アイフォン バッテリー 容量。 iPhoneのバッテリーをリセットする方法

【2020年最新】バッテリーが大容量なSIMフリースマホまとめ

アイフォン バッテリー 容量

By: 「iPhone 11 Pro Max」は、シリーズではもっとも容量の大きい3969mAhのバッテリーを採用しています。 バッテリー駆動時間は、歴代モデルのなかでも最長です。 10000mAhのモバイルバッテリーでフル充電できる回数は1. 8回ほど。 1日以上コンセントのない環境で使うのであれば、より大容量なモバイルバッテリーもチェックしてみてください。 iPhoneユーザー向けモバイルバッテリーの選び方 重量をチェック By: モバイルバッテリーをカバンに入れて持ち運びたい方は、本体の重量をチェックしてみましょう。 重すぎるモデルだと、携帯するのに躊躇してしまいます。 iPhoneの充電切れに備えていつでも取り出せるよう、軽くて持ち運びやすい重さのモノを選ぶのがおすすめです。 急速充電の機能で選ぶ 外出中に電池が切れてモバイルバッテリーで充電する際、時間がかかってしまうと不便です。 急速充電の機能が搭載されているモバイルバッテリーなら、iPhoneが使えるようになるまで充電を長時間待つ必要がありません。 急いで充電をしたいときに役立つためおすすめです。 充電用ポート数で選ぶ By: iPhoneだけでなく、タブレットやデジタルカメラなども持ち歩く方なら、モバイルバッテリーに複数の充電用ポートがあると便利です。 外出中でも複数のモバイル機器を同時に充電できます。 なお、モバイル機器を単体で充電をする場合と比べると、時間がかかってしまうこともあるので注意しておきましょう。 ACアダプターとしても使えると便利 By: ACアダプターとしても使える機能を備えていると、USB充電器を持ち歩く必要がないので便利です。 宿泊先のホテルや出先で立ち寄ったカフェなど、コンセントのある場所で本体を充電しながら使えば、長期にわたる旅行や出張でもスマホの電池残量を気にせずに使用することが可能。 持っていく荷物をできるだけ減らしたい方にもおすすめの製品です。 デバイスを優先して急速充電する製品や、本体とデバイスを同時に充電するタイプなど、いくつかのモデルが販売されているので使い方にあったモノを選んでみてください。 ただし、ACアダプター機能搭載製品は内蔵しているバッテリーが5000〜6000mAhくらいの小容量モデルが中心のため、あらかじめ留意しておきましょう。 ワイヤレス充電ができるモデルも人気 By: ワイヤレス充電が可能でケーブルを持ち歩く必要のない「Qi(チー)規格」対応モデルも人気です。 Qiとはワイヤレス充電に関する国際標準規格のこと。 Qi規格に対応したスマホであれば、搭載しているOSやインターフェースの種類に関係なく充電することが可能です。 iPhoneでも「8」以降の機種から対応しています。 また、Qi対応製品のなかにはUSBポートを装備しているモデルも多く販売されているため、複数デバイスを同時に充電したい方にもおすすめです。 自宅やオフィス、移動中などどこでもケーブルを使わずスマートに充電したい方は、ぜひチェックしてみてください。 iPhoneユーザー向けモバイルバッテリーのおすすめモデル アンカー ANKER PowerCore 10000 容量5000mAhのバッテリーを内蔵したモデルです。 ACアダプター機能を搭載しているのが特徴。 連泊の旅行や出張でも、USB充電器を持っていく必要はありません。 宿泊先のホテルなどで本体を充電しておけば、スマホの電池残量を気にせずに使用することが可能です。 ACプラグは折りたたみ式を採用。 カバンの中で引っかかったり、ほかの小物を傷つけたりしないので安心です。 コンセントに挿した状態ならデバイス・本体の順で充電をおこないます。 就寝前にセットしておけば、翌朝の出発時には全て満充電になっているので便利です。 2つのUSBポートを備えており、2台のデバイスを同時に充電することも可能。 スマホと電子書籍リーダーなど、複数の端末を持ち歩いている方も重宝します。 とにかく容量の大きなモバイルバッテリーが欲しい方におすすめのモデルです。 26800mAhの大容量バッテリーを内蔵しているのが特徴。 スマホはもちろんタブレット端末に対しても、複数回の充電をおこなうことが可能です。 独自技術「PowerIQ」と「VoltageBoost」を採用しており、接続するデバイスの種類に関わらず最適な条件で急速充電をおこなえます。 2Aの入力ポートを2つ搭載しており、計4Aで本体充電をできるのがポイント。 大容量モデルにも関わらず倍速充電が可能なため、6. 5時間ほどで満充電にできます。 旅行や出張先のホテルでも寝ている間に充電が完了するので便利です。 サージプロテクターやショート防止など安全機能も充実。 安心して使える大容量モデルです。

次の

iPhoneのバッテリーの最大容量を確認する方法

アイフォン バッテリー 容量

iPhone、iPadのバッテリー容量の比較・一覧をまとめてみました。 新型iPad AirはiPad Pro 10. 5インチとバッテリー同容量、iPad mini 5は前のモデルipad mini 4と同容量となります。 2018年に私はXRを購入しました。 iPhoneシリーズのバッテリー(電池)容量一覧 iPhone(アイフォン) バッテリー容量 iPhone 11 3,110mAh iPhone 11 Pro 3,190mAh iPhone 11 Pro Max 3,969mAh iPhone XR 2,942mAh iPhone XS 2,658mAh iPhone XS Max 3,174mAh iPhone X 2,716mAh iPhone 8 1,821mAh iPhone 8 Plus 2,691mAh iPhone 7 1,960mAh iPhone 7 Plus 2,900mAh iPhone SE 1,624mAh iphone 6s 1,715mAh iPhone 6s Plus 2,750mAh iPhone 6 1,810mAh iPhone 6 Plus 2,915mAh iPhone 5s 1,560mAh iPhone 5c 1,510mAh iPhone 5 1,440mAh iPhone 4S 1,432mAh iPhone 4 1,420mAh こうやって比較して見てみると、バッテリー容量は画面サイズが大きい方が多い傾向にあります。 iPhone Xも5. 8インチですので、iPhone Plus(5. 5インチ)と同じくらいのバッテリー容量になっています。 iPad Pro、iPad mini、iPad Airのバッテリー(電池)容量一覧 iPad(アイパッド) バッテリー容量 iPad Air 3 8,134mAh iPad mini 5 5,124mAh iPad 6(9. 7 inch 2018年モデル 8,827mAh iPad 5(9. 7 inch 8,827mAh iPad Pro 10. 5 8,134mAh iPad Pro 12. 9 10,307mAh iPad Pro 9. 7 7,306mAh iPad Air 2 7,340mAh iPad Air 8,820mAh iPad mini 4 5,124mAh iPad mini 3 6,470mAh iPad mini 2 4,440mAh 参考: iPadも一番画面サイズの大きいiPad Pro 12. 9インチがバッテリー容量が大きいです。 ただし省エネ性能がアップなどの要因でバッテリー容量が小さくなったりもするので、一概には言えないですが。 iPhone・iPadで使うモバイルバッテリーの選び方 外出時などの予備の充電にモバイルバッテリーが便利ですよね。 モバイルバッテリーは10000mAh、5000mAhと容量が記載されていますが、 容量を100%フルで使えるわけではありません。 モバイルバッテリーは電圧の変換ロスがあるので、 容量の7~8割程度が充電できる量になります。 10,000mAhの大容量のモバイルバッテリーなら、iPhone Xが2716mAhなので、4回分くらい充電できるんだ!と思いたいですが、変換ロス分を考慮すると3回はフル充電できるかなといった所になります。 変換ロスが少ないモバイルバッテリーもありますが、その分、今人気のモバイルバッテリーよりは高価になりがちので、普通に人気のあるリーズナブルなモバイルバッテリーで良いのかなと考えます。 迷った時は、AmazonでベストセラーになっているAnkerのモバイルバッテリーにするのが良いかと思います。 大容量10000mAhかつ軽量です。

次の

スマホの電池性能を表示する方法! アプリで容量劣化状態を確認してバッテリー交換を診断しよう [Android/iPhone]

アイフォン バッテリー 容量

「最近、iPhoneのバッテリーの持ちが悪い」「充電残量が残っているのに電源が急に落ちてしまう」「バッテリーが膨らんできているような気がする」と思うことはありませんか? もし、このような状態であるならば、バッテリーの劣化が原因かもしれません。 バッテリーを交換すれば、すぐに改善することもあります。 この記事ではiPhoneのバッテリー交換の目安となる最大容量の確認と交換方法についてご紹介します。 iPhoneのバッテリー最大容量80%が交換の目安 iPhoneは、iOSを11. 3以降にアップデートすれば、バッテリーの状態を確認することが可能です。 バッテリーの最大容量が80%以下で、交換の目安とされています。 バッテリーの最大容量が減少する主な理由は、利用年数の影響で、バッテリーが放電するなどの劣化です。 これにより、最大値まで充電できなくなっています。 まれに、表示が80%以下になっていなくても、劣化によって、同様の状態になることがあります。 代表的な症状としては「iPhoneのバッテリー充電の減りが異常に早い」「急に電源が落ちてしまう」「さっきまで60%あった充電が急に10%になってしまう」「電源が入らなくなってしまう」などが挙げられます。 iPhone6sは2015年に、iPhone7は2016年に発売されていますが、店舗では、それ以前の機種のバッテリー交換が増加傾向にあります。 iPhoneのバッテリー最大容量の確認方法 iPhoneのバッテリーの状態を確認する方法は、全部で3つあります。 ・iOS11. この画面で「最大容量」と「ピークパフォーマンス性能」をチェックすることができます。 万が一、「ピークパフォーマンス性能」に異常があった場合には、コメントが出ますので、それを確認してください。 ・AppleサポートのiOS診断 AppleのサポートでiOSの診断を受けることができます。 進めていくとシリアル番号・IMEI・MEIDを入力する画面が現れますので、情報を入力後に最大容量を確認できます。 ・iPhone5s以前の場合 iPhone5s以前のスマホを使用している場合には、「Battery Life」をはじめとするバッテリー診断に特化したアプリを使って、調べることができます。 iPhoneのバッテリー交換方法 iPhoneのバッテリー交換の方法は、大きく分けて2つあります。 持ち込みの場合の所要時間は、2〜3時間となっています。 郵送の場合は1週間前後です。 ・非正規の修理専門店での交換 非正規の修理専門店は、対応が早く、修理の所要時間も短く、価格も安いのがメリットです。 いろいろなお店があり、料金や時間に違いがあります。 時間重視のiPhoneのバッテリー交換はどこでやるか バッテリーの劣化を放っておくと、バッテリー自体に不具合が生じたり、電源が入らなくなってしまったりする可能性があります。 そのため、気づいた時にすぐに交換しておくと安心です。 ただ、Apple Storeや正規プロバイダでバッテリーを交換してもらう時には、予約が必要です。 予約をとってからお店に行った場合でも、2〜3時間ほど待つことも珍しくありませんので、時間に余裕がない時には、利用が難しくなってしまいます。 その点、修理専門店では、電話での予約後すぐに来店できるケースが多いため、お店の状況次第で電話を入れた日に来店し、バッテリー交換をしてもらうことが可能です。 数ある修理専門店の中でも、smart365は、最短15分程度でバッテリー交換を行ってくれ、さらに、正規サービスプロバイダでサービスを受けるよりもリーズナブルにバッテリー交換ができるのが魅力です。 まとめ バッテリーの消耗が早いと、常にバッテリーを気にしながら、通話やインターネットをしなければならないなど、何かと不便です。 バッテリーの異常を感じた場合には、できるだけ早く交換をした方が良いでしょう。 当社smart365であれば、迅速な対応が期待できますので一度、問い合わせをしてみてください。 短時間かつ安くバッテリー交換をします。 また、正規サービスプロバイダでは受け付けていない修理などにも柔軟に対応が可能です。 バッテリー交換だけでなく気になったことがあれば、お気軽に問い合わせてみてください。

次の