ぼく たち の あそび ば。 ぼくたちのリメイク

ぼくたちが選べなかったことを、選びなおすために。

ぼく たち の あそび ば

そいつの名前は秋山璃在。 リアル ぼくたちの学年で、リアルを知らないやつはいない。 なぜって? リアルはすごいやつだから。 学年一の人気者。 ナンバーワンでオンリーワン。 性格は明るくてお調子者。 校内でかわいいといわれる女子は、いつもきまってリアルとうわさになる。 人気子役との恋がこじれた合唱祭、家族の悲しい過去、いじめ……。 ぼくたちは、少しずつちがう。 だから支え合える。 三人の少年の忘れられない夏の友情物語。 そいつの名前は秋山璃在 リアル。 スポーツ万能。 性格良好。 顔がかっこよくて、気もきくから女の子にももてる。 勉強も絵も書き初めも、カラオケだって、何をやらせても誰よりもできてしまう学年イチの人気者。 幼なじみの渡 わたる は、平凡な自分と比べて、そんな璃在 リアル に昔からコンプレックスを感じていた。 しかし、小学5年生の新学期、美しい転校生の来訪によって、運命の日がやってきたのだった。 人気子役との恋がこじれた合唱祭、リアルの家族の悲しい過去、サジへのいじめ……。 それぞれ助けあいながら、三人は次第に友情を深めていく。 出席番号一番、秋山璃在。 二番、飛鳥井渡。 三番、川上サジ。 三人ですごした五年生の春と夏の思い出。 ぼくたちは、少しずつちがう。 だから支え合える。 三人の少年の忘れられない夏の友情物語。 児童文学の王道を行く、というのだろうか。 保護者にとっては、子どもに読ませたい一冊として選ばれる本だろうと思われる。 子どもの友情を描く優れた本は他にもたくさんあるのだが、この作品ではLGBTの少年が出てくるところに目新しさがある。 ごく自然な形でさらりと描けるのは、主人公の年齢設定によるところが大きい。 少年の視点で見た世界は複雑すぎず、浅すぎず、いいところでおさまっているような気がする。 ただ、子どもにとってはそれほど面白い作品とは受け止められないだろう。 (感想文の宿題には最適かもしれない。 )そして、「ぼくたちのリアル」というタイトルも、内容とはすこし噛み合っていない気がしないでもない。 「リアル」は、クラスでも大人たちの間でも「すごい奴」のはずなのだが、「ぼくたち」には「ぼく」と「サジ」以外のエピソードがほとんどなかった。 (藤間さんも中途半端に消えてしまいます。

次の

【さよならぼくたちのほいくえん】卒園式で歌うピアノ曲【演奏動画】

ぼく たち の あそび ば

5次元舞台を中心に活躍中の、、らが出演する日本テレビのショート動画サービス『テレビバ』のバラエティー番組『ぼくたちのあそびば』が、きょう1日正午より配信開始。 プライベートでも仲の良い3人の若手俳優が「番組そのものを作っていく」過程を伝えるという内容になっており、昨年12月に全7話で配信。 今回新シリーズがスタートする。 このほど、3人からのコメントが到着した。 本日公開された内容は『みなさんからいただいたコメントに返答する』。 「たまたま見たら面白くて、楽しみに見ています」といった、ありがたいコメントに3人のテンションはアップ。 その勢いでさまざまなコメントに返答をしていく。 番組の最後でも、視聴者から募集した締めコメントで終わるなど、視聴者と一緒に作っていくことを意識した番組になっている。 そのほか、新シリーズではロケ企画やゲストを迎えてのトーク、視聴者投票により勝敗が決定するコーデバトルなど、いろいろなバリエーションの企画を週に1〜2本配信していく。 またチャンネル登録数が一定数に達すると、3人が考えた番組グッズを制作し、視聴者にプレゼントするなど、視聴者参加型のさまざまな企画も実施していく予定となっている。 程良い世代違いの三人の自由さを楽しんで頂ければと思います。 ずっとやっていたい番組なので何卒皆様、、、ご覧ください!よろしくお願い致します!笑」 高橋健介 「みなさんっ!こんにちはっ! 健ちゃんです!こと高橋健介です! 皆さまのおかげで早くもぼくたちのあそびばが 帰ってくることが出来ました?! パチパチ?! 新シリーズスタートということで 前回よりも様々な面でパワーアップして行きますよ?! 皆さまが軽い気持ちで観て、軽く笑えるそんな番組にね!笑 今後ともよろしくお願いします? !拡散もよろしくです!笑」 ゆうたろう 「みなさまぁぁぁぁぁぃぁぁぁただいまぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。 また動き出します…色んな面白い事します…この自由な3人をどうか見守っててください…! 更にパワーアップした『ぼくたちのあそびば』をどうぞよろしくお願いします」.

次の

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

ぼく たち の あそび ば

いじめと同調圧力、 大人が果たすべき役割…… 現代にも通じる少年たちの問題を 戦争の影の下に描き出す 名手による緊迫の群像劇! 「なぜ、殺してはいけない? 戦争の時、大人は人を殺したじゃないか」 人間を深く見つめる著者が 危機的状況におちいった少年たちを 温かく見つめ ヨーロッパで感動の渦を巻き起こした ドイツ発の話題作。 終戦直後、混乱期のドイツの農村。 十代前半の少年たちは、ある日、 難民の子ギュンターをいじめてしまう。 ギュンターはそのことを誰にも訴えないが、 大人にばれるのを恐れた仲間のリーダーは、 「あいつを殺そう」と言い出す。 表立って反対することができない 主人公フレディは、 隣家の年上の少女に助けを求めるが…? 子どもたちの間の同調圧力といじめ、 大人が果たすべき役割など、 現代にも通じる問題を 戦争の影の下に描き出す、 名手による問題作! ヘルマン・シュルツ:一九三八年、現在のタンザニアに宣教師の息子として生まれ、ドイツのルール地方で育つ。 五十カ国以上を旅し、一九六七年から二〇〇一年までは出版社を率い、アフリカやラテンアメリカ等の文学やノンフィクション、専門書を精力的にドイツに紹介することで知られた。 一九九八年に発表した作家としてのデビュー作『川の上で』 徳間書店 はドイツでヘルマン・ケステン賞を、日本で産経児童出版文化賞JR賞を受賞した。 ほかの作品に『ふたりきりの戦争』 徳間書店 、『心をそこに置け 未訳 』などがある。 渡辺広佐:1950年愛媛県生まれ。 中央大学大学院博士課程修了。 ドイツ文学者、翻訳家。 著書に『クヴェレ・ドイツ文法』 同学社 、主な訳書に『川の上で』『ふたりきりの戦争』 以上徳間書店 、『ファーブルの庭』 NHK出版 、「宇宙英雄ローダンシリーズ」 早川書房 など。 内容(「BOOK」データベースより) 以下、 第二次世界大戦終戦直後、混乱期のドイツの農村。 十代前半の少年たちは、ある日ふとしたことから、難民の子ギュンターをいじめてしまう。 ギュンターはそのことをだれにも訴えないが、大人にばれるのをおそれた仲間のリーダーは、「あいつを殺そう」と言い出す。 表立って反対することができない主人公フレディは、隣家の年上の少女に助けを求めるが…? 子どもたちのあいだの同調圧力といじめ、大人が果たすべき役割…現代にも通じる問題を、戦争の影の下に描き出す一冊。 人間を深く見つめる作者が、危機的状況におちいった少年たちを温かく見つめ、ヨーロッパで感動の渦を巻き起こした、ドイツ発の話題作。 その度に不快な気持ちになる訳だけど。 嫌な事があるとすぐにあいつを消そうとか、単純な思考。 でも実際に消そうと思ったらどうなるか? 物騒な話だが、リアルに迫ってみる。 童話にはなってはいるが、 作者自身の経験に基づいた話でもあるし、 あながち他人事でもない。 考えた事ぐらい一度はあるかもしれない。 大人でも考えさせられる。 助けてくれる人がいる。 真っ当な方へと導いてくれる人がいる。 温かさを感じれたお話でした。

次の