テレビ 番組 表 北海道。 旅コミ北海道~じゃらんde GO!

Yahoo!テレビ.Gガイド [テレビ番組表]

テレビ 番組 表 北海道

,Ltd. )は、をとする事業を行っているである。 略称は HTB。 通称は 北海道テレビ。 は JOHH-DTV、は「 6」。 取材ヘリ() が運行 在京キー局の系列局では初の大出力UHFテレビ局である。 番組表「」の北海道地区配信局であった(をもってサービス終了)。 HTBでは地域情報も提供し、「CLARK」という名称が付けられた。 使用されている放送設備は開局当初から製が多い。 テレビカメラも汎用中継車・創世スクエアの各スタジオは製である。 また、HDノンリニア編集システムにはHDWS-1000システムを採用している。 テレビ朝日系列で数少ないである(もう1局は)。 本社・支社所在地 [ ]• 旭川支社 - 2条通8丁目 NTTドコモ旭川ビル(〒070-0032)• 函館支社 - 本町7-18 道銀・住友生命ビル(〒040-0011)• 帯広支社 - 西3条南10丁目32 日本生命帯広駅前ビル(〒080-0013)• 釧路支社 - 富士見1丁目5-27(〒085-0832) 以前は釧路市役所に近い、釧路市錦町5丁目に所在したが、2015年に現在地に移転。 朝日新聞釧路支局と同一のビルに入居。 東京支社 - 5丁目3-2 新館(〒104-8011)• 関西支社 - 2丁目3-18 (〒530-0005)• 北見支局 - 北6条西6丁目 カメラハウス(〒090-0046)• ANNロンドン支局(特派員を派遣している) 資本構成 [ ] 企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。 出典: 2015年3月31日 - 2016年3月31日 [ ] 資本金 発行済株式総数 株主数 7億5000万円 1,500,000株 19 株主 株式数 比率 287,000株 19. 南平岸時代は、社屋の最寄り駅であるの次駅案内スポンサーになっていた。 HTBが開局するまでの間、北海道地区での日本教育テレビ(NET、現在の)の番組は、NETが放送を開始した(34年)から STV が放送していた。 これはSTVが準教育局として免許を受けたためで、午前中の学校放送のほか、午後のNETニュース(『』の題名で放送)等をネットしていた。 しかし、学校放送と一般番組を抱き合わせにしてのネット拡大に動いたNETの方針にSTVが反発。 これにより(昭和37年)以降、NETの番組は学校放送も含め HBC が優先してネット受けすることとなり、STVはの番組を大幅に増やし、フジテレビの「7都市基幹ネットワーク」方針に乗り一気にクロスネット化が進む。 これによって道内ではHBCがTBS系とNET系の番組を、STVが日本テレビ系とフジテレビ系の番組を放送することとなる。 一方、UHFによるテレビ局の大量免許発行の知らせを聞いた北海道財界は相次いで新放送局の設立に向けて動きだし、数社が競願する状態となったが、最終的に実行力に富んだ(当時・社長)、岩田厳(当時・社長)を中心とした「道民放送」が免許を獲得し、その後競願していた他社を合併して「北海道テレビ放送」が設立された。 この時、当時北海道に拠点局が無かった とNETの双方から系列入りの勧誘を受けたが、HTBはSTVと繋がりがあったフジテレビよりも、熱心に開局手続きまでバックアップをしたNETを選択した。 ただ、HTB開局後もしばらくの間、NETの一部番組はHBC・STVで、朝日新聞ニュースはSTVで放送されていた。 また、 UHB が開局するまでは、STVの編成枠が埋まり、放送できなくなったフジテレビ系の番組を一部放送していた。 なお、HTBには朝日新聞の他にの資本も入っており、開局準備段階では札幌テレビの編成から外れた日本テレビ系の番組を火曜・木曜のゴールデンタイムに編成することも検討されていた他 、開局後の数年間はタイアップを行っていた時期もあり、現在でも読売新聞のCMが時折放送されているものの、(昭和48年)以降、読売新聞はSTVとの関係を強めていった。 また、開局以来HTBでは『』を放送していない。 (元年)10月にテレビ東京系列の TVh が開局するまでは、『』『』『』『』といったテレビ東京系の人気番組が番組販売やスポンサードネットの形で放送していた。 HTB初代社長であった岩澤靖は、HTBのほかに系カーディーラーの「札幌トヨペット」 、「トヨタカローラ道都」 、「トヨタオート南札幌」 、レンタカー事業を行う「トヨタレンタカー新札幌」 、ハイヤー・タクシー会社の「」、 、「」を創設し初代理事長を務めるなど数々の企業や学校法人を経営。 一時期は「 岩澤コンツェルン」といわれるほどの一大企業グループを築き、としても名をとどろかせていたが、のちに株投機の失敗により、親会社の札幌トヨペットが経営破綻。 (昭和56年)には子会社のHTBも影響を受け連鎖倒産の危機におちいったが、テレビ朝日や朝日新聞などの朝日新聞系列各社がHTBに救済出資し、倒産の危機を免れたのを契機に朝日新聞系列各社との結びつきが強い放送局となり、現在に至る。 年表(南平岸時代) [ ]• (42年) - 創立。 (昭和43年)• - アナログテレビ(コールサイン:JOHH-TV)本放送開始。 本放送開始時の送信所は札幌のみ。 - 小樽中継局を開局。 初の中継局であり、アナログ放送はVHF。 - 旭川送信所を開局。 (昭和44年)• - オープニング・クロージング放送開始。 - 手稲送信所放送事故(15時間34分停波)。 - 網走送信所を開局。 - 帯広送信所を開局。 - 釧路送信所を開局。 - 室蘭送信所を開局。 - 函館送信所を開局。 (昭和45年) - ANN発足と同時に加盟。 開局以来、全国ニュースも『」のタイトルで放送していた。 (昭和46年) - に「HTBコーナーu」を開設。 (昭和48年) - FMラジオ放送の免許を申請。 (昭和52年) - 道内民放初となる、システムを導入。 (昭和54年) - マスコットキャラクター『』使用開始。 (昭和55年) - 新館落成。 第1スタジオ・新マスター運用開始。 (昭和58年) - 音声多重放送開始(札幌地区のみ)。 (元年) - システム導入。 (平成9年)• - 道内民放初の字幕放送の開始。 - マスコットキャラクター『』使用開始。 (平成10年) - 日本初となる、地域「CLARK on ADAMS」開始。 (平成11年) - マスター更新(製。 2005年内にアナログ放送の送出機能をそのまま残して地上デジタル放送対応に改修)。 (平成18年)• - ロゴを現行のものに変更。 - 札幌地区で地上デジタル放送開始。 (平成19年) - 函館・旭川・室蘭・帯広・釧路・網走地区で地上デジタル放送開始。 (平成20年) - 地上デジタル放送画面に、局ロゴのウォーターマーク表示を開始。 (平成23年) - 地上デジタル放送への完全移行により、アナログ放送を終了。 (平成30年)• - 発生、地震発生直後より自家発電での放送に切り替わったが一時的に停波する放送事故が発生。 - 南平岸社屋および業務センターの業務を終了・閉館。 - 2時25分(16日深夜)から放送された特別クロージングを以って、南平岸社屋からの放送を終了。 さっぽろ創世スクエア時代 [ ] 本社移転の経緯 [ ] 札幌市は1987年頃より北1条西1丁目と同区1丁目の2区画にツインタワーを建設する計画を進めており、平成に入ってからは「創世1. 1区(そうせいさんく)」として再開発事業を進めていた。 計画はバブル崩壊とともに停滞していたが、2区画のうち北1西1の区画にオフィスや、放送局などが入る複合施設「」を先行して整備することになった。 当初放送局としてはが入居することになっていたが、NHKは単独建設に方針転換。 代わってHTBが入居することを表明したため 、NHKは再開発組合から離脱した。 「札幌創世1. 1区北1西1地区第一種市街地再開発事業」は「」という名称になり、HTBは同ビルの高層棟地下1階から地上7階までの約1万3000平方メートルに入居。 これは南平岸社屋の約1. 7倍の広さとなっている。 今まで中央区のオフィスビルに分散されていた営業局も集約され、関連会社もすべて入居している。 南平岸社屋は2018年(平成30年)9月14日まで業務を行い(放送は9月16日まで)、2代目となる創世スクエア社屋は9月18日より業務を開始した(放送は9月17日から)。 南平岸社屋は移転後、HTB開局50周年記念作品となる連続ドラマ『』(2019年3月18日より22日まで放送 ) のロケに使用され 、2019年2月に社屋ごと売却することを決定したという。 なお、旧社屋上にはの送信所が置かれていたが、こちらも2018年10月10日に演奏所近隣の別のビルに移転した。 創世スクエア新社屋の1階にはイベントが出来るエントランスロビーも整備される。 なお高層棟には、系列新聞社であるが先行して移転している。 これによって、北1条通り沿いにを除く全ての民放テレビ・ラジオ局が集約される形となった。 2020年度にはNHK札幌放送局が札幌テレビ放送隣に移転してくるため、エフエム・ノースウェーブを除いて全テレビ・ラジオ局が北1条通り沿いに集約されることになる。 年表(さっぽろ創世スクエア時代) [ ]• 2018年(平成30年)• 9月17日 - 5時49分『創世スクエア移転初放送! 新たな歴史をここから』より新社屋からの放送を開始(翌18日未明(17日深夜)の1:20に放送を終了)。 特別オープニング終了後、5時50分の『・』(テレビ朝日からの同時ネット)から新社屋からの番組放送を開始。 - HTB本社、系列子会社のエイチ・ティー・ビー・プロモーション、エイチ・ティー・ビー映像、ディ・キャストが(札幌市中央区北1条西1丁目6番地)に移転し、業務を開始。 5:20からのオープニングは『新社屋移転記念オープニング スペシャルゲストTEAM NACSが特別参戦! 』としてが出演した。 - 開局50周年。 2019年(平成31年)• 1月12日 - の放送で同じ映像を2度流してしまう放送事故が発生した。 2月18日 - 現社屋に移転したことに伴い、南平岸社屋の売却を発表。 ネットワークの変遷 [ ] - (NET)系列局として開局。 一般番組のみHBC・STVから移行。 開局時は制作番組もネットしていた(教育番組はHBCがから脱退しなかったため移行されなかった)。 - 北海道全域でテレビ放送を開始。 これによりHBCとの一部共有ネット放送が終了。 - ANNに加盟。 当初からマストバイ局である(ただし編成の空いた時間でのフジテレビ系番組のネットは続行)。 - (uhb)の全道放送開始によりフジテレビ制作番組がuhbに完全移行(uhbはに開局したが、全道でテレビ放送が開始されたこの日までの間は視聴者保護の観点から、引き続き放送していた)。 - ANN系列の関西がからに変更されたことにより、HBCと関西発全国ネット番組を交換(これにより、いわゆる「状態」が解消された。 ただし、MBS制作番組の一部はHBCやSTVでも放送されており、逆にHTBには放送されない番組も存在していた)。 10月1日 - TVh の開局によりテレビ東京の番組が移行。 スタジオ [ ] 本社スタジオ [ ] 第1スタジオ 100坪。 『』『』等。 第2スタジオ 40坪。 『』、中継受けサブ等。 第3スタジオ 10坪。 報道フロアに隣接した顔出しニューススタジオ。 『』等。 南平岸時代のスタジオ [ ] 第1スタジオ 85坪。 『』『』等。 ニューススタジオ 40坪。 『』等。 外部スタジオ [ ]• 北海道警察本部記者クラブ、記者クラブ、各道内のHTB支社に報道用顔出しブースあり。 編成の特徴 [ ] 自社制作番組 [ ]• 深夜枠での自社制作番組が充実している。 『』、『』を皮切りに『』、『』など、関連の深夜番組がヒットを放つ。 中には地方局への番組販売や・での衛星波による全国放送に至った番組もある。 が北海道に移転してからは、南平岸時代は札幌ドームと本社が近かったこともあって光ファイバーケーブルで専用回線を結び、中継も土・日曜のデーゲームを中心に早い時期から行っている。 試合生中継を除くファイターズ関連のローカル番組は、現在では『』(エフファイブ)を放送。 過去には『』(都合で札幌ドームでの生中継が出来ないときの深夜録画放送)を放送していた。 このほか、スキージャンプや番組『』(企画・中継)『』(冬季間のみ)といったウインタースポーツの放送も多い。 これらはでも全国放送されることがある。 以前は、およそ年1本のペースで1時間のを自社制作(全国放送)しており、中でも放送の『』は奨励賞や賞優秀賞などを受賞。 のファイナルまで進んだが、の影響で本選は行われなかった。 他にも放送の「夏の約束」、放送の『六月のさくら』で優秀賞を受賞している。 また、2019年放送の連続ドラマ『』はドラマ作品としては初となる日本民間放送連盟賞グランプリを受賞している。 ネット番組 [ ] 早朝-夜間 [ ]• テレビ朝日系列局では全国で唯一、ネット放送していなかった(過去には1月3日に1度だけ、単発番組として1時間スペシャルが放送されたことがあった)『』が、4月2日よりテレビ朝日から約1か月以上の遅れネットでレギュラー放送を開始した。 その後、2007年12月22日の放送をもって一旦打ち切り(後番組は『』の再放送)となり、2008年4月5日より打ち切り以前の同時刻でレギュラー放送を再開したが、2009年2月に再び打ち切られた。 2005年4月の改編では『・第1部』がフルネット(当時はテレビ朝日でも11:25開始)に移行し、『』が放送開始された(4月から11:45開始に)。 10月の改編で、『』の放送開始を15:45に繰り上げたのに併せて、内包している『』のネット放送枠も拡大され、平日は17時台から放送開始となった。 19:54から放送する全国ネット番組に関する事前・事後番組『』『の一番おいひぃ』『今夜の』『』『』(全て放送開始当初の番組名)が、キー局のテレビ朝日と同時ネットで放送開始された(テレビ朝日系列局として全国初)。 ただし、HTB主催のイベント告知番組や番宣番組への差替でネット放送が休止されたほか、2006年10月の秋改編から11月までもネット放送休止された。 深夜番組 [ ]• 「」は同時ネットだが、それ以降の時間帯は遅れ放送である。 ただし、水曜は2009年9月まで『Classic』を放送の関係で、同日30分遅れの放送となっていた。 遅れ放送の番組で、その番組が「格上げ」される場合、その直前の数週分が放送されないことがある。 (例:『』『』『』)• 2009年9月まで放送された「」がスペシャル編成の場合は同時ネットになっていた。 但し、水曜は同時ネットか30分遅れかは定まっておらず、場合によって異なっていた。 2003年1月から2005年9月まで、(tvk)制作の番組『』を毎週木曜日の深夜に放送していた。 (但し、2009年10月から、同番組の北海道での放送がによって復活している) ドラマ [ ]• 4月、が『』の放送を終了させるなど大改編を行うと同時に、HTBでもローカル枠の再編を行い、それに伴って「」枠は『』以降同時ネット化された(それ以前は週末の昼間、火曜の深夜などに放送されていた)。 しかし、10月からの『』は放送せず、一部の地域と同様『トリック』の再放送を行った。 1月からの『』は同日時差ネットとなったが、最終週は『』を放送しなければならず、順送りになってしまった。 同年4月からの「」は1週遅れで、放送時間も23:15〜24:15と独自に5分延長した編成となった。 なお、同年7月からの『』以降は、再び同時ネットが続いている。 アニメ [ ]• が放送されることは稀である。 いわゆるは2011年4月期に放送された『』と2012年4月期・2013年1月期に放送の『』、2013年4月期・7月期と2017年4月期に放送された『』シリーズ、2015年4月期に放送の『』、2018年1月期に放送の『』、2018年7月期・10月期に放送の『』、2018年10月期・2019年1月期・4月期に放送の『』のみである。 過去には北海道ローカルでの番組として制作・放送実績がある。 1989年にテレビ北海道が開局するまではUHBと並び、の受け皿の1つであった。 朝日放送テレビ制作番組 [ ]• 北海道テレビでは制作番組を比較的多くネットしている。 ほぼ全国ネット化した『』を始め、過去には日曜12:00〜12:55の枠(現在の『』の枠)を朝日放送テレビからのネット枠として設定しており、『探偵! ナイトスクープ』やの『V・I・ぴ〜』などを放送していた。 『探偵! ナイトスクープ』は何度か放送時間の違いはあったが、2017年6月現在は土曜0:50〜1:50に放送している。 水曜未明には、朝日放送テレビ制作の深夜ドラマを放送していた。 テレビチャンネル [ ] ANN系列の地図• テレビ朝日系フルネット局で、の大半が「 5」になっているが、北海道ではアナログ親局が5chだったSTVが「5」を使用しているため、の(アナログ親局6ch)、(5chだったが「5」を使用しているため)と同じ「 6」とした。 このため、テレビ朝日系フルネット局でアナログ親局がUHFだった放送局では唯一、リモコンキーIDに「5」を使っていない。 基幹送信所は函館送信所・帯広送信所が局単独施設となっているほかはすべて共同使用しており、中継局施設もすべて民放各局(一部はNHKも含む)と共同使用している。 札幌地区(JOHH-DTV) [ ] 地上デジタル放送の送信所は2005年10月に完成、STVと共同使用。 札幌(送信所:): 23ch 出力3kW(リモコンキーID:「 6」) 中継局 「」、「」、および「」も参照• 宮の森:20ch 0. 札幌円山:20ch 0. 札幌山元:20ch 0. 05W• 定山渓:45ch 0. 藻岩下:20ch 0. 簾舞:46ch 0. 藻南:20ch 0. 西野:20ch 0. 宮の沢:20ch 0. 3W(垂直偏波)• 夕張清水沢:43ch 1W• 真谷地:43ch 0. 01W• 夕張新千代田:32ch 0. 05W• 歌志内:48ch 10W• 芦別:20ch 3W(垂直偏波)• 西芦別:38ch 0. 赤平:20ch 0. 上砂川:20ch 0. 由仁:41ch 0. 05W• 三笠幌内:43ch 0. 01W• 美唄我路:43ch 0. 01W• 小樽:20ch 50W• 小樽桂岡:48ch 0. 01W• 小樽見晴:48ch 0. 01W• 古平:43ch 0. 01W• 余市:43ch 1W• 銀山都:20ch 1W• 岩内:23ch 10W• 寿都:47ch 1W• 国富:45ch 0. ニセコ:23ch 5W• 喜茂別:50ch 0. 南喜茂別:24ch 0. 南羊蹄:18ch 1W• 黒松内:23ch 3W• 赤井川:43ch 0. 1W 旭川地区 [ ]• 旭川(送信所:):14ch 1kW デジタル送信所はを除く民放各局とNHKが共同で新設、2007年10月1日より放送開始した。 送信鉄塔はNHK・民放が共同使用、新設した送信局舎は民放各局のみ使用。 中継局• 旭川台場:50ch 1W• 深川:43ch 10W• 幌加内:43ch 0. 富良野:22ch 10W• 富良野麓郷:22ch 1W• 富良野東山:41ch 1W• 空知金山:41ch 1W• 上富良野:50ch 0. 南富良野幾寅:41ch 1W• 占冠:18ch 1W• 上川:22ch 5W• 上士別:14ch 3W• 士別温根別:43ch 0. 和寒:35ch 3W• 和寒西和:40ch 0. 01W• 名寄:22ch 200W• 留萌:42ch 10W• 小平:14ch 1W• 小平本町:24ch 0. 01W(垂直偏波)• 小平港:20ch 0. 01W• 羽幌:22ch 10W• 苫前:22ch 0. 幌延:21ch 0. 稚内:42ch 20W• 西稚内:42ch 0. 北稚内:29ch 0. 上勇知:29ch 0. 01W• 抜海:43ch 0. 01W• 知駒:39ch 100W• 枝幸:22ch 5W• 利尻仙法志:42ch 1W• 礼文:47ch 3W• 船泊:45ch 0. 3W 函館地区 [ ]• (送信所:):23ch 1kW 送信アンテナには指向性がかけられている。 地上デジタル放送は2007年8月30日に試験放送開始、2007年10月1日より本放送開始。 は、2013年1月より蛾眉野地区テレビ受信組合によるでの送信を開始したことにより廃止された。 中継局• 大沼:32ch 3W• 福島:32ch 1W• 福島白符:23ch 1W• 江差:20ch 10W• 江差新栄:32ch 0. 江差円山:32ch 0. 05W• 江差鰔川:41ch 0. 01W• 松前:20ch 1W• 知内小谷石:59ch 0. 01W• 厚沢部:48ch 1W• 北桧山:23ch 10W• 奥尻大成:41ch 10W 室蘭地区 [ ]• (送信所:):20ch 1kW や(旧八雲町地域)など渡島総合振興局北部でも受信可能。 地上デジタル放送は、TVhを除く民放各局が共同でデジタル送信所を新設し、2007年10月1日より放送開始。 中継局• 室蘭陣屋:23ch 0. 01W(垂直偏波)• 室蘭輪西:38ch 1W• 室蘭母恋:17ch 0. 室蘭知利別:17ch 0. 登別:17ch 1W• 登別東:38ch 0. 01W• 幌別:17ch 0. 鷲別:38ch 0. 苫小牧:38ch 10W• 苫小牧宮の森:48ch 0. 01W• 洞爺:35ch 1W• 北洞爺:50ch 0. 05W• 壮瞥:35ch 0. 壮瞥滝之町:23ch 0. 01W• 豊浦:23ch 1W• 浦河:14ch 50W• 浦河柏:39ch 0. 01W• 様似:23ch 1W• 西様似:48ch 0. 静内:20ch 10W• 平取:61ch 1W• 平取振内:36ch 3W• 日高:39ch 0. 日高銀嶺:20ch 0. :48ch 1W• えりも庶野:20ch 0. えりも沢町:20ch 0. 01W• 三石本町:44ch 0. 3W 帯広地区 [ ]• (送信所:(十勝ヶ丘)):23ch 1kW 地上デジタル放送は、2007年10月1日より放送開始。 単独局舎で、アナログ送信所の鉄塔と局舎を継続使用。 中継局• 網走新町:43ch 0. 01W• 北見:31ch 50W• 留辺蘂:17ch 1W• 北見若葉:17ch 0. 01W• :44ch 1W• 常呂:41ch 0. 01W• 置戸:41ch 0. 訓子府:17ch 0. 津別:31ch 0. 遠軽:31ch 10W• 丸瀬布:46ch 3W• 佐呂間:17ch 1W• 佐呂間知来:17ch 1W• 佐呂間若佐:20ch 0. 紋別:31ch 10W• 滝上:20ch 5W• 興部:17ch 0. 3W 釧路地区 [ ]• (送信所:釧路市春採8丁目):36ch 1kW 地上デジタル放送は、とTVhを除いた民放4局が共同で送信所を新設、2007年10月1日より放送開始した。 鉄塔・UHF送信アンテナは後から開局したTVhを含めて共同使用するが、局舎は別途新設したTVhを除き共同使用している。 アナログテレビ送信所は1969年11月に、釧路市貝塚1丁目(NHK釧路送信所近隣)に単独で開局。 高さ132mのアングル鉄塔と送信局舎を備えていた。 2014年11月に解体撤去。 中継局 HTBの旧ロゴ 左• 8月1日に局のマスコットキャラクターとして「 」くんが登場。 その後、開局30周年記念のマスコットキャラクターとして12月に「 」が登場、現在まで使用されている。 旧社屋上に大型の像が置かれ、新社屋にも像が設置されているほか、人気バラエティ番組「水曜どうでしょう」にしばしば着ぐるみが登場し、同番組が全国放送されたため地方局マスコットとしては異例の人気を誇る。 他にも、黒い「 noちゃん」やピンクの「 okちゃん」などのがいる。 顔立ちは、どっちも楕円形共通となる。 開局時から12月まで使われていた社名ロゴマークは、旧型の湾曲ブラウン管型の青い図形のなかに斜体で「HTB」のロゴを模ったものであった。 一部送信所・中継局ではに開局した当時のロゴマーク及び和文ロゴが現在も使われている。 2006年より「HTB」の3文字(「H」が赤文字「TB」が黒文字)と(の形である16:9型の長方形で「ダイナミックスクエア」と呼ぶ)で構成されるマークに変更されており、長年使われてきた本社社屋、放送機材、送信所・中継局、局の封筒およびローカルニュース、ANNニュース、各種速報テロップ放送時のロゴ(カラー表示は「H」が赤文字「TB」が白文字でともに細い黒縁あり)も順次新ロゴに変更されている。 なお、新設・外壁塗装塗り替え・設備を改修した送信所・中継局では新ロゴに変更されてもほとんどの送信所・中継局にはダイナミックスクエアの部分は描かれていない)。 この時に和文ロゴも一新した。 社章・キャラクターは、すべてが、図画工作根拠に基づいて生かしている。 なお、地上デジタル放送関連では長方形の中に手書き風の「 6」(同局のリモコンキーID)を加えている。 新ロゴ導入に伴うキャンペーンは2005年12月から行われ、2006年度(コミュニケーションデザイン部門)を受賞した。 近年は、放送や広告では「onちゃん」と「ユメミル、チカラ」のを添えた地のロゴ(2006年1月に新ロゴマークへの変更以降の現在も新しいロゴと共に使われており、キャッチコピー用のロゴは主に制作クレジット表記などで使用しているが、新ロゴマークでの制作クレジット表記の割合が近年多くなっている)を併用している。 しかも、事業別車両のマーキングでも同じ扱い。 現在放送中の主な番組 [ ] 自社制作番組 [ ] 一部の番組は系列局でもネットされている。 報道・情報• (月曜 - 金曜 6:00 - 8:00、土曜 6:30 - 8:00)• (月曜 - 金曜 16:00 - 19:00)• (月曜 - 金曜 23:10 - 23:15、土曜 22:10 - 22:15、日曜 20:56 - 21:00)• 木曜 20:54 - 21:00• Hit. com night(金曜 1:50 - 2:05(木曜深夜))• 朝までN天(深夜の放送休止帯のフィラー番組) バラエティ• (木曜 1:50 - 2:20(水曜深夜))• (金曜 0:15 - 0:45(木曜深夜))• (毎月第2土曜 0:50 - 1:20(金曜深夜))• (土曜 11:10 - 11:40、土曜 1:50 - 2:20(金曜深夜)に再放送)• (日曜未明(土曜深夜)等に不定期放送。 その翌週平日未明帯に再放送) スポーツ• CS放送「」でも放送。 (エフファイブ)(日曜 11:30 - 11:50、金曜 14:20 - 14:42に再放送)• (不定期放送、深夜の放送休止帯のフィラーも兼ねる) 教養・ドキュメンタリー• 医TV(土曜 11:40 - 11:45)• Hitシネマ 日曜 15:55 - 16:00• Biz. com北海道 毎月最終日曜日 16:20 - 16:30• HTBノンフィクション(不定期放送)• THE Message 〜未来への提言〜(不定期放送) 番宣・自己批評• (、月曜 - 木曜 20:54 - 21:00 ほか)• (、偶数月第3日曜 5:05 - 5:20) 特別番組• (毎年10月に放送。 2007年まではUHBで放送) 主なテレビ朝日系列局制作・時差ネット番組 [ ]• (水曜 0:50 - 1:20(火曜深夜))• (木曜 0:50 - 1:20(水曜深夜)、制作)• (木曜 1:50 - 2:20(水曜深夜))• (制作、金曜 0:50 - 1:20(木曜深夜))• (金曜 14:50 - 15:45、朝日放送テレビ制作)• (土曜 0:15 - 0:45(金曜深夜))• (土曜 2:20 - 2:50(金曜深夜))• (制作、日曜 0:35 - 1:35(土曜深夜))• (日曜 1:35 - 2:05(土曜深夜))• (日曜 10:00 - 10:30、スポンサードネット)• (月曜 0:55 - 1:25(日曜深夜))• 部活ピーポー全力応援! ブカピ! (月曜 1:25 - 1:45(日曜深夜)、朝日放送テレビ制作) 系列外局・プロダクション等制作番組 [ ]• (内村さまぁ〜ず製作委員会制作、火曜 0:50 - 1:20(月曜深夜))• (火曜 1:20 - 1:50(月曜深夜))• (水曜 1:20 - 1:50(火曜深夜))• (金曜 1:20 - 1:50(木曜深夜)) 放送終了した番組 [ ] 自社制作番組 [ ] 報道・情報 [ ] 早朝のワイド番組 [ ]• (との同時放送)• ばんドルBANBAN! のこれやります in the loop• の番組Showかい? 連チャン革命 パーラー. del(ドットデル)• 連チャン革命 パーラー. delZ• レッツ パチニケーション• ワルガキ• 壇蜜古画 第二章• プリパチ• エンプロ -ENTER PRODUCTION-• 1975年10月 - 1976年4月)• 1976年7月 - 1977年3月)• 1977年4月 - 9月)• 1977年10月 - 1978年3月)• 1978年4月 - 1978年9月)• 1978年10月 - 1979年3月) 自社製作• チャイナ飯店• 俺達は風• テレビ局物語 今にみてろ! BUS STOP• 約束の街・札幌 1996年• 君といた街角 1997年• 夢の標本 1998年冬• ここではない何処か 1998年夏)• 藤堂志津子スペシャル 黒い瞳 1999年• 2000年• 丘をこえて 2001年• 夏の約束 2002年• そして明日から 2003年• 六月のさくら 2004年• うみのほたる 2005年• 大麦畑でつかまえて 2006年• そらぷち 2007年• 2008年 - HTB開局40周年記念作品。 2009年• 幸せハッピー 2012年• 2013年• UBASUTE 2014年• HTB開局50周年ドラマ『』 - 道外の放送局でも放送された。 特別番組 [ ]• (毎年2月に全国ネット放送。 ただし2006年はローカル放送)• (毎年2月に全国ネット放送。 1997年-2014年)• 夢パワー大冒険! (開局35周年記念特別)• (同名菓子の発売30周年記念に制作されたスペシャル。 制作で、BS朝日でも放送された)• 全国ネット。 その後TOYOTA BIG AIRの特番に事実上移動)• (開局40周年の開局記念番組)• (毎年2月に全国ネット放送。 (年に1度放送、2010年-2016年、2015年からは「激論! どうする北海道」) テレビ朝日系列局制作・時差ネット番組 [ ]• (2005年4月に打ち切り)• (2007年3月に打ち切り)• (ABC制作)• (ABC制作、2008年にネット打ち切り)• (ABC制作)• (ABC制作)• (ABC制作)• (テレビ朝日・の共同制作)• (制作)• HTBへ移行したABC制作番組 [ ]• (この番組のみ2019年現在も継続中)• (末期の半年間のみ)• (HTB移行時は『』の第14話「招かれて勝負」の回から)• (1975年10月 - ) 腸捻転解消後にHBCへ移行したMBS制作番組 [ ]• 再放送はHBCでも実施。 テレ朝製作の平成・令和シリーズはHTBで放送)• (HBCでは1976年1月からネット開始)• (HTB開局前もHBCで放送していた。 一時中断して『』を放送した期間あり)• 『』は腸捻転解消よりも早く1974年4月からHBCへ移行した。 (1969年7月〜9月、途中打ち切り後1973年10月ネット再開-1974年3月までHTBで放送) 『』はネットされず、その時間帯はNETの遅れネット番組や系のアニメ番組等を放送していた。 (開局後はドラマ『闘え! ドラゴン』等の番組を放送。 スポンサーのの推薦が得られなかったという事情も考えられる。 いずれも本来は『』の時間帯(北海道テレビでは非ネット)だった日曜19:00〜19:30に放送。 TVh開局まで放送されたテレビ東京制作番組 [ ]• (木・金は当時の東京12チャンネル制作、月-水はMBS制作)• (第1作)• (途中打ち切り)• (日曜 0:05 - 1:00(土曜深夜) )• (土曜 7:30 - 8:00 ) 開局時に他局で放送されたNET(現・テレビ朝日)系列局制作番組 [ ]• (MBS制作・STV。 1970年4月よりHTBへ移行)• (HBCでは1970年末まで放送。 1971年よりHTBへ移行)• (HBC・開局後も1969年3月28日まで引き続き放送していた)• (STVで2007年に放送)• (ABC制作委員会参加・HBC) 日本テレビ制作番組 [ ]• 系列外局・プロダクション等制作番組 [ ]• (制作、2005年9月にネット打ち切り、2009年10月よりSTVで放送)• (tvk制作)• (tvk制作)• (tvk制作)• tvk製作、不定期放送• ヨーロッパ企画の暗い旅(制作)• (tvk、、、制作)• (tvk、チバテレ、テレ玉、サンテレビ制作)• (バナナ炎パートナーズ制作)• (制作)• 笑うてっぱんシアター(Sony Music制作)• キャワコレTV(Sony Music制作)• 真弓&勝成のExpert GOLF(サンテレビ制作)• 四季の釣り(サンテレビ制作)• (バナナステーキ製作委員会制作)• ・2(エビ中の永遠に中学生 仮 製作委員会制作)• (など10局共同製作)• (tvk他加盟局製作)• ネット配信 [ ] 「 」のサービス名で、『水曜どうでしょう』、『おにぎりあたためますか』などHTBの番組のサービスを実施している。 2012年4月2日開始 で、テレビ朝日系列局ではに次ぐ歴史を持っている。 アナウンサー [ ]• 1982年• 1995年 (元)• 2000年• 2002年 (元)• 2003年• 2007年• 2008年• 2009年 、• 2013年 、• 2014年 、• 2017年 、 異動したアナウンサー [ ] 男性• (2006年 - 2017年9月) 女性• 退社したアナウンサー [ ] 男性• (に移籍後、静岡でとして活動した)• 木島豊• 田口哲之• 原田俊夫• (1978年 - 1998年)• (1991年 - 1999年、現:営業部)• (1991年 - 1996年)• (1998年 - 2017年、元アナウンス部長、元)• (2002年 - 、現在はフリーアナウンサー) 女性• ( - 2003年、現在はフリーアナウンサー)• (1996年 - 2013年)• 木内希(1996年 - )• 栗葉貴代子(退社後はフリーアナウンサーとして北海道内で活動)• 栗原晶子• (退社後はフリーアナウンサーとして、テレビ朝日などで報道番組のキャスターを担当)• 高木千晴(現:フリーアナウンサー・所属)• 竹内利美(1989年 - )(旧姓:牧野)• 城ゆり• (1998年 - 2005年3月、現:フリーアナウンサー)• 堀江尚美• 牧野美保(旧姓:山口、現:ナビゲーター)• 松田亜紀子(1989年 - )• (1994年 - )• (2000年 - 2011年3月、2017年9月まで「イチオシ! 」を担当、現:フリーアナウンサー)• (契約、2005年-2008年)• 山分千栄子• (2006年 - 2012年、2012年10月よりキャスター)• (元・契約、2012年4月 - 2013年9月、元アナウンサー)• (元・契約、2012年4月 - 2013年9月、現在はアナウンサー)• (1998年4月 - 2014年6月、その後編成部へ移動となり、2019年7月で退社。 現在はフリーアナウンサー)• (2013年4月 - 2016年6月、現:アナウンサー)• 2008年-2020年1月、現在はフリーアナウンサー 音声多重放送・字幕放送・データ放送 [ ]• アナログ放送での音声多重放送は、NTT中継回線の使用にかかるコストの問題などから、他の道内民放テレビ局と同様に札幌地区のみで実施していた。 地上デジタル放送では、放送対象地域内全域で音声多重放送が受信可能(地上デジタル放送の音声多重放送は2か国語放送、ステレオ2音声放送、5. 1サラウンドを行わない限りモノラル音声でもステレオ放送の状態となっている)。 ライブカメラ [ ] 北海道on天気ライブカメラと称して、以下の道内各地に設置。 いずれもで視聴可能。 札幌市内• 旭川市内• 釧路市内• 函館市内、函館山からの撮影(YouTubeでは2016年4月27日から公開) 過去 [ ]• (2016年2月23日 - 2016年4月27日の期間限定、マイクも併設されていて音声も聴取可能だった) 関連会社 [ ]• - 豊平区の。 (送信所がHTB旧本社社屋の屋上にあった。 詳細は、に記述。 ) 放送送信施設 [ ] お断り:本項の内容を除去する場合は、必ずにて議論に参加して下さい。 放送局名 内世帯数 開局日 76. 5MHz 「FMアップル」 JOZZ1AJ-FM 20W 40W 及び一部周辺地域 6万9610世帯• に交付 、に本免許交付。 2018年10月10日、旧社屋上に置かれていた送信所が演奏所近隣の別のビルに移転。 地方新聞社との結びつき [ ] 北海道テレビは、広大な北海道の広域性から、他の地域でいう都府県に当たる、多くの地方振興局(支庁)で、それぞれの地域別を発行していることを踏まえ、同局のホームページ・データ放送を利用して、各地方紙の記事のダイジェスト版を掲載している。 提携している地方紙は次のとおり。 道北エリア [ ]• (上川総合振興局)• (上川総合振興局) 道央エリア [ ]• (上川総合振興局)• () 道東エリア [ ]• () 道南エリア [ ]• () 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• STVが系列局であるが、同局のニュース系列は日本テレビのみであり、フジテレビが札幌支局を開設し直接取材を行っていた。 の番組については不詳。 経営破綻後、トヨタ自動車の直営となり現在に至る。 現在は「トヨタカローラ札幌」と合併。 系列の「トヨタオート北札幌」と合併し「トヨタオート札幌」に、後の社名変更で「ネッツトヨタ札幌」となり現在に至る。 後にトヨタカローラ札幌系列になり現在に至る。 」・「」・「」などを経営。 このうち、釧路第一高等学校は労使紛争で(昭和53年)4月に廃校となり、跡地にはが開校している。 当時「戦後2番目の大型倒産」といわれ、HTBのニュースでも「親会社が倒産した」旨放送した。 新館工事現場はドラマ『』北海道ロケでも使用した。 CM中のほか、番組中も提供・スポンサー表示の際は消去する(番組中に台風・大雨・暴風雪などL字型画面による災害情報が出ている場合でも、提供・スポンサー表示の際はL字型画面も一時消去する)。 道内民放ではHBC、STVに次いで3局目。 出典 [ ]• 『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、216頁。 『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、222頁。 日本民間放送連盟『日本放送年鑑'78』洋文社、1978年12月、110頁。 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、165頁。 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、168頁。 北海道テレビ放送 代表取締役社長• 代表取締役社長• 北海道テレビ放送 常務取締役• 北海道テレビ放送 非常勤取締役相談役• 『この10年』 - 北海道テレビ放送、1978年11月。 北海道新聞(2012年9月15日付朝刊、第2社会面)• 朝日新聞(2012年9月16日朝刊、道内面30ページ)• ,ORICON NEWS,2018年9月10日• ,北海道新聞,2019年1月16日• ただし、函館・室蘭・帯広・釧路・網走地区は当時は送信所が未開局だったため、送信所開局までの約8ヶ月間は教育番組を除いてNET系の番組は一切視聴できなかった。 北海道の住宅建築事情は道外と異なる点が多いが、放送されなかった理由は不明。 ただし、2009年以降も「水曜どうでしょう」の新作放送時は、水曜日は30分の遅れネットとなる。 2014年9月29日、混信地域に対する受信状況改善のため29chより変更( )。 NHK及び他の民放と共にデジタル新局として2014年5月29日に開局。 デジタル中継局はTVhを除く民放各局が共同使用するが、2011年11月開局のTVhもこの施設に相乗りする。 『』(縮刷版) 1977年(昭和52年)3月、テレビ欄。 『北海道新聞』(縮刷版) 1988年(昭和63年)5月 - 1989年(平成元年)2月、テレビ欄。 現在はSTVがレギュラー放送している• Season3はで放送• 2020年5月6日閲覧。 サンケイスポーツ 2016年7月20日. 2016年7月20日閲覧。 YouTube. 2020年2月28日閲覧。 関連項目 [ ]• (で放送していた) 外部リンク [ ]• (公式サイト)• - チャンネル• ウィキメディア・コモンズには、 に関するカテゴリがあります。

次の

HTB週間番組表

テレビ 番組 表 北海道

北海道新聞 本紙面の番組欄は、放送区域内と直接受信が困難な地域(主に中継局が未開局の地域)で取り扱いが異なっている。 番組表は左からNHK総合、NHK教育 Eテレ 、UHB、HBC、STV、HTB、TVhの順に掲載している。 朝刊には2010年3月29日のテレビ欄レイアウト変更まで 「一部地域ではTVHは受信できません」の断り書きが記載されていた。 また、道東(網走・帯広・釧路)地区では送信所・中継局の開局が2011年までずれ込んだことから長らく直接受信が困難な地域であったため、TVhの欄が地元企業や道新支社などの企業広告に差し替えられていたが、試験電波発射にあわせて順次レイアウトが変更されていった。 ただし、以前よりケーブルテレビを通じて再送信が行われていた帯広地区では朝刊・夕刊ともに、釧路地区では朝刊にTVhの番組表を掲載していた。 直接受信が困難な地域 「」も参照 帯広地区 対象:帯勝版(十勝管内)• 帯広地区では本別町全域と浦幌町北部を除いて直接受信が可能なため、朝刊・夕刊とも放送区域内発行分と同様にTVhの番組表が掲載されているが、地上波未開局だった時、朝刊のみ2010年3月のテレビ欄レイアウト変更まで 「一部地域ではTVHは受信できません」の断り書きが記載されていた。 道内全域 日曜Navi(別刷り、旧・日曜版) 従来は木曜夕刊別刷り特集「おふたいむ」に「週間テレビ番組欄」を掲載していたが、「おふたいむ」の発行終了に伴い2008年12月7日付より移設され、引き続き道内全域でTVhの番組表を掲載している。 但し、年末年始の年1回は日曜Naviの発行が休止となるため、振り替えで日曜日朝刊本紙面に掲載される。 縮刷版 札幌本社発行の最終版を使用しているため、TVhの番組表(過去分)もそのまま掲載している。 道新スポーツ TVhが直接受信できない地域でも差し替えはされず、道内全域でTVhの番組表が掲載されている。 北海道内で印刷している全国紙 TVhが直接受信できない地域でも差し替えはされず、道内全域でTVhの番組表が掲載されている(左から6番目か7番目)。 なお、との縁が強いの北海道版では、開局当初から2009年までは左からNHK総合・教育 Eテレ の次にTVhの番組表を掲載していた(現在は地上デジタル放送のの順番にあわせ、左から6番目となっている)。 このほか、、、もテレビ北海道が直接受信できない地域でも、同局の番組表が掲載されている。 略称に大文字と小文字を両方使用するテレビ局は、テレビ北海道と(T eNY)のみ。 テレビ北海道の。 TXN系列局ではやも同様。 速報テロップは気象警報や竜巻注意情報など気象に関する情報ではカラーで表示し、黒の透かしバックも付けられるが、TVhニュース速報では黒縁付きの白文字表示で透かしバックも付けられない。 但し、交通情報は道内民放テレビ局で唯一表示していない。 らっぴいが徒歩で道東へ向かう設定で、モデルとなる隊員のアフレコもTVhのアナウンサーが務めた。 テレビ北海道 取締役会長• 当時のキャッチコピーはテレビ画面に目を描いたデザインで「みて! 」というものだった。 アナログ放送では「アナログ」、デジタル放送では「TVh」の局ロゴを常時表示(CM中は除く)。 これにより道内の全テレビ局でウォーターマークが表示されるようになった。 この時は建設計画・放送開始時期の前倒しに加え、歌志内中継局設置についても併せて触れられていた。 この挨拶を放送するため、札幌地区より放送開始を5分早め、旭川地区のみ5時55分より放送開始した。 TVhが単独で設置した中継局施設を、TVhを含む民放各局が共同でデジタル中継局として使用。 NHK及び他の民放4局と共にデジタル新局として開局。 北海道では、系のの回線を使用。 NHKはデジタルもNTT回線を利用。 ただし、アナログ時代はVHF1ch~12chでの再送信ではなかったため、NHKや先発4局とは異なり、工場出荷状態のテレビ受信機では視聴できなかった(アンテナ受信が可能な地域の局ではVHF変換を行っていた。 映像・音声信号を付加した試験放送開始時から既にデジタル放送で音声多重放送が受信可能だった。 2009年1月より、テレビ東京制作番組の一部で、同年7月頃から同時ネットされる全番組で表示するようになった。 ただし、制作番組はそれ以前からネット送出で表示している。 を行う「NEWS FINE第2部」(スタジオの副調整室から番組テロップの一部として出しているため)、制作の「」(VTR編集時に挿入してあるため)、制作の「 」(制作局からのネット送出で出しているため)を除く。 開局当時はNHK総合、NHK教育 Eテレ 、UHB、TVh、HBC、STV、HTBの順に掲載していたが、札幌地区以外の地域ではTVhを受信できない地域が多かったことから、これに配慮するため現在の掲載順に変更され、後に札幌地区も同じ形式となった。 放送区域内発行分にも、断り書きが記載される場合があった。 東奥日報は「テレビ北海道」、読売新聞青森版は「テレビ北海道 TVHテレビ」と表記されている。 BSテレ東では、『』は同時ネット。 マルチスクリーン型放送:テレビとタブレットやスマートフォン端末を専用アプリにより連動させて行う放送方式。 日本経済新聞. 2017年5月25日. 2017年6月23日閲覧。 『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、220頁。 『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、226頁。 『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、165頁。 『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、173頁。 北海道新聞1989年10月1日付け別刷りテレビ北海道広告特集1面。 - 総務省北海道総合通信局、2016年3月31日閲覧• プレスリリース , 青森ケーブルテレビ, 2016年2月19日 , 2016年4月23日閲覧。 - オフィスセブン公式サイト、2017年7月23日閲覧• - レアメリッサエンターテイメント、2017年7月23日閲覧• - オフィスセブン公式サイト、2016年8月13日閲覧• - 北海道グラウンドワークホームページ、2016年10月17日閲覧• - 2017年7月23日閲覧• 第1・2期は同時放送、第3期は3年9ヶ月遅れでの放送。 第1期はHBCで放送、第3期以降は北海道地区未放映。 後にNHK Eテレ・各局でも再放送• 第1期は後にNHK Eテレ・北海道ネットワーク各局でも再放送• 第2期は北海道地区未放映、第3期はHTBで放送。 - TVh公式サイト、2017年1月5日掲載、2017年1月9日閲覧• (本名の森順子として).

次の

今日・週間・月間の北海道のテレビ番組表検索

テレビ 番組 表 北海道

Official Program Data Mark(公式番組情報マーク)• このマークは「Official Program Data Mark」といい、テレビ番組の公式情報である• 「SI Service Information 情報」を利用したサービスにのみ表記が許されているマークです。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の