もこみち ケーキ。 徹子の部屋【チョコレートケーキ】黒柳徹子さんレシピ

速水もこみち youtube料理番組「M’s TABLE」のレシピ 再現性ゼロが魅力!?

もこみち ケーキ

2012年4月2日(月) 日テレ スッキリ!! はるみキッチン ~ロールケーキ~ 今回は、お祝い事のプレゼントにもピッタリな 【いちご丸ごとロールケーキ】を栗原はるみ先生が、作って紹介していました。 「難しい」と思われがちなロールケーキですが、「意外と簡単で豪華に見える」との栗原はるみ先生のコメントに、おもいきってロールケーキ初挑戦してみました。 とレシピを見直したら、粗熱をとる時に、『ラップをしなかった』ことが判明!原因は、これでしょうか・・・。 <作り方> 写真:23X15cmのロールケーキ型(材料は半量で) 1.ボウルに卵(全卵3個)を割りほぐし、ハンドミキサーで混ぜながら(写真右)、グラニュー糖 (100g)を加え、約5分よく混ぜます。 (放送:薄力粉をふるいながら加えてました。 私もザルでふるいながら。 写真右) 3.クッキングシートを敷いた天板に、2の生地を流し入れ、天板をたたき空気を抜き表面をならします。 4.粗熱を取りラップをかけてしっとりと冷まします。 生地の両サイドを斜めに切り、 生地の手前に浅く切れ込みを入れます(写真右)。 一度、生地を巻き、クセをつけて おきます(写真右)。 ヘタを取り除いたイチゴ丸ごとを手前2列に並べ、ロール状に巻きます。 さらに卵黄を追加した方がよいと思いました。

次の

ZIP!速水もこみち流【パンプキンケーキ】モコズキッチンレシピ : 三ツ星主婦の「簡単!家庭料理レシピ・作り方

もこみち ケーキ

素直で真面目で、イケメンなのに天然というところが憎めない。 俳優としての活動が思うようにいかなかった時に、料理上手だという「個」の力を活かして、厳しい芸能界を生き残ったという生命力の高さ、人間力の強さに、今を生きる上で学ぶところが多い。 ありがたい。 今回の番組もなかなか凄い!第1回、第2回を見ていると、とんでもない材料を使っている。 正直、同じ料理を再現しようとすると、超高級レストランで食べるより高くつくのではないだろうか。 だから、 調理を真似してみようとか何かを学ぼうとか思わない。 ドラマをみるような感じなのだ。 そういう意味で、やはりもこみちは俳優だ。 ただ、みじん切りなんかを見ていると、やはり玄人感が半端ない。 調べると、幼少時に兄がカルボナーラを調理する後ろ姿を見て格好良いと思い、小学生時代に「料理ができる男はモテる」と聞いて料理を始めたとのこと。 要するに基礎力が高いんだよね。 基礎力が抜群に高くて、その力を発揮しつつ、あさっての方向に突き進むところ。 そこが魅力で、やっぱり鮮やかだよね。 どこで売ってるんだー。 揃えるだけで、命懸けだね。

次の

速水もこみち、渾身の手作りハロウィンケーキに賛否の声「美味しそうに見えない!」|日刊サイゾー

もこみち ケーキ

オリーブオイルで有名な速水もこみちさんが料理チャンネルを開始しました。 つまり速水もこみちさんのオリジナルケーキです。 最後まで見てみると予想をしていた遥か斜め上、ぶっ飛んだオリジナルケーキが完成します。 是非最後までこの動画を見ることをお勧めします。 某番組でよく使われていたオリーブオイルは、今回は残念ながら使用されておりませんが、ケーキだから仕方ない。 しかしコメント欄を見ると、視聴者の中には「ケーキ作りなのになぜかオリーブオイルを使うのを期待した」と言ったコメントも見られ、オリーブオイルに期待した視聴者も多々いたようです。 さて、このケーキは恐らくみなさんが予想しているケーキよりもはるかに斜め上の方向に向かっていくため、きっと動画を見終えた頃にはなんとも言えない感情になっているかもしれません。 (そしてほんのちょっとの笑いも生まれるかもしれない) でもそれがこの動画の魅力。 私たちの知らない料理と世界を見せてくれるのが速水もこみちさんの料理のいいところなのではないでしょうか。 動画のクオリティが高い 動画のクオリティがまるでテレビ番組、いやそれ以上のクオリティを感じるものとなっています。 動画の冒頭ではもこみちさんがエプロンを切るところから始まりすでにオシャレ感が漂う。 そしてもこみちさんの挨拶が始まり、オープニングが始まるのですが、これがまぁかっこいいわけです。 そしてその間なっている音楽は、包丁がまな板に叩きつけられる音をうまく音楽と組み合わせて、クールでオシャレなオープニング映像が演出されています。 日本でよく見る料理番組というよりは、海外の料理番組のようなクオリティ。 また、本編内でもカメラが数台体制で撮影されており、もこみちさんが何か行動するごとにカメラアングルが変わっていくという、まさにYouTubeの個人動画に収まらない作りになっています。 (ただし、コメント欄ではカメラアングル切り替わりすぎて疲れる、という意見もありました) 動画の全体的な色味も青みがかっていて、海外よりの渋い色づくりをしているように感じる映像です。 もこみち流ケーキ、それはあなたが真似するべきものではないかもしれない 今回の動画で、もこみちさんが作り出す独創的なケーキは視聴者であるみなさんが真似することができない、または真似するべきものではないのかもしれません。 今回のケーキに関しては材料も少し集めづらいものが多く、調理器具もプロ御用たちのものが多いので真似しづらいかもしれない、というのが実際のところ感じる部分です。 ただし、真似することで料理の技術的には成長できるでしょう。 もこみちさんの材料の使い方や手際の良さは見ていてうっとりしてしまいます。 そういう意味では、技術アップのためにはこのケーキ、作ってみるのもありかもしれません。 もしあなたが料理に興味がなくても、みていると意外と面白い部分が多く、もこみちさんの調理姿にいつの間にか釘付けになっているかもしれませんよ。 ぜひあなたの目で、この独創的なケーキをご覧ください。

次の