ダウンタウン マネージャー。 ダウンタウンの歴代マネージャーまとめ【画像】現在は吉本の役職?

岡本社長の経歴やダウンタウンとの関係は?歴代社長とマネージャー時代の暴言!

ダウンタウン マネージャー

岡本昭彦社長の経歴やプロフィールは?ダウンタウンの元マネジャー!• 名前 岡本 昭彦(おかもと あきひこ)• 生年月日 1966年• 最終学歴 天理大学外国語学部インドネシア学科• 職業 吉本興業株式会社代表取締役社長 株式会社MCIPホールディングス代表取締役会長• 通称 おかもっちゃん 経歴 岡本さんは天理大学時代、アメリカンフットボール部に所属。 その後、天理大学を卒業し、吉本興業入社されます。 そして 、吉本入社の2年後にダウンタウンのマネージャーとなります。 そのため、 マネージャーや番組制作の仕事歴が長いです。 その後、吉本興業の東京制作部でチーフプロデューサーや、吉本興業所属の若手お笑い芸人のDVDを独占的に製作・発売する株式会社「アール・アンド・シー(R and C Ltd. )」の取締役に就任されています。 そして、吉本興業代表取締役副社長、共同代表取締役社長COOを経て、 現在の吉本興業代表取締役社長、YDクリエイション代表取締役社長を務めておられます! 本社:大阪 資本金:1億円 株式上場:非上場 創業:1912年 社員数:760名(男性:416名/女性:344名) 売上高:非公表 2018年:純利益7. 1億円 会社としてホールディングス化されており、傘下の会社が多くの売り上げをあげています。 そのため、会社としてはかなり優秀で、銀行からの借金はほとんどないようです。 また、劇場などの不動産も豊富に所有しており、自社の資金で様々なイベントや建物の増改築を行なっているようです。 さらに、売上高も完全に公表されていませんが700億ほどとのこと。 芸能事務所としては超一流の会社であることが分かります。 そんな吉本興業の社長である岡本昭彦さんの年収は正確には公表されていませんが、ネット上には「 7億円」との声もあります。 しかし、• 社員から社長になっているのであり得ない• 純利益7億円に対して、社長への報酬が7億円は高すぎる などの理由から、間違いだと思われます。 なので、岡本昭彦社長の年収は、.

次の

松本人志、元マネージャー岡本社長の圧力に「やっぱり」過去の不安的中

ダウンタウン マネージャー

吉本芸人らが所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシー(以下よしもとCA)の新社長に、ダウンタウンのマネージャーを務めた藤原寛氏が就任していたことがわかった。 6月14日放送のラジオ番組「たまむすび」にて、吉本芸人の博多大吉が明かしたもの。 大吉は中堅芸人らとともに新社長を囲む飲み会に参加し、今後の仕事に関する話し合いをもったという。 その藤原氏は昨年の大晦日放送の「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」(日本テレビ系)にも出演するなど、お笑いファンにはおなじみの存在。 この人事がダウンタウンのスゴさを示していると、お笑い業界に詳しいライターが指摘する。 「吉本グループを統括する持ち株会社・吉本興業の大崎洋社長はダウンタウンを見出した人物で、岡本昭彦副社長もダウンタウンの元マネージャーです。 そしてよしもとCAでは藤原氏が社長を務め、新田敦生常務や木本公敏取締役もやはり元マネージャー。 その木本氏はフリーアナ内田恭子のご主人としても知られています」 なんとダウンタウン人脈が吉本の経営陣として要職を占めているのである。 しかもそのマネージャー人脈は吉本社内にとどまらず、政界にまで広がっているというのだ。 お笑い系ライターが続ける。 「芸能事務所の業界団体である日本音楽事業者協会では、吉本出身の中井秀範氏が実質的トップの専務理事を務めています。 その音事協は日本製コンテンツの輸出など様々な政策において、政府と芸能界の橋渡し役を担当。 いわばコンテンツ提供者側の代表という立場であり、その責任者がダウンタウン人脈ということになるのです」 最近では又吉直樹の芥川賞小説「火花」がNetflixで世界に向けて配信されたり、ピース・綾部祐二がアメリカに進出するなど、国際的な話題にも事欠かない吉本。 そんな海外進出にもダウンタウン人脈が一枚噛んでいるのかもしれない。 (金田麻有).

次の

岡本昭彦はダウンタウンの元マネ!ガキ使でブリーフ一丁で猫を抱く画像がw

ダウンタウン マネージャー

吉本芸人らが所属するよしもとクリエイティブ・エージェンシー(以下よしもとCA)の新社長に、ダウンタウンのマネージャーを務めた藤原寛氏が就任していたことがわかった。 6月14日放送のラジオ番組「たまむすび」にて、吉本芸人の博多大吉が明かしたもの。 大吉は中堅芸人らとともに新社長を囲む飲み会に参加し、今後の仕事に関する話し合いをもったという。 その藤原氏は昨年の大晦日放送の「絶対に笑ってはいけない科学博士24時」(日本テレビ系)にも出演するなど、お笑いファンにはおなじみの存在。 この人事がダウンタウンのスゴさを示していると、お笑い業界に詳しいライターが指摘する。 「吉本グループを統括する持ち株会社・吉本興業の大崎洋社長はダウンタウンを見出した人物で、岡本昭彦副社長もダウンタウンの元マネージャーです。 そしてよしもとCAでは藤原氏が社長を務め、新田敦生常務や木本公敏取締役もやはり元マネージャー。 その木本氏はフリーアナ内田恭子のご主人としても知られています」 なんとダウンタウン人脈が吉本の経営陣として要職を占めているのである。 しかもそのマネージャー人脈は吉本社内にとどまらず、政界にまで広がっているというのだ。 お笑い系ライターが続ける。 「芸能事務所の業界団体である日本音楽事業者協会では、吉本出身の中井秀範氏が実質的トップの専務理事を務めています。 その音事協は日本製コンテンツの輸出など様々な政策において、政府と芸能界の橋渡し役を担当。 いわばコンテンツ提供者側の代表という立場であり、その責任者がダウンタウン人脈ということになるのです」 最近では又吉直樹の芥川賞小説「火花」がNetflixで世界に向けて配信されたり、ピース・綾部祐二がアメリカに進出するなど、国際的な話題にも事欠かない吉本。 そんな海外進出にもダウンタウン人脈が一枚噛んでいるのかもしれない。 (金田麻有).

次の