いったい に たい るー と さん。 たいちゃんねる

大下 容子|アナウンサーズ|テレビ朝日

いったい に たい るー と さん

84 ID:OoQwSqw10 梨沙「何人って、実際に24日の夜にプレゼントくれるのはひとりだけじゃないの?」 ありす「考えてみてください。 60 ID:OoQwSqw10 ワイワイガヤガヤ P「よいしょ……っと」エッサ 飛鳥「ふう。 ようやくここまで運んでこられたか」ホイサ 薫「あっ、クリスマスツリーだ!」 P「ああ。 キミ達がやってくれるなら、ボクはもうお役御免かな」 P「ありがとう、飛鳥。 66 ID:OoQwSqw10 薫「かざり、かざりー……あれ?」 千佳「……なんか、少ない?」 梨沙「少ない? ……ほんとね。 ツリーの大きさに比べたら飾りが足りないわ」 ありす「Pさん。 運び残しがあったんじゃないですか」 P「いや、そんなはずはないんだが……ちひろさん、何か知りませんか」 ちひろ「去年片付けた時、飾りの一部がどこかに行ってしまったのかもしれませんね……心当たりはないんですけど」 仁奈「飾りつけ、できないですか?」 P「できないわけじゃないぞ。 86 ID:OoQwSqw10 梨沙「んー、でもこれじゃちょっと味気ないわね……」 ありす「……あれ?」 梨沙「どうしたの」 ありす「飛鳥さん、いつの間にかいなくなっていますけど」 梨沙「どうせ屋上にでも行ったんでしょ。 はぁとじゃなくてプロデューサーがよかった?」 飛鳥「……別に。 90 ID:OoQwSqw10 心「それで? キミはこのさむーい屋上でなにしてたの?」 飛鳥「少し独りの時間をとりたかっただけさ。 48 ID:OoQwSqw10 飛鳥父「(よし、気づかれずにベッドまで……)」 ブツブツブツブツ 飛鳥父「(………ん?)」 あすか「ねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるなねるねるねるね」ギリギリギリ 飛鳥父「うおわああっ!!?」 飛鳥「当時はショックだったよ。 81 ID:OoQwSqw10 一方その頃下の階 梨沙「これよ、これ!」 ありす「……短冊ですよね。 七夕の時に使った」 梨沙「どうせ来年まで使わないんなら、今使っちゃっても同じでしょ?」 P「まさか、クリスマスツリーに短冊飾るのか?」 梨沙「ツリーが殺風景になるよりマシよ。 ねえ?」 薫「たんざく書きたい!」 千佳「お願いごとしていいのー?」 仁奈「楽しそうでいやがりますね!」 梨沙「ほら」 ありす「でも、こういうのはしきたりというものが……」 梨沙「細かいこと気にしてもしょうがないわよ。 14 ID:OoQwSqw10 梨沙「………」 梨沙「なら簡単よ。 全部書いちゃいなさい」 仁奈「え?」 梨沙「だって短冊の余りいっぱいあるんだから。 仁奈がちょっとくらい多く書いたって、なくなりなんてしないわよ」 仁奈「いいんですか……? ひとりひとつまでとか、ルールは」 梨沙「そんなのあるわけないじゃない。 34 ID:OoQwSqw10 梨沙「………でも」 梨沙「よく考えたら、アタシはなに書くか思いつかないわね」 ありす「私も実は思いつきません。 13 ID:OoQwSqw10 ガチャリ わいわいがやがや 飛鳥「ツリーに短冊……?」 心「なにしてんの?」 ありす「あ、お二人とも帰ってきましたか」 梨沙「今ちょうど、アタシ達の短冊も完成したところよ。 47 ID:OoQwSqw10 終わりです。 お付き合いいただきありがとうございます 本当はクリスマスに投稿するつもりだったけどヴァリサンタがあまりにかわいかったので我慢できなかった クリスマスはまた別のネタを考えねば 以下過去作宣伝 前作: いつぞやに書いた七夕回: コメント一覧 24• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 04:21• ヴァリサンタって言われるとなんとなくスキル発動したNPCみたいになるな• 以下、VIPにかわりまして聖夜の使者がお送りします• 2015年12月18日 04:30• 私の出番・・・• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 04:44• 短冊に早くデレステで躍ってるヴァリアスハートMVで見たいって書いた• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 05:02• ヴァリサおねえちゃんは俺の母親になってくれるかもしれない女なんだ、俺を救ってくれるかもしれない女なんだ!!• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 06:47• 俺もようやくヴァリサのママ力に気付いてきた• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 07:08• しゅがはさん前回の家電買う時といい寒空の屋上といい、どんな服装してるのかスゲェ気になる• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 07:27• 母性求めるPが増えてきたなぁ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 07:47• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 07:53• 薫ちゃんや仁奈ちゃんが可愛いので、一度召された後にタケル殿からサンタアイコン借りてサンタクロースに変身してプレゼントを渡してくるわ。 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 08:21• ノーコストで2枚除外とか強すぎませんかね? 決闘者感• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 08:51• 以下、VIPにかわりましてローズクイーンがお送りします• 2015年12月18日 08:59• アタシはJKサンタ!• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 09:23• え?サタン・クロス? 難聴• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 09:36• イヴの話によるとあの世界は世界に沢山サンタがいるらしい• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 09:49• 短冊「何も考えずただひたすら回して下さる方が増えますように ?」• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 10:15• おい、デュエルしろよ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 10:46• ねるねるねるねのステマですねこれは• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 12:01• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 12:39• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 13:53• 「効果」「除外」 この二語で決闘者集まりすぎ• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 15:27• ありす「非ィ科学的だぁ!」• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 16:01• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 17:19• 破壊ではない、除外してもらう• 以下、VIPにかわりましてELEPHANTがお送りします• 2015年12月18日 23:18• なんて無慈悲な願いだ.

次の

たいちゃんねる

いったい に たい るー と さん

「ワンオペ」とは、飲食店などの店舗をひとりでまわしている状態、つまり、「ワンオペレーション」のこと。 この言葉がインターネットを中心に広まり、ニュースなどでもとりあげられるようになった。 最近ではそこから派生して「ワンオペ育児」なんて言葉もできているそう。 でも、「ワンオペ育児」ってどんなもの? 今増えているの? 家事シェアを推進しているNPO法人tadaima! 代表理事の三木智有さんに聞いた。 「『ワンオペ育児』とは、パートナーの単身赴任や病気など、なんらかの事情によって、ひとりで育児を行うことをいいます。 毎日新聞の報道では、単身赴任の家庭は2002年には11万8500人だったところ、2012年には19万4400人と、10年で約8万人増加しているとありました」(三木さん 以下同) もし夫が単身赴任になったとしても、子育て中は夫の仕事に一緒についていける家庭ばかりじゃない。 また、「子どもの学校など、環境を変えたくないから、夫にひとりで行ってもらう」選択肢を選ぶ人も少なくないそう。 「ただ、単身赴任家庭でも、専業主婦の場合にはそれなりに負担はもちろんあるものの、まだ良いのです。 1991年と2011年を比較した場合、「子どものいる世帯の有業の夫の育児時間」は、20代後半が0. 7時間、30代が0. 5時間、40代が0. 2時間と、すべての世代においてわずかとはいえ、増加していることがわかる(「平成25年版厚生労働白書』より)。 「男性が育児、家事をやるのが当たり前という社会通念に変わってきていること、女性側の大変さが『ワンオペ』という言葉により、可視化されてきたことも背景にあるのではないでしょうか」 ただし、昔に比べて夫の育児参加が増えているとはいえ、諸外国に比べて日本はまだまだ少ないのも事実。 昔に比べると、パパが育児にかかわる時間は増えているものの、共働きが当たり前になっている今、ママたちの負担は減っているとは思えない。 また、パートナーの単身赴任や病気など、やむを得ない事情ではなく、「同居なのに、育児を実質ひとりでやっている」というママたちの不満も、「ワンオペ育児」という言葉ができたことによって、表面化してきているのかも。 (田幸和歌子+ノオト).

次の

いったい何がしたいの? ほか

いったい に たい るー と さん

「ワンオペ」とは、飲食店などの店舗をひとりでまわしている状態、つまり、「ワンオペレーション」のこと。 この言葉がインターネットを中心に広まり、ニュースなどでもとりあげられるようになった。 最近ではそこから派生して「ワンオペ育児」なんて言葉もできているそう。 でも、「ワンオペ育児」ってどんなもの? 今増えているの? 家事シェアを推進しているNPO法人tadaima! 代表理事の三木智有さんに聞いた。 「『ワンオペ育児』とは、パートナーの単身赴任や病気など、なんらかの事情によって、ひとりで育児を行うことをいいます。 毎日新聞の報道では、単身赴任の家庭は2002年には11万8500人だったところ、2012年には19万4400人と、10年で約8万人増加しているとありました」(三木さん 以下同) もし夫が単身赴任になったとしても、子育て中は夫の仕事に一緒についていける家庭ばかりじゃない。 また、「子どもの学校など、環境を変えたくないから、夫にひとりで行ってもらう」選択肢を選ぶ人も少なくないそう。 「ただ、単身赴任家庭でも、専業主婦の場合にはそれなりに負担はもちろんあるものの、まだ良いのです。 1991年と2011年を比較した場合、「子どものいる世帯の有業の夫の育児時間」は、20代後半が0. 7時間、30代が0. 5時間、40代が0. 2時間と、すべての世代においてわずかとはいえ、増加していることがわかる(「平成25年版厚生労働白書』より)。 「男性が育児、家事をやるのが当たり前という社会通念に変わってきていること、女性側の大変さが『ワンオペ』という言葉により、可視化されてきたことも背景にあるのではないでしょうか」 ただし、昔に比べて夫の育児参加が増えているとはいえ、諸外国に比べて日本はまだまだ少ないのも事実。 昔に比べると、パパが育児にかかわる時間は増えているものの、共働きが当たり前になっている今、ママたちの負担は減っているとは思えない。 また、パートナーの単身赴任や病気など、やむを得ない事情ではなく、「同居なのに、育児を実質ひとりでやっている」というママたちの不満も、「ワンオペ育児」という言葉ができたことによって、表面化してきているのかも。 (田幸和歌子+ノオト).

次の