ゼンリーの位置情報がおかしい。 『Zenly(ゼンリー)』で位置情報をオフにして友達に位置がバレないようにする方法

Zenly ゼンリー : 大切な友達と位置情報をシェアのアプリ詳細とユーザー評価・レビュー

ゼンリーの位置情報がおかしい

最近では、ほぼすべての携帯電話やスマートフォンに搭載されている、GPS。 少し前までは「現在位置が特定されるなんて怖い!」なんて声もありましたが、今や大多数の人が日常的にその恩恵にあずかっています。 特に近年は、「ポケモンGO」をはじめとする位置情報ゲームを遊ぶにあたって欠かせない機能となっていますよね。 ところで、そもそも「GPS」とはどのようなものなのでしょうか?なんとなく「人工衛星と連動して位置情報を特定してくれるシステム」といったイメージを持っている人も多いかと思いますが、実際のところはどのような仕組みで動いているのでしょうか。 本記事では、私たちの生活にも馴染み深い「GPS」の基本と、精度を上げる方法をまとめました。 「GPS」とは GPSとは、「Global Positioning System」の略称。 日本語では「全地球測位システム」とも訳されます。 もともとはアメリカで軍事用に開発されていた技術でしたが、現在は世界中で利用されています。 飛行機や船舶、自動車といった乗り物をはじめ、現在は個人が持つスマートフォンにも搭載。 携帯電話以前だと、「カーナビでGPSを知った」という人もいるかもしれませんね。 詳しい技術的な説明は省きますが、基本的には「人工衛星(GPS衛星)から発せられた電波を受信し、現在位置を特定する」ものです。 地球を周回しているGPS衛星の電波を端末が受信し、位置・距離・時刻などを計算して、現在位置を測位しているのです。 ただし、正確には「GPS=位置情報」と言い切れるわけではないそう。 計算によって導き出しているため当然ながら誤差はありますし、GPS情報だけで現在位置を特定しているわけではありません。 スマホの場合は、携帯電話の基地局との距離やWi-Fi情報も参照しているそうです。 GPSの精度を改善するには ところで、Googleマップなどの地図アプリを使っていて、現在地とはまったく異なる場所が地図上に表示されたことはありませんか?「ポケモンGO」などのアプリで遊んでいるときに同様のことがあった、という人もいるかもしれません。 GPSの精度を劇的に向上させるのは難しいものの、端末の設定によっては改善が期待できます。 というのも、先ほどふれたように、GPSは「位置・距離・時刻などを計算して」おり、「Wi-Fi情報も参照している」から。 これらの要素を見直せば、より正確な現在位置の把握につながるのです。 Wi-Fiオフの状態でGoogleマップを起動すると「Wi-Fiをオンにすると位置情報がより正確になります」というポップアップが出てくることがありますよね。 「常にオンにしている」という人も多いかと思いますが、改めて確認してみてください。 多くの人は「自動設定」のまま変えていないかと思いますが、気になる場合は確認してみましょう。 iPhoneもAndroidも同様に、スマホの「設定」から「日付と時刻」の項目を選んで変更できます。 変更方法は簡単。 「設定」の「位置情報」から「高精度」モードを選ぶだけです。 もし外出していて充電が心もとないときは、「バッテリー節約」モードにすることもできます。 ただしGPSの精度は若干下がりますので、ご注意ください。 おまけ:圏外でも使える登山用GPSアプリ『ジオグラフィカ』 前述のように、位置情報を正確に測位するためには通信環境が必要。 一方で、圏外でも現在位置を認識して使える地図アプリもあります。 それが、「」。 登山用のアプリとしてリリースされていますが、普段遣いの地図アプリとして利用することも可能です。 一度読み込んだ地形情報をキャッシュとして保存してくれるため、圏外でも地図を開いて使える優れもの。 圏外の状態でもGPS情報を読み取ってくれますので、現在位置を確認し、地図を見ながら目的地へ向かうことができます。 登山に限らず、災害時などにも重宝しそうですね。 ただし、地図情報はあらかじめ読み取っておかないと上記のような表示になってしまいますので、注意が必要です。 こちらの画像では、ちょうど学習院下駅よりも南の地形情報がモザイク状になっており、中途半端にしか表示されていません。 逆に、あらかじめ読み取っておいた場所はWi-Fiにつながなくても表示されますし、以下の画像のように現在地もしっかりと測位して示してくれます。 「地図を見るのが好き」「実は地形にちょっと興味がある」という人は、試しにインストールしてみてもいいかもしれませんね。 事前にサービスサイトで確認のうえ、ご利用ください。 マップを利用するなら大容量バッテリー搭載スマホがオススメ GPSを活用した位置情報サービスは私たちの生活をより便利にしてくれますが、利用することでスマホのバッテリーの消耗は早くなります。 そこで、普段から位置情報を使ったナビやゲームなどをよく利用する、という方にオススメなのが、大容量バッテリー搭載スマホ。 格安SIMとセットでよりおトクに使うことができます。 ナビやゲームを利用するために、いつもモバイルバッテリーを持ち歩いている、という方はぜひチェックしてみてください。

次の

Zenly(ゼンリー)危険!?怖い!?位置がバレないようにする方法や退会方法など徹底解説

ゼンリーの位置情報がおかしい

スマホとタブレット、両方にインストールしてあり、一方を自宅や職場に置いてきてしまった際も所在がわかるように相互に位置確認が出来るようにしてあります。 一方をゴーストモード(あいまい、フリーズのいずれを選んでも)、貼付のような表示は出ず、「あいまい」などと吹き出しが表示されている以外はでませんし、探索される方の位置表示(GPS)をOFFにしようが、電源を落とそうが、タイムリーに一が変化しないだけで、特に変わった表示は出ません。 貼付にあるような表示は経験がありません。 どんなときに出るのでしょうかね? もっと時間が経過すると何か違ってくるのでしょうかね? 貼付の表示は質問者さん自身がゴーストモードにして表示された物なのですか? 私の方ではそれを再現できません。 A ベストアンサー No. 1の方に補足です。 現にお使いの方ではないようで情報が古いようですので。 これの位置情報確認は、 ・互いにアプリを入れてあり、 ・かつ友だちとして相手を追加し ・追加を求められた相手がそれを承諾して初めて互いに位置情報がタイムリーに確認しあえます。 アプリを起動しますと、近隣エリアの地図と、そのエリア内にいる登録済みのお友達の居場所が表示され、エリア外のお友達については地図画面の下にアイコンが位置確認をした回数の上位3人がアイコンとして並んで表示されており、その3人のアイコン部分をタップすると、その他のお友達全員のアイコンが並んで広がります。 位置確認をしたい人をタップすればその人の居場所、移動中なら地図上をアイコンがタイムリーに動きます。 これを満たした後であっても、位置情報を今は確認されたくない側は、スマホのGPS機能をOFFにするか(当然この場合はナビなど他の位置情報を活用するアプリがすべて機能しなくなります。 )、アプリ「Zenly」の中で自分のページを開き、「ゴーストモードのアイコン」をタップして開く別画面で「設定を変更する相手」を選択した上で、その相手に「正確な位置」「あいまいな位置」「位置をフリーズ」のどの表示モードに指定するかを選択することになります。 「今はこの人には位置を確認されたくないなあ」という場合は、その人を選び「位置をフリーズ」にすることで実行できますが、このフリーズを選ぶにしてもその状態の持続時間「2時間」「8時間「24時間」「ずっと」を選ぶように画面が開きますのでどれかを選ぶようになります。 時間し手をした場合、その時間が経過した後は自動的に解除され、位置情報を確認されるようになります。 「ずっと」の場合のみ、設定で再び解除するまではずっと位置を探られません。 1の方に補足です。 現にお使いの方ではないようで情報が古いようですので。 これの位置情報確認は、 ・互いにアプリを入れてあり、 ・かつ友だちとして相手を追加し ・追加を求められた相手がそれを承諾して初めて互いに位置情報がタイムリーに確認しあえます。 アプリを起動しますと、近隣エリアの地図と、そのエリア内にいる登録済みのお友達の居場所が表示され、エリア外のお友達については地図画面の下にアイコンが位置確認をした回数の上位3人がアイコンとして並んで表示されており、その3人のアイコ... A ベストアンサー iPod touchは、iPhoneとちがって、GPSもデジタルコンパスもありません。 自分で通信する機能もなく、Wi-Fi経由での通信しかできません。 でも、iPhoneを探す という機能が、iPod touchでも使えます。 機能のオンオフに関わらず、あなたのiPhoneのAppleIDを知っている人は、iPhoneの位置を把握できます。 精度は田舎だと100メートルくらい、街中だと30メートルくらいだと思います。 この位置が分かる条件は、通信をしていること、です。 機能のオンオフは関係ありません。 盗難対応の機能なので、オフができたら意味がないからです。 ついでに書いておくと、特定のメッセージを表示させたり、大音量をならしたりもできます。 ケータイ機能の通信、通話をONにしている場合、その契約者は位置を把握でき(る契約にでき)ます。 当たり前ですが、そのケータイの位置を把握していないと、通信、通話はできませんから、常時、位置を把握しています。 契約者は、通話発信位置、通信利用位置は分かります。 お金を請求する限り、どこで使ったものかを支払う側が要求できるのは当然ですよね。 通話は基地局の住所であることが多いです。 通信は数メートル単位でわかるようですよ。 こっちは、iPhoneに限らない話です。 所有者が自分の所有物の位置を把握できるのは、ある意味で、当然だと思うのですが。 iPod touchは、iPhoneとちがって、GPSもデジタルコンパスもありません。 自分で通信する機能もなく、Wi-Fi経由での通信しかできません。 でも、iPhoneを探す という機能が、iPod touchでも使えます。 機能のオンオフに関わらず、あなたのiPhoneのAppleIDを知っている人は、iPhoneの位置を把握できます。 精度は田舎だと100メートルくらい、街中だと30メートルくらいだと思います。 この位置が分かる条件は、通信をしていること、です。 機能のオンオフは関係ありません。 盗難対応の機能なので、オフができたら... naver. nifty. html のANo. 2 ベストアンサー が真実だと思います。 とはいえ、 いわゆるケータイの「電源OFF」は、完全に電源を失ってる状態ではなく、 いわゆるスタンバイ状態にあります。 なのでその状況で何らかの電波を出すことは 不可能ではありません。 と、一応言っておきましょうか。

次の

Androidで位置情報の設定を変更する方法

ゼンリーの位置情報がおかしい

iPhone6s + iOS11. 3にアップデート後、突然GPSを感知しない症状がでました。 Googleマップや、その他のナビアプリを起動してもGPSは現在地を表示してから、そこからピクリとも動かない状況です。 車で何キロも移動しても、マップ起動時の場所から全く動きません。 iPhoneの再起動。 マップの再起動。 現在位置の取得設定。 WiFiを切って付ける。 機内モードにして消す。 など試しましたが効果なし。 しかし、困って友人に電話したところ、通話して数秒後に正常にGPSを感知。 通常通り動きました。 1度、誰かに電話すると治るかも知れません。 私の場合はこれで、解決したので記載させて頂きました。

次の