遊井 亮子 浦川。 【画像】浦川瞬ディレクター結婚相手は遊井亮子!離婚の元嫁がヤバい!

遊井亮子の旦那・浦川瞬は『アウトデラック』ディレクター?年齢や画像は?

遊井 亮子 浦川

- 2019年 8月月9日午後6時47分PDT 生年月日 1976年8月10日 出身地 東京都北区 血液型 A型 身長 166cm 「 色んなドラマで見たことあるけど何の役だったかな?」と思うことが多い女優さんじゃないですか? それもそのはず、1994年、遊井さんが19歳の時から女優として活動されておりますが 助演としてドラマ出演されていることが多いんですね。 どんなストーリーのドラマにもすんなり馴染んでいる女優さんですよね。 1995年には華原朋美さんらと共にフジテレビビジュアルクイーンとして活動されていた経歴も! 代表作は 「白線流し」 最近では「痛快TVスカッとジャパン」にも出演されておりますね。 遊井 亮子の本名 遊井 亮子さんの本名は 金井 亮子さんです。 名前に「金」がついていることから韓国系統の血筋の方ではないかと噂されたりしたこともあるようですが真相はわかりません。 遊井 亮子の学歴・出身高校は? 遊井 亮子さんは高校を卒業後、すぐに芸能活動をされているようで高卒です。 出身高校は中延高等学校(現在:朋優高等学校)です。 FAXで長文を送り付けられるなんていう嫌がらせにあったことも。 それがあって遊井 亮子さんは男性と付き合っているときに既に別れた後のことが気になってしまうとのこと。 「基本的には夕食を済ませれば帰ってほしい。 マックスでも5時間が限界。 1時間以内で帰ってもらえると嬉しい」と独特の恋愛観を語っていました。 男性と長時間過ごすことが苦手な遊井 亮子さん、40歳を過ぎて、共に生きていく相手に巡り合えてよかったですね! ゲーム好きという同じ趣味があって楽しそう! 翌週の放送で遊井 亮子さん自らが番組出演し、旦那さまとのラブラブっぷりを語りました。 「アウトxデラックス」の視聴はFOD フジテレビオンデマンド)でできます!.

次の

浦川瞬【画像】ディレクター遊井亮子と結婚!?馴れ初めや妊娠の可能性は?

遊井 亮子 浦川

出逢いや馴れ初めについて newsまとめ引用 マツコが出逢いの後押し? 遊井亮子さんは、2019年のアウトデラックス出演時に 「スタッフで会いたい人がいる」と発言していたそうです。 そのスタッフさんが今の旦那さんになるわけですが・・・ その時に遊井亮子さんは、「 ゲームセンターCX」のファンであることを告白し、当時三代目ADとして出演していた浦川瞬さんに会いたいと告白したのです。 しかし、その時には残念ながら浦川瞬は打ち合わせで席を外していて会えなかったのですが、どうしても逢いたいと言う思いが消えず・・・。 そんなときに、マツコ・デラックスさんは遊井亮子さんに 「本当にいいって言うなら浦川瞬とどう?」と交際を勧めたんだそうですよ。 この時には、遊井亮子さんはファンで憧れなので恐れ多いと交際は否定していましたが…。 笑 実際熱々のカップルへと愛をはぐくんでいったのですね。 ちなみに今回の結婚発表時にマツコデラックスさんは 「個人的には大反対です。 なんで浦川と結婚するのよ! 」「諸費用出すから離婚しない? 」 「 浦川Dの 奥様ですと紹介されてよく出てこれたわね」とコメントしておりましたね。 おまけに・・・ 来週のアウトデラックスでイチャイチャしてる様子が公開されると思いますが、番組 予告でも『一口たべるとチュー』とその熱々ぶりを発揮していましたね。 お熱いご様子です・・・ 妊娠の可能性 現在妊娠の可能性はなく、仕事も続けるとのことです。 ただ遊井亮子さんは、現在43歳なので、なるべく早く妊娠を望んでいるのではないか!と話題になっていますね。 嬉しい報告を待っていたいと思います。 おめでとうございます まとめ.

次の

浦川Dと遊井亮子の馴れ初めはゲームセンターCX?結婚生活は別居?

遊井 亮子 浦川

そう言って笑うのは、新婦の遊井亮子さん(43)。 1996年放送のドラマ「白線流し」で一躍注目を集めて以来、多くの作品で活躍を続ける名バイプレイヤーである。 一方のお相手は、バラエティ番組のディレクターを務める浦川瞬さん(37)。 同じテレビ業界とはいえ、接点はほとんどないはずだが、当人たちも知らぬ間に運命の糸が紡がれたのは15年も前のこと。 「当時、好きで見ていたゲームの番組がありまして。 番組で見かけることはあまりなくなった。 しかし、まさに運命と言うべきか、時を経て、彼が担当する別の番組に遊井さんの出演が決まったのが昨年のこと。 しかも、番組の最後に、好きな男性のタイプとして浦川ディレクターの名を挙げたことでスタジオは騒然とした。 言われたほうの浦川さんも寝耳に水だったそうだが、周囲のお膳立てもあり、交際に発展。 「私自身はずっと彼のファンだったので、まさかお付き合いするなんて考えてもみなかったんですが、全国放送で恋愛ベタを公言したのがよかったのか、一緒にいるのがすごく楽だったんです。 番組で語っていたように「結婚に憧れはなかった」という遊井さん。 「若い頃はそれなりに結婚願望もありましたけど、この歳になるとさすがにそういうのはなくて、同棲しても結婚はないだろうな」 と考えていた。 そんな中、結婚に踏み出すきっかけを作ってくれた人物がいる。 末期の肺がんを患っていた遊井さんの父だ。 すでに3年の闘病生活を経ており、担当医からは「年越しは難しいでしょう」と言われていた。 「父は、40歳を過ぎても結婚する気配のない私のことを気にかけていました」 昨年10月末、病院から「この3日がヤマだ」という連絡が入った。 そこで遊井さんは浦川さんにあるお願いをした。 「嘘でいいから、ウチのお父さんに『娘さんをください』ってやってくれる?」 浦川さんは二つ返事で了解してくれた。 病室に行って「娘さんを……」と言うやいなや、遊井さんの父は彼の手をとり、泣いて喜んだ。 翌日には意識不明となり、3日後に亡くなった。 ギリギリで間に合った。 「少しは親孝行できたのかな。 私は結婚にはずっと懐疑的だったので、友だちには今でも心配されますが、うまくやってますよ。 コロナ禍で二人して引きこもってますけど、たまにくだらないこと言い合って笑って。 彼が隣にいてくれる安心感を噛み締めています」• あわせて読みたい関連本•

次の