エクセル プルダウンリスト 作成。 連動するドロップダウンリストをテーブルを利用して作成する:Excelの基本操作

Excel プルダウンで先頭の候補に空白を入れる方法

エクセル プルダウンリスト 作成

ドロップダウンリストを作る4つの方法• リストの項目をデータの入力規則ダイアログに直接入力する。 リストの項目を同じシートに入力しておく。 リストの項目を別の『専用シート』に入力しておく。 リストの項目の範囲に名前をつけて、シートを非表示にする。 最初の『リストの項目をデータの入力規則ダイアログで直接入力する』は、 リストの項目が固定でこれ以上増えない場合に、おすすめの方法で、一番簡単にドロップダウンリストが作れます。 2番目、3番目の方法は、シート内に最初からリストの項目を入力しておく方法で、最後の方法は 保守(メンテナンス)まで考えた方法です。 ドロップダウンリストを長く使用したい場合や、他の人に引き継ぎたい場合は、最後の方法がおすすめですよ。 項目を『データの入力規則』ダイアログに直接入力する まずは、最初の方法。 リストの中身(項目)が固定で、これ以上増えないことが決まっている場合には、今から紹介する方法が簡単です。 まず、ドロップダウンリストを作るセルを選択します。 入力ができたら『OK』ボタンを押すと、以下のようにドロップダウンリストがセルに作成されます。 項目を同じシートに入力してドロップダウンリストを作る 続いて、最初からリストの項目をシートに入力しておく方法。 リストの全項目をマウスドラッグで選択して、『Enter』キーで確定させます。 『元の値』に項目の範囲を示すセルの位置が入力されたので、『OK』を押します。 これで、セルにドロップダウンリストが作成されます。 項目が入っているセルを移動させてもリストはきちんと表示される 項目が入力されているセルを移動させても、リストがなくなることはありません。 このあたりはエクセルが、よきにはからってくれますよ^^ 後から項目を追加しても正しくリストに反映される また、後からリストの項目を追加しても、下の画像のようにドロップダウンリストにも正しく反映されます。 ただし、画像を見てわかる通り、一番最後に項目を追加した場合はその項目はドロップダウンリストには表示されません。 つまり、 『途中に追加した項目だけがドロップダウンリストに追加される』ということなので、最後に追加しないように注意してください。 項目を別の『専用シート』に入力してドロップダウンリストを作る 続いて、項目を別の『専用シート』に入力しておく方法です。 まず、 リストの項目を別の専用シート(請求先リストシート)に入力しておきます。 後は、今までと同じ手順で進んでいきます。 (赤枠ボタンを押す) リストの全項目をマウスでドラッグして『OK』を押す。 これで、セルにドロップダウンリストが作成されます。 項目全体に名前をつけてドロップダウンリストを作る 最後は、今後も 長くドロップダウンリストを使う場合を想定して、保守(メンテナンス)を考慮した方法です。 前提は、3番めの方法と同じように リストの項目を別の専用シートに作っておきます。 リストの項目を選択し、リストだとわかる名前をつけます。 これで、セルにドロップダウンリストが作成されます。 続いて、項目の専用シートを非表示にします。 これで、リストの項目シートを隠すことができました。 もちろん、ドロップダウンリストにはきちんとリストが表示されます。 非表示にしたシートを再表示させるには、適当なシートを選択して右クリックし、『再表示』を選択します。 再表示させたいリストを選択して『OK』(リストをダブルクリックすると『OK』は不要) 作成したドロップダウンリストを削除(クリア)する 作成したドロップダウンリストを削除する場合は、リスト作成のダイアログで『すべてクリア』を押すだけです。 ただし、ドロップダウンリストから入力した データは残ったままなので、必要であれば入力したデータも削除してください。 ドロップダウンリストを作成する法のまとめ エクセルでドロップダウンリストを作る方法を4つ紹介しました。 どこまできちんとリストを作るかによって作成方法がかわるので、適切な方法を選んでください。 特に、項目全体に名前をつけて項目専用シートを隠す方法は、 長く運用する時に保守を考えたベストな方法だと思います。 ドロップダウンリストの元になる項目が見えてしまうと、 間違って修正される可能性もあるので、できれば隠すことをおすすめします。 また、 項目全体に名前をつけると、どのセルに項目が入力されているかがすぐにわかって保守もやりやすくなりますよ。 自分だけのエクセルであればそこまで考慮する必要がありませんが、作ったエクセルがいつの間にか誰かに使われることもよくあります。 できれば、保守のしやすさまでを考えてドロップダウンリストを作るようにしましょう!.

次の

【エクセル2007】別シートのリストを参照してプルダウンリストを作成するには?

エクセル プルダウンリスト 作成

Excelのプルダウンリストとは プルダウンリストは プルダウンメニューや ドロップダウンメニューと言われることもあります。 プルダウンリストは以下のようにユーザーが指定・定義したリストから、値を選択して入力する方法の事です。 プルダウンを利用するメリット リストから選択するだけなのでマウス操作だけで入力が進み作業が楽になります。 あらかじめ定義されたリストなのでミスがなくなる。 書式が統一される。 リスト一覧でカテゴライズされるので集計しやすい。 Excelに入力してあるリストからプルダウンメニューを作成 プルダウンリストで入力を制限したいセル範囲を選択 1[データ]タブの 2 データの入力規則 [入力値の種類:]をプルダウンで 3[リスト]を選択 4ボタンを押してExcelのプルダウンリストが入力してある場所を指定します。 5Excelで既に作成してあるリストがある場所をワークシートを切り替えたりしながら選択します。 6場所が指定できたら Enterキーを押して決定 [データの入力規則]ウィンドウに戻ったら 7 OK 自分で入力してリストを作成する場合 Excelでプルダウンリストをまだ作成していない場合は[データの入力規則]ウィンドウで[ , ](カンマ)区切りで入力しても設定が可能です。 プルダウンリストのリスト外の値を入力した場合 データの入力規則でプルダウンリストからの入力に制限されたセルに、リスト外の値を入力すると以下のようにエラーメッセージが表示されます。 入力規則のプルダウンリストの設定を解除・クリア データの入力規則 プルダウンリスト の設定解除をしたい場合で、入力規則の制限がかかったセルが正確に把握できている時はそのセルだけを選択してもいいですが、把握できていない場合は、シートの左上をクリックし 1シート全体を選択 2 データの入力規則をクリックし 3データの入力規則が定義されていないセルが含まれている旨のアラートが表示されます。 すぐにクリアするので はい、 いいえのどちらを選択しても構いません。 すべてクリアでデータの入力規則 プルダウンリスト が解除されます。

次の

【エクセル時短】ドロップダウンリストの項目を追加・編集するには? 元の作成方法に合わせて対処しよう

エクセル プルダウンリスト 作成

ビジネスマンがよく使用するツールのひとつに、Microsoft Officeシリーズの「 Excel(エクセル)」があります。 エクセルにはデータ整理に関するさまざまな機能が搭載されているため、使い慣れると非常に便利です。 今回は、 エクセルでプルダウンリスト 正式名称:ドロップダウンリスト を作成する2つの基本的な手順と、 プルダウンリストの視認性を上げて使用しやすくするための応用手順を紹介します。 バージョン等によってはメニューの表示場所が多少変更されている場合がありますが、基本的にそれほど大きく変更されていませんので、解説と同じ場所にメニューが見当たらない場合にも、エクセル上に類似のメニューがないか探すようにしてください。 Excel(エクセル)でドロップダウンリスト(プルダウンリスト)を作成する方法 1:一からプルダウンリストを作成する 最も手軽で基本的なプルダウンリストの作成方法です。 初めてエクセルでプルダウンリストを作成する方は、まず以下の手順を覚えてください。 プルダウンリストを作成したいセルを選択する• メニューから入力規則を選択する• 元の値にリスト化したい項目を入力する 具体的に見ていきましょう。 まずエクセルを開き、プルダウンリストを設定したいセルをクリックして選択状態にします。 画面上部に「データ」というメニューが表示されていますので、クリックして表示されたプルダウンメニューの中から「入力規則」を選択してください。 「データの入力規則」というボックスが表示されます。 このボックス上部に表示されているメニューのうち「設定」をクリックし「入力値の種類」の中から「リスト」を選択します。 ボックス内に「元の値」という入力ボックスが表示されますので、ここにプルダウンで選択したいリスト項目を入力します。 項目と項目の間は、 半角カンマで区切ってください。 次に「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックします。 これでプルダウンリストの設定は、完了です。 リストを削除・編集したい場合は「元の値」を変更することで修正可能です。 2:入力されている項目をもとにプルダウンリストを作成する 続いて、あらかじめプルダウンリストの項目が他のセル内に用意されている場合の、プルダウンリストの作成方法をご紹介します。 まず、あらかじめ適当なセル上にプルダウンリストの項目に使用したいキーワードを入力します。 このとき、プルダウンリストを作成したいセルとは別のセル上に入力するよう注意してください。 step2、step3は「1. プルダウンリストを設定する」の手順と同様です。 プルダウンリストを作成したいセルを選択状態にし、画面上部のメニューから「データ」をクリック、表示されたプルダウンメニューから「入力規則」を選択します。 表示されたボックス内のメニューから「設定」を選択し「入力値の種類」から「リスト」を選択し「元の値」ボックスを表示させます。 「元の値」ボックス内をクリックして選択状態にしたまま、step1で作成したリストのセルをドラッグして範囲を指定してください。 「ドロップダウンリストから選択する」にチェックが入っていることを確認したら「OK」をクリックし、プルダウンリストの作成完了です。 Excel(エクセル)のドロップダウンリスト(プルダウンリスト)をより活用するための応用操作2つ 1:書式設定をして閲覧しやすく整える 特定の項目の フォントを変更したりセルに色をつけたりすることで、データを把握しやすくなります。 まず、プルダウンリストを設定したセル全体を選択状態にします。 エクセル画面上部のメニューから「ホーム」を選択し、その中にある「条件付き書式」をクリックしてください。 プルダウンでメニューが表示されますので、この中から「セルの強調表示ルール」をクリックします。 そのままメニューが表示されますので「指定の範囲内」を選択してください。 「新しい書式ルール」というボックスが表示されます。 上画像赤枠部分が「指定の値を含むセルだけを書式設定」になっているか、緑枠部分が「特定の文字列」になっているかを確認し、黒枠部分に色を付けたいリスト上のキーワードを入力してください。 「書式」のリストを開き「 ユーザー設定書式」をクリックします。 「セルの書式設定」というボックスが開きます。 ボックス上部に表示されている3つのメニューでは、それぞれ以下の内容の書式を変更することが可能です。 ・フォント:フォントやスタイル、フォントサイズの変更、色などを設定することができます。 ・罫線:セルの枠に色をつけたり線のスタイルを設定することができます。 ・塗りつぶし:セルを塗りつぶして色で見分けられるように設定することができます。 この3つのメニューのうち、最も視認性に優れているためオススメです。 書式設定を行ったら「OK」をクリックしてください。 設定後にプルダウンリストを確認すると、指定したキーワードのセルのみ着色されていることがわかります。 このように色分けをすることで、進捗状況などのデータをひと目で把握しやすくなります。 2:入力ミスを防止する 入力規則をあらかしじめ設定しておき、かつ、設定値以外に値が入力された際にエラーメッセージが表示されるようにしておけば、ほとんどの場合入力ミスを防ぐことができます。 まず、入力規則を設定します。 入力規則を設定したいセル全体を選択状態にし、画面上部のメニューから「データ」をクリック、表示されたプルダウンメニューの中から「入力規則」を選択してください。 「データの入力規則」ボックスが表示されますので、ボックス上部のメニューから「設定」を選択し「入力値の種類」をクリックします。 入力規則したい項目が日付や時刻の場合は、メニューからそのまま選択して構いません。 ここでは特定の値を入力するものとして「文字列」を選択します。 選択後に表示された項目 画像赤枠部分 を入力し、入力できる項目を指定してください。 入力が完了したら「OK」をクリックすれば、入力規則設定の完了です。 続いて、エラーメッセージの表示設定を行います。 「データの入力規則」ボックスを表示させ、ボックス上部のメニューのうち「エラーメッセージ」を選択してください。 「無効なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する」にチェックが入っていることを確認し、スタイルや タイトル、エラーメッセージを入力します。 入力後「OK」をクリックすれば、設定完了です。 Google(グーグル)スプレッドシートでも応用できる Googleドライブ内のスプレッドシートでも同様の手順でプルダウンリストを作成できます。 Googleスプレッドシートは社内でで共有することが多いツールです。 プルダウンリストを活用して、より入力しやすくしておけば、ミスの防止や業務効率アップに繋がるでしょう。 Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)は入力ミスを防止 プルダウンリストを使用することは、あらかじめ設定した項目から選択できるようになるため入力ミスの防止策になります。 また、プルダウンリストから選択するだけで入力できることで作業を効率よく進められる、表記が統一され誰でも確認しやすくなるなどのメリットがあります。 本記事を参考に、エクセルだけではなくスプレッドシートでもプルダウンリストを活用して効率よくデータ整理を行いましょう。 Excel(エクセル)を効率的に使いこなす フォント フォントとは、同一の特徴を持った文字の形状を一揃いでデザインしたものです。

次の