このnfcタグに対応する。 NFCとは?スマホでのNFCの使い方や対応スマホの確認方法を解説!

AndroidによるNFCスマートポスタータグの作成

このnfcタグに対応する

「NFC」とは、 正式名称を「Near Field Communication」といいます。 直訳すると、「近い範囲での通信」。 「NFC機能」とは、近距離専用の無線通信システムのことをいいます。 たとえば、改札にピッとかざすだけで運賃支払いが済むSuicaやPASMOも「NFC機能」を使ったものです。 あらかじめチャージしていた金額を店頭の読み取り機にかざすと支払いが完了するnanacoカードなど電子マネーも「NFC機能」を使っています。 NFC機能に対応したAndroidスマホは「スマホ決済」といって、お店の読み取り機にかざすだけで支払いが完了します。 AndroidのNFC機能とは、スマホをかざすだけで通信が完了するこの機能のことをいいます。 NFC機能をさらに詳細に説明すると、NFC機能は3つの機能の統合で成り立っている機能になります。 ではまずは「おサイフケータイ」アプリをインストールし、NFC機能を使ってみましょう。 おサイフケータイアプリの使い方は、以下の通りです。 (それぞれのサービスごとに入力内容は異なりますが、基本的には名前や住所などの登録になります。 使いたいサービスの登録が完了したら、今後Androidスマホをかざす時は「おサイフケータイ」アプリを起動する必要はありません。 Androidスマホをかざすだけで支払いが完了します。 続いては、「マルチ残高リーダー」アプリをインストールし、Androidスマホで電子マネーの残高を確認してみましょう。 「マルチ残高リーダー」アプリの使い方は、設定が必要な「おサイフケータイ」アプリと異なり、Androidスマホへの インストールが完了するとすぐに使うことができます。 ただ、AndroidスマホのNFC機能が「オン」になっていないとアプリが使えないので、 事前にNFC機能が「オン」になっているか確認してください。 「マルチ残高リーダー」アプリの「設定」で「カード検出で自動起動」にチェックを入れると、残高確認したい電子マネーカードをAndroidスマホにかざすだけで自動的にアプリが起動するようになります。 「Androidビーム」とは、NFC機能を利用したデータ通信機能のことです。 NFC機能に対応したAndroid端末同士であれば、かざすだけで写真や動画、Webページや連絡先などのデータを共有することができます。 Androidビームの使い方は、以下の通りです。

次の

[Kotlin] AndroidでNFCタグを使ってみた①

このnfcタグに対応する

毎日スマホでやるお決まりの操作がありますよね。 車を運転するときにナビを起動したり、ベッドに入るときに翌朝のアラームをセットしたり...。 NFCタグを使えば、これらのアクションを自動化できますよ! NFC(近距離無線通信)という技術は御存知ですか。 スマホ同士で情報をコマーシャルを見た人もいるでしょう。 今回は、この技術を利用した「NFCタグ」と呼ばれるアイテムを使います。 NFCタグは 小さなシールやキーホルダーの形をしています。 タグの上にスマホをかざすと、さまざまなアクションが自動実行されます。 サムスンやHTC、GoogleのNexusシリーズなど、最新のAndroid端末を含め、多くのスマホがNFCに対応していますが、中には非対応の機種もあります。 記事を読み進める前に、お使いのスマホがNFCに対応しているか調べてください。 Windows phoneにも対応機種があります。 残念ながら、iPhoneは非対応です。 NFCタグでできること NFCタグにアクションを設定して、自宅やオフィス、車の中などに貼っておけば、スマホをタグの上にかざすだけで自動実行してくれます。 例えば、次のような使い方があります。 自宅に着いたら、着信音とWi-Fiをオンにする• ベッドに入るとき、着信音をオフにして翌朝のアラームをセットする• 車に乗り込んだら、マップアプリを起動し、Bluetoothをオンにする• TVを見るためにソファに座ったら、リモコンアプリを起動する• 洗濯機を回したら、タイマーを30分にセットする• 楽曲の自動再生、トラックのスキップ• 現在の場所でFoursquareやFacebook、Google Latitudeにチェックインする 一度NFCタグにアクションを設定したら、あとはスマホをタグにかざすだけでOK。 スマホ側でのメニュー操作は一切不要です。 Androidユーザーなら、特定の場所や時間、Wi-Fi状況などの条件によってアクションを自動実行できる『』に似てると思ったかもしれません。 しかしNFCタグは、あなたが車に乗り込んだり、ソファに座ったりしたときなど、アプリができないこともカバーします。 さらに、 NFCタグでTaskerを実行するよう設定しておけば、両自動化ツールの夢のコラボレーションが実現します。 ステップ 1:NFCタグを入手する まずはNFCタグを入手しましょう。 タグはシール型やキーホルダー型など、さまざまなタイプが各社から発売されていますが、「Samsung TecTiles」がおススメです。 Amazonで入手できるので、「NFCタグ」と検索してみましょう。 ステップ 2:NFCタスクランチャーをダウンロードする 今回は『』を設定用のアプリとして使います。 多機能で操作も簡単、完全に無料(2013年5月15日現在)のアプリです。 他にもチョイスはあるので、自分の用途に合ったNFC用のアプリを探しだしてみてください。 ステップ 3:タスクを作成する タスクの作成はとっても簡単です。 手順は以下の通り。 NFCタスクランチャーを起動し、「自分のタスクを作成」をタップ• 「タスクタイプ」で「NFC」を選択• 「アクションの追加」をタップすると、アクションの選択画面が表示されます。 例えばWi-Fiをオンにするタグを作るなら、「ワイヤレス&ネットワーク」を選んで、「ワイヤレスネットワーク接続のオン/オフ」ボックスにチェックを入れます• アクションを選択したら「次」をクリック、詳しい設定を行います• アクションを追加したければ、ステップ3と4を繰り返します。 設定が終わったら「保存&書く」をタップして、スマホをタグの上にかざします。 タグへの書き込みが終わると通知音が鳴るので、「完了」をタップします これでタグの設定は終わりです。 あとはアクションを実行したい場所にタグを貼り付けておきましょう。 以下に、いくつかの活用事例と設定方法を紹介します。 自宅に着いたらWi-Fiと着信音をオンにする 自宅の外では着信音とWi-Fiをオフにしていて、帰宅したときにオンに戻す人も多いはず。 以下のアクションをNFCタグに設定すれば、帰宅時の操作を自動化できます。 「ワイヤレス&ネットワーク」>「ワイヤレスネットワーク接続のオン/オフ」>「有効にする」• 「サウンドと音量」>「サウンドプロファイル」>「ノーマル」 あとはNFCタグを自宅のドアに貼り付けておき、帰宅時にタップするだけです。 ベッドに入るときに、アラームをセットして、着信音をオフにする 毎晩寝るときに手動でアラームをセットして、着信音を消している人もいるでしょう。 この操作を自動化するにはNFCタグに以下のアクションを設定します。 「サウンドと音量」>「サウンドプロファイル」>「サイレント」• 「アラーム」>「アラームを設定」>(時間を選ぶ) NFCタグをベッド脇のスタンド電灯にでも貼り付けておきましょう。 あとは、寝る前にスタンド電灯にスマホをかざせばOKです。 車に乗ったら、マップを起動し、Bluetoothをオンにする 車を運転するときにマップを起動し、Bluetoothをオンにするのが習慣なら、NFCタグに以下のアクションを設定して、車のダッシュボードに貼り付けてください。 「ワイヤレス&ネットワーク」>「Bluetoothのオン/オフ」>「有効」• 「アプリケーション&ショートカット」 >「アプリケーションを開く」>「マップ」 Taskerタスクを起動する すでに『Tasker』でアクションを自動化している? それなら活用してしまいましょう。 NFCタスクランチャーでタスクを新規作成、アクションで「Taskerタスク」を選んでください。 スマホでNFCタグをタップすればTaskerタスクが起動します。 いかがでしたか? とっても簡単ですね。 あなたもNFCタグを活用して、ワンタッチ生活をエンジョイしてださい! Whitson Gordon(/訳:伊藤貴之) Photo remixed from.

次の

「Apple PayがNFCタグに対応するってよ」をやさしく解説してみる|Tomo Hagiwara|note

このnfcタグに対応する

もくじ• 原因 原因は次の2つの条件を満たした場合に起こります。 スマートフォンに内蔵されたNFC機能がONになっている(スマホで使えるスイカやスターバックスカードモバイル、iD(クレジット決済サービス)などを使っている)• 手帳タイプのスマホケースなど、カードが入るポケットのついたスマホケースを使っていて、その中にICタグ内蔵のカード(nanaco、WAON、楽天Edy、社員証などのカード)を入れている この状態にしておくと、スマートフォンのセンサーが、カードに内蔵されているICタグを頻繁に読みに行きます。 しかし、スマートフォン内にICタグに対応したアプリが見つからないため、スマートフォン側でどのような動作をしてよいのかわからず 「このタグに対応するアプリがインストールされていません」というメッセージが表示されてしまいます。 「ICタグを読みに行ってはエラーになる」という動作を何度も繰り返してしまうため電池を大量に消費します。 また、スマートフォンが過熱する症状が出ます。 対策 以上のようなことが原因ですので、モバイルSuica・モバイルスターバックスカード・モバイルdポイントカード・WAON・[nanaco]・楽天Edyなどの、モバイル決済サービスを利用している場合と利用していない場合で対処法は異なります。 解決方法1:スマホで、モバイルSuica、iDなど非接触ICカードを利用して「いない」場合 この場合は、設定からNFCカードをOFFにすると問題が解決します。 他のスマホだと画面や操作方法が異なると思うので参考にしてください。 OFFの状態だと灰色になるのでここをタップして灰色にしてください。 ) これで問題は解決します。 もし、この設定項目にたどり着けない場合は、設定の検索機能で「NFC」か「おサイフ」で検索すると出てきます。 解決方法2:スマホで、モバイルSuicaなど非接触ICカードを利用して「いる」場合 この場合は、「NFC」という機能をOFFにすると何かと不便なので、スマホケースに入っているカード類を別の場所に移動するなど、ICタグ内蔵のカードがスマホに近づかないように工夫すると収まります。 まとめ 「このタグに対応するアプリがインストールされていません」と表示されるのは、 「スマホのICタグ読み取り機能がONになっていて、スマホケースにICタグ内蔵カードが入っている」ことが原因なので、 「モバイルSuicaなど非接触ICカードを使っていない場合はNFCをOFFにする。 使っていない場合はスマホケースにICタグ内蔵カードを入れないようにする。 」という対処方法で解決することができます。 参考になれば幸いです。 カテゴリー.

次の