音声で楽しめます。 画面の大きさや、画面の入替えが、ボタン1つで行えます。 ゲーム機能.

次の

レグザクラウドサービス「TimeOn」

レグザ

09 デビュー ハンドルノブS交換可ソルト対応 LT2500D-XH LT2500S-XH LT3000S-CXH LT4000S-CXH アルミボディで堅牢、LTで軽い!ハイバリュー、高剛性、レグザの誕生。 過酷なフィッシングシーンを想定し、開発されたタフさに優れる軽量小型スピニングリールがレグザ。 アルミニウムを採用した堅牢ボディがタフデジギアをしっかり支え、マグシールドがその滑らかな回転を海水による塩ガミや異物の混入から守る。 アングラーのタフな相棒として生まれた、シーバスや大型トラウト、ショアジギング、ロックフィッシュゲーム等にベストマッチなシリーズ。 シーバスをはじめとした耐久性の求められるルアーゲームにオススメ。 細やかな部分まで高級機種に見劣りしない仕様になっている。 大型番手はEVAノブを搭載(5000、6000番)し、ショアジギなどにオススメ。 『LT(LIGHT TOUGH)』 ボディ、スプール、ハンドルといった細部までの徹底した軽量化へのこだわり。 リールの心臓部となるギア、そしてそれを包み込むボディのマテリアルをよりタフなものへと進化させ生まれたダイワ小型スピニングの新基準、それがLT。 そして、サーフやロックショアで使用していると、気を付けて使用していても砂や潮をかぶることが多いのに、釣りの最中にトラブルを起こさず、スムーズな巻き心地を維持し、またこの軽さからは想像出来ない大物との勝負をするのに必要なパワーと深溝スプールによる十分な糸巻き量を確保出来るリールです。 タフなコンディションの釣りほど、使って欲しいリールです。 ボディとローターが無接点だから軽く滑らかな回転はそのままに、初期の回転性能を長期間維持する。 回転異音の原因の多くが、塩ガミ・異物の侵入。 過って水に落としてしまうケース等を除き、マグシールド化されたリールの回転異音発生率は大幅に低下している。 しかもこの比率は時間が経てば経つほどより大きな差としてデータに現れつつある。 これは長く使用すればするほどその効果がより発揮されるということ。 つまりマグシールドの防塵・防水能力が非常に高いレベルにあることの証である。 従来よりも滑り出しがスムーズなためラインブレイクしにくく、魚に違和感を与えにくいため無駄に暴れさせることが少ない。 また作動感に独特の粘りがあって低いドラグ設定値でも一気に走られることが減り、ファイト中のドラグ再調整の頻度が減ってファイトに集中できる。 独特の最適リム形状により負荷が分散することで、同等の強度で大幅な軽量化を実現。 ローターの軽量化は自重の軽減につながるだけではなく、回転レスポンスが向上することにより、リール自体の『巻き感度』にも寄与。 新軽量エアローターの採用は、エキスパートも唸らせる、クラスを越えたレスポンスの高い回転性能を実現した。 滑らかな回転がより長く続く「タフデジギア」。 3 235 10 4-2306-1508-100 0. 6-2900. 8-2001. 2 235 10 8-22010-19012-150 1. 0-3601. 2-3001. 2 245 10 10-26012-20016-150 1. 2-4301. 5-3002. 2 260 10 8-15010-12012-100 1. 0-2001. 2-1901. 2 260 10 8-15010-12012-100 1. 0-2001. 2-1901. 2 275 12 10-33014-23020-150 1. 5-4302-3002. 2 290 12 14-26020-17025-150 2. 0-3502. 5-3003. 7 380 12 14-31020-25030-150 2. 5-4203. 0-3004. 2 235 5 4-1505-1206-100 0. 6-2000. 8-1901. 2 245 10 4-2306-1508-100 0. 6-2900. 8-2001. 2 275 12 8-15010-12012-100 1. 0-2001. 2-1901. All Rights Reserved.

次の

福山雅治×「レグザ」復活。イメージキャラクターとして再び登場

レグザ

東芝映像ソリューションは、「REGZA(レグザ)」ブランドより4K液晶テレビ3機種と、BDレコーダー1機種を2月21日から順次発売します。 このうち、Z740XとM540Xには、クラウド上から番組ごとに映像調整データをダウンロードして最適化する「クラウドAI高画質テクノロジー」が搭載されています。 このクラウドAI高画質テクノロジーは、先日開発が発表された次世代「8Kレグザエンジン」にも用いられていた新技術で、今回初めて実用化されたもの。 例えば、同じ「スポーツ」でも、それが野球なのか水泳なのか「詳細ジャンル」を判別し、さらに野球のなかでもデイゲームなのかナイターなのかコンテンツごとの「画質特徴」まで分析して、映像パラメーターを調整。 これにより、これまでにない高画質を手軽に体感できるとしています。 なお、同機能への対応は2020年6月以降になる見込みで、機能を利用するためにはテレビをネットに接続する必要があるとのこと。 また、適用されるのは録画を含むテレビ放送のみで、HDMI経由で入力したBDなどのメディア再生やネット動画には適用されません。 東芝の最新技術を結集したハイエンド4K液晶「Z740X」 Z740Xは、新開発エンジン「レグザエンジンCloud PRO」を搭載した4K液晶最上位モデル。 前述の「クラウドAIテクノロジー」に対応するほか、地デジ放送を4K解像度に変換して高画質で楽しめる「地デジAIビューティPRO」を搭載。 さらに、ネット動画も高画質で再生する「ネット動画ビューティPRO」を新たに搭載しています。 また、LEDバックライトは全面直下型を採用。 総合出力80Wのマルチアンプ駆動により、臨場感のあるサウンドを再生します。 別売のUSB HDDを接続することで、テレビだけで録画が行えます。 【ラインナップ概要】.

次の