君に届け 感想。 『君に届け』、見事すぎる完結!最高のピュアラブコメでした!

君に届け 感想・レビュー|映画の時間

君に届け 感想

Contents• 君に届け30巻のあらすじと感想ネタバレ! 楽しく過ごした高校時代。 しかしどんなに嫌でも必ず卒業はやってきます。 みんなは将来のことを真剣に考え、それぞれの道へと進んでいきます。 しかしお別れではなく、再び道は繋がっています。 みんなの旅立ち、見てください!それでは君に届け30巻のあらすじと感想を紹介します。 君に届け30巻のあらすじ紹介! 物語は受験が終わり、同じ大学に行く爽子とくるみの合格発表がされるところから始まります。 無事、2人とも合格でき、千鶴やあやねなどいつものメンバーに加えくるみも一緒にお祝い会をします。 そして、お別れの時千鶴は地元に残りますが、龍とお別れしなければなりません。 最初は龍の兄が好きだった千鶴も一途な龍に惹かれ、交際がスタート。 そんな日々もあっという間に流れ、最後に龍は千鶴に「卒業したら結婚な」と言い別れます。 いつもは無口な龍なのに、やる時はやる龍に感激です。 これには、笑顔で見送ろうと思っていた千鶴も涙。 そして、爽子と風早もお別れのとき。 爽子が電車に乗ろうとする場面。 二人とも、さよならを言おうと思っているけど心の中では離れたくない。 そんな気持ちがつい出てしまい、爽子は風早に「かえりたくない」と告げます。 そして、二人はお泊まりをし一夜を一緒にすごした所でシーンは変わります。 それぞれが新しいところで生活をスタートし、キャラクターそれぞれの思いが書かれ「君に届け」へと繋がり物語は幕を下ろします。 スポンサーリンク 君に届け30巻の登場人物を紹介! 黒沼爽子(くろぬまさわこ) 陰気な見た目のせいで貞子というあだ名で呼ばれ、恐れられていた。 人付き合いに悩みながらも、真面目に向き合う。 教師となる夢のため、地元を離れ札幌の大学に進学。 風早翔太(かぜはやしょうた) 爽子の彼氏。 女子に大人気の爽やかイケメン。 スポーツトレーナーの夢を目指し、地元の大学に進学。 将来的には実家も継ぐ予定。 矢野あやね(やの) 爽子の親友。 付き合っている二人を応援し、良いアドバイスを送っている。 教師のピンに告白するも玉砕。 東京の大学に進学。 吉田千鶴(よしだちづる) 爽子の親友。 幼なじみの龍と交際中。 龍の父親が経営するラーメン屋に就職。 真田龍(さなだりゅう) 風早の親友。 スポーツ推薦で札幌の大学に進学する。 帰ってきたら千鶴と家族になろうと約束している。 胡桃沢梅(くるみざわうめ) 美少女。 以前風早が好きだったがフラレ、なぜか爽子と仲良くなる。 夢は爽子と同じ教師で同じ大学に進学する。 君に届け、完結おめでとうございます🎊 この12年間、心の中にいつも君に届けがありました。 君に届けなくして今の私は存在しません。 s 画集出して下さい絶対買います! — ヨモギ*原稿中 SakuraYomoG 君に届け30巻の感想ネタバレ 君に届け30巻は最終巻ということで、題名である「君に届け」という意味も含んだ内容だったんではないでしょうか。 30巻は、期待と哀しみを抱えながら読みました。 結論を言うと「良かった!!」でした。 最終回にふさわしい内容だったと思います。 「君に届け」に込められたメッセージまで描かれていて感動しました。 特に、爽子と風早のシーンは今までの中で一番キュンキュンして、本当に二人はお互いが必要で大切な存在なんだなと感じられました。 くるみのシーンもよかったです。 皆んなで受験合格のお祝いをする中、くるみが席を外し風早と二人で話すシーンは、くるみの成長を感じられました。 セリフの中で、最初 くるみが風早の事を好きだった時 は爽子ちゃんに風早をとられた気がしてムカついたけど今は風早のおかけで爽子ちゃんと出逢えた、ありがとうという所があるのですが、 本当不器用なだけで良い子なんだなと思いました。 それでいて可愛くて君届には必要なキャラクターですね。 それから、私は個人的に龍が好きなのですが、千鶴とのシーンも良かったです!ちづは一見男っぽくて、サバサバしてそうだけど、本当は繊細で可愛らしい友達想いな子なのです。 それをずっと見てきた龍だからこそ、二人は繋がっていれるのかなと思います。 龍は無口で何考えてるか分かんなくみえるかもしれませんが、本当は周りをよく見てくれています。 千鶴の事も誰よりも理解しているので、さりげないけど優しさが人一倍あるキャラクターだと思っています。 そんな、二人をもう見れなくなると寂しくもなります…。 しかし漫画の中で作者がまだ何か出すかも的な事を言っていたので、それを期待して待とうと思います! とにかく、キャラクター一人一人の良さが最大限に出ていて最後まで感情を揺さぶられました。 終わってしまうのは寂しい気持ちになります。 私が学生の頃からずっと読んできた漫画なので青春を一緒に過ごした気持ちで、本当に君に届けに出会えて良かったと思います。 そんなあなたのために今すぐ電子書籍で無料で読める方法をご紹介しましょう! 本屋に買いに行くのも、借りに行くのもこーんなにおかしい天気の毎日じゃ嫌になっちゃいますよね!ゲリラ豪雨も心配です。 でも、ネットでマンガを読むなんて通信量や料金、安全性なんかもいろいろ気になっちゃいますよね。 そこで安心出来る電子書籍サービスを3つ見つけて来ました! それが、• です! こちら3社ともポイントを貰えるので、3社全部組み合わせるとマンガ10冊分以上の電子書籍が無料で読むことが出来ますよ! それでは、それぞれのおすすめポイントを紹介していこうと思います! U-NEXTのおすすめポイント 国内の動画配信サービスの最大手といえば、です! アプリ性能、コンテンツ数、対応端末・・・と以前よりも大幅に増えており、 現在では、動画配信だけに留まらないサービスへと発展しています。 しかも31日間無料キャンペーン!初めて登録した方は月額無料キャンペーンがついてきます。 jpのおすすめポイント CMで馴染みのあるmusic. jpですが、 実は動画、電子書籍共にとっても充実してるんです。 マンガの新刊を読むなら絶対「music. jp」 このサービスはポイント制です。 それだけ聞くと「え~動画見放題じゃないの~」となりそうですが、 その ポイントがヤッッッバイくらいもらえるんですっ!! 月額は3つのコースがあります。 コース 1780コース 1000コース 500コース 月額 税抜 1,780円 1,000円 500円 違い比較 所持ポイント:1,992円分動画ポイント:3,000円分 所持ポイント:1,330円分動画ポイント:1,000円分 所持ポイント:640円分動画ポイント:500円分 もちろん定番の30日間無料キャンペーンもやってます。 music. jpのすごいところはそれだけじゃないんです。 なんと無料キャンペーン中に1,600円分のポイントがもらえちゃうっ! 初月でマンガ7冊分も読めちゃうんです! さらにポイント還元がヤバイー!! マンガ1冊買うごとに10%ポイント還元、同じ作品を5冊以上まとめ買いで還元が25%!! 5冊買うと1冊無料で買えちゃうんです。 しかも!新刊は単行本と同じ発売日に購入できるので、新刊を読み続けたい方にはおすすめです。 君に届け30巻のネタバレあらすじと感想• 君に届け30巻を無料で読む方法 を紹介してきました。 長かった爽子と風早、そして周りのみんなの青春が終わりました。 なんか…君届ロスです!まだあの漫画の中で爽子と風早の物語は続いていくかと考えると、見たくて仕方ないです! と、思ってたら君に届け番外編が連載開始しました!これはホントに嬉しいですね。 大学生になった爽子とくるみのお話です。

次の

君に届けのレビュー・感想・評価

君に届け 感想

『君に届け』(椎名軽穂)30巻を読了しました。 これが最終巻です。 いやー素晴らしかった。 この漫画は本当に濁っている心を綺麗にしてくれますね。 心の洗濯機です。 爽子とくるみ、そして風早のそれぞれの結果は…!? 少女まんがの金字塔はついにクライマックス! <関連記事> たまに11巻以降は蛇足だという意見を聞くけど、自分はそうは思わんかな。 まあ確かに風早くんと爽子が付き合うまでの方がきゅんきゅん度合いは高かったけど、付き合ってからも 産みたて卵みたいにピュアッピュアッなやり取りで頬を緩めること多数。 心が綺麗になる(ような気がする)こと無数。 あと青春群像としても面白かったし。 個人的に一番の注目だったのはやのちんとピンです。 前巻の29巻が 最高アンド最高すぎました。 やのちん最高すぎた やのちん 『君に届け』は風早くんと爽子よりも、ちづと龍よりも、やのちんの恋愛模様が心の琴線に触れまくりでした。 やのちん成長したよなー。 最初はギャルっぽかったし大人びて精神年齢高いお姉さんキャラかと思ったのに、ピンに惚れてから 一番子供っぽい姿を見せるのが一番「女の子」してました。 恋する乙女に卍解してからは甘酸っぱいドキドキ感満載。 そのギャップが可愛すぎた。 そして勝機は無いと分かっていながら最期にカミカゼ特攻する姿は素直に感動です。 「受験の結果報告」と「愛の告白」のコンボはなかなかどうして。 恋してるが故になかなかピンに会いに行けないやのちん。 遅くに報告に来たので落ちたと思ったピン。 特攻するやのちんは過去最高の可愛さを叩き出して「散ればこそいとど恋はめでたけれ」を見せてくれた。 普通に泣きそうになった。 大満足です。 だってさ、すごくポジティブな玉砕なんだもん。 ピンめ…同じ笑顔を向けて振って励ますとはやりおるわい。 最初に「心配すんな!大丈夫だ!!」って言った時はピンの顔が見えないように描写してたんだけど、やのちんが思い出せば 実は振った時とまったく同じ表情でしたってのは上手すぎると思うと同時に意味深すぎるぜ。 絶妙に「…」や思うことがありそうな顔してたピン。 一度もピン視点で描かれなかっただけに本心は読者が想像するしかないんだけど、私はまんざらでも無さそうに見えましたね。 また、10年後にどーなってるか思案して、このピンの笑顔を思い出して自分は大丈夫って自信を持つやのちんがええのう。 同時にこの笑顔はバッサリ振られた笑顔でもあるからね。 やのちんを泣かせて笑顔にしたのが同じ表情という。 素晴らしいエピソードであった。 ただ まだ食い足りない! ドキンドキンドキン だって修学旅行で爽子に聞かれたじゃん。 「(キスって) 心臓はれつする?」って。 しないって答えたのに 目の前で心臓破裂するぐらいドキドキしてる爽子を見てしまったじゃん。 あれ絶対自分も体験してみたいの前振りだったじゃん。 そのアンサーが的なイベント欲しかったような。 「ドキンドキン」してたけど心臓破裂レベルではないよね。 まだやのちんは心臓はれつを体験してないよなー。 故に 「10年後」に期待が高まりました。 だがしかーし!30巻で10年後が描かれることは無かった。 くー! 10年後の2人が見たいです。 まあ食い足りないぐらいが丁度いいのかもしれんけどさ。 間違いなくやのちんとピンは 超最高だったと断言できる。 28歳やのちんの心臓破裂ドキドキにご期待ください(想像で)。 最終30巻 30巻は表紙がええね。 1巻から30巻までのアレコレを踏まえて2人がこうなりました的な意味で。 今まで似た構図の表紙はけっこうあったけど、服装まで同じで1巻表紙を踏襲してる。 戸惑ってた2人が目をつぶって笑顔で向き合う。 もうくっ付いてからは太陽拳のように眩しいイチャコラっぷりで見ているこっちが恥ずかしくなるほどで何度も何度も身悶えしまくりでしたからね。 それが30巻は 歴代最高のイチャイチャを見せつけてくれました。 イチャイチャイチャ 風早くんの引っ越しを爽子が手伝うというなの蜜月の仲を描いたようするにイチャイチャラブラブしっぱなしなのが30巻です。 そのイチャつきようときたら、 目も覆いたくなるような有様でした(誉めてます)。 「風早くんだいすきだよ」「チュッ」「…俺も大好き」「黒沼だけだいすき」とか2人とも気持ちのタガを外して 完全にリミットブレイク状態でした。 甘ったるくて、小っ恥ずかしくてもう見てらんない。 頬は緩んで緩んで落ちるかと思いましたわ。 想像以上のイチャラブっぷりを見せたのに、 予想以上のイチャラブっぷりを披露したのである。 ぶっちゃけ 一線を越えました!爽子め…この最終局面で最終奥義 「帰りたくない」を唱えるとは恐れ入ったわ…。 !? ファーッ!? えぇ…ちょ…マジで 合体しやがった!いやこの局面になっても風早くんのことですから手を出さないで、手を繋いで一夜を過ごすとかぬるい程度だろとか舐めてた読者をあざ笑うようにいったー! この2人だから婚前交渉…童貞と処女のまま結婚すると思ってただけに衝撃は半端なかったです。 斎藤一の「悪・即・斬」を超える 「愛・故・合体」である。 行きつくところまで行ってしまいました。 爽子のポエムもすごかったけど、風早くんがすごいよね。 最終話「君に届け」 君に届け 1話「プロローグ」(エピソード0)からの最終話「君に届け」(エピソード123)を比べると胸が熱くなるな。 というか対比させるように描いてるよね。 なんたって1話は爽子視点で風早くんへの想いからチャンジして風早くん視点で「いつか君に届くんだろうか」から始まって、最終話は風早くん視点(手紙)で爽子への想いからチェンジして爽子視点で「私はあなたに届きたい」「届け」ですからね。 「君に届け」だって?とっくに届いてたんだなー( 過去形)。 他にも最終話は色々と過去のエピソードを拾ってて読み応え満載です。 「ともだちになりたい」(エピソード7)のアンサーで「友達になれて良かった」とか涙腺クリティカルヒットでした。 何より一番は「名前」ですかね。 1話 みんなに貞子としか呼ばれなかった中ではじめて「黒沼爽子でしょ?」と名前を呼ばれることを「…初めてだよ」と乙女の顔をしたのを踏まえると駅のシーンは破壊力抜群でしょ。

次の

映画「君に届け」感想

君に届け 感想

君に届けの主要登場人物 黒沼爽子(多部未華子) 本作の主人公。 陰湿な見た目のせいで付いたあだ名は「貞子」。 しかし本当は思いやりのある心の綺麗な女の子。 恋に鈍感。 風早翔太(三浦春馬) 優しく笑顔の爽やかなクラスの人気者。 入学初日に爽子の笑顔に恋に落ちる。 矢野あやね(夏菜) 爽子をいつも気にかけてくれる姉御肌なクールキャラ。 恋に敏感。 吉田千鶴(蓮佛美沙子) 明るく元気な活発少女。 喧嘩は強いが情に厚く、友達思い。 龍の兄に一途。 恋に疎く龍の思いに気付かない。 真田龍(青山ハル) 千鶴の幼なじみ。 小さい頃から千鶴一筋、野球部所属の熱い男。 君に届け の簡単なあらすじ 長い黒髪と細い手足のせいで周囲に怖がられ、「貞子」というあだ名まで付けられた主人公、黒沼爽子。 でも実は思いやりのある優しい子であることをクラスの人気者の風早翔太は知っていました。 爽子の優しさと時折見せる笑顔に恋に落ちた風早は、爽子のことが気になって仕方ありません。 一方、恋愛に疎い爽子は風早の思いに気付かないどころか、自分の風早に対する思いまできちんと理解していないのでした。 2人の甘く切ない恋模様と、爽子の周りを取り巻く人間味溢れる暖かい友達関係、誰もが懐かしさを覚える学校行事のあれこれが沢山詰まった作品です。 そんな心優しい爽子も、小学生の頃遊具の丸い穴から出てきた際に、長い黒髪のせいか、「貞子」と名付けられてしまいました。 それをきっかけに、爽子は怖がられ、避けられ、いつしか、暗く内気な女の子になってしまいました。 しかし、入学当日、爽子は道に迷っていた男子高校生、風早翔太に学校の場所を教えてあげます。 風早は春にぴったりな爽やかな笑顔を向けて「ありがとう」と言いました。 風早は爽子の頭にのった桜の花びらを取り、爽子の手のひらに乗せます。 爽子は緊張して立ち竦んでいます。 頷くのが精一杯です。 そして風早が立ち去ろうとしたその瞬間、ビュンっと爽やかで暖かい春風が吹きました。 振り返ると、あのずっと下を向いていたさっきの女の子が桜の木を見て笑顔を浮かべていたのです。 風早翔太はその後ずっとその子の笑顔が忘れられませんでした。 肝試し クラスが同じになった爽子と風早。 クラスメイトのために、困っている人のために行動する爽子を影から見守る風早。 爽子は高校でも「貞子」の噂が絶えず、周りに人はいませんでした。 しかし、この物語はこの2人だけで完結しません。 クラスでは風早の提案で肝試しを行うことになりました。 これをきっかけに、矢野と吉田の2人は爽子の人の良さにだんだんと気づいていきます。 肝試しの罰ゲームを受けることになった風早。 その内容は爽子と一週間付き合うというものでした。 爽子が好きなのか聞かれた風早はその言葉を否定しません。 クラスがざわつく中、風早は爽子を思うと怒らずにはいられませんでした。 爽子は、風早が自分に親切なのは風早が優しいからだと言って教室を後にします。 風早は爽子を追いかけます。 爽子が泣きながら歩いていることがわかり、風早は驚きました。 爽子は風早に迷惑をかけてしまったことを深く悲しんでいました。 そして、風早のことは今もこれからも尊敬していると言い、自分の気持ちにみじんも気付かれていない風早はなんとも言えない気持ちになるのでした。 クラスメイトが口々に爽子の隣は嫌だと騒ぎ立てる中、風早は爽子の隣に、矢野と吉田と真田はそれを取り巻くように座るのでした。 気づけば、爽子の周りには優しい人で溢れていました。 初めての寄り道をして、喜ぶ爽子。 そんな中、風早と爽子の仲をよく思わない人物、くるみが爽子の前に現れます。 くるみに吹き込まれた爽子は、風早や矢野、吉田は自分のせいで評判が落ちてしまっていると思い、みんなを避け始めるのでした。 矢野と吉田を思い、2人は友達ではないと先生に話したところ、偶然矢野と吉田はそこを通り、聞いてしまったのでした。 2人も初めは爽子を信用していましたが、とうとう信じることができなくなってしまいました。 しかし、ここで、風早が一役買います。 風早は、迷惑かどうかは爽子が決めるものでもなく、噂も関係のないことだと爽子に向かって言います。 矢野と吉田の悪口を聞いた爽子は今の言葉を取り消すようにその女子たちに迫り、騒ぎが始まってしまいます。 2人への本当の思いを言い放った時、矢野と吉田が騒ぎに駆けつけ、騒ぎも3人の友情決裂にも終止符が打たれるのでした。 しかし、ここで別の問題が浮上してきました。 それは、くるみの存在です。 爽子本人は良いお友達と思っているものの、くるみのおかしな言動を矢野は疑問に思うのでした。 しかし、爽子に嘘の手紙を渡したことが矢野たちによりばれたくるみは、本性を表します。 爽子のことなど1度も友達に思ったことがないと言い放ち、爽子は心を痛めるのでした。 君に届け 時は流れ、季節はクリスマス。 風早の思いに未だに爽子は気付いていません。 パーティーの下見に来た2人ですが、自分の気持ちが届いているのか、もどかしくなった風早は、バスを待つ爽子に彼女になってほしいと告白します。 しかし、爽子は困ってしまい、何も言えないままバスに乗り、その場を立ち去ってしまうのでした。 パーティーに参加しなかった爽子。 恋愛に奥手だった爽子は、風早と付き合うことを不安に感じていたのでした。 その旨を矢野と吉田に伝えると、自分の気持ちをしっかりと伝えるように促され、爽子は気持ちが前に動きます。 一方、真田とキャッチボールをしている風早は、真田との会話をきっかけに、自分は爽子をちゃんと思いやれていなかったことに気付きます。 そして、手続きのために先生が預かっていた爽子の生徒手帳を渡された風早は爽子の顔写真を見てニッコリ悲しげに笑いました。 何気なく最後のページを開くと、そこにはあの日、爽子から取ってあげた桜の花びらが入っていたのでした。 あの日の桜の木下で、風早を見つけた爽子は自分の思いを辿々しく、ゆっくり丁寧に風早に伝えました。 風早も同じ思いを伝え、2人は嬉しそうに微笑み合うのでした。 君に届け を読んだ読書感想 今の中高生は1度は耳にしたことがあるであろう少女漫画原作の実写映画です。 王道のようで王道じゃないストーリー展開は、きゅんきゅんすること間違いなしです。 三浦春馬演じる風早翔太の着飾ってない爽やかな笑顔で公開当時は日本中の女子がトリコになったことでしょう。 人に優しくできる人の周りには同じように心の温かい人たちが集まってくることを襲えてくれ、素朴で日常的でゆったりとした作品。 今をときめく豪華俳優陣の演技力、当時漫画ではまだ発売されていなかった物語の結末、切なくて儚げな主題歌などなど、見所盛り沢山の映画です。

次の