ビジョン トレーニング アプリ。 ビジョントレーニング無料プリント・ドリル教材27選

メンタルトレーニング,アプリ

ビジョン トレーニング アプリ

動体視力を鍛える無料ゲーム・アプリなど インターネット、特にスマートフォンの普及によって、様々なゲーム・アプリが開発されています。 動体視力UP APEX(パソコン用ソフト) 動体視力UP APEXは、ゲーム感覚で使える動体視力や脳を鍛えるための無料トレーニングソフトです。 トレーニングメニューは全部で16種類あり、「眼のトレーニング」「脳のトレーニング」「その他」の3つのカテゴリーに分類されています。 眼のトレーニングでは横切る複数桁の数字を読み取るスライドや、縦横無尽に移動するボールの色の変化に合わせてカーソルキーを押す動体追従、一瞬だけ表示する四則計算式を暗算する周辺視野などのゲームがあります。 脳のトレーニングでは漢字を瞬時に判別する判断力や、表示される複数桁の数字を覚える記憶力などを鍛えることができるようになっています。 その他、スコアを記録してグラフ化したりオンラインランキングに対応するなど、 有料の製品ソフトに負けないくらいの機能が盛り込まれ、充実した内容になっています。 キネティック動体視力Free(iPhone向けアプリ) キネティック動体視力Freeは、 ゲーム感覚で動体視力をテストしたり鍛えることができるトレーニングアプリです。 トレーニングの内容は、画面の奥から回転しながら飛んでくる六角柱に書いてある数字を読むという単純なものです。 六角柱の軌道は毎回変化し、移動速度と回転速度は難易度レベルを選ぶと変わります。 慣れるまでは数字を当てるのが大変ですが、使用するうちに鍛えられて正解率は上がっていきます。 無料版はレベル2. 5まですが、 有料版にはさらに難しい3~4のレベルまで用意されているので、さらにステップアップすることが可能です。 動体視力測定器(iPhone・Android向けアプリ) 動体視力測定器は、その名の通り動体視力を測定できるというアプリで、用意されたゲームをクリアすることで動体視力年齢が判定されます。 ゲームは「瞬間計算ゲーム」「後出しジャンケンゲーム」「画像展開ゲーム」「反射神経ゲーム」の4種類で、どれもスピードと判断力が求められるので 正確性・反射神経・瞬発力・集中力などを鍛えることもできます。 測定結果はランキングで見ることができます。 難易度が選べるようになっているので、ノーマルモードで慣れてきたらエキスパートモードに挑戦すれば、動体視力年齢をさらにアップさせることができます。 日常生活での動体視力トレーニング 無料のゲーム・アプリを使って動体視力を鍛えるのも手軽ですが、その他、毎日の生活の中でトレーニングをすることも可能です。 例えば毎日電車を利用している人であれば、 対向列車の窓や電柱の数を数える、外の看板の内容を素早く読み取って記憶するなど、工夫すれば様々な訓練が可能です。 ちなみに、イチロー選手は小さい頃に走る車のナンバーを読み取って、数を足していくことで動体視力を鍛えたと言われています。 その他、家の中でできることとして、速読が動体視力のトレーニングに効果があるとされています。 速読力がアップするとスムーズな視点移動が可能になり、スピードが早くなることで動体視力が強化されるというわけです。 動体視力トレーニングを簡単かつ効率よく行いたいという場合には、こうした日常生活の中でできることから始めてみたり、携帯に便利なを使ってみるのも一つの方法です。

次の

発達障害児知的障害児ビジョントレーニング

ビジョン トレーニング アプリ

動体視力を鍛える無料ゲーム・アプリなど インターネット、特にスマートフォンの普及によって、様々なゲーム・アプリが開発されています。 動体視力UP APEX(パソコン用ソフト) 動体視力UP APEXは、ゲーム感覚で使える動体視力や脳を鍛えるための無料トレーニングソフトです。 トレーニングメニューは全部で16種類あり、「眼のトレーニング」「脳のトレーニング」「その他」の3つのカテゴリーに分類されています。 眼のトレーニングでは横切る複数桁の数字を読み取るスライドや、縦横無尽に移動するボールの色の変化に合わせてカーソルキーを押す動体追従、一瞬だけ表示する四則計算式を暗算する周辺視野などのゲームがあります。 脳のトレーニングでは漢字を瞬時に判別する判断力や、表示される複数桁の数字を覚える記憶力などを鍛えることができるようになっています。 その他、スコアを記録してグラフ化したりオンラインランキングに対応するなど、 有料の製品ソフトに負けないくらいの機能が盛り込まれ、充実した内容になっています。 キネティック動体視力Free(iPhone向けアプリ) キネティック動体視力Freeは、 ゲーム感覚で動体視力をテストしたり鍛えることができるトレーニングアプリです。 トレーニングの内容は、画面の奥から回転しながら飛んでくる六角柱に書いてある数字を読むという単純なものです。 六角柱の軌道は毎回変化し、移動速度と回転速度は難易度レベルを選ぶと変わります。 慣れるまでは数字を当てるのが大変ですが、使用するうちに鍛えられて正解率は上がっていきます。 無料版はレベル2. 5まですが、 有料版にはさらに難しい3~4のレベルまで用意されているので、さらにステップアップすることが可能です。 動体視力測定器(iPhone・Android向けアプリ) 動体視力測定器は、その名の通り動体視力を測定できるというアプリで、用意されたゲームをクリアすることで動体視力年齢が判定されます。 ゲームは「瞬間計算ゲーム」「後出しジャンケンゲーム」「画像展開ゲーム」「反射神経ゲーム」の4種類で、どれもスピードと判断力が求められるので 正確性・反射神経・瞬発力・集中力などを鍛えることもできます。 測定結果はランキングで見ることができます。 難易度が選べるようになっているので、ノーマルモードで慣れてきたらエキスパートモードに挑戦すれば、動体視力年齢をさらにアップさせることができます。 日常生活での動体視力トレーニング 無料のゲーム・アプリを使って動体視力を鍛えるのも手軽ですが、その他、毎日の生活の中でトレーニングをすることも可能です。 例えば毎日電車を利用している人であれば、 対向列車の窓や電柱の数を数える、外の看板の内容を素早く読み取って記憶するなど、工夫すれば様々な訓練が可能です。 ちなみに、イチロー選手は小さい頃に走る車のナンバーを読み取って、数を足していくことで動体視力を鍛えたと言われています。 その他、家の中でできることとして、速読が動体視力のトレーニングに効果があるとされています。 速読力がアップするとスムーズな視点移動が可能になり、スピードが早くなることで動体視力が強化されるというわけです。 動体視力トレーニングを簡単かつ効率よく行いたいという場合には、こうした日常生活の中でできることから始めてみたり、携帯に便利なを使ってみるのも一つの方法です。

次の

ビジョントレーニングの方法・やり方「基本の5種類から始めてみよう!」

ビジョン トレーニング アプリ

これらの力が大きく成長すると言われているのが、幼少期。 この時期にしっかりと目を使い、脳を使い、体を動かすことで、自然に見る力をつけていきます。 しかし、現代はスマートフォンやiPadなどの液晶端末の普及によって、幼少期の子どもであっても液晶画面を見続ける機会が増えてしまっています。 それは眼球運動の妨げとなり、脳トレーニングの機会を奪って、子ども達の発達に大きな悪影響を及ぼしてしまっているのです。 しかし、遅すぎることはありません。 ビジョントレーニングを行うことで、その症状は改善されるのです。 本書は、小学生とその親御さん、または小学生を教育・指導する立場にいる方 学校の先生や習い事の先生など を対象に作られたビジョントレーニングの本です。 著者は、元WBA世界スーパーフライ級王者で、現在は飯田覚士ボクシング塾「ボックスファイ」の会長、そして日本視覚能力トレーニング協会代表理事を務める飯田覚士氏。 自身のジムで10年以上、ビジョントレーニングを指導してきた飯田氏の解説のもと、親子でできる簡単トレーニングを掲載しています。 自宅で簡単に、5分から10分でできるものばかり。 子どもの健全な発達・発育を願う保護者の方にはぜひ、読んでいただきたい一冊です。 元WBA世界スーパーフライ級王者。 飯田覚士ボクシング塾ボックスファイ会長。 大学時代にボクシングを始め、在学中に「天才! たけしの元気が出るテレビ」に出演、注目を集める。 1991年プロデビューし、94年にプロ無敗のまま日本チャンピオンに。 その後、1敗1分を経て、3回目の挑戦で97年に世界チャンピオンとなる。 2度の防衛後、99年に引退。 現役当時から、日本のアスリート向けビジョントレーニングの第一人者に直接指導を受け、自らのビジョン能力を上げるとともに、ビジョントレーニングセミナーにも数多く参加 本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです 図書館で借りて読み、内容が良かったので購入します。 図書館では、マラソンやサッカー、かけっこのコツなど運動理論の本をまとめた書架に置いてありました。 そちらでも間違いではないのですが、発達障害関連の書架に置いてあったら、子どもの運動能力に悩む親としては、もっと早く手に取ることができたのにと思いました。 つまり、「運動のできる子がもっとできるように」よりも「見る力が弱いせいで運動苦手な子をよくしよう」という内容なわけです。 これまでに他のビジョントレーニングや体幹トレーニングの本を読んだこともありますが、それらはただ、「こういう動き、遊びをするとよい」やりかたの紹介が写真付きで各ページに載っているだけで、実践しようにも何をどれだけ、どんな頻度でどの期間やれば良いのか分からず、適当にメニューを組むこともしづらくて、役立てることができませんでした。 こちらの本は、3か月プログラム、一週間3メニュー、一日20分と構成されているので、「よし、これにしたがって順番にやってゆこう」と思うことができました。 3か月を一巡したら、苦手な動きを中心に二巡目、三巡目と繰り返して活用することもできそうです。 (図書館の本を3か月も借りられないので購入)。 あと、もちろん「もともと運動ができるお子さん」が取り組んでも、いい効果がありそうなことも、付け加えておきます。

次の