不動産 シェア リング エード ライフ。 エード・ライフの不動産投資「エード・ファンドMyシェア」、3号の出資募集を開始

株式会社エード・ライフ

不動産 シェア リング エード ライフ

株式会社エード・ライフ 所在地:大阪府堺市、代表取締役:坂口 弥之 は、不動産特定共同事業における電子取引業務の認可を取得いたしました。 認可日:令和2年4月21日 不動産特定共同事業許可 大阪府知事第11号 昨年より当社が運営する不動産小口化商品「エード・ファンドMyシェア」が、この度、クラウドファンディングを含むインターネット上での契約締結が可能となりました。 不動産特定共同事業は顧客の個人情報を扱うことなどから、原則対面にて契約の締結を進める必要がございます。 なお、不動産特定共同事業法の改正 平成29年12月1日施行 後、電子取引業務の認可を受けていれば、インターネット上での契約が可能となりました。 この認可に平行し、プライバシーマーク【登録番号 第2002539 01 号 】も同日に取得し、電子取引業務の適正な運営の確保と投資家の利益の保護を図ることを目指しております。 参考:不動産特定共同事業法の電子取引業務ガイドライン 全国でも認可を受けた事業者がまだ少ないなかで、この度当社が認可を取得いたしました。 <不動産クラウドファンディングが可能に> 不動産特定共同事業における電子取引業務の魅力は、クラウドファンディング上での取引が可能な点です。 当社では、不動産特定共同事業許可 大阪府知事第11号において、個人の資産形成として不動産小口化商品の運営を行っております。 現在この商品は1口100万円から提供しています。 この度の認可取得でクラウドファンディングでの不動産取引が可能になったことに加え、より手軽にご利用いただけるよう今後は、1口10万円単位から出資が可能な商品を提供してまいります。

次の

エード・ライフの不動産投資「エード・ファンドMyシェア」、3号の出資募集を開始

不動産 シェア リング エード ライフ

匿名組合とは何ですか?• 商法に規定されている匿名組合契約です。 商法535条に規定されている契約形態で、お客様が事業者のために出資し、事業者がその営業から生じる利益を分配する契約のことです。 出資元本は保証されていますか?• 出資元本は保証されておりません。 ただし、当社はお客様の元本の安全性を高める方法として「優先劣後システム」を採用しています。 出資にかかる手数料を教えてください。 手数料(消費税別 については下記のように定めております。 (1) 申込手数料 5,000円(初回のみ) (2) 譲渡手数料 30,000円• 分配金額は確定していますか?• 分配金額は変動する場合がございます。 対象不動産(商品)の想定利回りに基づき分配金を算出いたしますが、 賃貸利益の変動により、分配金も変動する可能性があります。 エード・ファンドMyシェアは、当社の長年の賃貸業経験から培った ノウハウにより、収益が安定した事業用の不動産を対象としており、安定した分配の確保を目指しています。 分配日はいつですか?• 分配は3ヶ月毎(年4回)です。 分配金は源泉徴収後、各集計期間の末日から2ヶ月後の最終営業日 (金融機関が休日の場合はその前日)にお客様の指定口座に お振り込みいたします。 途中で解約や譲渡はできますか?• 原則として中途解約は出来ませんが、譲渡は可能です。 ただしクーリングオフ(契約成立後8日以内)及び、出資者が死亡 された場合、後見開始の審判を受けた場合は、その相続人や成年 後見人は書面による通知により解約することが出来ます。 また、お客様のご都合による「譲渡」は、手数料が必要となります。 どのようなリスクがありますか?• 価格変動リスク、テナントの退去リスク、天災によるリスク、 事業者の倒産リスクなどがあります。 詳しくはお申込み後にご案内する「契約成立前の説明事項」を ご覧下さい。 商号 株式会社エード・ライフ 代表者 代表取締役 坂口 弥之 設立 平成9年9月9日 資本金 1億円 免許番号 宅地建物取引業免許 大阪府知事(5)45641号 建設業許可 大阪府知事(般-22)第134185号 不動産特定共同事業許可 大阪府知事第11号 所在地 〒592-8334 大阪府堺市西区浜寺石津町中4丁7-1 ワタヤメディカルビル3F 連絡先 TEL:0120-069-210 E-MAIL:myshare a-dolife.

次の

一口10万円から出資可能な第2の不動産投資商品「エードMYバンク」のクラウドファンディング募集開始|株式会社エード・ライフのプレスリリース

不動産 シェア リング エード ライフ

4月の発売戸数は51. 7%減少の686戸不動産経済研究所は5月20日、2020年4月度の「首都圏のマンション市場動向」を発表した。 市場動向によると、4月の首都圏におけるマンションの発売戸数は前年同月比で51. 7%の半減となり、686戸だった。 新型コロナウイルスの感染拡大が大きな影響を及ぼしており、過去最低を記録した。 前月比でも68. 0%減少している。 しかしながら契約率は78. 9%と、前年同月比で14. 6ポイント上昇、前月比で8. 9ポイント上昇した。 地域別の発売戸数をみると、東京都区部が前年同月比42. 1%減の420戸、都下が同73. 4%減の45戸。 神奈川県は同55. 6%減の136戸。 埼玉県は同39. 3%減の74戸、千葉県は同88. 8%減の11戸となっている。 首都圏における、東京都全体の販売シェアは67. 8%だった。 また、新規に発売された物件のうち、20階以上の超高層マンションは2物件156戸。 超高層マンションの契約率は、93. 6%となっている。

次の