ツイッター センシティブ 解除。 【Twitter】ツイートが必ず不適切になる時の原因と対処方法

Twitterのセンシティブな内容を表示できない!設定を解除する手順

ツイッター センシティブ 解除

センシティブな内容で表示されなくなった!! このメディアにはセンシティブな内容が含まれている可能性があります。 ある日突然、ツイッターで自分の投稿がこんなメッセージとともに表示されなくなったことはありますか? 携帯デバイスではこれが表示されて画像を含む投稿そのものが表示されなくなります。 PCでは文字は読めますが画像だけが表示されなくなります。 以下のようになるので、【表示】を押すことで個別に表示させることができます。 通常ではこの状態に自分で気づきにくい事象ですが、先日フォロワーの方からダイレクトメッセージで指摘を受けて初めて気が付きました。 時々フォロワーの方でもこの状態になっている投稿をお見掛けしますが、自分も突然その状態に…。 いったい何があった? センシティブな内容ってなんだ? うっかり行っていた誤った設定とは? Advertisement うんと要約して言えば「エロ・グロ・バイオレンス」ということでしょうね。 原則としてこうしたコンテンツをユーザがうっかり見てしまうことで不快な思いをしないことが大事な点です。 最近投稿を行った内容でそんな不適切な内容ってあっただろうか。 記事についてご指摘をいただくことはあれど、「エロ・グロ・バイオレンス」には合致していないはず。 そう思ってざっと見直してみましたが、やっぱり見当たりませんでした。 少しネットで調べてみたところ「どなたかの通報によるものかも」というご意見がありました。 うーん、、、 それだと、もし悪戯で通報されたらどうなるのでしょうか? 通報されたアカウントが上記のような内容を含まないにも関わらず全て制限を受けるとしたら、ツイッターはサービスとして終わっているでしょうね? 悪戯に限らず、ひとによって不適切かどうかの尺度なんて変わってくる主観そのものですから、画像という画像が表示されなくなる可能性があります。 ある程度のところまでは自動化していると思いますが、ここはチェックをしてくれていると信じたいサービスラインだと思います。 チェック者の主観が入るとしても、指針に沿って判断をするはずですから、さすがに上記のような「エロ・グロ・バイオレンス」な内容とは判断され無いと思えます。 それから落ち着いて、PCの環境で調べていたところとんでもない設定誤りに気付いてしまいました。 Advertisement これで運営側にセンシティブだと判定されると、センシティブな内容の投稿をするアカウントとしてマークされてしまうみたいです。 先にお伝えした通り、デフォルトでセンシティブな内容を表示しない設定がされているため、意図的にその設定を外していなければ、投稿がきちんと読めなくなってしまいます。 今回、僕の投稿はこれには合致しないと思われるため、他に理由があるはずです。 改めて設定を見直したところ、とんでもない箇所を設定してしまっていました。 ちょうどこの事象に気が付く前日に、フォロワーの方の「センシティブ」な状態で画像が見られなくなっている投稿をどうしてもスマートフォンで表示したくなって、以下の箇所にチェックを入れました。 ここにチェックを入れることで、センシティブで表示がされていないと思われる画像について、表示を容認することができます。 Advertisement ところがここでうっかり、下のチェックボックスにもチェックを入れてしまっていました。 このチェックは、 「自分の投稿にセンシティブな内容が含まれていますよ~」と自己申告するチェックなんですね。 なんでこんなチェックが、、、ダレトクなんだとも思いますが、 そういう投稿を自認して投稿しているひともいるということではないでしょうか。 ツイッターはそういう第三者の判断が難しい投稿について、自分で判断してねということなのでしょう。 原則では表示されない設定になっているので、 あえて「センシティブな内容を表示しない」のチェックを外しているひとにだけみせるという設定ですね。 ここをうっかりチェックしていたため、特に設定をいじっていないフォロワーさんには突然投稿の画像がきちんと表示されなくなっていたことが分かり、チェックを外してみたところ正常に表示がされるようになりました。 それで分かったことは、 チェックを外したことがシステムで反映された後に行った投稿から画像が表示されるということです。 この動作から、意図的にセンシティブだと自己申告する設定の意義がよく分かりました。

次の

【Twitter】ツイートが必ず不適切になる時の原因と対処方法

ツイッター センシティブ 解除

センシティブな内容で表示されなくなった!! このメディアにはセンシティブな内容が含まれている可能性があります。 ある日突然、ツイッターで自分の投稿がこんなメッセージとともに表示されなくなったことはありますか? 携帯デバイスではこれが表示されて画像を含む投稿そのものが表示されなくなります。 PCでは文字は読めますが画像だけが表示されなくなります。 以下のようになるので、【表示】を押すことで個別に表示させることができます。 通常ではこの状態に自分で気づきにくい事象ですが、先日フォロワーの方からダイレクトメッセージで指摘を受けて初めて気が付きました。 時々フォロワーの方でもこの状態になっている投稿をお見掛けしますが、自分も突然その状態に…。 いったい何があった? センシティブな内容ってなんだ? うっかり行っていた誤った設定とは? Advertisement うんと要約して言えば「エロ・グロ・バイオレンス」ということでしょうね。 原則としてこうしたコンテンツをユーザがうっかり見てしまうことで不快な思いをしないことが大事な点です。 最近投稿を行った内容でそんな不適切な内容ってあっただろうか。 記事についてご指摘をいただくことはあれど、「エロ・グロ・バイオレンス」には合致していないはず。 そう思ってざっと見直してみましたが、やっぱり見当たりませんでした。 少しネットで調べてみたところ「どなたかの通報によるものかも」というご意見がありました。 うーん、、、 それだと、もし悪戯で通報されたらどうなるのでしょうか? 通報されたアカウントが上記のような内容を含まないにも関わらず全て制限を受けるとしたら、ツイッターはサービスとして終わっているでしょうね? 悪戯に限らず、ひとによって不適切かどうかの尺度なんて変わってくる主観そのものですから、画像という画像が表示されなくなる可能性があります。 ある程度のところまでは自動化していると思いますが、ここはチェックをしてくれていると信じたいサービスラインだと思います。 チェック者の主観が入るとしても、指針に沿って判断をするはずですから、さすがに上記のような「エロ・グロ・バイオレンス」な内容とは判断され無いと思えます。 それから落ち着いて、PCの環境で調べていたところとんでもない設定誤りに気付いてしまいました。 Advertisement これで運営側にセンシティブだと判定されると、センシティブな内容の投稿をするアカウントとしてマークされてしまうみたいです。 先にお伝えした通り、デフォルトでセンシティブな内容を表示しない設定がされているため、意図的にその設定を外していなければ、投稿がきちんと読めなくなってしまいます。 今回、僕の投稿はこれには合致しないと思われるため、他に理由があるはずです。 改めて設定を見直したところ、とんでもない箇所を設定してしまっていました。 ちょうどこの事象に気が付く前日に、フォロワーの方の「センシティブ」な状態で画像が見られなくなっている投稿をどうしてもスマートフォンで表示したくなって、以下の箇所にチェックを入れました。 ここにチェックを入れることで、センシティブで表示がされていないと思われる画像について、表示を容認することができます。 Advertisement ところがここでうっかり、下のチェックボックスにもチェックを入れてしまっていました。 このチェックは、 「自分の投稿にセンシティブな内容が含まれていますよ~」と自己申告するチェックなんですね。 なんでこんなチェックが、、、ダレトクなんだとも思いますが、 そういう投稿を自認して投稿しているひともいるということではないでしょうか。 ツイッターはそういう第三者の判断が難しい投稿について、自分で判断してねということなのでしょう。 原則では表示されない設定になっているので、 あえて「センシティブな内容を表示しない」のチェックを外しているひとにだけみせるという設定ですね。 ここをうっかりチェックしていたため、特に設定をいじっていないフォロワーさんには突然投稿の画像がきちんと表示されなくなっていたことが分かり、チェックを外してみたところ正常に表示がされるようになりました。 それで分かったことは、 チェックを外したことがシステムで反映された後に行った投稿から画像が表示されるということです。 この動作から、意図的にセンシティブだと自己申告する設定の意義がよく分かりました。

次の

Twitterの年齢制限まとめ!解除方法や解除せずに使う方法は?

ツイッター センシティブ 解除

iPhoneからTwitterのセンシティブな内容のツイートが見られるよう設定を変更する方法• iPhoneのSafariでTwitterの「プライバシーとセキュリティ」の設定を変更するときの注意点 センシティブな設定をiPhoneのTwitterアプリから変更しようとしたら、 どこにも設定項目がなくて困っていませんか? 「センシティブな内容が含まれている可能性のあるツイートです。 」の部分をタップすると、『アカウントの「プライバシーとセキュリティ」設定の「セキュリティ」セクションにあります。 』と説明があります。 誤ってこちらをオンに設定してしまうと、なんと自分のツイートが全部センシティブな内容に。 フォロワーからは『いかがわしい発言連発の人』と勘違いされ兼ねない、残念な仕様の方ですので触らないでおきましょう。 というわけで、実はiPhoneアプリからはこの設定を変更することができません。 ) 変更するためには、 一旦ブラウザ上からログインが必要になります。 なぜiPhoneのTwitterアプリからだけ変更できないようにしているのか??? センシティブの設定項目がマルっと存在しないこの謎仕様。 センシティブの設定解除よりもこっちの方が気になってしまいますが・・・・・・。 とりあえず気を取り直して、次の項目で「センシティブな内容」が見られるように設定変更を一緒にしていきましょう。 おつかれさまでした! センシティブの設定を解除後の気になるTL(タイムライン)の状況は? センシティブの設定を解除すると「一体どんなすごいツイートが見られるのかな?」とちょっとドキドキですよね? 設定を解除してから2~3日はやばい画像や動画、ツイートがタイムラインに流れてくるんじゃないかと心配になるものですが、実際はこれまでと何も変わらないと思います。 今ではどのツイートがセンシティブだったんだか全くわかりゃしません。 それでも本当にたまにですが、おかしな画像や動画が紛れ込んでいることがあります。 そんなときは必殺『タイムラインの高速スルー』で見なかったことにしましょう。 目を背けたくなるような画像や動画が飛び込んできたときは? 本当に極まれにですが、「 これぞセンシティブ!」というような画像や動画がタイムライン上に流れてくることがあります。 基本は高速スルー推奨ですが、油断しているときにガッツリと見てしまって「なんでこんな動画拡散してんの?」と怒りたくなることもありますよね? そんなときは「ツイートを報告」しておきましょう。 3:センシティブな内容に応じて「問題の詳細」を選んで報告をします ちなみに「センシティブな画像を表示している」「内容に興味がない」の2つは、タップした時点で報告が完了します。 「試しに押してみよう!」とタップすると「ご報告ありがとうございます。 」となり、事前に確認メッセージは出てきませんのでご注意を! 報告が完了すると、該当のツイートは「 このツイートを報告しました。 」と表示されるようになります。 これ以降自分のタイムライン上では、右側の「 表示」をタップしない限りツイートは表示されなくなります。 もちろん報告したからといって、必ず対応してもらえるわけではありませんが、このひと手間で不快な画像や動画を見なくて済む人が増えるのであればお安い御用って感じですね。 センシティブな内容と判断されてしまう基準は? 正直センシティブな内容と判断される基準は曖昧でよく分かりません。 真面目な内容をツイートしているのに、センシティブな内容と判断されることもあり「えっ?この真面目過ぎる有益ツイートの一体何に反応してセンシティブなの?」ってこともあるようです。 Twitterの規約やヘルプセンターで確認しても、明確に指定されているわけではなく、暴力的な表現だったり、アダルト的な表現がセンシティブな内容になる的な記載はあるものの、文章だと具体的にどういったものがそれに該当するのかは書いていませんでした。 「明らかにそれセンシティブだよね」とわかる画像や動画をツイートするのは論外ですが、普通に利用していて、センシティブな内容と判断されてしまうのは今のところ諦めるしかなさそうです。 iPhoneのSafariでTwitterの「プライバシーとセキュリティ」の設定を変更するときの注意点 ここからは補足となりますが、 TwitterはなぜかアプリやPC上のブラウザ、iPhoneのブラウザでの仕様に違いがあります。 特にプライバシーとセキュリティの設定画面には違いがあり、iPhoneのSafari上で変更するときには、注意すべきポイントがいくつかあります。 注意1:設定項目をタップしただけで設定が変更されている PC上のブラウザでは設定を変更しても、最後に一番下にある「変更を保存」ボタンを押さない限り設定が反映されることはありません。 また、Twitterアプリは右側の設定ボタンのオンとオフを切り替えた時点で、設定が変更となりますが、あくまで右側の設定ボタンに触れない限りは設定が変更になりません。 しかし、 iPhoneのSafari上では設定項目部分ををタップしただけで、右側のチェックボックスに「チェックマーク」が入ります。 ここがポイントで、右側のチェックボックスではなく設定項目部分であればどこでもよく、仮に誤ってタップしてしまっても設定が変更に・・・・。 実際にiPhoneのSafariでTwitterの設定画面を触ってもらえばわかりますが、項目に触れてしまっただけで変更が完了します。 本当にあっさりしすぎていてビックリ! 画面を下にスクロールしようとするときが一番危険です。 誤ってタップしてしまわないよう注意しましょう。 その結果センシティブな内容のツイートを見られないように設定しているフォロワーからは、あなたのツイートが『 全てセンシティブなツイート』に。 そうなるとフォロワーさんから教えてもらわない限り、中々自分で気付くことが難しく、『何か怪しい発言してるのかな?』と勘違いされてしまいますので気を付けましょう。 注意3:「メールアドレスと電話番号の照合と通知を許可する」の設定は特に気を付ける この項目を誤ってチェックしてしまうと、ほかの利用者にアカウントと連絡先が結び付けられて、特定されてしまう可能性があります。 特にリアルの知り合いにバレたくない場合は気を付けましょう。 「プライバシーとセキュリティ」からさらに、「見つけやすさと連絡先」の項目を選択しなければたどり着けませんので、不用意にほかの項目に触れなければ大丈夫でしょう。 といいつつも、設定を変更するときに、ほかの設定がどうなっているのか意外と気になりませんか? 色々気になって見ている間に、偶然連絡先の項目を開いてしまって、何かの拍子に『電話番号の通知を許可する』にチェックが入ってしまう。 なんてことも以外と起きたりするかも?しれません。 仮に変更してしまったことに気付いていない場合、ずーっと電話番号の通知が許可されたままになりますのでくれぐれも気を付けましょう。 なんでこんな面倒なことをさせるんだ~~! この記事を読んだ読者のみなさんの声が聞こえてくるようです・・・・。 Twitterがあえてこの仕様にしているということは、たぶんこのセンシティブの設定をできれば変えて欲しくないのでしょうね。 確かにタイムラインが不快な動画や画像で溢れかえって、報告やクレームの嵐になったら困ります。 そういう意味では国内で一番利用ユーザーの多いiPhoneだけでも、リスクヘッジとしてセンシティブの設定をあえて分かりにくくしているのかもしれませんね。 いずれは全ての端末やブラウザでTwitterの仕様が統一されるのでしょうか? Twitterは常に細かな仕様変更を行っているようですので、もっとユーザーに優しい、わかりやすい仕様になることを願いたいと思います。 あらかじめご了承ください。 北海道の札幌に住んで10年。 おもちゃ屋、行政書士、アフィリエイト、書店員、営業、コールセンター、経理、部下20人ほどの管理職と職を色々渡り歩いてます。 アラフォーロスジェネ世代。 今は忙しかった毎日を少し休憩し、ブログを書きながら日々ゆったり生きています。 身の回りで起きた出来事や、Windows、Twitterを利用していて困ったこと、利用して便利なサービスやアプリ、気になるニュースなど、これみんなの役に立つかなーってことを記事にしています。 最近は1日の終わりにHuluで映画を観るのが何より至福の時間。 【好きなもの】ゲーム・YouTube・乃木坂46・日向坂46・山本彩・アニメ・漫画。 ゲームはシューティングやアクション系が好きです。 YouTubeでよく見ているのはフェルミ研究所。 最近注目しているのは、ゆきりぬ、春茶、オリジナルのキズナアイです。

次の