三菱東京ufj銀行 支店 コード。 三菱東京UFJ銀行コード

愛知県の東栄信用金

三菱東京ufj銀行 支店 コード

従業員数は、臨時従業員を含まない。 三菱UFJ銀行のデータ 店舗数 国内 750店 海外 72店 貸出金残高 87兆8,779億86百万円 預金残高 152兆8,706億74百万円 特記事項: 店舗数は同行ウェブサイトによる。 貸出金残高、預金残高は、2019年3月期有価証券報告書による。 、(BTM)と(UFJ)が合併して「 三菱東京UFJ銀行」として誕生した。 当初はを合併日と発表していたが、におけるの失敗事例を教訓に、合併時のコンピューター・システムの接続作業に万全を期するため、合併が3ヶ月延期されている。 存続会社は東京三菱銀行であり、(0005)や本店も東京三菱(起源は)と同じである。 なお、についてはをそのまま引き継いでいる。 登記上は1月1日に商号変更、1月4日に合併となっている。 旧UFJ銀行の前身であるの流れを引き継ぎ、・・のを受託している。 また、同じく旧UFJ銀行の前身であるの流れを引き継ぎ、およびの指定金融機関も受託している。 一方、旧BTMはいずれの都道府県・政令指定都市の指定金融機関にもされていなかったが、の(等)を旧:・旧:と共に引き受けていたことから、現在はみずほ銀行と共に受託している。 外国為替専門銀行であった時代の流れで、東京・大阪の各国際線主体の空港ターミナルビル内には支店、成田空港支店成田空港第2ビル出張所 、大阪中央支店出張所 がそれぞれ設置されている。 また名古屋営業部出張所は、地元でも店舗網が強かった、旧UFJの流れで設置された出張所である。 また東京銀行時代より発行されてきた割引(「ワリトー」等)については、の東京三菱銀行発足以降も6年間は特例として発行を認められたため、当行発足後も旧東京銀行店舗およびその承継店舗で債券償還(払い出し)の取り扱いを継続している。 なお、前身のひとつである東京三菱銀行はの返還を早期に完了させるなど、旧4大メガバンクの中では財務の健全性が強い銀行であった。 処理の遅れたUFJ銀行を統合した事により、公的資金注入行に再転落したが、2006年にはその返済も完了させている。 これを受け、から自粛していたも、銀行業界の先陣を切って再開する方向で調整に入っていたが、不良債権処理を完了させてその間を免除されたのに 政治献金の再開は国民感情を逆撫でするという批判を受けて見送りとなる。 1月、が同行を所属業者とする銀行代理店業務を行うこととなり、「三菱東京UFJ銀行カブドットコム支店」(旧東京三菱店扱い)が開設された。 2008年には同行が設立関与したであるじぶん銀行(現:)を所属業者とする銀行代理店業務を締結し、当行窓口や店舗設置のメールオーダーで同行の普通預金新規口座開設の媒介を行っている。 2009年1月を以て新システム移行が完了して、旧東京三菱店と旧UFJ店のも活発に行われているが、2013年6月現在も旧東京三菱店と旧UFJ店の間の(システム上での)店舗統合は一切行われておらず、発表もされていない。 ただし、各種振込手数料について共同店舗間の振込は「同一店宛」の手数料が適用される。 2005年12月31日までの「三菱東京」は 三菱東京フィナンシャル・グループ(MTFG)を指し、2006年1月1日以降の「 三菱東京」は三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)傘下の 三菱東京UFJ銀行を指すため、誤表記を招く要因となっている。 合併後の金融機関名称が長く、愛称で呼ばれることも多くなっている。 合併前の地盤を引き継ぎ、関東周辺や銀行業界では「東京三菱」ないし「三菱」と呼ばれることが多いが、もともとUFJ銀行の前身である三和銀行・東海銀行の地盤だった近畿地方や東海地方では「UFJ」と呼ばれることが多い。 当行の前身にあたる三菱銀行の流れからの企業で構成される三菱金曜会や三菱広報委員会に加盟する一方 、UFJ銀行の前身にあたる三和銀行の流れからの企業で構成されるやにも加盟している。 5月、2018年4月1日を目途に法人貸出等業務をから方式によってすると発表した。 またこれにあわせ、商号を「三菱東京UFJ銀行」から「 三菱UFJ銀行」に変更(英文名もThe Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ, Ltd. からMUFG Bank Ltd. に変更)することも発表。 2018年4月1日、商号を「三菱東京UFJ銀行」から「 三菱UFJ銀行(英文名:MUFG Bank Ltd. )」に商号変更した(のみは旧東銀のBOTKJPJTを継続)。 持株会社は2005年秋の再編時点で既に「三菱UFJフィナンシャル・グループ」になっており、これにそろえた形となる。 沿革 [ ] 三菱東京UFJ銀行 明石支店に設置されている看板(2006年から2015年に設置されたもの)• (平成18年)• 1月 - 三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFG)傘下の東京三菱銀行がUFJ銀行を合併し、 株式会社三菱東京UFJ銀行に商号変更。 4月 - スーパーICカードからクレジットカード機能を独立させた「ICクレジットカード」の発行を開始。 5月22日 - 個人預金者が自動化手段で行う同行および本支店宛振込(先述)の手数料を無料化。 5月25日 - と折半出資で設立準備会社のモバイルネットバンク設立調査株式会社(現:)を設立。 (平成19年)• 3月19日 - 同行キャッシュカードにおける(、、)利用手数料の引き下げを実施し、平日8時45分から17時59分までは利用手数料無料となる。 11月5日 - に業務を委託した個人向け「」取扱開始。 (平成20年)• 5月12日 - 東京三菱店(旧:東京三菱銀行)の国内預金を新システムへ移行する作業を実施。 同日より、旧銀行の識別マークのない通帳が発行開始された。 5月12日 - ATMにおいて、新システムへの統合が完了した旧東京三菱店口座(全店が対象)のキャッシュカード出金が不能となるシステムトラブルが約2万件発生。 6月26日 - じぶん銀行(現:)が開業。 同行を所属業者とする銀行代理業務(口座開設申込取次)を開始。 7月7日 - UFJ店(旧:UFJ銀行)の国内預金を新システムへ統合するシステム統合作業を店舗毎に段階的に開始。 このシステム統合で旧東海銀行の通帳は統合が完了した店舗発行分は使用不可となった(新通帳への切り替えは全店の窓口で即時に可能)。 8月1日 - を完全子会社化(同年8月8日に持株の一部をへ譲渡)。 10月20日 - 全国の(・都道府県信連)とのATM・CD相互出金無料提携を開始。 12月15日 - UFJ店の勘定口座を新システムへ統合する作業が全て完了し、UFJ店のATM以外のシステム統合作業が完了。 (平成21年)1月19日 - UFJ店のATM端末を新システムへ統合する作業が全て完了。 全店のATMの画面・メニューが新システム仕様に更新され、これを以て全てのシステム統合作業が完了。 (平成22年)• 1月10日 - サービス開始。 従来のはメインバンクプラスへ改定された。 10月 - 「」以外の既存カードローン商品の信用保証業務委託先を等が会社分割の手法によりアコムに譲渡し移管。 (平成23年)12月 - 信用保証委託先をそれまでの三菱UFJニコスからとする個人向け無担保証書貸付ローン(・等)の取扱開始(については2006年に開始済)。 (平成26年)• - のコーポラティブ銀行とミャンマーマイクロファイナンス銀行との業務協力で合意したと発表。 (平成27年)• - 三菱東京UFJ銀行がを実施し7割超の株式を取得したとBTMU支店の業務を統合。 - のに支店を開設。 (平成28年)• - がのの全株式を取得すると発表。 (平成29年)• - の健全性監督機構に「過去の取引に関する当局への情報提供が不十分」として罰金を科される。 4月 - に「企業主導型保育所」を開設。 4月1日 - 株式会社三菱UFJ銀行(英文名:MUFG Bank, Ltd. )に商号変更。 行名変更直後の西院支店。 三菱東京UFJ銀行末期のデザインを踏襲している。 5月20日 - 三菱UFJ銀行は、2023年度までに約180店舗を削減すると発表。 7月5日 - と提携して、同年9月22日から店舗外ATMの共同利用(他行ATM利用手数料の一部無料化)を開始すると発表。 振込サービスの独自化 [ ] グループ本支店への振込手数料 はから、同行および同グループの両社の個人預金者を対象に、自動化手段を利用して行う両社及びじぶん銀行(現:)の本支店宛振込の手数料を一律無料化した。 しかし、から実施されたATMサービス内容の改定に伴い、ATM利用時の振込手数料の無料化は廃止となった。 ATM本支店振込の当日付取扱時間帯拡大 5月12日の新システム稼動開始から、同行ATM(システム移行前のATMを含む)による 本支店 (一部の振込専用支店を除く) の普通預金・貯蓄預金宛振込の当日附 (月曜~金曜の平日に限る)扱い時限を、従来の15時から18時に繰り下げた(発表)。 なお、同行の当座預金(一部カードローン口座を除く)・一部の振込専用支店宛は15時までで変わらない。 からは、自行ATM(、、であれば、でも可能)または事前の設定を実施済みの三菱UFJダイレクトから自行本支店宛ての振込については24時間365日、普通預金、貯蓄預金、当座預金のいずれの預金科目宛であっても、即時入金となる。 キャッシュカード利用提携 [ ] 採用30周年を記念した色鉛筆 三菱UFJ銀行は、日本の銀行で唯一「キャラクター」をイメージキャラクターとして採用している。 これは、前身のひとつであるが、同じ三菱財閥系のがと協力して行っていた「日本への誘致運動」に呼応し 、にディズニー・プロダクションズ(当時)と版権契約を結び、ディズニーキャラクターを使用した「絵入り通帳」の取り扱いを開始して以来続いているものである。 日本へのディズニーランド誘致は、三菱地所と競合していた・企業連合の子会社であるが権益を獲得したが(このため、内にはの出張所とATMが設置されている) 、以後現在に至るまでディズニーキャラクターが採用され、通帳やカード類、キャンペーンの景品などに使用されている。 ちなみに、(みずほコーポレート銀行を経た現:)も同時期に採用を図ろうとしたが、ディズニー社側の承諾を得られず断念している。 なお、「絵入り通帳」の取り扱い開始当初は、「普通預金」と「積立預金」の2種類の通帳が用意され、普通預金には「ディズニー預金」という名前が付けられた。 また、キャラクターは、・・・などが採用された。 さらに、からは、「ディズニー貯金箱シリーズ」が始まり、第1号である「ドナルドダック」の貯金箱が配布された。 携帯電話専業銀行「じぶん銀行」の設立 [ ] 詳細は「」を参照 、同行との共同で、をはじめとするの利用者向けに、預金口座・決済・消費者金融等の取引を提供するための専業銀行を合弁会社として設立することに合意し、当初上半期までの開業を目指していたが 、このたび準備会社として、に設立されたモバイルネットバンク設立調査株式会社が、に銀行業免許を取得し、 株式会社じぶん銀行に社名を変更した。 出資比率はKDDIと三菱東京UFJの折半出資となり、同年に営業開始した。 2019年4月1日にKDDI側の持ち株会社がに変更となり、2020年2月9日に社名を auじぶん銀行株式会社と変更した。 関係が親密な地方銀行 [ ] (旧)三菱銀行系• (傘下。 旧傍系)• (旧第百銀行傍系。 三和銀行系でもある)• (三菱UFJ銀行が筆頭株主である)• (十六に吸収されたは東海銀行系)• (傘下。 (傘下。 旧第百銀行傍系。 ) (旧)三和銀行系• ((特に旧:)とも関係が深い。 青森銀行との競合がある上、メガバンク統合の影響からみずほ系と解されることが多い)• (傘下。 (傘下。 (旧)東海銀行系• (三菱UFJ銀行持分法適用会社) 関係が親密な大口融資先 [ ] その他親密先• (旧は三和銀行をメインバンクとしていた。 シナジーキャピタル• (みずほ銀行(旧富士)とも親密)• (旧)• (とも親密)• 中央倉庫• (とも親密)• (みずほ銀行とも親密)• ブルーブルーエ ジャパン(Bleu Bleuet)• 行政処分・不祥事 [ ] この項目には、一部のコンピュータやで表示できない文字が含まれています ()。 以下に、三菱UFJ銀行が絡んだ不祥事を紹介する。 は、(19年)の同行への処分に際し、「(三菱東京UFJ銀行は)他のに比べ、問題が突出して多い」と指摘している。 ・深圳支店による過大融資 三菱東京UFJ銀行支店は、2003年(当時はUFJ銀行深圳支店)、現地の大手医薬品メーカー三九集団が株式を上場する際、必要とする資金10億人民元(約140億円)を融資した。 だが、当時の三九集団の業績や事業規模を踏まえると、あまりに多額の融資であった。 これは実態を伴わない「不実融資」と認定され、の金融当局は三菱東京UFJ銀行に対し28億円の罰金を支払うよう2006年2月に命じた。 また、当時の同支店の資金量は4億元超で、同行に許可されていた業務範囲を逸脱した取引ともみなされた。 三菱UFJの中国内業務に関しては、2006年にも中国銀行業監督管理委員会による摘発を受けている。 システム開発を担当していた支店の行員は、プロジェクト受注に際して業者から5万9,000元のを受け取り、懲役1年を言い渡された。 96万人分の個人情報紛失 三菱東京UFJ銀行新宿中央支店、上野中央支店など85ヶ店において、個人情報合計96万人分を紛失したとに発表した。 内訳は、が出力する明細表86万人分、伝票3万5,000人分、マイクロフィルムの内部資料3万8,000人分、紙の内部資料1万8,000人分である。 資料には顧客の氏名・口座番号・取引金額が記載され、一部には電話番号・住所・生年月日・届出印・振込み明細などまで含まれているものもあった。 同行では、個人情報を営業店から管理センターへ集約する作業を実施中だったが、その過程で資料の一部を紛失した。 誤って廃棄した可能性が高く、外部へ流失した恐れは少ないとしており、発表時点で悪用は確認されていない。 日本の金融機関による個人情報紛失としては、の改善勧告第1号となったの131万人に次ぐ規模である。 米国法人のマネーロンダリング対策過怠 金融機関に求められる監視体制が十分に整備されていないとして、2006年12月19日、の金融当局は、業務改善命令の行政処分をに下した。 2004年にも決済専門の子会社が資金洗浄対策を怠って行政処分を受けており、2度目の処分となるため、当局は事態を重く見て、異例ながら個別案件に対する処分内容を公表した。 過去の教訓が生かされなかった結果、全グループを対象とする厳しい処分に拡大した。 2007年1月には、子会社のも、により検査を受けている。 これらの処分に伴い、三菱UFJは米国での金融持株会社(Financial Holding Company)資格の取得を見送り、・の一体経営による業務で遅れをとることになった。 同和利権団体への不正融資 の解決を目的として設立されたの外郭団体であるは、元理事長により私物化されと化していた。 旧三和銀行時代には元理事長に対し数十億円規模の融資を続けており、役員もこの事実を把握しながら、問題の解決を先送りし、融資はほとんど回収不能となった。 2006年にこの元理事長が逮捕されて問題が表面化した後も、旧UFJ・旧東京三菱の経営陣間で情報が共有されず、また旧東京三菱出身の役員の一部には「我々の案件ではない」として処分を免れようとする動きもあった。 2007年2月15日、金融庁は、三菱東京UFJ銀行の内部管理体制に重大な問題があるとして、一部業務停止命令を下した。 同行の全法人向け営業拠点で新規融資を3ヶ月停止し、法人向け営業拠点の新設を停止、経営責任を明確化し業務改善計画を提出することを求めた。 この事件では、一連の問題に直接的に関与した三菱東京UFJ銀行淡路支社次長も、で逮捕されている。 学生採用担当者によるわいせつ事件 採用活動中、同行に応募してきたに「あなたの評価は高い」「応援したい」などと内定をちらつかせ、わいせつ行為に及んだ三菱東京UFJ銀行員が、2007年5月19日、強制容疑で逮捕された。 この行員は2007年4月8日午後に、国立大学4年の女子大生(21歳)を大阪市のカラオケ店内に呼び出し、抱きついたり、した疑いがかけられている。 女子大生は抵抗し現場から逃れ、被害届を出した。 行員は女子大生の同窓生を名乗り、大学枠別の採用担当者を装っていたが、実際に採用の補助業務も担っていた。 この補助業務中に、学生のなどから連絡先を知った可能性があるとみて、大阪府警は行員の勤務先である三菱東京UFJ銀行難波支社など3つの関連箇所を、家宅した。 同容疑者は別の学生にも同様のわいせつ行為を行ったとして、6月11日に再逮捕された。 尚、同容疑者は後日処分となった。 投資信託販売での不適切処理 2007年6月11日、金融庁は三菱東京UFJ銀行に対し、複数業務に跨がる行政処分を出した。 銀行窓口でのの販売で多数の不適切な処理が見つかったため。 合わせて、不祥事が相次ぐ海外業務についても改善命令が下された。 投信の販売では、銀行利用者が購入を注文した商品とは別のものを誤って取り次いだにもかかわらず、への過誤報告や顧客に対するなどの定められた対応をしないケースが多数発覚した。 複数の同行支店で、3年程度の間に約100件のこうした不適切処理が発生していた。 日本銀行によるの長期化を背景に、投資信託による資産運用を求める利用者が増加しており、金融庁は消費者保護の観点から金融機関への監視を強めていた。 金融庁が投信の窓販に拘る処分を発動するのは初めて。 (旧)UFJでは過去に同様の問題が発覚したため、厳しい社内規定に改めていたが、三菱UFJへの経営統合後に旧東京三菱の緩い規定に合わせられていた。 内部管理体制の甘さと経営陣の意識の低さに加え、「顧客軽視も甚だしい」「他のメガバンクに比べ問題が突出して多い」と金融庁に指摘されている。 (旧)三菱銀行は期にも、生命保険会社と組んで高齢者顧客に融資とセットで変動性商品のを売り込み、 その後多くの訴訟案件を抱えた経緯がある。 海外支店での横領 海外業務では、資金洗浄対策過怠に加え、現地職員による横領・不正引き出しが数十件発生していたことを公表した。 この処分により、発足後の1年半あまりで国内外から受けた処分は7分野に及ぶこととなる。 12万件の誤登録 三菱東京UFJ銀行において、1994年 - 2007年の間、などの融資を受けた顧客情報のうち7490件について、誤った信用情報が全国銀行個人信用情報センターに登録されていた。 うち2747件では、顧客が損害を被った恐れがある。 大半は旧東京三菱の案件である。 子会社のでの誤登録も合わせて公表された。 同社のDCカード利用者関係で11万件超に情報登録ミスを生じ、うち2324件についてはキャッシングが利用できない不利益が生じた恐れがある。 両社とも2007年6月までに、信用情報機関へ情報修正を終えたとしている。 中華人民共和国・深圳支店での暴行・ストライキ事件 三菱東京UFJ銀行深圳支店にて2007年7月27日、「態度が不愉快だ」として、ある日本人課長が部下の中国人行員を平手打ちし、これを受けて同支店の中国人行員50人がストライキに突入した。 元三菱東京UFJ銀行の行員 顧客の預金1870万円を着服容疑 顧客の口座から預金約1870万円を着服したとして、警視庁捜査2課は27日、業務上横領の疑いで、三菱東京UFJ銀行の元支店長代理を逮捕。 2002年5月以降、時効分を含めて33人から計約1億1千万円を着服したとみて裏付けを進めている。 実体の無い督促目的での住民票取得 三菱東京UFJ銀行系列のが、にから、同行のの利用が無い同市民2人のを、返済督促目的を理由にして取得していたことが、に発覚した。 同市は同行に対し抗議し、住民票を返還させた。 同行は「一定年齢以上のが存命かどうかを確認する必要があったため」としているが、住民票をどれほど取得していたかについては説明を拒んでいる。 個人投資家の銀行口座を横領 2013年11月1日に三菱東京UFJ銀行の新宿中央支店長が、同銀行にある経済評論家の深田萌絵の口座より全額を引き出した。 問い合わせたところ、「口座を差し押さえた」と回答があった。 そこで深田は11月27日に損害賠償請求を起こし、勝訴した。 1400億円倒産事件で不適切接待を認める 最大の破綻となった、船舶会社ユナイテッドオーシャン・グループ(UOG)の倒産事件で、メガバンクトップの三菱東京UFJ銀行の幹部を含む複数の行員が、銀座の高級クラブなどで接待を繰り返し受けていたことが、の取材でわかった。 女性に乱暴で行員を逮捕 同銀行の28歳の男性行員が、東京都中央区内ので、30歳代の女性にを混入した飲食物を摂取させた上で乱暴を加えたとして、に容疑でに逮捕された。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• これは合併の効力が法務局に登記申請する日になるためである。 大阪市は・・との4行による輪番制。 より、第1ターミナル内に所在する母店である成田空港支店に取り込まれた。 このため第2ターミナルには、店舗外ATMコーナーと拠点である成田国際空港第二出張所・同第三出張所が残されている(同じく、外貨両替拠点の成田国際空港出張所・同第四出張所は、第1ターミナル側に所在)。 かつて旧東京銀行時代後期まで、の旧ターミナルビル内に羽田支店(旧三菱銀行から続く現在の羽田支店とは無関係)を、ターミナルビル内には大阪空港支店がそれぞれ設置されていたこともあった。 旧同一行同士でもシステム上の店舗番号が同じ場合に限られる。 また、2014年に実施した岡本出張所が岡本駅前支店への事実上の昇格のケースは、システム上では岡本出張所(492)を親店舗の東神戸支店(492)へ統合廃止したうえで、同地に岡本駅前支店(489)を新設した扱いである。 一例を挙げると、新橋駅前出張所(旧東京三菱店)は新橋支店(旧東京三菱店)単独の管轄だが、ここのATMから振込を行う場合、新橋支店と同居している新橋駅前支店・浜松町支店(いずれも旧UFJ店)宛の振込も同一店宛扱いとなる。 また、自動定額送金や給与・賞与振込なども同様に、3支店間での振込は同一店宛扱いとなる。 そして、にと経営統合し、が発足した。 三菱金曜会及び三菱広報委員会のメンバーであるの傘下。 にUFJニコス(旧日本信販、旧UFJカード)が旧三菱銀行系列のディーシーカードを吸収合併。 旧との関係で、とも親密。 旧明治生命保険は三菱グループで、旧安田生命保険は(旧系列)である。 現在はの関連会社となっている。 そしてに正式に三菱グループ・三菱広報委員会に加盟した。 の次男・秀弥が富士紡ホールディングスの前身・富士瓦斯紡績の取締役を務めていた。 が森村財閥の金融部門であった森村銀行を吸収した関係から親密である。 に旧三菱液化ガスが三菱商事LPガス部門・出光興産LPG部門と事業統合。 系列・系列である。 三菱商事が筆頭株主で関係も深いが、と親密である。 にの百貨店と経営統合し、が発足。 現在、伊勢丹の関東地区での店舗運営は子会社のが運営している。 旧並びに(旧、旧)、(旧)とも親密。 またが奈良県出身という事もあり、奈良県の地方銀行とも親密である。 にの持分法適用会社化。 旧でもある。 はかつて三菱銀行と親密だった。 現在はの傘下である。 に経営破綻。 その後、の創業者である主導による経営改革で会社を再建した。 こうした経緯から、京セラとも親密である。 (昭和2年)に倒産したの貿易・商社部門を子会社である日本商業会社が引き継ぎ、日商が発足。 その後、(旧系列)と合併して、が発足。 そしてにと経営統合し、現在に至る。 旧日商岩井と旧ニチメンも共に旧三和銀行との関係が深かった。 三菱商事の関連会社でもある。 当時のとを主体に設立された。 三和銀行とによって設立された。 また旧とも親密だった。 なお旧はと親密。 かつては京セラの、現在はの傘下。 と親密であるがアイワイバンク銀行(現・)の設立に協力。 旧は2行に次ぐ最多の融資をしていた。 2014年9月1日に、が・・のと合併した。 オリックスの子会社。 過去に任天堂の社長を務めたも旧三和銀行出身である。 なお、任天堂の社長に就任した以前は、関連会社のや任天堂の米国法人の社長を歴任した。 同行が第3位の大株主となっている。 三菱銀行も東京三菱銀行時代までほぼ同程度株式を所有していたが経営統合直前に大半をに売却している。 なお、に在阪局として初の純粋持株会社であるが発足した。 テレビ事業ではTBSをキー局にした系列の準キー局である。 に加盟するプロサッカークラブ。 筆頭株主であるトヨタ自動車は約50%の株を保有している。 2006年3月31日現在、によると、同行が第4位の大株主となっている。 また、同行の親会社であるから大量保有報告書が提出されている。 同行が第9位の大株主となっているほか、旧系のであるが第2位の大株主となっている。 同行が第7位の大株主となっている。 東海証券として設立。 2006年にと資本提携し東海色が薄まる。 豊田通商傘下の繊維メーカー。 以前は旧のに加盟していたが、倒産・新会社設立を機に退会した。 (旧)とも親密。 現在はの完全子会社。 トヨタホームの連結子会社。 旧社名は「藤和不動産株式会社」。 フジタの不動産部門が独立した。 かつてはフジタの子会社だったが、親会社のフジタの経営危機により、2007年にの子会社となる。 そしてに現在の社名になる。 出典 [ ]• 「」、2008年10月30日• 日本経済新聞. 2017年5月13日. 2017年6月15日閲覧。 産経ニュース. 2017年5月13日. 2017年6月15日閲覧。 日本経済新聞. 2017年5月16日. 2017年6月24日閲覧。 朝日新聞社 : p. 朝刊 8. 2014年6月27日• 日本経済新聞. 2015年1月6日. 2015年3月31日閲覧。 共同通信. 2015年1月5日. の2015年7月10日時点におけるアーカイブ。 2015年3月31日閲覧。 朝日新聞社 : p. 朝刊 11. 2015年4月23日• 朝日新聞社 : p. 朝刊 9. 2016年1月15日• 朝日新聞社 : p. 朝刊 9. 2016年1月28日• 朝日新聞社 : p. 朝刊 7. 2017年2月10日• 朝日新聞社 : p. 朝刊 11. 2017年3月29日• 三菱東京UFJ銀行. 2018年2月6日閲覧。 2017年10月23日, at the. 日本経済新聞 2017年5月15日. 2018年2月6日閲覧。 『』2018年8月2日(金融面)2018年11月25日閲覧。 日本経済新聞 2019年5月20日. 2019年5月25日閲覧。 株式会社三菱UFJ銀行(2019年7月5日作成). 2019年7月6日閲覧。 共同通信. 2013年8月26日. の2013年10月16日時点におけるアーカイブ。 2014年3月24日閲覧。 マネーポスト・週刊ポスト(2020年1月4日作成). 2020年1月4日閲覧。 - KDDI 2019年2月12日(2020年2月20日閲覧)• - KDDI・auフィナンシャルホールディングス・じぶん銀行 2019年7月29日(2020年2月20日閲覧)• 株式会社じぶん銀行 2020年2月3日. 2020年2月20日閲覧。 「学会マネー」研究会『創価学会財務部の内幕』 〈小学館文庫〉、;• 「三菱東京UFJ銀行、中国で28億円の罰金」日本経済新聞、2006年7月8日• 川瀬憲司「」日本経済新聞、2007年1月30日 2007年4月2日, at the. 「」nikkei BPnet、2006年10月6日• 「」読売新聞、2006年12月20日 [ ]• 「三菱UFJ米子会社 2度目の処分へ」日本経済新聞、2007年1月26日• 大柳聡庸「」SANKEI EXPRESS、2007年1月28日 [ ]• 「」ShikokuNews、2007年5月19日 2007年9月27日, at the. 共同通信「」gooニュース、2007年5月21日 2007年5月23日, at the. 「」asahi. com、2007年6月11日 2007年6月14日, at the. 「」日本経済新聞、2007年6月8日 2007年6月10日, at the. 「」東京新聞、2007年6月8日 2007年6月11日, at the. 「」朝日新聞、2007年6月11日 2007年6月14日, at the. 前田昌孝「」日本経済新聞、2007年6月12日 2007年9月30日, at the. 山本明彦「」毎日新聞、2007年6月8日• 「」読売新聞、2007年7月2日 [ ]• 矢板明夫「」産経新聞、2007年7月29日 2007年9月27日, at the. 「」ライブドアニュース、2015年5月27日• 読売新聞 2016年3月30日 [ ]• 「」ライブドアニュース、2015年12月30日• 「」週刊文春、2016年7月6日• 産経新聞 2019年7月11日 広報資料・プレスリリースなど一次資料 [ ]• - 三菱UFJ銀行• - 三菱UFJ銀行 2019年6月27日• - 三菱UFJ銀行• - 三菱UFJ銀行 2019年6月27日• [ ] 関連項目 [ ] サービスなど• (旧:)• - 国内富裕層向けの• その他• CM出演タレント• ・・ - 広告キャンペーン「Do Smart」に出演。 阿部は2009年から、石原は2012年から、山﨑は2015年から起用されている。 ・・・・・・ - 過去にCM・広告に出演 番組スポンサー• ()- 現筆頭スポンサー。 () - 2015年4月から2016年3月までスポンサー。 外部リンク [ ] ウィキニュースに関連記事があります。

次の

三菱UFJ銀行 支店コード一覧

三菱東京ufj銀行 支店 コード

三菱UFJ銀行の支店コード一覧と検索 三菱UFJ銀行の 金融機関コード(銀行コード)は「0005」です。 三菱UFJ銀行のスイフトコード、ビックコード(SWIFT code、BIC code)は「 BOTKJPJT」です。 11桁を求められた場合は、下3桁にX(エックス)を加えて、 BOTKJPJTXXXとしてください。 日本ではIBAN(アイバン)やABA(エービーエー といったコードはありません。 IBANは主に欧州で採用される銀行口座の所在国、支店、口座番号を一意に特定するための統一規格のコードで日本では採用されていません。 ABAはRouting Number(ルーティングナンバー)とも呼ばれる米国における銀行コードです。 三菱UFJ銀行の支店コード一覧です。 支店名から支店コードを検索できます。 支店コードから支店名の逆引き検索をすることもできます。 生活の様々なシーンでご活用ください。 支店名称 コード 本店 001 丸の内支店 002 瓦町支店 003 船場支店 004 大阪営業部 005 歌島橋支店 006 玉造支店 007 神田駅前支店 010 大東支店 011 伊勢支店 012 神保町支店 013 市ヶ谷支店 014 麹町中央支店 015 鶴橋支店 016 生野支店 017 鴻池新田支店 018 谷町支店 019 日本橋支店 020 寺田町支店 021 八重洲通支店 022 京橋支店 023 銀座通支店 024 築地支店 025 枚岡支店 026 大伝馬町支店 027 淡路支店 028 森小路支店 029 都島支店 030 心斎橋支店 031 上町支店 032 大阪恵美須支店 033 日本一支店 034 難波支店 035 信濃橋支店 036 天神橋支店 037 瑞江支店 038 天六支店 039 梅田新道支店 040 虎ノ門支店 041 清水支店 042 田町支店 043 梅田支店 044 六本木支店 045 上本町支店 046 広尾支店 047 針中野支店 048 萩ノ茶屋支店 049 新宿通支店 050 四谷支店 051 神楽坂支店 052 高田馬場支店 053 九条支店 054 新宿西支店 055 あびこ支店 056 築港支店 057 堂島支店 058 野田支店 059 江戸川橋支店 060 駒込支店 061 春日町支店 062 千駄木支店 063 赤坂見附支店 064 上野中央支店 065 城東支店 066 大阪駅前支店 067 十三支店 068 浅草橋支店 069 今里支店 070 玉出支店 071 阿倍野橋支店 072 放出支店 073 江坂支店 074 新百合ヶ丘支店 075 平野南口支店 076 大阪ポートタウン支店 077 上新庄支店 078 武蔵小杉駅前支店 079 本所中央支店 080 押上支店 081 錦糸町支店 082 新大阪駅前支店 083 青山通支店 084 亀戸北口支店 085 深川支店 086 茨木西支店 087 寝屋川支店 088 青葉台駅前支店 089 経堂支店 091 中之島支店 092 平針支店 095 土古支店 097 汁谷出張所 098 東京都庁第二本庁舎出張所 099 大阪公務部 100 東京為替集中支店 102 千代田支店 103 目黒駅前支店 104 小山支店 105 大阪為替集中支店 108 御堂筋支店 109 自由が丘駅前支店 110 都立大学駅前支店 111 宇治大久保支店 112 尾西支店 114 大森支店 115 池上支店 116 蒲田支店 117 羽田支店 118 長原支店 119 南浦和支店 121 横浜中山支店 123 東戸塚支店 124 練馬平和台支店 125 昭島支店 126 下北沢支店 127 久我山駅前支店 128 田園調布駅前支店 129 世田谷支店 130 玉川支店 131 成城支店 132 表参道支店 133 橿原支店 134 渋谷支店 135 恵比寿支店 136 代々木上原支店 137 笹塚支店 138 学芸大学駅前支店 140 大泉学園支店 142 四貫島支店 143 関西中央支店 144 阪急梅田北支店 145 あかね支店 146 新東京支店 147 竹橋支店 148 仙川支店 149 名古屋営業部 150 中野支店 151 東中野支店 152 野方支店 153 白金支店 154 高円寺支店 155 阿佐ヶ谷支店 156 荻窪支店 157 西荻窪駅前支店 158 上北沢支店 160 橋本支店 161 浜田山出張所 162 千住支店 166 成瀬支店 167 田無支店 168 塚本支店 169 西池袋支店 170 大塚支店 171 東長崎支店 172 池袋東口支店 173 目白駅前支店 174 王子支店 175 滝野川支店 176 赤羽駅前支店 177 赤羽支店 178 日暮里支店 180 振込第三支店 181 振込第四支店 182 帝京大病院出張所 183 新板橋支店 185 志村支店 186 大山支店 187 下赤塚支店 188 東海公務部 189 江古田支店 190 愛知県庁出張所 191 名古屋市役所出張所 192 駒沢大学駅前支店 193 相模大野駅前支店 194 千住中央支店 195 振込集中錦支店 196 こはる支店 197 東大阪支店 201 堺支店 202 大津町支店 203 中央市場支店 204 堺東支店 205 小岩支店 206 八尾支店 207 東支店 208 松原支店 209 和泉支店 210 藤井寺支店 211 勝川支店 212 春日井支店 213 瀬戸支店 214 新横浜支店 215 黒川支店 216 上飯田支店 217 吹田支店 218 茨木支店 219 吉祥寺支店 220 名古屋駅前支店 221 三鷹支店 222 小金井支店 223 柳橋支店 224 府中支店 225 八王子中央支店 226 立川支店 227 町田支店 228 高槻支店 229 大和田支店 230 久米川支店 231 日野豊田支店 232 鶴川支店 233 蟹江支店 234 中村公園前支店 235 八戸ノ里支店 236 西春支店 237 小田井支店 238 光明池支店 239 千里中央支店 240 保谷支店 241 宮崎台支店 242 国立支店 243 阪神甲子園出張所 244 多摩支店 245 日野市役所支店 246 河内長野支店 247 武蔵新城駅前支店 249 横浜駅前支店 251 藤ヶ丘支店 252 川崎支店 253 元住吉支店 254 鎌倉支店 255 平塚駅前支店 256 藤沢支店 257 登戸支店 258 相模原支店 259 大和支店 260 茅ヶ崎支店 261 上大岡支店 262 今池支店 263 覚王山支店 264 本厚木支店 265 八事支店 266 鶴舞支店 267 滝子支店 268 堀田支店 269 千葉支店 270 船橋支店 271 八幡支店 272 鳴海支店 273 松戸西口支店 274 柏中央支店 275 星ヶ丘支店 276 津田沼支店 277 石川橋支店 278 鎌ヶ谷支店 279 大和郡山支店 280 栄町支店 281 上前津支店 282 新稲毛支店 283 行徳支店 285 尾頭橋支店 286 金山支店 288 西川口支店 289 大宮駅前支店 290 草加支店 291 名古屋港支店 292 上尾支店 293 越谷駅前支店 294 所沢支店 295 新座志木支店 296 高畑支店 297 坂戸支店 298 鳴子支店 299 東京公務部 300 一宮支店 301 港北ニュータウン支店 303 金沢文庫駅前支店 304 常滑支店 305 木曽川支店 306 港南台支店 307 大倉山支店 308 上永谷支店 309 水戸支店 310 東海支店 311 五香支店 312 振込第一支店 313 仙台支店 314 東京女子医大出張所 315 福生支店 316 振込第二支店 317 荏原支店 318 東松原支店 319 仙台中央支店 320 東京営業部 321 堀留支店 322 小牧支店 323 京橋中央支店 324 銀座支店 325 月島支店 326 札幌中央支店 327 新宿新都心支店 329 日比谷支店 330 神田支店 331 虎ノ門中央支店 332 日本橋中央支店 333 上石神井支店 335 浅草支店 336 上野支店 337 門前仲町支店 338 亀戸支店 339 四谷三丁目支店 340 新宿支店 341 中野駅南口支店 343 大府支店 344 渋谷中央支店 345 阿佐ケ谷駅前支店 346 永福町支店 347 新橋駅前支店 348 尾山台支店 349 大泉支店 350 本郷支店 351 押上駅前支店 352 本所支店 353 葛飾支店 354 祐天寺支店 355 大井町支店 357 烏山支店 358 池袋支店 359 三河島支店 360 浦安支店 361 蒲田駅前支店 362 静岡支店 363 大久保支店 364 吉祥寺駅前支店 365 武蔵境駅前支店 366 八王子支店 367 世田谷上町支店 368 雷門支店 369 川崎駅前支店 370 横浜中央支店 371 枇杷島支店 372 横浜白楽支店 373 横浜西口支店 374 武蔵小杉支店 375 鶴見駅前支店 376 金町支店 377 戸塚駅前支店 378 相模原中央支店 379 志木駅前支店 380 越谷支店 381 川越支店 382 蕨支店 383 大宮支店 384 千葉中央支店 385 松戸支店 386 市川八幡支店 387 船橋駅前支店 388 大船支店 390 春日部駅前支店 391 津田沼東支店 392 稲沢支店 393 金沢中央支店 394 浄心支店 400 名古屋中央支店 401 新名古屋駅前支店 403 豊田支店 404 熱田支店 405 豊田南支店 408 海老名支店 409 北岡崎支店 410 刈谷支店 411 知立支店 412 安城支店 413 高浜支店 414 小阪支店 415 碧南支店 416 新瑞橋支店 417 三好支店 418 三好ヶ丘出張所 420 石神井公園支店 421 新丸の内支店 422 東刈谷出張所 423 弥富支店 424 中部国際空港出張所 425 新潟支店 426 富雄出張所 427 三島支店 428 船堀支店 429 室町支店 430 京都支店 431 豊中駅前支店 432 新橋支店 433 京都駅前支店 434 狭山支店 435 東寺支店 436 半田支店 440 西陣支店 441 国府支店 442 向島支店 443 聖護院支店 445 東向日町支店 446 香里支店 447 洛西出張所 448 西尾支店 449 四日市中央支店 450 泉ケ丘支店 451 草津支店 452 神戸中央支店 453 柏支店 454 大和高田支店 455 中もず支店 456 大和王寺支店 457 近鉄学園前支店 458 練馬支店 459 豊橋支店 461 三宮支店 462 小松川支店 463 武蔵境支店 464 蒲郡支店 465 田原支店 467 沼津支店 468 新宿中央支店 469 渋谷明治通支店 470 豊橋南出張所 471 尼崎支店 472 杭瀬支店 473 塚口支店 474 第二リテールアカウント支店 475 伊丹支店 477 西宮支店 479 横浜支店 480 夙川支店 481 豊川支店 482 芦屋支店 483 成田空港支店 484 宝塚中山支店 485 成田空港第2ビル出張所 486 逆瀬川出張所 487 高松支店 488 岡本駅前支店 489 宝塚支店 490 田辺支店 491 東神戸支店 492 西明石特別出張所 494 明石支店 495 姫路支店 496 和歌山支店 497 宇部支店 498 くずは支店 499 横浜藤が丘支店 500 京都中央支店 501 亀有駅前支店 503 西院支店 504 和光支店 505 出町支店 506 金沢支店 507 伏見支店 508 湘南台支店 509 所沢中央支店 510 広島支店 511 国立駅前支店 512 住吉支店 513 都立大学駅北支店 514 二子玉川支店 516 さんだ支店 517 田口特別出張所 519 大阪中央支店 520 船場中央支店 521 府中駅前支店 522 新大阪北支店 523 三鷹中央支店 525 学園前北口支店 526 京阪京橋支店 527 練馬駅前支店 528 日吉駅前支店 529 梅田中央支店 530 津支店 531 松阪支店 532 天満支店 533 四日市支店 534 桑名支店 536 五反田支店 537 大山田出張所 538 西心斎橋支店 540 難波駅前支店 541 上六支店 542 本店第一出張所 543 聖蹟桜ヶ丘支店 544 大阪西支店 545 徳島支店 546 津島支店 547 田無駅前支店 548 新城支店 549 岐阜支店 550 今里北支店 551 中野駅前支店 552 リテールアカウント支店 553 船堀駅前支店 554 阿倍野橋西支店 555 北畠支店 556 国分寺支店 557 浜松町支店 558 知多支店 559 静岡中央支店 561 浜松支店 563 茗荷谷出張所 564 久我山支店 567 池袋西口支店 568 麻布支店 570 福岡中央支店 571 門真支店 572 茨木駅前支店 573 八尾駅前支店 574 高槻駅前支店 575 堺駅前支店 576 千里中央駅前支店 577 江坂駅前支店 578 交野支店 579 尼崎駅前支店 580 神戸支店 581 キャッスルタウン支店 582 兵庫支店 583 姫路中央支店 584 芦屋北支店 585 多治見支店 586 武豊支店 587 品川駅前支店 588 荻窪駅前支店 589 調布支店 590 多摩センター支店 591 立川中央支店 592 豊中支店 593 羽衣支店 594 亀有支店 596 草加新田支店 597 岡山駅前支店 601 福山支店 602 広島中央支店 603 徳山支店 604 土浦支店 605 入間支店 606 浦安駅前支店 607 青山支店 608 赤坂支店 609 東恵比寿支店 610 鷹の台出張所 611 八千代支店 612 鷺沼支店 613 葛西支店 614 五反田駅前支店 615 麹町支店 616 高島平支店 617 大井支店 618 市川支店 619 高松中央支店 620 鶴見支店 621 練馬光が丘支店 622 町田駅前支店 623 関西空港出張所 624 秋葉原支店 626 原宿支店 627 逗子支店 628 たまプラーザ支店 629 春日部支店 630 西葛西支店 631 木場深川支店 634 戸塚支店 635 札幌支店 637 新松戸支店 638 綱島支店 640 目白支店 641 下赤塚駅前支店 642 中目黒支店 643 大森駅前支店 644 西新宿支店 646 成城学園前支店 647 志村坂上支店 648 中目黒駅前支店 649 北九州支店 650 枚方支店 651 福岡支店 652 三田支店 653 長崎支店 654 熊本支店 655 武蔵新城支店 656 高田馬場駅前支店 657 大山駅前支店 658 中村支店 660 竹ノ塚支店 661 六番町支店 663 飯田橋支店 664 秋葉原駅前支店 666 浦和支店 669 本山支店 670 木更津支店 671 二俣川支店 672 横須賀支店 673 国分寺駅前支店 675 笹島支店 677 カブドットコム支店 678 目黒支店 680 永福町駅前支店 682 猪子石支店 683 東松山支店 685 徳重支店 686 大曽根支店 693 笠寺支店 694 野並支店 697 三軒茶屋支店 700 中山支店 702 犬山支店 704 厚木支店 707 金沢文庫支店 709 泉佐野支店 710 志津支店 713 箕面支店 717 岡崎駅前支店 718 奈良支店 719 調布南支店 720 蓮田支店 723 草加駅前支店 724 和光駅前支店 727 青葉台支店 728 南藤沢支店 732 祖父江支店 738 岡崎支店 740 岡山支店 741 新小岩支店 744 日進支店 745 西荻窪支店 748 新富町支店 749 植田支店 752 ブラデスコ支店 753 公共第一支店 754 ビジネスアカウント支店 755 豊明支店 756 高蔵寺支店 757 ひいらぎ支店 758 きさらぎ支店 760 用賀出張所 762 王子駅前支店 763 インターネット支店 764 久留米支店 765 富田林支店 766 相模大野支店 767 守山支店 769 巣鴨支店 770 柴田支店 772 くすのき支店 777 岸和田支店 780 有松出張所 784 平塚支店 785 中津川支店 786 大美野支店 787 磐田支店 788 大正橋支店 789 池田支店 790 内田橋支店 792 大垣支店 793 自由が丘支店 794 甲子園支店 795 尾張旭支店 796 守口支店 797 錦糸町駅前支店 798 市川駅前支店 799 岩倉支店 800 うみかぜ支店 802 きよなみ支店 804 やまびこ支店 805 はつはる支店 807 わかたけ支店 809 めいげつ支店 814 長田支店 820 新大阪支店 822 豊中庄内支店 824 大阪京橋支店 825 東大阪中央支店 826 摂津支店 829 江南支店 830 ニコス振込支店 831 一宮東支店 833 振込用カブドットコム支店 847 しらゆき支店 848 あさぎり支店 849 いちょう支店 851 あけぼの支店 855 しおさい支店 860 すずかぜ支店 862 西七条支店 864 せいうん支店 865 みかづき支店 867 すいせい支店 868 なつぐも支店 869 うぐいす支店 870 ききょう支店 871 はるかぜ支店 872 三菱UFJMS証券支店 873 そうげん支店 875 公共第二支店 877 ふうげつ支店 879 岡三証券振込支店 883 花園支店 885 尾張新川支店 894 板橋支店 895 東海東京証券振込支店 899 ゆうがお支店 965 バンクイック振込支店 967.

次の

長原支店 | 三菱UFJ銀行

三菱東京ufj銀行 支店 コード

- 15 支店 and 49 ATM. - 10 支店 and 42 ATM. - 1 支店 and 14 ATM. - 1 支店 and 5 ATM. - 3 支店 and 12 ATM. - 2 支店 and 8 ATM. - 2 支店 and 11 ATM. - 6 支店 and 29 ATM. - 1 支店 and 4 ATM. - 2 支店 and 9 ATM. - 1 ATM. - 1 支店 and 6 ATM. - 6 支店 and 31 ATM. - 7 支店 and 49 ATM. - 1 ATM. - 2 支店 and 6 ATM. - 1 支店 and 4 ATM. - 6 支店 and 18 ATM. - 2 ATM. - 5 ATM. - 1 支店 and 3 ATM. - 4 支店 and 17 ATM. - 4 支店 and 18 ATM. - 6 支店 and 16 ATM. - 5 支店 and 22 ATM. - 2 ATM. - 10 支店 and 32 ATM. - 9 支店 and 49 ATM. - 4 支店 and 15 ATM. - 3 支店 and 19 ATM. - 10 支店 and 30 ATM. - 1 支店 and 1 ATM. - 2 支店 and 5 ATM. - 2 支店 and 3 ATM. - 4 支店 and 19 ATM. - 1 ATM. - 1 支店 and 10 ATM. - 3 支店 and 12 ATM. - 4 支店 and 11 ATM. - 1 支店 and 7 ATM. - 6 支店 and 20 ATM. - 3 支店 and 10 ATM. 本社 三菱東京UFJ銀行: 東京都千代田区丸の内2-7-1, 千代田区.

次の