ゼンハイザー momentum true wireless 2。 【高評価】Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2【優等生】

EAH

ゼンハイザー momentum true wireless 2

質実なアップデート、でもこれこそがゴールドなエクスペリエンス。 ゼンハイザーの新しいワイヤレスイヤホン「 MOMENTUM True Wireless 2」が国内向けに発表されました。 2のつかない前モデルは、というレベルでの高評価でしたね。 後継機である今回のモデル、米Gizmodoの評価は「」というニュアンスでした。 でも、僕は「これこそ みんなのための音質重視モデルなのかも」と思ったのです。 その理由を紐解くべく、ハンズオンをお届けします。 あ、先に言っておきます。 アクティブノイズキャンセリング、あります。 ありますよー! 2mmのサイズダウンは、使えるユーザーを増やす 「MOMENTUM True Wireless 2」は、前モデルに比べ 2mm小さくなりつつも、バッテリーはイヤホン単体で4時間から 7時間(ケース込みで28時間)に延長しています。 そして、この2mmの違いが侮れない。 前モデルが大きくて耳がつらかったという人は、 今回のモデルならフィットする可能性が十分にあるのです。 まだまだワイヤレスイヤホンとしてはビッグボディですが、より多くの人の耳に入り込めるサイズにダイエットができたのは間違いない。 Photo: amito 左が前モデル、右が今回のモデル。 写真だと注視しなきゃわからないレベルかもしれませんが、実物を見ると「ちょっと小さくなった?」とわかるくらいには違いがあります。 ケースの寸法は同じ。 Photo: amito 上: MOMENTUM True Wireless 2、下: MOMENTUM True Wireless 初代 マイクの位置や接続まわりもマイナー改良されています。 特にこだわったというのが LDS(Laser Direct Structuring)アンテナの採用で、これにより接続の安定性がグっと向上。 電波密集地での接続性だけでなく、スマホの世代に依存せず安定した接続が実現できたとのこと。 最新のスマホじゃなくても接続が安定する、ということですね。 Photo: amito 左: MOMENTUM True Wireless 初代、下: MOMENTUM True Wireless 2 イヤホンを耳から外すと音楽が止まる スマートポーズ機能も搭載。 前モデルはNFMI接続の有無で機能していたところを、今回のモデルでは 光センサー方式に(右側の黒丸がセンサー)。 チップセットも変更されています。 あくまでも、音質のためのノイズキャンセリング そして、やはり気になるのは アクティブノイズキャンセリングの採用でしょう。 いかに音質が良くとも「なんだ、ノイキャンないのか」で前モデルをスルーしていた人も少なくないはず。 今回のモデルはそんな人達も取り込みつつ、今までの音質第一主義な人たちも納得させるスタンスをとっています。 すなわち、 あくまでも音質のためのノイキャンである、と。 Photo: amito ノイキャンの効きは、電車や車のゴーっというノイズを7割ほど消してくれるかなという感じ。 現状ノイキャン王者のAirPods Proを10とするなら、7くらい。 WF-1000XM3は9くらいかな。 静寂を手に入れるためのイヤホンではなく、 良質な音楽を楽しむための最低限の消音性ともいえます。 この哲学は、ヘッドフォンの「」にも通じますね。 そして、 ノイキャンON時の逆位相の違和感は、数あるノイキャンのなかでもトップレベルに薄い。 ノイキャンをオンにしていても、オフの時と同じ感覚で試聴できました(米Gizmodoが、ノイキャンのオンオフがわかりにくいと言っていたのも頷ける)。 そもそものパッシブノイキャン=遮音性も優れているため、アクティブノイキャンはバツっと音を消すというより、 街のノイズをイレースするための補助機能って感じです。 もちろん、 外音取り込み機能もあります。 これも非常にスムーズで、薄紙1枚をへだてて外の音を聞いているような感覚。 AirPods Proの外音取り込みを10とするなら、これは9くらい。 マイクで拾った音を流してますよというわざと感=聞こえやすさより、耳に栓をした状態で音を聞くとこうなるよというナチュラルさを優先したように感じました。 音質については非常にバランスが良く、上から下まで心地良い粒立ちを感じられます。 7mmのドライバーなどは前モデルと同じですが、今回のモデルの方がやや中高域のボーカルがクリアに聞こえるようになったとのこと。 聴き比べてみるとわかるレベルらしいですよ。 GIF: ヤマダユウス型 ちなみに、前モデルと今回のモデルの装着感の違いはこんな感じ。 外耳の肉の盛り上がり方や、イヤホンがより奥まで挿入されている様子を見てもらえれば、2mmのサイズ差がわかってもらえるかと。 Image: ヤマダユウス型 あと、地味に嬉しいのが タッチコントロールのカスタム。 これ、前モデルはできなかったんですよね。 あまり使わない音声アシスタントをノイキャンボタンに置き換えたり、自分が使いやすいようにカスタマイズできるのは嬉しい。 評価の分かれがちなタッチ操作についても、タッチするたびに「ピ、ポ、パ」とフィードバック音が鳴るわかりやすい仕様です。 反応はとてもきびきびしていて、ストレスはなかったです。 髪の毛越しのタッチは無理でした。 より使いやすく、より万人に向けた傑作 「MOMENTUM True Wireless 2」の重要なトピックは、 2mmのサイズダウンと長寿命化、そしてアクティブノイキャンの搭載です。 デザインに大きな変更がないためマイナーアップデートのように思えますが、そも思えばそうだし、そうじゃないっちゃそうじゃないような、玄人な調整だなと感じました。 前モデルの完成度が高すぎた説もあるよね。 Photo: amito 前モデルが耳に合わなかった人、バッテリーが物足りなかった人、ノイキャンがないからスルーしてた人。 そうした人たちは、今回の「MOMENTUM True Wireless 2」こそが求めていた一台になる可能性があります。 完全ワイヤレスで音質を求めたからといって、 多機能さや使いやすさを諦める必要はないのです。 まぁ、頑張るところがあるとしたらもう予算だけでしょう。 「MOMENTUM True Wireless 2」の価格は、税抜で3万6300円。 発売日は2020年5月中旬頃。 音質をあきらめたくない、でも他の機能性も欲しい。 そのワガママ、諭吉にぶつけちゃってください。 Photo: ヤマダユウス型 そういえば、2020年はゼンハイザー75周年だそうな。 写真の小屋はゼンハイザー創業当時の工場で、現在も家屋として現存してるそうですよ。 至高のサウンドはここから始まったんだねぇ、しみじみ。 Source:.

次の

ゼンハイザーのノイキャン搭載完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless 2」最速レビュー

ゼンハイザー momentum true wireless 2

ノイキャン搭載イヤホンでかなり高音質!っと評価が高いのが今回のゼンハイザー『MOMENTUM True Wireless 2』 なんかあちこちで凄い凄い!っとべた褒めされてたので「そんなに音質良いのか?!」っと遂にポチってしまいました。 汗 今まで50個くらい無線イヤホンを自腹レビューしてきた中で、確かに音質は良いっ!っと感じました。 が!この価格でこの性能だったら、コスパはいまいちかもなぁと感じる面もあったり・・・ っというわけで、ワイヤレスイヤホンを40万円以上買い漁っている私がMOMENTUM True Wireless 2の良いところ、悪いところを忖度なしで書き殴っていきます!• 製品名 MOMENTUM True Wireless 2 連続使用可能時間 7時間 充電ケース込約28時間 対応コーデック aptX、AAC、SBC 防水性能 IPX4等級 Bluetooth規格 Bluetooth5. 1 MOMENTUM True Wireless 2 9つの特徴とは? 1、デザインはどうなの? まずはデザインをチェック!いくら音質が良かろうとも、かっこ悪いイヤホンを耳に付けて外出するのはムリ!です。 ただ、流石ゼンハイザーさん。 イヤホンの質感やデザインはそこそこカッコいいです。 触った感じからして「お!やっぱ質感高いわ!」っと感じられるほどにしっかりした作りです。 セット内容はUSBーCケーブルと耳のサイズに合わせて使えるイヤーピース。 どうせならケーブルも白に統一して欲しかったところ。 本体が白なら白でしょ(汗) 4万弱もするだけあって、作りは本当に良いっ!ですね。 ファブリック調なケースがシャレオツ。 裏面もシンプルでおしゃれ。 リセットボタン的なのと、充電ランプがついてるくらい。 ただ、ちょっと残念なのは残り充電ランプがなんにもない点ですね。 シンプルでカッコいいけど、すっごくカッコいいか?と言われると、まあまあかなぁ。 ただ、流石に価格が価格なだけあってイヤホンの作りはひと目で「あ、5000円くらいのものとは違うわ」っと分かるくらいに質感が高い感じ。 イヤホンの裏側にはイヤホンを取り外した時に、自動で再生が止まるようにセンサー的なものが付いてます(黒い点) タッチボタン部分は金属っぽい質感になってて高級感アリ。 デザインや質感は高い!っと感じました。 ファブリック調のケースがシャレオツだし、イヤホンのボタン部分が金属っぽくなっているのもGOOD。 ただ、ファブリック調の布っぽいのが使っている内に破けてこないか?ちょっと心配。 2、サイズ感や重さはどうなの? サイズ感は無線イヤホンとしてはまあ普通といった感じ。 ポッケに入れて使うのも問題なく出来るサイズ感ではあります。 重さは70g超えなのでちょっと重め・・・かなぁ?くらい。 大体無線イヤホンが50~70gくらいなので、その中だとビミョーーーに重いかも?くらい。 とは言ってもストレスに感じるほどの重さではないし、ポッケに入れて運用も可。 3、接続がメチャ簡単。 ゼンハイザーのイヤホンに限ったことじゃないんですが、接続方法はメチャ簡単。 一度、ケースに入れてからイヤホンを取りだすと、勝手にペアリングモードに突入します。 一旦接続してしまえば次回からはケースから取りだすだけで、接続されますのでめっちゃラク。 私は最初右側しか接続できなかったんですが、上記の方法で両方接続できましたので、「つながらねぇ!」っと焦っている人は参考までに。 4、aptXに対応 これも意外なんですが、2万以上の高級機って音質や接続性能が高いapt-Xに対応していない機種が多いんです。 しかぁぁし!ゼンハイザーは音質にこだわっている!とだけあってapt-Xに対応。 コーデック 音質 遅延 特徴 SBC 標準音質 大きい遅延 最も音質が劣り、遅延も大きい。 AAC SBCより高音質。 SBCよりマシ。 Apple製品に採用 Android 8以降も対応 aptX CDクラスの高音質。 低遅延。 Androidで採用される aptX HD ハイレゾクラスの高音質。 AAC並の遅延。 aptXのより高音質版。 LDAC ハイレゾ相当の最高音質。 大きい遅延 SONYが開発の最高音質の規格。 どんな音を奏でるのか?検証する為に現時点で唯一ハイレゾ音源が聴き放題の『Amazon MUSIC HD』であらゆるジャンルの曲を聴きまくります。 なんというかとにかく高音~低音それぞれの音の分離感が高いんです。 「えっ?この曲ってこんな音鳴ってたの?」っと曲によっては別の印象を受けるくらいに音質は高いです。 そして、確かに1万とかのイヤホンやAirPodsと比べると、一瞬で違いが分かるほどに音質は良いんです。 これは間違いないんですが、私が過去に購入した音質が神レベルと感じた「NOBFALCON」と比べると、ビミョーーにですが音がざらついているように感じます。 本当にビミョーーにですが。 ってのは本音です。 ここまでくると音質の好みの問題ですね・・・笑 6、ノイズキャンセリング機能はどうなの? そして!最も気になるのがノイズキャンセリング機能!一体どんだけノイキャン効果があるのか?! 気になりまくったので、YouTubeにて飛行機の離陸動画とANAの機内安全ビデオを同時に爆音で流してノイキャン機能を試してみました。 机が低音でブルブル震えるくらい爆音 私が過去に使ってきたノイキャンイヤホンと同様、飛行機離陸時のブォォォンという低いノイズはごっそり除去してくれます。 7,アンビエントモード 外音取り込み イヤホンを付けたままでも、外部の音が聞こえる!っていうのがアンビエントモード。 今まで8機種くらいアンビエントモードイヤホンを使って来ましたが、MOMENTUM True Wireless 2はやや聞き取りやすいかな?くらいの性能に感じました。 「イヤホン付けるの忘れてたっけ?」ってレベルに外の音が自然に聞こえるAirPods Proに比べると、 マイクで集音した感のある音ですが、ノイズは少なめで聞き取りやすい部類なのは確かです。 個人的にはそれほど、アンビエントモードが必須には感じないんですが、性能としては悪くないかなぁと。 IPX4=水の飛まつに対して保護されている ちょっとした雨や汗くらいなら問題ないくらいの防水性能は兼ね備えてます。 音質が変えられるイコライザーが付いているのはありがたいんですが、使い勝手はいまいち。 なんかパッと見てよくわからない画面。 カッコいいんですけどね。 笑 あとなぜか接続が上手く行かないことが多いです。 あんまり使い勝手が良いアプリとは感じないかな。 購入して感じた4つの短所 1、無線充電に非対応 最近流行りつつあるのが、充電パッドにおいただけで充電できる無線充電。 ですが、ゼンハイザーは無線充電非対応・・・4万くらいなら無線充電機能くらい搭載していても良いと思うんですが 汗 2、ノイキャンの切り替えが分かりにくい。 が!切り替えた時に音声案内が無く、「ピポパっっ!」っとしか鳴らないんで、今どのモードになっているのか?分かりにくいです。 SONYとかパナソニックのイヤホンであれば「アンビエントモード」っと案内されるので、今どのモードか?が分かりやすいんですけどねぇ。 ただ、やっぱり「4万もするんだから、めちゃくちゃ途切れにくいのでは?!」っと思って期待したんですが、他のイヤホンと同じくらい途切れます(汗) 4、高いっっ! これ言って良いのか迷いまくりましたがあえて言います。 高いっっ!っと。 無線イヤホンですよ?!冷静に考えると4万弱は高いです。 笑 有線イヤホンであれば、ケーブルが切れてもリケーブルして10年とか使えちゃいますが、無線イヤホンはパーツが多いので持っても3年くらいでしょ・・・バッテリーもヘタるだろうし。 他の無線イヤホンよりも3倍くらい音質が良いとかであれば、4万でもアリですがぶっちぎりで音質が良いってわけでもないしなぁ。 3万6000円もあればもう数千円足せば、iPad買えちゃうっと考えるとやっぱ高いよなぁ・・・ ・ノイキャン付きで高音質なイヤホンを探している ・3万以上でも高く感じない ・他の人が使っているイヤホンとかぶるのはイヤだ ・高級感よりもおしゃれなイヤホンを使いたい っと言った感じ。 間違いなく完成度は高いし、ノイキャン付きイヤホンの中ではトップクラスな音質。 なんですが、コスパ重視!な当ブログ的には超オススメ!とまではいきません 汗 もし、私がゼンハイザーを紛失したらもう1度購入するか?っと言われたら、間違いなく再購入はしないかなぁと。 いや、性能的にはかなり高いんですよ?!それは間違いないんですが3万6千円をまた出すのなら、NOBFALCON辺りで良いかぁと感じるのが本音です。 半額くらいですからね。

次の

ゼンハイザーのノイキャン搭載完全ワイヤレスイヤホン「MOMENTUM True Wireless 2」最速レビュー

ゼンハイザー momentum true wireless 2

イヤホン沼はどこまでも深く…。 こんにちは、ぐらっとです。 2020年話題の完全ワイヤレスイヤホン筆頭とも言える、ゼンハイザーのMOMENTUM True Wireless 2、買っちゃいました。 AirPods Proで満足していたつもりだったのですが、このMOMENTUM 2、使ってみるとこれまた非常によいんですよね。 届いたばかりではありますが、ファーストインプレッション的にまとめてみましたので、購入検討の参考になれば幸いです。 ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 2 ファーストインプレッション そんなわけでさっそく、MOMENTUM True Wireless 2を開封していきたいと思います。 モノを買ったとき、開封時のワクワク感は毎回たまりません。 箱をあけるとイヤホン本体が登場。 いやーかっこいい。 今回のMOMENTUM 2はブラックとホワイトの2色展開となっており、ぼくはブラックを購入しました。 ちなみにどちらかというとブラックのほうが人気みたいです。 ゼンハイザーのブランドロゴ、個人的にかなり好きなんですよね。 なにがいいのか自分でも不思議なくらいなんですが、とにかくいいんです。 ここで内容物のチェックを。 MOMENTUM True Wireless 2 イヤーピース M付き• 専用ケース• USB-A to C コネクタ• イヤーピース XS,S,L• 取扱説明書 以上が内容物になります。 USBケーブルは30cm弱くらいなのでかなり短いですね。 イヤホン本体はこんな感じ。 ゼンハイザーのロゴ部分がパネル式のボタンになっています。 大きさは前作から2mmコンパクト化されているとのこと。 のちほどAirPods Proとも比較してみたいと思います。 イヤホン単体でみると高級感あるとまでは言えない気もしますが、まあ大事なのは中身です。 完全ワイヤレスイヤホンはこの金属端子部分が指紋とかで汚れやすいので、結構気にして拭き取ったりしてます。 あんま気にしなくてもいいのかな。 あとはIPX4対応ということで防滴仕様になっていますので、多少の雨なら気にせず使えるのは心強いですね。 続いて、ケースのチェックに移りたいと思います。 ケースの外装はファブリック素材。 低価格帯だとプラスチック系が多い中、この辺は高級イヤホンならではですよね。 なおイヤホンのカラーによってケースの方も少しカラーが異なっていて、ぼくの選んだブラックだと、ケースは濃いめのグレーになります。 ちなみにホワイトだとライトグレーっぽい色のケースになりますね。 ケースの背面にはケーブル接続端子。 もちろんUSB-Cです。 その端子の両脇に、充電状況を知らせるLED表示とLEDを表示させるためのボタンがあります。 手に持ってみると完全ワイヤレスイヤホンのケースとしては、ごく一般的なサイズ感かなと思います。 AirPods Proと比べるとやはり大きいですが許容範囲かなという感じですね。 使用環境としてはiPhone XSでApple Musicの音源を再生するのがメインです。 まずはじめに触れないといけないのは音質の面でしょう。 とにかく思ったのは、今まで使ってきた完全ワイヤレスイヤホンのどれよりも音がいいということ。 ほぼJ-POPメインで聴いてますが、どんな曲でも上質というか、艶があって音の拡がりや伸びが感じられます。 中高音域は個人的には文句なし、低音はもう少し強くてもいいかなと思うんですが、全体のバランスを考えるとこれくらいがいいんだろうなという感じ。 とにかく完全ワイヤレスでこの音質はすごいな、というのが率直な感想ですね。 続いて気になるノイキャンに関して。 今回のMOMENTUM 2は前作にはなかったアクティブノイズキャンセリングを搭載しています。 この点、実際に使ってみてどうだったかというと、前評判通り、効きはそこまで強くない印象です。 時期柄、室内でしか試せていませんが、音楽OFFでノイキャンのみONにした場合は換気扇の音も少し聞こえる程の効きでした。 ゼンハイザー自身も、ノイズキャンセリングはいい音を聞くための補助といった説明をしているのでノイキャンが目玉機能というイヤホンではない感じですね。 あとは外音取り込みモードの感触ですが、これは悪くないですね。 比較的、自然な音の聞こえ方というか多少マイクで拾ってる感はありますが、実用できるレベルだと感じました。 最後に地味にいいなと思ったのが、タッチ操作です。 イヤホンのゼンハイザーロゴ部分をタッチして再生や曲飛ばし、ノイキャン切替えなどを行うのですが、タッチするごとに小さめの音が鳴ってタッチで反応したか教えてくれるんですよね。 これによって自分が何度タッチしたことになっているのかが非常にわかりやすい。 これ、思ったとおりの操作が出来ていないってパターンがなくなるので、地味に嬉しい機能です。 ぜひ他のイヤホンもそうしてほしい。 ちなみにスマホアプリでイコライザーも使えるんですが、個人的には標準の音質が一番いい気がします。 MOMENTUM True Wireless 2とAirPods Proを比較 左:AirPods Pro 右:MOMENTUM True Wireless 2 ここからはちょっと番外編ということで、AirPods ProとMOMENTUM 2の使用感を比較してみました。 まずはケースの比較ですが、この点はAirPods Proの方がコンパクトに収まっていますね。 イヤホン自体のサイズはこんな感じです。 AirPods Proは耳からうどんと呼ばれる部分があるのでサイズ的には大きくなっていますが、装着感に関してはAirPods Proの方が安定している感じはします。 もちろんMOMENTUM 2もつけてて落ちるといった感じはしないので、これは個人の感覚的なところが大きいかもしれません。 最後に音質面について、これはもうMOMENTUM 2の圧勝と言ってもいいと思います。 AirPods Proは唯一の課題ともいえるのが音質と思っているので妥当なところでしょう。 ちなみにノイキャンの性能はAirPods Proのほうが上ですが、音楽を聴いているとどちらも生活音などはほぼ聞こえないので、必要十分かなといった感じです。 まとめ こんな感じでゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 2のファーストインプレッションということで書いてみました。 前評判通り、非常に音質の面で優れているイヤホンというのが率直な感想です。 このイヤホンに関しては、ノイキャンは補助的な機能と思ったほうがいいかと思いますが、総合的にみると非常に完成度の高いイヤホンだと感じました。 価格は36,000円前後と高級といえる価格帯ですが、その価格に見合った価値を提供してくれるのは間違いないと思います。 これからじっくり使ってまたレビュー記事を書くと思いますが、現時点ではほんと不満のないイヤホンですね。 gurattoki.

次の